時々

時々

気ままに書くブログ


テーマ:

こんばんは^^

 

つい最近メインで使用しているイラストレーターCS6に突然の不具合が発生したのでご紹介したいと思います。

 

ご存知のようにイラストレーターCS6はCCとなった現在、最後のパッケージ版なのですが、「windows10」環境で使っていたところ、つい1週間ほど前に、突然「文字パネル」の、いわゆるフォントを選択する「フォントファミリを設定」のところで全く選択することができなくなってしまいました。

最もAdobeでは「windows10」環境でのCS6の動作保証はしていないんですね。


といいながらも、今までは「windows10」環境でも、全く問題なく使用していたので、どうしたものかと検証したところ、フォント部分をアクティブにしてマウスのスクロール若しくは矢印キーで変更させることはできたのですが、下の図のように▼部分をクリックしてもまったく反応しなくなっていました。

 

 

本来であれば、下図のようにフォントが展開して、そこで任意のフォントを選択できるということになるのですが、システム的に、特に何かを追加・変更したわけでもないのに、これが全く効かなくなってしまったのです。

 

 

そこで、色々と調べたところ、やはり同様の不具合報告が上がっていて、それによるとフォントが多すぎる場合に発生するようなのです。

これを復旧させた方の説明によれば、フォントを1/3程度削除したところ、また選択可能となり、使えるようになったということでした。

 

早速、同じように不要と判断したフォントを相当数削除したところ、無事今まで通り使えるようになり(ここで私は、削除後「System32」の「FNTCACHE.DAT」も削除して再生成しました。→単純に削除後再起動するだけです。)、めでたしめでたしとなったわけなんですが、なぜ突然発生したのかはやはり不明で、フォント数の上限などということも全くわかりませんでした。

 

まだまだCS6までのバージョンがメインの方が多くいらっしゃるかと思います。

 

もし、同様な不具合が発生したら、一度試してみてください。

 

ちなみに今回、この方法を見つける前に、再インストールしてみましたが、この方法では解決しなかったので合わせて報告しておきます。

 

今回参考にしたサイトは、Adobeサポートの「おかしいなと思ったら:Windows 版 Illustrator CS6」及びILLUSTRATORコミュニティフォーラム (JAPAN)です。

 

長年使っていると色々な不具合に直面することがあります。

そんな時は、慌てずにネット上の情報を捜せば、きっと解決の糸口がみつかると思います。^^;

私も、今回は情報提供されている方に本当に感謝した次第です。

ありがとうございました。^^

 

 

本日もご覧いただきありがとうございました。 ^ ^

 

 

イラストレーター教室・ステッカー製作

AI-DESIGN ARASHI

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス