こんにちは!小山のあまのや、おたふく若女将天野愛繪です。

 

朝夕と、日ごとに寒さが増してきましたね。こんな日には鍋でほっと温まりたい…

昨晩、そう思い立ちスーパーをぶーらぶら。数ある美味しそうな鍋スープの素をしりめに「私は天然素材で勝負!」

といちびって、考えたのは豆乳鍋!

美味しい、ヘルシー、健康、そして美容にもよい豆乳鍋…私の中ではもう既に

「素敵な夕食」をつくる奥様の、かなり美化されたイメージができておりました。

豆乳は、無調整!!お揚げさんに、ぶなしめじ、豚バラに・・・そして静岡のおじいちゃんが作ってくれた白菜・・・

とここまでは順調でした。

それからです、悪夢の始まりは・・・

何を思ったのか、ふと「モツ」が目に入る。・・・・・モツ・・・使ったことないなぁ。。

「よくモツ鍋っていうよなぁ~モツと鍋は合うんやろうか。いいおダシでも出んにゃろか・・・」

興味本位と、勝手な想像でモツを一袋購入。それも1キロはあったと思われ。

 

既に下処理済みのものだけれども、一度お酒と生姜でゆでこぼしてみる。

そこからダシが出るのを期待し、いきなり豆乳を投入w

白菜と、豚バラと・・・入れようと思ったが、あまりのモツの容量に驚く。鍋のほとんどがモツ!!!しまったーーーー

でも、あきらめずに白菜と豚バラをいれ、無理やりフタをして。それなりにまぁ鍋らしい雰囲気になりつつも、豆乳がどんどん

吸われていき、固まってしまう!!豆乳追加!!!

結局、お味噌とお醤油で味を調えてみたものの、ほぼモツの豆乳鍋が完成してしまった。

 

結論、モツからはダシは出ず・・・!!!  容量ばかり多い噛み応えのある鍋に。

そしてモツと豆乳の相性はイマイチ!!   みなさん、どうかお気をつけください。。

 

久しぶりに笑ってしまった私の大失敗です。社長!ごめんなさーい

 

AD