三度のメシよりボート釣り

三度のメシよりボート釣り

ホープボートのドルフィンDSー110SⅡ+マーキュリー9.8M「さぶろく丸」をカートップし、内房&外房で釣り三昧。
今年も目標は、ヒラマサ、キンメ、マグロチャレンジ!
ヒンカーズジャパンメンバー募集中で~す。

目標1:相模湾に浮く
目標2:キンメを釣る!
目標3:ヒラマサを釣る!!
目標4:キハダを釣る!!!

テーマ:
〈私の釣果〉
ワラサ 65cm 1本
サメ 80cm 1本(リリース)

〈宮ちゃんの釣果〉
スミヤキ 42cm 1本
ウッカリカサゴ 31cm 1本
アオリ 300g(およそ) 1杯
アジ 20cm 1本
サバフグ 15~25cm 4本

アオリがなぁ。
釣れんかったなぁ……
悔しいなぁ


ワラサユッケ
アメブロのお友だち、なべじさんのレシピを参考にしました。
なべじさん、かなりうんめぇっす♪
使ったのは中落ち部分。3枚卸しの中骨に残る身をスプーンでこそげとると、このくらいの量になりました。
まさに無駄なし!


ワラサ刺身
いい艶してますなぁ~。
こちらは背側の身。
程よい歯応えと、特有の青臭さが美味。


ワラサ刺身(腹身)
お腹が真っ白だったので、脂乗ってるだろーなーと期待していましたが、裏切らず!
ブリのこってりした脂も好物ですが、程よく抑えた上質の脂といった感じ。
回転寿司ではブリ系を食べない和泉さんも、「これは美味しい♥」と箸が止まりません。


ワラサキノコ汁
秋ですから、キノコをふんだんにつかった汁物を。
キノコには牛肉が合いますが、ワラサも悪くないですよ。


ワラサフライ
尾身の部分は火を通す料理に。
魚のフライと言うと、タルタルを連想しますが、ワラサの場合、タルタルが負けてしまいます。それだけ魚の味が強いんですね。
シンプルに塩コショウでいただくと、ワラサの美味しさがよくわかります。
敷物にしたゴボウの天ぷらが、やたら美味しかった。


ワラサ大根
奥様作。
大根しみしみでまいうー。ブリでなくても美味しいですよ。


ワラサカマの塩コショウ焼き
シンプルな方が、素材の味がよくわかるというものです。
ほほ肉、頭肉とも、程よく脂が乗っていて、素晴らしい。


ワラサ照り焼き
こちらも奥様作。
ここのところ仕事が忙しい日が多く、満足に料理できる時間が取れませんでした。
奥様に感謝!
ワラサではありますが、ブリと大差はありません。腹身はしっかりと脂が乗っていて、ご飯のおかずにピッタリ~。


ワラサカマのスタミナ焼き
焼肉のタレに漬けて、グリルで焼きます。お手軽簡単。
カマのジューシーな脂が最高ですね。

ワラサ、ブリは食材として優秀ですね。とてもありがたい。
次回も釣り上げたら、なるべく間を置かずに神経締め&血抜きをしようと思います。

テーマ:
みなさん“君膵”観ました?
そう、「君の膵臓をたべたい」
今さら!?と言われそうですが、先日TVでやってたのを録画しておいたんです。
よくある純愛モノだろう、と甘く見てました。
後半4分の1くらい観残していたのを、釣行から帰ってきたあとに観たんです。

号泣です。

下腹にズシーーンと来ました。
いい映画です。
しかし途中まで観て、しばらく放置してたこともあって、話のつじつまが合わないところが。
なので、もう一度最初から観直しました。

今度は後半嗚咽しっぱなし。

こんな衝撃的な映画は初めてです。
ストーリーが…とか話の展開が…などということではなく(もちろんそれらもケチの付けようはありません)、伝えようとするテーマ、メッセージが素晴らしい。
感情が自己消化しきれず、日曜日は一日中ズーーンとしたまま過ごしてしまいました。

まだ観てない人は、ぜひ!

さて本題です。

日の出 06:03
日の入 16:47
長潮
満潮 14:14
干潮 06:51 20:12

0:15
自宅出発。
ガソリン148円。高止まり中。

3:00
現地着。
一番奥に軽トラックのボーターさん。時々お見かけする方です。
風はそよ風。凪を予感させます。いいね!

本日のメニュー
◆前々回いい思いをした洲崎沖で、タイラバ&ジギングしてみよう♪
凪限定のため、今日みたいな日は絶好のチャンスです。
◆浅場でエギング!アオリって美味しいよね♪
前回アオリの生存確認ができてしまったので、とにかく今日は釣れるまで粘るのです!
◆ディープタイラバを試すぜ!
相方宮ちゃんはアマダイをやりたいと。私はタックルが4本になるのはイヤなので、今回はいつものタイラバタックルでディープを試してみます。
新調した(もちろんヤフオクで)DAIWAの電動300番に、PE350m巻いてきましたので、250mくらいまでなら攻められます。ヘッドは230gを持ってきました。

5:00
起床。まだ真っ暗です。
「おはよーございまーす」
誰?知ってる声だわ。
たーさんミーサンでした~。来てたんですね♪
今日はアマダイ狙いだそうです。

そしてBIG先生。
今日も深場ですか~?
海坊主さんも来るみたいですが、別の浜からエントリーと聞いてます。海上で会えるかな?

今くらいがベストシーズンですかね。かなりの数のボートやカヤック。みなさんワイワイと楽しそうに準備されてます。

我が相方、宮ちゃんはさぶろく号の隣に車を停めて爆睡中です。
毎回私がオカンみたいに起こす担当になってるので、今日は自分で起きてくるのを待ってみましょう。自立を促すのです。

5:30
準備完了しましたが、起きてきやしねぇ💢
仕方なく、車を震度5強レベルで揺すってみたらようやく起きてきました。


たーさんミーサンのお馴染みの光景。好きなんですよ。
太古エジプトのピラミッドを作る人ってこんな感じだったのかなぁ(石を運ぶ人と、それを指揮する人)。


6:00
さてさて、期待に胸を膨らませ、レッツゴー。


ほらほら、いい凪ですよー!
並走するのは、お隣の軽の2馬力さん。

まずは洲崎沖を目指すよー。
行けるのは凪の日限定ですからね。
宮ちゃんを乗せて、22km/hは凪の証。

しかししかし!
波左間沖辺りから様子がおかしくなってきました。
急に波が目立つようになり、走行が困難に。
どうやら、予報が変わっていたみたいです。
ここは潔く諦め、引き返すことにします。
ザンネーーーン!

7:00
真鯛ポイントでタイラバ。
水深45mから、北風に乗せて流し釣り。
長潮ですが、まあまあ潮が効いているのか、約2km/hで流れます。
水温は21.5℃。
期待のホープ、タナコン300のデビュー戦です。
いってらっしゃい!
と、元気にタイラバを見送ったまでは良かったのですが、着底していざ巻き上げというときに電動が無反応。
おい!家ではちゃんと動いていたじゃないか。
ラインを巻き直した時に設定がおかしくなった?
うーん、仕方ない。今日は手巻きだ。

8:00
ここまで宮ちゃんのサバフグのみ。
本命からの音信はありません。

着底から巻き上げ5m辺りで、私のタイラバをモソモソ触るアタリが。
竿先がクンクンとお辞儀した後、グンッ!と確かな手応え。
そのままツツーーッ!と走るのは青物か。
止まったところで巻き上げようとしますが、ドラグが滑って巻き取れません。
なかなかのサイズです。
「タイかな~♪ワラサかな~♪ショゴかもね~♪」
相手を想像しながら、バラさないように慎重に、しかしスタイリッシュに、時にはドラマティックにやり取りするのが釣りの醍醐味です。

ラインが左へ右へ走るのを見ると、青物ですね。
そして、


おーほほほほ。
宮ちゃんにタモ入れしてもらい、無事にネットイン。


65cm。お腹真っ白のワラサ。
脂が乗ってそうです。
狙って釣った訳ではありませんが、無事にお土産確保でひと安心。

いつもなら無理矢理イケスに入れておくか、ストリンガーするのですが、どうせ血抜きするなら早い方がいいと思い、先日購入した神経締めをやってみました。
ニードルとして使えて、コンパクトなのが欲しかったので、「ルミカの神経締めショート」を選びました。

