命の授業

テーマ:

こんにちは。

 

今週の月曜日、振り替え休日で家にいた健太。

 

午後から中学校に講演に行く予定だったので準備をしたいたら

突然、 お母さんが学校でどんな話をしているのか聞きに行きたい。

 

というので、そういえば健太は私の話を聞いたことがなかったな~。

と思い、行かせていただく中学校に子どもも連れて行って良いか聞いてみたところ、

快諾していただけたので、一緒に行かせていただきました。

 

もちろんお声かけいただいた中学校の生徒に向けて、ですので

健太は隅に座らせてもらい、私からは見えないところにいました。

 

中学生はもちろん、先生方も座って聞いてくださり、

そのあとの先生の所感の際、最初の一言が

みんな息してた?   でした。

そのくらい静かに聞いていてくれたのですが

少しでも心に届いたらいいな。

 

帰りの車のなかで、  健太が

学校でやる命の授業と違ってわかりやすかったよ。

きちんと自分の今のことに置き換えて話が聞けたし

健太は今 本当に幸せだなって思えた。

お母さんありがとう。

 

と言ってくれ、こちらが幸せな気持ちになりました。

このような機会を与えてくれた学校に感謝です。

 

実は前回のブロブに書いた

一人でも聞いていてくれたら良いじゃん。と慰めてくれたのは健太なのです。

 

ありがたいです。

 

 

 

 

 

小学校での親子講演

テーマ:

こんにちは

 

先日、ある小学校の親子講演に呼んでいただき話をしてきました。

 

体育館に前のほうに子どもたちが座りその後ろにパイプ椅子がおいてあり

保護者の方が座ってらっしゃいました。

 

しかし、どうしても前列の真ん中というのは座りにくく空いてしまいます。

先生方は、座っていただくよう促していましたが、

パイプ椅子の後ろの空いているスペースにグループで輪になって座って井戸端会議をしている方は

いくらお願いをしても座ることはありませんでした。

 

そのまま講演に入ったわけですが、子どもたちに向けて話をしている最中に

その方たちが連れてきている未就学児のお子さんたちが体育館内を走り回ってしまう。 

 

その足音で 児童たちは振り返ったりして、話に集中出来ない。

 

私も、、、あっ児童たちが集中してないな。

話がみんなの心に届いてないな。なんて思いながら話をしてしまいました。

 

こんな時は、やはり心の中にいつまでも靄がかかってしまいます。

 

家に帰り、子どもに 

 

今日のお話はみんなの心に届かなかったな。

お話していた子もいたし、集中できなかった。

お母さん、まだまだ下手くそだな。

 

と言ったら、

 

そんな中でもきちんと聞いていた人はいたはずだよ。

一人でもきちんと聞いてくれる人がいたらいいじゃん。

 

と、言ってくれ ちょっと落ち着くことができましたが

私も、子どもの授業参観に行くときは、久しぶりー!元気?

なんて言いながらお母さん同士で話をしたり、物音を立てて子どもの授業の

邪魔にならないようにしなくては!

 と改めて 感じた日になりました。

 

さあ 気を取り直して 次は中学校の講演に行ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教育ママ

テーマ:

みなさんこんにちは!

 

先日、拓己(中2)が実力テストの結果を見せながら

「テストが返ってくるたびにお母さんの子どもで良かったって思うよ。」

と言ってくれた。

 

「どうして?頭の良さを引き継いだから?」なんて冗談交じりに聞くと、

どんな点を取っても怒らんし、勉強しろとも言わないから。

 

私 ⇒え?お母さんは結構、教育ママだと思っているんだけど。

拓己⇒全然だしー。

私 ⇒なんでー?宿題した?って聞くし。

   早く宿題しないと寝る時間が減るよってショッチュウ言ってるよ。

拓己⇒そんなん普通だよ。みんな、テストが返ってくると ヤベー親に叱られる。って

    言ってるけど、拓己は低い点をとっても全くそんな風に思ったことないもん。

私 ⇒だって、そこで叱ったりしても結果は変わらんし、

  点数や順位を見て反省したり次に頑張るかどうかは人に言われてやるんじゃなくて

  自分がやろう!って思わんとやらんしね。

拓己⇒それが、みんなガミガミ言うだってー。

私 ⇒低い点数とってショックな上、ガミガミ言われたら嫌だらー。

拓己⇒そうだらー。やっぱりお母さんの子どもで良かった。

 

あらまあ、自分では教育ママだと思っていたけど違ったのか?

 

明日からテスト週間。正直、学生はテスト・テストで大変だなーと思います。

みんな 頑張れー♪

 

 

 

 

 

 

 

 

子どもの日に

テーマ:

5月5日 子どもの日。

予定があり朝から出かけていた私。

 

数名の知り合いから 中日新聞に拓己が載っていたねーなんて連絡をいただき

どんな記事かな?なんて思いながら送ってもらうと・・・

 

 

あれ?もしかして笑ってる?

おかげさまで、いろんなところから

大会の案内をいただき、楽しんで参加しているようです。

 

まあ、悪いことをして載るんじゃなくて良かった。

成績が良くて掲載されることを望みますが・・・

きっと そのうち  ね。

 

 

 

 

 

私が関わらせていただいている市民活動団体の一つに

「あいち骨髄バンクを支援する会」があります。

 

雨上がりの昨日 会のメンバーの集まりに参加してきました。

何年かぶりにあう方たち。でもその月日は全く感じず自然と打ち解けることができる仲間。

 

骨髄移植をした方、骨髄を提供した方、支えている人たち。

懐かしい笑顔がそこにあり、病気の話や苦労話が自然にできる環境。

きっと彼らの拠り所となっているであろうこの場所で、

新しい家族が増えた人、環境が変化した人、

様々な報告をしながら バーベキューや、いちご狩りやタケノコ堀をして各々が楽しく過ごしていた。

 

わが子も最初は肉肉肉!とバーベキューを楽しみ、

次はデザートのいちご狩り(場所を提供してくれるメンバーの家はいちご屋さんなの)

取り放題なので、いい加減食べた後はカエルを見つけて喜んでいました。

 

将(長男)も骨髄移植を受けたことがあり、その際はもちろんですが

発病当初から支援して下さっていたので 懐かしい話ができ

泣いたり笑ったり、とても幸せな時間を過ごせました。

 

遠い過去になりかけている、あの確かな大切な時間を再確認できることは

親としてとても有難いです。

決して悲しい出来事ではないのですから。

 

ただただ、みんながそこにいてくれることに 幸せを感じた時間だった。

 

 

貴重な体験♪

テーマ:


おはようございます!

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?

こちらは相変わらずみんなそれぞれ、やるべきことを楽しんでいます。

そんな中でも、拓己は少し遠い陸上競技場での強化練習に行ってきました。
久しぶりに会える友だちもいるらしく、朝早い電車に乗って
楽しそうに張り切って行った拓己。


夕方4時半頃、公衆電話から着信が‼

どうだったかな?
楽しく学べたかな?


私→もしもし?

拓己→お母さん、拓己です。
   今終わったから、いまから、帰るね。

私→無事終わった?楽しかった?

拓己→うん。ひとつ報告があって・・・、
   昼御飯カラスに食べられたで、コンビニで何か買ってもいい?

私→え?カラスに??[爆笑]

そっからは、笑えて言葉にならない私。
本当にそんなことがあるんだー。

一時間半後、お菓子をたべながら帰ってきた拓己♪

話を聞くと、練習から戻ったら、
自分のものらしいお昼の残骸があちこちに散らばっていたので 
あれ??と思って確認したら(ファスナーの空いていた)カバンの中から
食料を袋ごと持って行ったみたいだけど、
エネルギーチャージが一つだけ残されとったもんで
それを昼ご飯にし、あとは皆に少しずつ恵んでもらったとのこと。

残骸を片付けながら、これからはきちんとファスナーを閉めよう!
と心に誓ったらしいです。


「朝倉家は漫画みたいなことが次々に起こるよね。」
と言われましたが、これまた本当、ネタが尽きないから面白い。

貴重な体験をさせていただきました。
ありがとう。カラスさん。


***みつえ***




 

素晴らしい上司

テーマ:

こんにちは♪

 

ぽかぽかと気持ちのいい穏やかな日ですね。

仕事先の窓から見える緑が輝いています☆

 

今年度から、仕事先の上司が異動になり変わりました。

以前の上司は情熱的でバイタリティーあふれる方で、見習うべき点が多々あったのですが

バイタリティーあふれるが故、スタッフが混乱したり言葉足らずのため誤解を招くことが多く

そこをフォローするのが私の役割だったようにも感じます‥。

 

新しく来た上司は、以前教育関係にいた方で、お会いする前は、お堅い堅物かな?

命令口調で偉そうな方だったらどうしよう。どのように取り扱いしよう…。

なんて勝手に思っていたのです。(なんせ元教育長ですから)

 

ところがどっこい、とっても腰が低く、物腰が柔らかい方で、驚いてしまいました。

こちらがお願いをしたことに対して

「喜んで」という言葉とともに引き受けてくださる事には感激してしまいました。

 

その「喜んで」が聞きたくて、いろんなことをお願いしてしまう今日この頃(^^)

私も、なにか依頼されたときには「えー?」 「私が?」ではなく

「喜んで」といえるようになりたい。 

 

同僚も、依頼したことをすぐにやってくれたり、

どんなことがあっても私を信頼してくれたり、

支えてくれたり、アドバイスをくれたり。

本当に感謝しています。

見習いたいなっておもう人が同僚や上司にいることに幸せを感じます。

 

さあ、午後からもがんばろーーっと。

 

***みつえ***

 

 

 

 

届きました!

テーマ:

こんにちは!

 

お待ちかね!

オーダーしてあった拓己のスパイクが届きました♪

赤は短距離用・黒は中距離用です。

2足並べてもわからないでしょうが、

こちら↓私の24.5㎝の靴と比べてみました。

 

さすが29㎝!大きいですね。

これをはいて頑張ってほしいものです。

 

*** みつえ ***

 

 

 

 

 

頑張れ班長さん♪ 

テーマ:

こんにちは!

 

新学年が始まり 早くも一か月がたとうとしています。

我が家の三男坊・健太も6年生です(*^_^*)

 

新一年生を見守りながら登校しているのかな?

自分のことで精いっぱいで、人のお世話ができるだろうか?

 

班長さんは、集合場所に行く前に新一年生をお迎えに行くという役割があるのですが

 

最近では 新一年生がかわいい声で

「はんちょうさーーん」

と呼びに来る始末‥‥。 

おいおい大丈夫か?

 

親御さんも一緒に我が家まで来てくださるので

「いつもすみません」 と声掛けしたら、

 

なんと健太がよく面倒を見るらしく、

登校した後、健太と別れるのが嫌で泣いてしまうそうですが、

健太が上手に諭し、一時間目の授業後後休憩時間には

必ずその子の様子を見に行っているようです。

 

そんなこと全く知らなかった私はとても嬉しく、

子どもの成長に心から喜びを感じました。

 

帰ってから健太に聞いてみると、一年生がかわいくて仕方ないとのこと。

みんなが学校に馴染んで楽しく学校に行けるようになるといいなー。

 

ってニコニコしながら言っている健太はとっても輝いていました。

 

あーー嬉しいな。

人の気持ちを考えて、人のために行動できるって素敵ですよね!

いつもでも持ち続けて欲しいな。

私も健太を見習おう!

 

***みつえ***

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ お江戸へ!

テーマ:

こんにちは (*^_^*)

 

気が付けば4月ですね。

子どもたちの春休みもあっと言う間に過ぎてしまいます。

 

せっかくのお休みだから、たまには旅行でもしようと計画を立てました!

目的は 東京にある陸上専門店に行くこと♪

 

足のデカい(28.5㎝)拓己のスパイクがなかなかないので、

インターネットで調べてみたら、専門店があるではないですか!

しかも、各サイズ取り揃えていますと、書いてあります。やったー!

すぐに調べられるって良い時代ですね。

 

拓己の部活が終わってから いざ出発!

 

ドキドキしながらお店に入ると明るいお店の中に靴がたくさん並んでいます。

さっそく店員さんに陸上ようのスパイクが欲しいことを伝え、

いざ採寸!

 

なんと・・・28.5㎝だと思っていたのですが、適正サイズは29㎝だそうで!

そんなデカいスパイクはメーカーが作ってないとのこと。

デカすぎるのも困ったものです。

 

結局オーダーするしかなく、思い切って作ってもらいました。

 

この際だからと、短距離用と中距離用の2足。

東京までの旅行と合わせて…私の一か月分のお給料に羽が生えました。

トホホ  これも嬉しい成長と思わねば。

 

その後、友達と八景島に行っている健太と合流し横浜で一泊。

満開の桜と中華街を楽しんで帰宅しました。

 

オーダーしたスパイクは今月末に届くかな?

その場で買えなかったけど逆に 待つ日々が楽しみです♪