前職で宣伝業務を携わっていた関係上、
よく色々な映像を見るのがちょっとだけ趣味なワタシ

いろんな動画を見ている中で
なんじゃこりゃぁぁぁぁっ!!と思わず叫んでしまったほど
すっごい動画を見つけちゃいましたよ、ワタシ

この個性的な動画はいったいどこの会社が作っているんだろうか!?
といろいろ探してみたところ、GRAVITAS(グラヴィタス)という
企画制作・プロデュース・演出・撮影・編集・CG・合成・モーショングラフィックまでを
ワンストップで提供可能なプロダクションが作っていることがわかりました

GRAVITASの代表は田所貴司さんという方で、
中島美嘉さんやEXILEのATUSHIさん、浜崎あゆみさんといった
映像にこだわりのあるアーティストのミュージッククリップ等の手がけているんだそう

そのほか、見たことがあるCMも田所さんの作品がこのサイトにありましたよ
GRAVITASのHP 

私が上にあげた「Migratory」という映像は
独特の世界観を持っており、とにかくそれを再現する映像技術に驚きを覚えました

特にこちらのシーンなのですが・・・

女性にまとった羽のようなものがとても繊細なつくりで、
動くたびにふわーっと色がちりばめられるシーンは
思わずうっとりしてしまいます

なんでも、この映像がベースとなって、
中島美嘉さんの「花束」のMVが生まれたそうなんです

この映像は、4K解像度といった
超ハイレゾリューションのVFXで制作されているとか

田所さんが、VFXのエンジニア出身だそうで
その世界の映像クリエイターとしてとても有名な方なんです

ちなみにVFXをご存じない方のために
ちょっとだけ解説を

Visual Effectsの略で、視覚効果という意味があります

VFXの技術を使えば
現実では見ることが出来ない架空の世界などを
映像として実現化させる際に
デジカメやコンピュータを使って映像を加工して制作することで
あのような不思議な世界観を生み出すことが出来るというわけです

といっても、あれだけの規模の実現が簡単にできるわけでもなく
田所貴司さんが経営するGRAVITAS社では
日本でもトップクラスのハイエンドマシンFLAMEという
スタジオシステムをお持ちだから
こういった大規模なVFX映像制作の実現が可能なんですって

田所貴司さんの手掛ける映像を見ていると
なんとなく、五感ではない、第六感的な部分がざわざわするですよね~

独特の映像の間も、なんとなく癒されますし・・・

国内だけではなく、国外のお仕事もされているそうで
いつしか広告業界の国際クリエイティビティ・フェスティバルである
カンヌライオンズで何らかの賞を受賞をする日も近いかもしれませんね!

これからが楽しみです。

今やコンビニのプライベート商品にもそろっている
柿の種

手軽なおつまみとしては最適ですからね~
例えば、ビールを飲みながら・・・
{6106DFB1-1A3A-440C-8E67-696E307E88D1}
柿の種を食す!
 
 
程よいしょっぱさがお酒のおつまみとして最適ですもん
 
 
そんな中で私がよく買う某商品の柿の種と
{5EC3B999-A47D-4D30-ACEE-07F791A51C6D}
 
三幸製菓の柿の種を食べ比べしてみたらちょっと違いが判ったので
image
ご紹介しますね!!
 
 
まず、見た目
{7FC275A0-0612-478B-9D4C-85F304CD2B3B}
左が三幸製菓の柿の種で、右が某社のもの
三幸製菓のほうがちょっと大きくて、何か味がついてるように見えます
 
 
実際に食べて見ると
三幸製菓の柿の種のほうが、さっくり感があり、お醤油風味が強い
{638F4D75-645D-4C41-AF42-6F79EF4D22FE}
この濃さはお醤油のコクとうまみにこだわったからなのかも(笑)
 
ということで、今度は割ってみました!
{5B291B8A-99E3-4210-9293-08C110E66B11}
右が三幸製菓の柿の種で、左が某社のもの
空洞が大きくて、厚みが薄いからさっくり感があるんだと納得!


食べていても重さを感じないから
しつこくなくて止まらなくて、結構食べ続けられちゃうかもww
 
 
しかも、意外とリーズナブルで売っているんですよね~♪
 
 
柿の種って食べ比べてみると
違うもんですね
 
 
小袋に入っていると開けても食べきれるし
持ち運びも便利
 
 
しかも、小腹もみたせるので
手軽なおつまみの常備品としてもおすすめのお菓子ですね♪
 

 

柿の種特設ページはこちら 

 

 

 

「三幸製菓の柿の種100人に食べ比べてもらいました。」企画に参加しています。