ワラサの眉間にブスリとニードルを射し込むと、ビクビクン!と神経に入った感触が。
そしてワイヤーをズコズコしたら、ワラサはダラーンと弛緩したのが分かりました。
エラと脊髄にハサミを入れ、どうせ捨てる尻尾をチョン切ります。イケスでしばらく血抜きしたら、海水氷のクーラーに入れてしまいます。
これで美味しく食べられそうです。

10:00
まだ波が収まりません。
予報は午後に落ち着くと言ってます。
しかも予定外の雨。
今日から冬服にしていますので、多少雨に濡れるくらい何てことないはずなんですが、昨シーズンちゃんと手入れせずに上着をクローゼットにしまっていたみたいで、ファスナーが塩で固着してしまってます。
辛うじてベルクロで止まっていますが、隙間からスースー風が入り込んで寒い。

浅場でアオリをやるか。
○○根からの流し釣りの延長で、水深20m辺りからティップランをやってみます。

レンタルボートらしきが少し離れた位置でティップランをやっています。やはりこの辺にアオリはいるみたい。

私は陸っぱり時代にエギングはそこそこやっていましたが、宮ちゃんは実戦経験は乏しいらしいです。
それでも自分なりに色々勉強して、やり方のイメージはあるみたい。

10:30
流されて9mの浅場まで来ました。
ティップラン用のエギじゃ重かろうと、私はノーマルの3.5号に変更。キャストしてカウントダウンでシャクリを入れます。
宮ちゃんは引き続き35gのエギをポトリと落とし、シャクリ。

すると、グーーッと宮ちゃんのロッドがしなりました。
「え?乗ったの?」
「うん、そうみたい」
海面でピューッと墨を吐きながら、アオリが姿を見せました。
「やったやった!アオリいたよ!」
秋イカにしては、まあまあいいサイズ。300gくらいでしょうか。
取り込み時に、もう一発噴射を浴びて、ボートが墨まみれに。イカ釣りをするボートは真っ黒になるのも当然です。
この墨ってなかなか落ちないんですよね。


イケスに泳ぐアオリとサバフグ、喧嘩をしてはいけないよ。

アオリの存在証明は取れました。
私もシャクってシャクってシャクリマクリスティです。
ピタッと止めたときに、コン、みたいなアタリは出るのですが、アワセても乗りません。触腕タッチ?

1時間ほど頑張りましたが、その後は姿見えず。無念。
夕マヅメに再度チャレンジしましょう。

少し波が落ちましたよ。
鯛とワラサを求めて、○根沖を目指します。
いつも遊漁船がいるポイントなんです。
エリアはまあまあ広くて、水深40~60mくらい。このどこかを青物が通るらしいのです。


11:40
そろそろこの辺で、真打ち登場です。ケイムラネクタイ。
今まで何度かいい思いをしているのは、このネクタイなんです。
結構大量に作ったつもりでしたが、少しずつ消耗していて、これが最後のストック。帰ったらまた作っておかないと。


見てください。300番の液晶表示。
欠けはありますが、ちゃんと動いてくれるのがありがたい。
そして、何と何と、いきなり電動が動き始めましたよ。
いやー、よかった。

60m辺りを攻めていた遊漁船では、真鯛がポツポツ揚がっています。サイズは控えめですが、いるみたいですよ。

風も弱まり、かなり釣りやすくなってきたのはいいのですが、潮も緩くなってきました。ボートの流れは1.5km/h程度。
アタリもさっぱりです。

13:00
集中力も途切れがちになってきます。
ここは見切りをつけて、深場へ行ってみましょう。そのまま南下して、150m辺りに付けます。


さあさあ。ごはんにしましょう~♪
冷凍イワシにサバ短、オキアミにテンヤ用の海老。オキアミが宮ちゃんの本気を感じさせてくれます。

私はタイラバのヘッドを230gにチェンジし、ディープゾーンを攻めてみます。
着底してすぐにアタリが出たよ~♪
重量感はたっぷりだけど、あまり引かないですね。
それでも残り50mでガタガタ暴れるところを見ると、ひっとしてひょっとしますよ~!


ガーーン……君か……
期待して損した。

そんなことしてる間に、潮が止まってしまいました。
風も止んで、ボーとが流れない……


そんな中、宮ちゃんは獲物をポツポツ釣り上げてますよ。
スミヤキ、ウッカリカサゴなど、美味しい魚ばかりです。これでお土産は大丈夫かな。

14:10
そろそろ深場を切り上げて、最後のエギングへ向かいましょう。
今度は広範囲をくまなくサーチしてみたのですが、残念ながらヒットなし!

15:10
沖揚がり。
BIG先生は、ついにアカムツを釣ったらしいです。オメデトサンです!

16:45
みなさんとサヨナラし、現地をあとにします。

17:30
ばんやの湯。
やっぱ温泉はいいやね♨

19:20
締めのラーメンは、木更津の来来亭。
ラーメン無料券をもらえるキャンペーンをやっていたので、来てみました。


麺かため、脂おおめ。
血管が詰まりますね。

20:30
海ほたるで仮眠。
のはずが、起きたら0:30!ぐっすり寝たよ~

1:30
自宅着。

あーあ、パッとしない釣果だったわね~
次回も館山ですかね。
今度はカワハギをやりますよ♪


テーマ:
久しぶりの艤装です。


昔何かで使った残りの合板。9mmです。
ベランダ放置による経年劣化で、いい具合に年季が入っています。
きれいに仕上げるなら新しく買うべきですが、これはこれで使えるんだからもったいない。
縦280mm、横400mmに切り出します。
表面が風化してザラザラしてたので、サンドペーパーで少しキレイに。


シートベースを仮置き。


軽量化のため、板をくりぬきます。


6mmボルトで固定。


バスコークでコーキングしてます。


裏側。
ボートに固定したとき、しっかり密着するよう、5mmのスポンジをぐるりと貼り付け。


ナット部分は少し掘り下げて、飛び出さないようにしてます。
コーキング後なのでわかりにくいですが、極力出っぱりをなくすために、鬼爪ナットを使ってます。
これはステンではないので、コーキングでカバーしてるのです。
構造的に、ここに水は入り込まないはずですが、実際の使用シーンは想定の数倍タフな環境ですので、念入りにしておいた方が結局長持ちするのです。


愛用のキャプテンシート。
シートスイベルの、シート側のパーツを取り付けます。
エンジンの振動で、やがてナットが緩んでくることもありますので、緩み止めのナイロンつきナットを使用。


外したシート側のベース。
長い間ありがとう。
使用感はありますが、傷みもなく全然使えます。
メルカリするかな。

そして10月6日の釣行後。


宮ちゃんにも手伝ってもらい、無事に取り付け完了。
浮力体の中にアルミアングルを入れて、FRPをサンドする構造にしてますので、そこそこ強度はあると思います。


前側2点のみしか固定してない?
はい。
うしろ側は浮力体がパンパンに詰まってて、それを取り除く作業が大変そうなので断念しました。
グラグラしそうですが、案外平気です。
それでも念のために、また時間を見つけて作業したいと思います。


こんな感じ。
今までよりも数cmポジションが高くなりましたが、違和感があるほどではありません。
10月20日の釣行で初めて試したのですが、スイベルの回転があまりスムーズではないです。
どこか擦れてるみたいに、ゴッゴッとぎこちない。
まあそんなにクルクル回すわけでもないからいいか。


これは深場用のロッド。昔にヤフオクで落としたものの、ゴツすぎて出番がなかった竿です。
ミヤエポック600番と組み合わせて使ってみた際に、トップガイドがどこかにぶつかったみたいで、グニャリと曲がってしまいました。
戻そうとしたらポキリ。ありがちです。
幸いロッドティップは無傷でしたので、破損したガイドを交換すれば使えます。

