タックルショップサニーデイ

   タックルショップサニーデイ

   アブガルシアのアイテムを中心とする、ルアーフィッシングを専門店サニーデイの店長ブログです。

置き傷が少々ありますが、程度は極上です!


ビッグAに山型カップの大人気な組み合わせです。

傷も少なく、パーツ類は使用感が少なく、コンディションもグッドです!

 

このままでも、十分な戦闘力ですが、チューンナップのベースモデルにも最適です!

ご希望の方はこちらからお願いします。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/tackleshop-sunnyday/amb5000c730402.html

本日も、ブロンズブッシングのアンバサダー5000です。

大人気の山型カップに、ハット型ブレーキノブです。

 



 

ハンドルはおそらく付け替えられてます。

リテーナーはありませんが、ほとんど緩まないので問題ないかと思います。

 

外観の傷のわりには、機関のコンディションはかなり良いです。


スプールの回転状況はこちら。ブロンズブッシングです。

 


真鍮の軸受けが、なぜこれだけ回るのか?不思議でならないです。
ブロンズブッシングはベアリングと違い、仕組みが単純なのでクリーニングやメンテナンスがほんと楽ですね。



ご希望の方はこちらからお願いします!

https://store.shopping.yahoo.co.jp/tackleshop-sunnyday/amb5000-750804.html

オールドでも意外と人気がある、ブロンズブッシングのNo5000

ベアリングの5000Cが発売されてからも、しばらくの間ブロンズブッシングの5000が続けて発売されていたのには、何か理由があったと思います。

 

それがなんなのか?はわかりませんが、個人的にはひとつの理由に、特融の音おと感触にあるのではないかとかってに思っておりますが笑

 

一部のユーチューブ視聴者には、物を食べる時の租借音(そしゃくおん)などを楽しみとする視聴者がいるとか。

高級車のドアの音「バフッ」に萌える人がいたり。

音が人の感覚に与える影響がいかに大切かということですね。

 

飛距離という面では、わずかにベアリングに劣りますが、メンテナンスの容易さ、安定した使用感など性能面でもブロンズブッシングならでは優位性も当然あります。


傷少なく、退色もありません。

社外ハンドルが装着されてます。

ノブが大きく、回しやすいです。

 


ブロンズブッシングですが、問題無くよく回ります。

パーツ類も使用感はそこそこありますが、コンディションに問題ありません。

 

ご希望の方はこちらからお願いします。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/tackleshop-sunnyday/amb5000-972292.html