芸術家☆大志のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

15年間続けてきた、富士夢祭りを解散します!

 

 

 

 

※上記の内容と同じものが、下記に書かれています。

(スマホなどで画面が小さい方のために)

 

 

 

 

 

 

2020年8月25日(旧暦の七夕) 

 

富士夢祭りは、中止いたします。

 

 

一つ目の理由は、コロナです。

静岡・山梨県の登山道では、多くの山小屋の閉鎖が決定し、宿泊ができないためです。

 

二つ目の理由は、富士夢祭りを「進化」させるためです。

富士山の頂上に願いを届けることは、戦国時代からずっと続いている大切な祭りです。

江戸時代では、コレラなどのウイルスで、10万人近くの人々が亡くなったそうです。

その時の旧暦の七夕には、より多くの人たちが、富士山に願いを届けていました。

本来、七夕祭りとは、

絶望が大きければ大きいほど、人々の希望は、より大きく膨れ上がるものでした。

 

 

だからこそ…、

何年もかけて感じてきたことなのですが、

 

 

今、このタイミングで、

 

『富士夢祭り』を解散します!

 

 

 

一人ひとりに、愛ある夢を聞き続けることは、僕らにとって、永遠に終わることはありませんが、

夢ハンカチを使って活動してきた『富士夢祭り』は、ここで、ひとくくりにします。

 

 

富士夢祭りとは、2005年、秘密基地『レトロタイムマシン』という店から始まった物語。 

その店のオーナーだった僕は、世界をおもしろくするために、自分自身をもっと楽しむために、

一人ひとりに夢を聞き続け、どうせならと、夢ハンカチを無料にして世界中に配り続けた。

 

 

これまでの15年間で、僕らは「夢の秘密」をたくさん知りました。

そして、世界中から羽ばたいて戻ってきた23万枚のバラバラだった夢たちは、

ひとつの大きな『偉大なるビジョン』となって、

「今こそ、このでっかな希望を、地球のみんな一人ひとりに伝えてほしい」と言ってくれました。

僕らは、ここで、この『偉大なるビジョン』を様々な形にし、地球のみんなに届けていきます。

そして、より自由に、銀河レベルで、地球のみんなとたのしいことをする。

 

この星をひらく。どうせなら、思いっきり銀河レベルで、この星と遊ぶ!

 

 

 

富士夢祭りよ、

今まで、いっぱい遊んでくれて、ありがとう。

あなたのおかげで、僕が僕になれた。

富士夢祭りは、僕らの大切な宝物。

だから、今ここで、宇宙に、富士夢祭りを解き放とう。

これは、もう、解散なんかというものではない。

 

これは、夢ハンカチに愛ある夢を描き続けた、僕ら自身の「解放」宣言だ。

                                            

                                

                                 芸術家 大志

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>