近所のキャスティングに売ってるだろうと訪ねてみましたが、こんな太いサイズは置いてませんでした。
直径およそ4mm。
他の釣具屋を回ってもいいのですが、置いてる保証はないので、ネットで検索。

結構あるんですね。さすがネット。大したもんです。
で、軸径4mmのを選んで発注したのは良かったのですが、この表記サイズは外径。
当然入るはずはありません。
ガックシ!
竿を削るか?
いやいや、強度が落ちてはどうしようもない。仕方ない。買い直しましょう。

そんな高いものではないですが、さしあたって他に使い道はありませんからね。釣具のお道具箱に永遠にしまわれると思います。


で、今度は5mm径を発注し直し、無事に取り付け完了しました。
2番以降のガイドと色もサイズも合ってませんが、I don't care.
ガイドと呼べるものが付いていればそれで良しです。


20日の釣行終わりに、バキッ!といったのはここです。シートの裏側、ベース取り付け部分。前側2箇所が破損してます。
ワッシャーを噛ましてはいましたが、ワッシャーのサイズが小さかったのと、厚さが薄かったので曲がってしまったのです。
結果、体重をかけたときに負荷が掛かり、ムギューと食い込んで、耐えきれず貫通したということです。
一回り大きくて、分厚いワッシャーを買ってきて、2枚重ねで留め直しました。これで保ってくれたらいいのですが。

・キールガード交換
・サイドフロート取り付け
・船縁の埋め込み磁石補修
・ビルジポンプ取り付け   等々

まだまだやることがいっぱいあります。
あ、フロントドーリーも自作したいんだよなぁ。

色々大変だなぁと言いながら、その実楽しんでます。
こんなメンテや艤装も含めて、ボート釣りが好きなんですよね。



テーマ:
〈私の釣果〉
シイラ 50cm 1本
サバフグ 20cm 1本

釣果はたったこれだけですが、戴いたアオリイカがあるのです!2杯!
さらに!
前回BIG先生からお裾分けしていただいたアブラボウズも、解凍して料理しちゃいましょう~♪


アオリ刺身。
旨くないはずがない。
一応飾り包丁を入れていますが、なくても全然柔らかくて甘みがあって。口の中でとろけます~。


サバフグ薄造り。
薄くありませんけど。
かんずりとポン酢で召し上がれ~。


麻婆シイラ。
シイラだけでは何なので、豆腐も入れてあります。
どっちかっつーと、麻婆豆腐にシイラを突っ込んだといった方が正しいかも。
美味しいは美味しいですよ、もちろん。麻婆豆腐ですから。
中村屋の麻婆豆腐の元が我が家のお気に入りです。
手を加えなくても、本格的な麻婆を楽しめます。


シイラのグラタン。
ジャガイモとナスを合わせてます。
買っておいたシメジを入れるのを忘れました!
火を通すとシイラの身が適度に引き締まって、肉っぽい。


アオリイカのラー油和え。
ラー油はウチの奥さんの手作りです。
ピリッと辛いラー油と、アオリの甘さが見事に調和。


アブラボウズ煮付け。
初めて食べましたが、その名に恥じないたっぷり脂。煮汁はほぼ脂です。
その割には身はしっかりしてますね。美味しいです。


アブラボウズの胃袋煮付け。
ミノみたいです。噛み応えがありますね。
とうがらしを入れてピリ辛にしたつもりですが、おびただしい脂の前では無力です。


シイラフライカレー。
CoCo壱のメニューにありそうです。


アオリのゲソをサッと湯通しして、酢味噌で。
もちろん生姜醤油も美味しい。
湯に通すことで、プリッとした食感とサクッと噛みきれる食べやすさが好評です。


シイラカツサンド。
レタスがあってよかった。かろうじて格好がつきました。
ペンペンサイズのため、この1個のみ。
おとっつぁんが食べる前に、和泉さんが完食してしまいました。うう……
美味しかったそうです。

次回館山はアオリで決まりですね。
アオリ尽くし、アオリまみれのアオリ地獄だぞう~!


テーマ:
おにぎりはLAWSON派のあひです。

いつもチェックしている天気予報のサイトは、釣りニュースと天気.jpです。
釣りニュースは、だいたい風が強めに出ますので、館山の場合7~8mまで大丈夫であることが多いです。
天気.jpなら、5m以下を目安にしています。

20日の土曜は、ずっと強風の予報でしたが、当日が近づくにつれドンドン快方に向かい、ついに前日には天気.jpで2~4m予報に。
よーし、これなら行ける!
と踏んだのですが、一方の釣りニュースは10m以上の予報。ちょっと差がありすぎ?
こんな場合は、良い方の予報を信じることにしており、今回もその判断に従いました。

0:20
出発。
ガソリン148円。
また上がってる。

レインボーブリッジ6mの風。
アクアライン8m。
むむ。これはちょっと厳しいかもよ~。

3:00
現地着。
車の数は少ないですが、一番奥に先客あり。
今回は宮ちゃんの都合が悪く、他のバディを探してみましたが、あいにく誰も都合がつかず。久しぶりの単独ライドオンです。
せめてお仲間に来てほしいなぁと思っていたら、JBB280さんがいらっしゃると。心強いです。

現地の風は体感で7~8m、時折10m位の風が吹きます。
これで沖へ出るのは無理です。
予報はこれから少し風が強くなるはずなんです。てことはもう絶望的?
過去に経験がないわけではありませんが、大荷物積み込んで、片道150㎞かけて、何もできずに帰るのは本当に辛い。
そんなときのために、ボート修繕の道具一式も持ってきています。
・キールガード交換
・FRP補修用のパテ
・シートベースの固定
・サイドフロート作成
転んでもタダでは起きない!
でもやっぱり釣りがした~い!

5:00
いつもなら、そろそろ準備を始める時間ですが、風は変わらず。
それでもお隣さんはゴムボートを足踏みでシュコシュコやっている音が聞こえています。出る気かな。
ふと、海釣図にも天気予報の機能があったな、と思い出し、藁にもすがる思いでチェックすると、おお!これから風が落ちると出ています。
心なしか風も弱まった気がします。
到着されたJBB280さんに挨拶し、もう少し様子を見ることに。

お隣さんはジョイクラフトにホンダ2馬力。
「おはようございます~。風ありますが出されますか?」
挨拶すると、会うのは2回目と。私のこのブログを読んでいただいてる方でした。近場でアオリの予定だそうです。なるほどそれなら沖に出ることもないから、何とかなるかも。

6:00
行けそう。
JBB280さんとともに準備開始。

日の出 05:51
日の入 17:02
若潮
満潮 00:25 14:51
干潮 07:34 20:49


6:50
認識旗がいい具合にはためいています。
日の出から1時間遅れでスタート。


波を切り裂き進むJBB280さん。
アイパイいいなぁ。

ピッチは大きめですが、時折大きい波が来ます。
上手くかわさないと、前から潮を被りますので、ゆっくり進みましょう。

・タイラバ
・マイクロジギング
・エギング
・ベイトがいれば泳がせ

今回テンヤタックルを持ってきました。
エギングと最近流行りのマイクロジギングをやってみるつもりです。
マイクロジギングとは、シルエットの小さいタングステンジグを使って、浅場でバーチカル、キャスティングで楽しむジギングだそうです。
釣れる魚種が豊富そうなので、内房の五目王子である私にピッタリです。


7:15
まずは真鯛ポイントでタイラバちゃん。
オレンジでやってみましょう。
水温は23℃弱、水深は60m。風は北。
掛け上がりに向けて流し釣りです。
95gのヘッドが、2~3回のリフトandフォールで、45度まで浮き上がります。中層から下で潮が効いているみたいです。少し釣りづらい。

8:20
二流ししましたが、アタリなし。
一度ずーーーんと重くなったので、大型根魚でも掛かったか!と緊張が走りましたが、ガッチリ根掛かりでした。


北の○根を試してみたかったので、向かい風の中ゆっくりと進みます。
走っている間はザンブザンブですが、止まっている時はご覧の通り。そこまでの荒れではありません。

8km/h程度のノロノロですので、時間が掛かります。

9:00
○根沖、水深50m辺りに遊漁船が数隻。釣れてるのかな?
見たところ、落ち着いてる雰囲気。
岸寄りの42mでやってみましょう。
ごくたまーにベイトが通りますので、そんなときはジギングです。
ギアラボのフリップ60gをセット。ピョーイと投げて着底したらただ巻きです。
魚探の反応がトップ~中層なら、着底を待たずにカウントダウンで巻いてみたりもします。

しかし青物はいないみたいで、まったく反応なし。

普通風に対してボートは横を向くものですが、何故か今日はお尻を向けてしまうみたいで、時折ザンブ!と打ち込みがあります。
何回か喰らったらビルジの掻き出しは必須。

そんな海況でも眠いものは眠い。
もちろん本気で寝る人はいませんが、ついウツツとしてしまい、タイラバの着底に気付かなかったり。

11:20
相変わらずラインが斜めに入るので時々はフックセットのチェックも兼ねて回収するのですが、その最中にガツン!とアタリ。

事故みたいなもんですが、まともなアタリが初めてなのでとにかくうれしい。
何だろなー、イナダかなー、サゴシかなーなどと思いめぐらす間も与えられず、

ジャンプ!
またジャンプ!

あぁ……まだ夏の海なのね……


ペンペンちゃん。
50cm程度ですが、今日に限っては貴重な釣果です。
ありがたく食べるぜ~。


予報は当たります。
昼前に風が落ち着いてきました。
波は弱まったものの、まだ残っています。

風に押されながら、1~1.5km/hで南へ流されますよ。その流れのままに、時の過ぎ行くままに(ジュリー当日ブッチはいかんよ)、タイラバとジギングを続けます。我ながら大した精神力。
そう、来た以上は全力を尽くすべし!

13:30
やがて○○根周辺まで来ました。
水深32mの中層でタイラバにアタリ。
ツンツン、ツンツンしてます。
これはアレだよね。


そう。君。
君も立派な食材だよ。

と、JBB280さんから電話。
「まだ頑張りますか~?」
様子伺いでした。
「もうちょっとだけやります~」と返事し、ブイ近くで魚の反応をチェックして、最後にエギングをやってみます。

14:00
水深14~5mで、ティップラン用の35gを落としてみます。普通の3.5号などでは着底しないはず、という考えです。そのまま水深7~8m位までドテラ流しでやってみましたが、なーんもなし。

ヤメじゃヤメじゃあ!
アオリなんかおらんわーーーい!

14:50
沖揚がり。
もちろんJBB280さんもジョイクラフト+ホンダ2馬力さんはもう揚がっておられます。
最後ドーリーを下ろすところで、シートの背もたれに体重を預けたら、バキッ!と嫌な音。
どこがどうなった??
見るとシート側のベースを留めてる4点のナットの内2つが食い込んで貫通してしまってます。
ワッシャーが小さくて薄かったからですね。帰ったら修復です。

「どうでした?アオリ出ました?」
お互いのキズを舐め合うつもりで、ジョイクラフト+ホンダ2馬力さんに聞いたら、
「はい。型は小さいのが多いですが、釣れました」と、クーラーを見せてもらったら、10数杯のアオリちゃん。

おるやん!
自分らおるやん!

ポイントや釣り方を根掘り葉掘り尋問したのは言うまでもありません。
沖は荒れてても、浅場で美味しい思いはできるということです。
苦労してペンペンとサバフグだけの私がアホみたい。

色々アドバイスもらうだけでなく、アオリまでいただいて!感謝しかありません。今度サバフグ大漁の時はおすそわけします!

色々ボートの補修をしたかったのですが、何だか疲れてしまって、パテ埋めだけやっておきました。
自作の底板を使用してますが、部分的に擦れて削れてしまっている箇所があり、そこだけFRPが薄くなってしまってます。やがて穴が開きそうなのでエポキシパテを盛っておきました。

16:00
皆さんと現地解散。
またお会いしましょう~🎵

17:00
ばんやの湯。
前回で回数券がなくなったので、また30枚購入です。
38℃の人工炭酸泉が五臓六腑はもちろん、中枢神経にまでじわーーーーーっと沁みます。湯船で寝れますよ。

18:30
今日は拉麺帝王ですよ。


珍しく帝王味噌です。
刺激が欲しくて5辛です。
ニンニクも搾りまくって悪臭男確定。半ライスも食べてますから、このおじさん成長期ですよ。きっと。

19:00
アクアライン事故渋滞の情報あり。
仮眠してる間に解消するだろうと、海ほたるで休憩。
仮眠のつもりが目覚めたら23:30!

0:30
自宅着。
丸々24時間の釣行というわけです。


テーマ:
〈私の釣果〉
ブリ 80cm 1本
ワラサ 74cm 1本
真鯛 30~35cm 2枚
ホウボウ 25cm 1本
オキギス 35cm 1本
アブラツノザメ 70cm 1本(リリース)

〈宮ちゃんの釣果〉
ワラサ 70~72cm 2本
真鯛 30cm 1枚
オアカムロ 30cm 1本 ← たーさんに教えてもらいました。アオアジではなかった
ギンメダイ 20cm 1本
タマガシラ 19cm 1本

ふたりとも好釣果を上げられてよかったです。
凪がよいときは、ぜひ攻めたいポイントですね。

さて、我が家は3人家族。
どう頑張ってもブリとワラサ2本ともは食べきれません。
ここはやはり、魚好きのF7段家にお裾分けでしょう。
というわけで、釣行の帰りがけに、ワラサと真鯛をクール宅急便してきました。


ブリの胡椒焼き。
すごいシンプルな料理ですが、激ウマ!
塩と黒胡椒だけですので、チョー簡単です。
ちょこんと乗ってる付け合わせは、ブリを焼き上げた後に炒めた長ネギです。
何てことなさそうなこの長ネギが、ミラクルな美味しさ。ビックリです。


ブリと真鯛の刺身。
左上がブリの背身、左下が腹身です。
この腹身が絶品!
久しぶりに刺身を食べて、のけ反り笑ってしまいました。
これがあるから釣りはやめられまへん。なくてもやめまへんけど。


ブリキムチのサラダ。
醤油、みりん、ごま油とブリ切身(中落ちを使いました)、キムチを混ぜ混ぜ。
簡単ですがこれもかなりウマイ。
まったくくどくなく、主食のようにパクパク食べられます。
居酒屋で出てきそうなメニューですね。


そのキムチ和えのブリで手巻き寿司。
海苔の風味がまたいいんでないかい?


ブリといんげんのトマトソース煮。
見た目で想像できますでしょ?お味が。
これもめっちゃウマイ。
いんげんがいい仕事します。


残ったトマトソースか~ら~の~パスタ。
いい!
いい!
この細麺がまたいい!
ボォーーーノ🎵


ブリカマ唐揚げ。
ひとつが赤ちゃんの肩甲骨くらいあります。
にんにく醤油だれに漬け込んで、片栗粉をまぶして揚げてます。
ワイルドな味付けが合うんだなぁ。
ビール派にもごはん党にもオススメ!


ブリアラの味噌汁
硬い頭を苦労して切り分けて、熱湯にサッとくぐらします。
血合やウロコなどを取り除いて、水からコトコト。
少しの生姜と酒を臭み取りに、出汁の昆布も投入。
火が通ったら味噌を溶き入れ、最後に白菜を入れ、煮立ったら完成。
味噌汁というより、味噌鍋のような味。白菜がしみじみ旨い。
寒い冬に食べたら、旨くて暖まって、涙するかもしれません。


ブリと長いもの甘辛味噌炒め。
前のメニューと味噌が被ってますが、また全然違う味わい。
ブリはもちろんですが、長いもがものすごくいい!


焼き鳥ならぬ焼きブリ。
ネギマならぬネギブ?
この長ネギが旨いんだ。


ブリの豆乳鍋。
ポン酢でいただきます。
鍋を見せろっちゅう話ですよね。
豆乳鍋自体初めて食べます。
野菜は水菜と長ネギ、スライスした大根と、シンプルです。
豆乳がブリの臭みを消してくれるかと思いきや、それほどでもなかったです。
しっかり火を通せば、ほとんど気になりませんけど。
やはり野菜が旨いぞ。
いい出汁を吸ってるからですね。
ゆず胡椒も合いますよ。


ブリのソテー、バルサミコソースで。
バルサミコ酢を初めて使いました。
なかなか酸味が効いてますね。お酢だけに。
ソースの味が強いので、ブリくらい主張がある魚の方が合うんでしょうね。
淡白な魚ならソースに負けそうです。


真鯛のソテー。
シンプルに塩コショウで下味をつけ、バター少々とオリーブオイルで蒸し焼きに。
白ワインで香り付けをしてふんわり仕上げます。
最後に醤油をタラッとかけて、味のアクセントにします。
うん。やはり真鯛はブリとはまた違った美味しさがあります。

みんな違って、みんないい。

ちょっと待て。
全般的に野菜が旨すぎる。
ブリによって野菜が旨味を引き出されるんですかね。
普段は肉食恐竜の和泉さんも、珍しく野菜をモリモリ食べてました。

いやー、今回は初ブリと言うこともあり、色んな料理にチャレンジできました。
これらブリ料理のほとんどは、レタスクラブのwebを参考にさせていただきました。
どれも美味しくて素晴らしかったです。

ごちそうさまでした🎵


テーマ:
どーもー。

3連休の初日、台風25号が接近中ですが、どうやら凪は良さそうです。
てなわけで、2ヶ月ぶりの宮ちゃんと、館山湾にレッツゴー。

日の出 05:39
日の入 17:19
若潮
満潮 01:39 15:32
干潮 08:31 21:26

23:50
自宅を出発。
金曜の夜は小雨模様。
積込の時には小降りになっていたので助かりました。
ガソリンは146円。
ジワジワ来てます。

2:30
今日は館山湾南側の坂田(ばんだ)をチェックします。
昔ジョイクラフトの時代に何回か出したことがある浜です。
洲崎方面を攻めるときは、こっちが断然近いので出せるかどうか確認します。

んが!
駐車場にはガッチリとロープが張り巡らされており、とても車を停められる状態ではありません。
これはどうも無理ですぞ。退散。

3:00
ホーム到着。
今日は珍しく土曜参戦のたーさんミーサン、そしてBIG先生がいらっしゃる予定。

5:00
お目覚めです。そろそろ準備しましょう。
すでに支度中のBIG先生、たーさんミーサンにごあいさつ。


にゃーにゃー話しながら準備をしてる間に、たーさん達はボートを水際へ。
そして、あっという間にいなくなってました。


5:40
それに続け!と我らも出発。
うんうん。期待以上に凪です🎵

今日は、
まず深場。明るくなると深場に落ちてしまうクロムツを朝イチにペロペロッと確保する予定。
その後タイラバ。記録更新の大鯛もいいけど、食べ頃サイズの40~50cmでもいいぞよ。
さらにベイトがいれば、サビキからの泳がせ釣りで大型青物一発狙い。

深場用には、8号1,000mを巻き込んだミヤエポック600が満を持して初登場。
その他、電動タイラバ、そして万能タックルも電動。
まさにオール電化。Panasonicの家みたいな仕様です。


そのミヤエポック越しに見えるは、並走するBIG先生。
先生は餌釣りの深場は初挑戦。
ようやく電動リールの出番が来ましたな。


さ、そろそろお弁当にしましょう~♪
と言いたくなるくらいの餌、餌、餌。
定番のサバ短の他、サーモン短、サンマ短も仕込んできた宮ちゃん。私は冷凍庫の肥やしになりかけていたイカ短とイカゲソを持参。
まるでハイキングです。

6:00
まずは水深250mにて。
ここで出なければ、もっと深場へ行く予定。
いつもの胴突5本針仕掛け。オモリは200号。
では記念すべきミヤエポックの一投め。
ラインはスルスル~と出て行きますが、糸送りなどという気の利いた機能は持ち合わせておりません。
なので着底までに時間が掛かります。

今日は北東の風1~4m。このまま進めば掛け上がりに向かい、水深は浅くなっていきます。

宮ちゃんもダイワの750番を初お試し。
私と同じく中古で購入していますが、全然新品みたいです。年代物のミヤエポックとは訳が違います。ギャフン。
なので、後から投入した宮ちゃんの方が、早く着底してしまうのです。アッチョンブリケ。

コクコクと竿先を揺するアタリ。
グイッと竿を煽ってアワセを入れてみますが、乗った感じがしない。
何度かそういうのが続きます。
水深はグングン浅くなって、200mを切りました。一度巻き上げてみましょう。

グイングイン、ガゴンガゴンとミヤエポックの巻き上げ音。激しすぎます。遠く離れた浜まで届きそうな爆音です。

4本目の針が切られています。スミヤキか?
一番下、5本目の針に何か掛かってます。


お前かーい。
40cmほどのオキギス。
さつま揚げでも作りましょうかね。キープ。

宮ちゃんの方は何でしょうか。
おっ?
サバ?


青アジですか?
30cmほどありますが、マアジよりほっそりしてます。
あまりお目にかかりません。

6:40
流されてあっという間に水深100m。
もっとガッツリ深場に行ってみますか。

さらに西へ。
水深400まで来たぞー。
洲崎も近いです。

しかししかし、また風に押されて着底する頃には350m。
この辺りは等深線の幅が狭く、一気に水深が変化するのです。

ゴンゴゴン!!

おっ!今度は明確なアタリ!
いいよいいよー
そろそろ本命の顔が見たいぞー


うげーー
アブラツノザメ……
ラインが絡まってしっちゃかめっちゃか。
船縁でバタバタ暴れて噛まれそう。たいそうおっかない。
背鰭のところに大きなトゲがあるので、こっちも要注意です。

以前もこの辺りでサメが釣れまくったのを思い出しました。何百匹というサメが海底でトグロを巻いているんですよ。きっと。
おーこわ。

中途半端がよくないのかもな。
ミヤエポックには1,000mのラインが巻いてあるんです。
もっと深場でキンメとかアコウを釣ってみようぜ。


7:45
水深550m。
反射して画面が見えませんが、魚群は映っていません。
さあ、今度は美味しい高級魚を連れてくるんだよ~と、優しくオモリを落とします。

…………

…………

…………

時間は過ぎて行きますが、アタリはさっぱり。

期待はMaxでしたが、結果は宮ちゃんのギンメダイ(小)のみという、Minimumなものでした。

さて今我々はどこにいるのやら。辺りを見渡すと、ほぼ洲崎。つまり東京湾の湾口に浮いているわけです。
大きなウネリと多少の波はありますが、この程度なら全然釣りはできます。
湾内に少しでも波があれば、こっちはザブンザブンですから、今日の凪の良さが分かります。

深場の肩透かしにガッカリしながら、今度は岸に近づいてタイラバです。

8:50
水深50mまで戻ってきました。
いかにも潮通しの良さそうなポイントです。

ヘッドはいつもの95gムク。
ネクタイは、まずは自作のオレンジで。
今日はリールのご機嫌もいいみたい。すぐに動いてくれました。
そして2回目のフォール。
巻き上げ始めてすぐにカッカッカッとアタリが出ました。
すぐにグーッと入った気がしたので、アワセを入れましたが、あれっ?抜けた?
再度フォールさせようとしたら、またグッグッと引き込みます。
食い上げ?
と、ギャーーーーーーッ!!とラインが走りました。
よっしゃ!乗った!

ギュルギュルギュル~~~~~~~ッ!!

ドラグが滑ります。
こりゃ大物だぞ~!
走る走る。青物ですね。
カンパチか?
ワラサか?
大鯛も走ることがありますからね。

少し巻き上げては出され、出されては少し巻いてを繰り返します。一進一退の力比べです。
ジギングロッドなら、おうりゃあ!とゴリ巻きするのですが、PE1号のタイラバタックルですから、無理はできません。

なんて楽しんでたら、宮ちゃんもヒット!
ドラグがジャージャー鳴いてます。同じ青物が掛かったようです。

いいねぇ!
楽しいねぇ!

余裕こいてますが、段々腕がくたびれてきました。
もうそろそろ揚がってきていただきたいです。長引くほどラインブレイクのリスクも高まりますし。

後に掛けた宮ちゃんの方が先に揚がりそうです。
こっちはまだ手が離せないので、セルフタモでお願いします。

おーーっ。
ワラサだね!ナイスサイズ!
すまん、写真撮る余裕なし!
無事にネットインしました。よかった。

次はこっちです。
10分以上格闘したところで、ようやくリーダーが入りました。

おーーーっ!見えた!
ユラーーッと回転しながら揚がってきたのは……


どーーーーん!
ブリ!
ギリ80cmですが、ブリはブリ。文句あっか。
ボート釣りを始めて約10年。ようやくブリを釣ることができました。ヒデキ感激です!


宮ちゃんのワラサ。
70cmですが、かなりメタボで丸々してます。脂乗ってそう~♪

このサイズは、当然イケスに入りません。
かといって、普段船積みしている宮ちゃんのクーラーにも入りそうにもない。
こういうときはストリンガーです。
2本ぶら下げて、ボート外に下ろしておきます。

ブリ、ワラサと格闘してる間、ずっと気になっていたのですが、ビンビン魚探反応が出続けていました。
青物が映るわけではなさそうですが、何かしらベイトはいるみたいです。

10:00
水深35m付近で、またタイラバにアタリ!
今度は少し浮いたところで食ってきました。
カンカン暴れるのは本命かな?
そんなに大きくはないです。


30cmのキレイな真鯛でした。


いつまでもワラサたちをストリンガーにぶら下げているわけにもいかず、宮ちゃんが血抜き&腸抜きをしてくれました。
しかし、えげつないシーンですね。
まさに血の海。
宮ちゃん死んだら地獄行きは確実です。

10:30
先程のブリワラポイントをもう一度流してみます。
もう1本ずつくらい欲しいところ。

いつのまにかボートの流れは北東に変わっています。
再び50mのポイントに差し掛かったところで、宮ちゃんのジギングロッドが曲がります。
またしてもワラサか?
はたまた今度はブリか?
タイラバとは違い、ラインも全然太いので、余裕のやりとり。
無事にワラサを確保しました。

今度は私のタイラバにヒット!
こうなると楽しくてしかたありません。
ブリよりは楽に上がってきますが、それでもなかなかの重量感。
やはり今度はワラサでした。

先程のブリですが、尾っぽを落としたら、ギリギリ宮ちゃんのクーラーに収まることが判明。
なので、今揚がった2本は、とっとと血を抜いてしまいます。
合計4本となり、クーラーももう余裕がありません。
もっとでかいクーラーが必要かしらねぇ。ニヤニヤ。


11:20
タイラバでホウボウさん。
美味しい魚なのは知ってますが、あまり私の好みではありません。
宮ちゃんに貰っていただきます。
さらにさらに、35cmの真鯛も追加。
タイラバ大活躍です。

引き続き洲崎沖の調査をしたいところですが、深場の釣果が出ていません。
餌もまだまだたんまり残っています。
ここは大きく戻して、いつもの深場を探ることにしましょう。

12:30
深場第2ラウンド。
今度は200m前後を攻めます。アカムツ狙いです。

しかし風がコロコロ変わり、ボートは予想と違う方向へ。250mまで行ったかと思えば、100mまで掛け上がったり。
結局本日の深場は完全に不発で終わりました。
先に揚がったBIG先生からは、クロムツがいくつか釣れたので満足とのLINEが。
うーん、どこにいたのかしら?クロムツ。


15:10
沖揚がり。
せっかくなので、このあとボートの補修をします。
スターンシートの土台部分のFRPが深刻なヒビ割れ状態。
補修の様子は、また別の記事で紹介します。

16:50
宮ちゃんはこのまま帰らねばならず、現地でサヨナラです。
またな。

18:00
久しぶりに君津の湯。
確か500円チョイだったなーと思ってたら、それは平日価格。休日は690円と100円増し。
ジェットバスやミストサウナ、露天風呂などでたっぶり汗を流し、大変さっぱりいたしました。


20:00
締めのラーメンは魁力屋。
大盛麺かため脂多め。

20:30
うみほたるで仮眠。
今日はなぜか車が少ないです。
2時間以上寝ましたよ。

23:45
無事に自宅到着。

楽しかったなぁ。
毎回こうだといいんですけどね。
ま、たまーに良いときがあるくらいがいいのかもしれませんけど。

次回は20日(土)の予定です。


テーマ:
〈私の釣果〉
アジ 11~15cm 20尾
サバ 13cm 4本
アカヤガラ 1m 1本
マハタ 45cm 1本

〈BIG先生の釣果〉
アジ、サバ 約20尾

すてきちさんからアジを譲っていただき、BIG先生と折半しました。
結果、アジは中小混じりで30尾ほどになり、下処理が大変でした。
それでも美味しい魚ですから、苦労のしがいがあるというものです。


アジの定番その1。アジフライ。
小ぶりなアジが多かったのですが、フライにするとある程度見映えしますね。


おや?
涼やかな清流を泳ぐ鮎のような君たちは……
小サバの唐揚げ。
エラと腸は抜いており、頭から尾っぽまでまるごと食べられます。


アジの定番その2。アジのたたき。
小ネギ、大葉、ミョウガ、しょうがを合わせてたたきます。
アジの旨味がよくわかる一品です。
手巻き寿司にすると、エンドレスで食べ続けられますよ。


アジのたたき韓国風。
ごま油とコチジャン、塩、ゴマで混ぜ混ぜ。
同じ素材でも、調味料ひとつで全く違うものになってしまうのは、料理の面白さですね。


アジの定番その3。アジの刺身。
小アジでも程よく脂が乗ってます。
しょうが醤油で召し上がれい。


アカヤガラの刺身。
初めて釣りました。そして初めて食べますが、淡白で上品な白身です。
マゴチやホウボウに近い感じですが、サクサクと歯応えよく食べやすいのも特徴です。


アジの定番その4。アジの南蛮漬け。
漬け込んでいるバットを撮影したので、美しさはありませんが、旨味はたっぷりです。
一番小さいアジを選んで、丸揚げにしたものと、三枚卸しにした際のアラも揚げてぶっ込んでいます。
見た目は二の次、旨味優先です。


アジの定番その5。アジのなめろう。
たたきに味噌を加えて、さらに叩きます。
味噌の風味がいいですね~。


マハタの刺身。
いい脂が乗ってますよ~。
すごくしっとりしていますが、しつこくない脂。密度の高い身質は、存在感たっぷりに口中に仄かな甘味を感じさせます。
上質で贅沢な味ですなぁ。
ほんにほんに。


マハタ鍋。
具材の状態でスイマセン。雰囲気出ないですね。

これがマズいはずがない。
グツグツ煮込んでも固くならず、ほっこりとジューシーな白身は絶品です。
もっと出汁が出るかと思いましたが、想像より控えめで、逆にそんなところが高級魚らしくもあります。
うどん投入で締めかと思わせて、最後にぞうすいでフィニッシュ。
濃厚な出汁は出ませんが、やはり奥ゆかしい上品な香り。そりゃぞうすいも美味しくできるっての。


マハタのあら煮。
ちょっと煮詰め過ぎてしまいましたが、これも旨味を堪能できる一品。
ナイスサイズゆえに、食べるところは結構ありますよ。


アジの定番その6。アジの干物。
サイズはショボいビジネスホテルの朝食クラスですが、味は間違いない。
ただ、もうひと回り大きいと、よりジューシーなはずです。


アジのハンバーグ。
なめろうを焼き上げただけですが、見た目は置いといて、かなり旨い。
なめろうより好きかも~♪


アカヤガラのグリル。
オリーブオイルとニンニクでパンチの効いた味にしました。
蓋をして蒸し焼きにすると、あまり硬くならないので、おすすめです。


アカヤガラのすまし汁。
アカヤガラのアラで出汁を取りました。
マゴチの出汁に近いかな。上品な味ですよ。


アカヤガラの天ぷら。
手前の細長いのがアカヤガラです。
ヤガラ料理を何種類か作った中で、天ぷらが一番でした。
サクとフワの両立。
淡白な白身でクセもなく、美味しいですよ🎵


アカヤガラの塩焼き。
グリルに皮が引っ付いて、剥がれてしまいました。
食べかけみたいでゴーメンナサイネ。
焼くとジューシーになりますよ。これも美味しい。

お初のアカヤガラ、細長いので、食べるところは少なそうに感じましたが、捌いてみるとなかなかどうして。かなりの身が取れます。着痩せするタイプのようです。
狙って釣る魚ではないですが、もしまた機会があれば、ひと手間加えてレパートリーを増やしたいと思います。

ごちそうさまでした~♪

テーマ:
早くもあのうだるような暑さが恋しいあひでーす。

先週館山で撃沈を食らい、落ち込んでおりましたが、今週は外房でそのうっぷんを晴らすつもりです。
ちょうど1週間前、ハガツオやらカンパチやら真鯛やら、賑やかなカーニバル情報を耳にしておりましたので、いやが上にも期待は高まるというものです。

日の出 05:30
日の入 17:38
中潮
満潮 03:05 16:25
干潮 09:39 22:22

今日の相方はBIG先生。
最近電動リールを購入し、早く使ってみたい様子。今回出番はありますでしょうか。

23:40
自宅出発。
ガソリン144円。今日はチェックのみ。

外房の時は千葉ルートを経由します。
3ヶ月振りですね。
帰りの渋滞が心配です。

2:00
現地着。
さぶろく号はオーバースライダー搭載なので、隣に空きスペースがないと、ボートの揚げ下ろしができないのが難点です。なのでポールポジション狙いで早く着くようにしてます。
かなり早く着いたつもりですが、数台の車がありますね。ちょっと早過ぎやしないかい?

4:40
コンコン
BIG先生のノックで起き出します。
日の出まで少しありますが、準備しちゃいましょう。
さぞ多くのボートが集結かと思いきや、ビーチパーティー組もいるらしく、ボートはそれほど多くありません。お知り合いは、ぐっちゃん、JBB280さん、すてきちさん、タダノさんなど。みなさんお久しぶりです。

5:30
日の出に合わせ、岸離れ。
予報より風がある感じです。
波が出ると沖には行けないので、行動範囲が相当限定されてしまいますね。

まずはアジ場。
ここぞと思う場所で魚群反応。
中層に固まるのはアジかな、イワシかな。


早速サビキを投下します。
今までの反省を生かし、針3号、ハリス0.6号です。
反応は底にも出ますね。一旦底まで落として、巻き上げてくると、
ブブブブ……
とベイトが着いた感触が。

巻き上げてみると、小アジの4連。
よしよし。
この調子で、一気に泳がせのエサ確保するぜよ~


BIG先生もズラズラを楽しんでいます。
ビル・ジャックさんに教えてもらったと言う、ピストル型の針はずしが大活躍ですね。

群れから離れたらボートを戻し、また数投。
着実にアジを溜めていきます。
たまに小サバが混じりますが、イケスはかなり賑やかになりました。

我々以外にもJBB280さんや他のボートもアジをゲットされています。
しかし泳がせのロッドには反応がない様子。

40尾ほどになったので、本命を狙いにヒラメ銀座へ行ってみることにします。
先週はヒラメではなくショゴが入ってきたらしいので、期待が高まります。

6:30
誰もいませんね。
ここは先にカンパチを揚げて、みんなにLINEで自慢しましょう~♪
なーんて、獲らぬカンパのなんとやらです。

しかしカンパチはおろか、ベイトの反応がござらんよ。
「先週はもっと岸寄りでしたよ」
とBIG先生。
グッと岸に近寄ると、
ピーーーー
と反応が出ました。
そうか、10mくらいの浅場にいたのね。


ヒラメ仕掛けに、先ほど釣った小アジをエサに付け、投下します。
ガツーーーンと来いよ~!
泳がせ仕掛けを落としつつ、タイラバもやってみます。

しかしこの辺りのベイトはかなり少なめ。
これを目当てに入ってくる青物はいるかしら?

何度かボートを入れ直し、流し続けますが反応はないですね。
ちょっくら沖のジギングポイントに行ってみますか。

7:30
「おおっ!マグロ!?」
朝ごはんのサーチ中でしょうか、進行方向の沖合いに、鳥が海面すれすれに飛び交っているところに、砲弾型の魚体が海面を割ってジャンプしたのが見えました。
そう。よくテレビで見るあのマグロの姿にそっくり。
大きさはせいぜい5kgくらいでしょうが、はっきり見えました。

もう一回ジャンプ!
今度は少し左手!
先週ハガツオが釣れてますから、それかもしれません。
また、沖には本ガツオがいるとかいないとかの情報も。
外房はこういうのがあるから楽しいですね。

謎の魚は目視だけで、我々の針に掛かることはありませんでした。

さてポイント移動中のこと。
走行してる間は、イケスの水が抜けていくので、一旦栓を閉めないといけませんが、それをうっかり忘れていました。途中で栓をしたのですが、ポイントに着いたときはアジたちはほとんどお腹を見せている状態。
水が抜けていたときに弱ってしまったか、循環してない水で酸欠になったか。
いずれにしても、ライブベイトでの泳がせは不可能となりました。
また釣ればいいんですけどね。
なのでこれらは我らが食べる食料として、クーラーに移動です。

風は東ですが、潮は逆。潮が勝っていて、ボートは東へ流されます。

ぐっちゃん号発見。まだ出てないみたいですね。

根の近くでベイト反応が出ます。
BIG先生はジギングを。私は死んだサバを付けた泳がせ(もちろん泳ぎませんが)とタイラバです。

タイラバに、
モゾッ
とか、
コンッ
とか反応はありますが一瞬です。そのあと追いません。
ベイトを追っているだろうとの予想から、フィルムタイプのネクタイを使ってましたが、根掛かりしたタイミングでケイムラシリコンに変更。
困ったらこればっかり使ってます。

ビョウ!

時折7~8mくらいの強風が吹き付けます。
やはり予報とずいぶん違います。

「おっ!乗った!」
と思ったら、2度目の根掛かり……
館山湾ではめったにロストしないので、ちょっとショックです。

7:50
幸いリーダーは無事でしたので、気を取り直し再開。
と、今度は間違いなくアタリです。
ガッガッガッときて、グッと竿先を押さえられたところでアワセ。
グッグッーーーッ!っと引くのはナニモノ!?


ドラグは少し締め気味にしてるので、ラインはほとんど出ませんが、いい感じですよ。
走り回る訳ではないので、青物ではなさそう。根魚かな。
やがて水深48mから上がってきたのは、


いやぁ~~~っ!
漂流物~~~!
ではなく、釣り師の間では美味で有名なアカヤガラ。初めて釣りました。
サイズはおよそメーターです。
取り込み時にクチバシの部分をグワシと掴みましたが、噂通りぬるんぬるん。
んでめっちゃ硬い!
逃げようとグルグル回転します。
ぬるぬるの角材が手の中で回転しまくっています。さらに大量のぬるが……
気持ちのいいものではありません。


どうにかこうにかイケスに入れてみましたが、収まるはずもなく。
ストリンガーも考えましたが、移動の度にぬるぬるを取り込むのも大変。
持ち帰りは確定してるから、頭を落としちゃいましょう。
ハサミを入れますが、とにかく硬い。
背骨なんかセラミックですよ。
どうにかこうにか40cm近い頭は落とせたので、腹をかっ捌いて(肛門がめっちゃ尻尾寄りにあるんです……)、ワタを抜き、折り曲げてクーラーに。
ふえ~っ。ひと仕事。

BIG先生はジギング一本。
「スロジギ持ってくれば良かった」
と。
おるかおらんかわからん青物に期待しつつ、ひたすらシャクリ続けるのは体力的にも精神的にも辛いものです。
しかし魚探反応がないのに、突然ガツーーーン!と出るのが青物の醍醐味ですので、休んでいてはダメなんです。
ジギングとは、何ともストイックであり、ドMなゲームですね。
しばらく反応がある場所で粘りますが、出ません。
移動です。

9:00
大きく西へ移動し、真鯛のポイントです。


6月、この辺りで大型混じりの真鯛が数枚揚がりました。
ベイト反応は出ません。
底は砂っぽい感じで、ポイントらしいポイントも無さそうなのですが、出るんですよね。

やはりここでも風と潮が逆で、ボートは風に向かって東へ流されます。
が、先ほどよりその流れは弱くなっています。
干潮の潮止まりが近いからかもしれません。

やがて真南、沖へ向いて流れ始めました。
黙々とふたりタイラバを続けますが、アタリもないとついウトウトしてしまいますね。

10:40
65m辺りで、タイラバが着底と同時に、グッと押さえつけられました。
あちゃ!根掛かりか?
と思いましたが、じわーーーーっと上がってきます。
そしてゴンゴンと首を振るではないですか。獲物です。
これは根魚でしょう。
なかなかの重量感ですよ。期待できそう~🎵

そしてそして、
やがて浮かび上がったのは~


ヤッタ~~!
マハタ~~~!
本命ではないけど、本命より全然嬉しい~~!


見事なまでにメタボのマハタ。
45cmでした。
50には届きませんでしたが、このサイズになるとハタ類は一層美味しくなります。
ジュルリ……

二人ともすっかり目が覚めて、がぜんやる気スイッチが入りますが、肝心の魚のスイッチは入りません。

そうこうしてる内に、波が大きくなってきました。
2~3mのうねりに波がミックスされています。
釣りづらい。
だけでなく、波は逆方向で、戻りが心配になってきました。

「BIG先生、ここは見切りを付けて戻ろうと思います」
安全に勝るものなし。

こういう時、ゆっくり走ると逆に波を食らいます。
ある程度アクセルを開けて、波を叩くように進んだ方がマシです。
それでも飛沫は派手に浴びます。
右斜め前方から波を受ける格好で走りましたので、右半身がビッショリです。

11:15
朝イチのアジ場近くまで戻ってくると、波はいくぶん穏やかです。
ここまでサビキのアジしか釣れていないBIG先生。
時間も早いし、このまま揚がるのは不本意でしょう。

もう一度ヒラメ銀座の様子を伺ってみましょうか。


11:30
あー、みなさんここにいたんですか。
すてきちさん、JBB280さんが泳がせをやってます。
二人ともアイパイだからいいよね。
私は自然任せなので、ボートコントロールが大変でさァ。
さすがにおいそれと買える代物ではありませんが、あるといいよね~♪

ベイトのいるポイントは限定的。
何度も流し直しますが、ついぞ魚の顔を見ることはできませんでした。
残念。

12:30
すてきちさん、JBB280さんが揚がられたのを機に、我々もストップフィッシング。
それでも往生際悪く、帰りがけに根回りで根魚狙ってみたりして。

すてきちさんは、朝の一瞬を逃さず、カンパチを仕留めておられました。
やはり持ってる男は違います。

14:00
かんぽの湯を目指しましたが、
「本日の日帰り入浴は終了しました」
の貼り紙。
がーーーん!
今までそんなことなかったのに……


そんなときは、つるんつるん温泉。
お湯はこっちの方がいいです。
露天がないので、解放感は負けてますが。

15:00
BIG先生の知ってる勝浦たんたんめんを目指しますが、臨時休業でした。
がーーーん!

なのでいつもの松野屋に向かったのですが、なんと今日はもう終了したと。
がーーーん!


仕方なし。
久しぶりのてっぱつ屋で反省会。

16:00
道中のコンビニで休憩。
1時間ほど仮眠して帰路につきますが、市原から渋滞。そのままずっと、船橋まで断続的な渋滞。
館山の時はアクアラインを使いますので、この千葉の渋滞は久しぶりです。
三連休の影響もあるのかもしれませんが、3時間ですよ!3時間!

22:45
無事に自宅到着しました。
お疲れさまでした!

次回は10月の第一土曜に館山かなぁ。
そろそろミヤエポックを試してみたいと思ってます。

乞うご期待!

テーマ:
アマチュアスポーツ界が揺れております。
早く選手の皆さんが競技に専念できるようになるといいですね。

ついでにアマチュアフィッシング界も揺れております。
ワタクシ、8月11日以降、1ヶ月以上釣りに行けておりませんでした。
仕事や家族のイベント、天候など理由は様々ですが、ひと月も空くと船外機の操作とか忘れそうですね(←ウソつけ)。
ようやく15日に行けはしたものの、先日ブログで報告した通り散々な結果……
行ったことで逆にストレスが溜まるなんて、皮肉なお話です(泣)

さて3年前の12月に船検初挑戦いたしまして、8馬力デビュー、そして9.8馬力とステップアップしてきました。
今年は中間検査の年だよなーと思っておりましたら、タイミングよく案内が届きました。

検査費用は5,100円。
うむ。お小遣い制の身にはかわいくない金額。
躊躇してても始まりません。財布にお金がある内に払ってしまおう。

さて、ボートはどこに持ち込むか。
新規登録の際は、木場の検査場に行きました。
案内を見ると、埼玉にも巡回興行(興行ではない)があるみたい。
どっちにしても平日のみなので、休みを取る必要があります。
今のところ、金曜に木場に持ち込み、その足で館山へ向かい、車中泊のち翌土曜に釣りをするパターンを密かに目論んでおります。


さて、ミヤエポック。
相当型は古いですが、800番と600番ともモーターは生きており、ちゃんと巻き上げはできることはわかりました。
800番の元々巻いてあったPEの長さと損耗具合を見るため、600番で巻き取ってみました。
めっちゃ太いPEですよ。12号?いや15号くらい?
ちなみに15号のキャパは1,000m、12号だと1,500mですって!
ゴブリンシャークとか釣れそうです。
800番には、ちゃっちいカウンターが付いてますが、壊れてるのか、何か操作方法があるのか、糸を引き出しても動きません。
600番はそもそもカウンターなし。よってラインの色でカウントするしかないです。

しかし家の中で電動リールは回すもんではないですね。
モーター音の騒々しいこと!
最新の何たらボーグとかなら静音性にも優れているでしょうが、こちとら質実剛健男気溢れるミヤさまでぇ、コンチクショウ。
ギャオンギャオンドリフトキングもしくは円谷プロ的な騒音を響かせながら、ラインの色変わりを正の字でマークしていきます。

ん?
てっきり10m5色のつもりでカウントしてましたが、様子が変です。
3色?
しかも1色10m以上ある?




600番に巻くのは8号1,000m。
コスト重視で4つ編みの海外製を購入しました。
問題はこの1,000mを600番で巻き切れるか。
webでキャパを調べてみましたが、どこにも出てませんでした。
もし700~800mぐらいが限界だとしたら、1,000m買った意味がない。また巻き戻して、1,000m巻ける号数に落として買い直しです。
むー。
悩んでいても仕方ないわ、just do it.


何と、無事に1,000m巻き取れました。
ほぼピッタリ。
めでたしめでたし。
レベルワインダーがないので、巻き取り時に指を添えてあげないといけないのが面倒ですが。

ちなみに、PEは同じ号数でも、メーカーによって太さがまちまちなので、ご注意ください。


800番の不明号数と8号の比較。
全然違いますね。讃岐と稲庭くらい。


BMOリムーバブルスイベルベース。
再び購入です。
前回は6年前のバウシート取り付け時。
樹脂製なので、剛性・耐久性はいかがなものかと懸念されましたが、未だガタツキや不具合はありません。
安いのに大したやつです。

今回はスターンシート用として購入です。
挿し込みタイプのステン製シートベースが固定してある部分のFRPが割れて、グラグラしてます。
一度アルミアングルをかませて補強を試みましたがダメでした。
亀裂が徐々に大きくなってきており、浸水が心配です。
本格的にFRP補修できればいいのでしょうが、やったことないし、すごい臭いらしいので、近所迷惑にも。
応急措置として、FRPに合板を被せるように固定し、このシートベースを設置する計画です。
応急措置といいながら、それで実用性に問題がなければそのまま使い続けるつもりですけどね。


あれやこれや、また進捗報告いたします♪




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス