スタジオコアのブログ(松本市で子連れOKの整体、ダイエット、スポーツトレーニングなら)

スタジオコアのブログ(松本市で子連れOKの整体、ダイエット、スポーツトレーニングなら)

スタジオコアグループ代表・小澤康祐のブログです。
スタジオコアで行っているサービスの紹介や、整体トレーニング、スポーツ動作改善、LAS理論による野球指導、日常のことなど、考えていることを書いてます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
崖から落ちて、もがいてるうちに広背筋が鍛え上げられていた。

なんとか陸に上がったら去年登れなかった岩壁を登れるようになっていた。

そういう生き方しようと思った今月である。

やっと落ち着いて寝れそうである。いや、楽しくなったら余計寝れなくなるのか。

自分から崖に飛び込む勇気こそがマイプロテインやーーーーー!!!!

「全て鍛えれば、君も Perfect body.」

そして人を担いでも登っていけるのが本物の男ってもんです。

まだまだ貧弱なんで、また次の崖を探します。

スタジオコア・小澤

テーマ:

ホームページのコンテンツ作成をお手伝いしていただける方を、松本市近郊にお住まいの方で募集させていただきます。

 

短期的(目標ページ数を作成次第一旦終了)のものになりますので、学生さんなどのインターンシップや短期アルバイトをお探しの方にお願いしたいと思います!

 

・基本的には在宅業務

・PCをお持ちの方

・WEBに抵抗のない方(HTMLが分かる方だと助かりますが、知識がなくても大丈夫です!)

 

WEB周りのお仕事を体験してみたい!などという方がいらっしゃれば、是非ご連絡いただければ幸いです!

 

作成ページ内容や成果報酬などの詳細はお問い合わせください!!

 

数日間は面接をいたしますが、限定1人です!!!!

 

スタジオコア・代表 小澤康祐

 

mail:

stcore2013@gmail.com

 

facebook: 

https://www.facebook.com/stcore.matsumoto/

 

 

スタジオコア公式サイト

http://a-h-care.com


テーマ:

たまに、スタジオに通っていただくのを、辞めていただくときがあります。


商売だけのこと考えたら、どんな状況でも通っていただきたいのですが、ごくまれに、辞めていただくときがあります。




今回は子育てや教育について僕なりに考えた結果、お断りしたケースを紹介しつつ、僕の考えを少し書いておこうと思います。




僕は中学生とか高校生と野球を通じて関わる機会も多いので、色んな少年たちを見ます。


不良とか厄介なのとか、いっぱいいます。


僕は不良とか厄介なのとか、大好きなんですよね。


自分が今、不良みたいなもんなんで。




まず前提として子供にとって、褒められるとか怒られるとか、叱られるとか、実は割とどうでもいいんですよね。


子供(大人も一緒です)にとって最高の報酬は、好きな人に関心を持ってもらうことなんです。


子供の好きな人って、お母さんです。2番目に、近くにいる家族です。


それでようやく他人です。


これは大人の都合や理性では変えられない事実です。




こんなことありませんか?


子供が普通にしてるときは自分のことやって、


・熱出した

・わめきだした

・悪いことした


そのときに「わーどうしたん!?」



って、関心を持つという最高の報酬を与えてること。




逆でしょ。




普段から関わってあげて、


熱出したら「寝てたら治るわ」とか

悪いことしてたらしらこい顔で見る。




ネガティヴなときに最高の報酬を与えるようなことしてると、

関わってほしいがために(本人は無自覚)、問題行動したり、謎の病気や風邪とか、そういう裏ワザを覚えてしまうんでは。


科学的な根拠はないですが、僕はそう思います。




あとこれ、


・自分のレールに乗ってくれたとき


褒める。




寿命から言えば親の方が先に死ぬんで、親のエゴで育ったら親が死んだときに生きる価値なし。


でしょ。




だから、子供の目を真剣に見て


「あ、この子はここ(ほかの習い事含め)に通うより、まだまだ家族に関わってほしいんだな。」


と思ったら、辞めさせます。





僕はもちろん経営者ですから、スタジオにたくさん人は来てほしいですけど、大事なものを犠牲にしてまでそれを優先したくはないですよね。




子育ての大変さも知らないクセに。


と、言われても、


僕は世の中にいる何かに飢えた不良や、原因不明の不調が出てしまう人の代わりに訴えときます。




そういう根源的なものが良い状態じゃないと、例え何かの能力が伸びたって、勉強出来るようになったって、お金稼げるようになったって、自由を手に入れたって、



別に幸せではないですよ。




ということです。



テーマ:

スポーツ界で邪魔だと思うもの第1位

 

「じゃあお前できるんか?」「実績あるの?」的発想。

 

これはプレーヤーとして実績を上げた方とか、権威大好き人間がよく言うことなんですが、この発想がスポーツにおいても、色々において邪魔でしかないとつくづく思います。

 

 

指導者は頭と目を使うのであって、運動神経バリバリだけど勉強しないっていう人がやる意味は全くないですよね。

 

この発想があると

 

・センスに溢れているけど指導力0の指導者が減らない

 

・選手も「うまい人の言うことが正しい」と信じて、言っている内容や根拠が正しいかどうか判断する「取捨選択能力」がなくなる

 

・「俺のいうことを聞け」と言いながら勉強しない指導者が減らない

 

・試合に負けるとなぜか怒ってバケツを蹴ったり、ベンチにふんぞり返ってタバコを吸いながら座っている指導者が減らない

 

・ありがたいはずのOBが邪魔で勝てないチームが増える

 

 

嫌いだなぁ。野球とかゴルフとかのこういう体質。

 

(あ、競技を特定してしまった。)

 

 

そしてこの悪しき考え方は伝統ある競技に多くて、要するにこういうのを「老害」と言うんですよね。

 

だから比較的新しい考え方の競技に(サッカーに)子供取られちゃうんだよなぁ。

 

古典文化を継承していくとマイナースポーツというか、伝統芸能みたいになってしまう。

 

悔しい。

 

けど自分も歳とるから気をつけよ。

 

 

 

僕がたまたま指導に行った高校が甲子園に出たりした瞬間、オファーが増えるというのも(まぁしょうがないし、ありがたいんですが)そういうことですよね。

 

 

でもその高校の監督さんは当時実績がなかった僕の「考え方」に共感して契約してくださっていたので、やっぱりこういう監督さんのチームが強くなるということではないでしょうかね。

 

 

だからたまたま実績をもらったその前から僕を信頼していただいた方々を大事にしたいと思うわけです。

 

 

そんなこと言いながら、僕は精神論が大好きです。なぜなら正しい理論があっても、訓練が出来なかったら選手は一流になれないからです。

 

 

頑張ろう。おう。


テーマ:

なんだかなぁ。


不自然なものが多過ぎ。





Facebookにも薄っぺらい事業者の、気色悪い投稿がいっぱい。






人は絶対に、究極のところでは、統計学では動かない。


「〜ていうときに○○ってなるのは、☆☆という心理だから××って言うと上手くいく」


的なテクニックで、8割の人が動いたとしても、目の前の人は動かない。


人をテクニックやパターンで動かそうって考えに違和感がある。


って人は俺だけじゃないんじゃないかなぁ。




本当にその人のことを想うなら、よーくみてよーく考える、ということ以外ないんじゃないかと。


統計学に頼って人を動かすっていうのは、よーくみてよーく考えるという努力を怠る行為にすぎないのでは。




その努力こそ愛である。(寒っ)





10000人のうち8000人をちょっと動かすことには使えるかもしれないけど、目の前の人の100%の信頼を得ることは出来ないだろうな。





面倒くさすぎる事があったので、意味不明なイライラ駄文、失礼しました。






P.S


やっぱり山賊焼きは若大将でしょ。


テーマ:
トレーナー人生10年。

初の海外での仕事をしてきます!



4日間、フィリピン人ゴルファーに、トレーニング指導をしてきます。



ボディランゲージ99.2%と、英語0.8%の絶妙なバランスで頑張ります。



短期間でドカーンと飛距離が向上出来るように、そして美白の美肌をしっかり焼いてきます。



では!

テーマ:

ここ最近なかなかSNSも見ていないくらいに、

何かしら考え事をしている日々を続けておりました。

 

 

小澤康祐です。

趣味は考え事です。

 

 

合コンで言ったら女子一同「WHAT'S !?!?!?」

 

ですな。

 

 

 

まぁ、合コン2回しか行ったことないんですが。

 

あれは大学1年の・・・

 

>>詳細はあちら

 

(どこやねん)

 

 

 

さて本題に。

 

スタジオコアを松本駅西口の前にリニューアルオープンしてから、

1年が経ちました。

 

1年早いよなぁ・・・

 

あまり実感が湧かないのですが、

とにかく皆さんに感謝したいです。

 

 

まずはスタジオコアに足を運んでいただいているお客様。

 

僕を含めスタジオコアのトレーナーの考え方に賛同していただき、

トレーニングやストレッチ、食事管理など、

自分の出来ることを実践しながらご自身の体と向き合い、

それぞれの目的や目標に向かっていく皆さん。

 

 

サポートさせていただけて幸せです。

 

 

 

そしてこの1年を振り返ると、

トレーナーの仲間がとても強力になり、

僕が不要な時代に突入しそうです。(おい。)(やる気出せ。)

 

 

 

⭐︎去年より活動を開始した床尾トレーナー

 

主にダイエットをサポートする、スタジオコアのボディメイク部門の代表です。

http://diet.a-h-care.com

 

 

 

⭐︎同じく去年仲間入りした宮川トレーナー

 

女性向けの整体、産後のダイエットなどのサポートをする、スタジオコア・レディの代表。

http://lady.a-h-care.com

 

 

 

⭐︎そして今年仲間入りした霜田トレーナー

 

スポーツ競技力向上や、子供たちへの運動指導をサポートする、スタジオコア・スポーツの代表。

http://sport.a-h-care.com

 

 

それぞれ自分の得意分野を最大限生かして、No.1を目指していこうということで、各部門の代表として自由に活動しています。

 

 

そもそも僕のハードルが低かったのか、いや、みんなの研究熱心さの証ですが、既にそれぞれの部門においては、僕が出る幕はありません。

 

 

 

もう、引退します。

 

(ちがうか)

 

 

 

僕は僕で、今は野球とゴルフのトレーニング、動作指導の研究に明け暮れています。

 

 

 

1年が経ってうちのスタイルが確立されてきたので、良かったです。

 

代表と弟子数人 という形ではなく、

 

全員がスペシャリストで、スタジオコアに集結している。

 

という形です。

 

 

 

自分が客側だったら、弟子の指導なんて絶対受けたくないですからね。

 

独立心があって、自分の考えで工夫してやっている、強い人の指導を受けたいですし。

 

 

 

自信を持って言えるのは、うちのメンバーは強いです。

 

 

トレーナーが働く環境には様々なカラーがあると思いますが、

僕は厳しい環境でしか強さは育まれないと考えているので、

うちのトレーナーはそれぞれの持ち場の代表として権限を持って活動しています。

 

スタジオとトレーナーとの間で、意見交換はしても、保護はありません。

 

 

結果はすべて自分の責任で受け止める。

 

 

それでやってきているメンバーなので、全員強いです。

 

真剣に目の前にいるお客様と向き合います。

 

 

 

リニューアルから1年はレベルアップをしていけるスタイルを作ってきたので、

 

これから日々、全員で切磋琢磨して、ただただレベルアップをしていきたいと思います。

 

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

スタジオコア

小澤


テーマ:
スタジオコアではスポーツ動作を教えたり、整体師やトレーナーの養成、アカデミーをやったりしています。


教える側に立ってより強く感じるのは、技術そのものを教えるより、考え方や勉強の仕方を教える方が重要であり、考え方さえ掴めれば技術なんて勝手に勉強して習得してもらえるということ。


でも、それをアカデミーで本当にやろうとすると、15〜30分で全カリキュラム終了です。

僕はそれが習得出来なければ何回もそれを繰り返したら良いと思うのですが。


だから大事なこと以外のこともたくさん盛り込んでやってるセミナーとか学校ってある意味凄いなと思います。



本当に大事なことなんて、3つくらいしかない。

でもその3つが難しくて習得出来ないから、それに目をつむって新しいこと教えて!となる人は最後まで大事なことを掴めずに辞めてしまう。


でも真剣にそれを習得しようとする人だけ、スカッと上達したり力がついていく。


新しいものや面白いものばかり求めても良いことなんて1つもない。


つまらなくても難しくても本当に大事なことを習得しちゃえば、あとは本当に楽になる。


特に子供には、面白いからやる、とかじゃなくて、多少つまらなかろうが、本当に大事なとこを伝えて、うわっと世界が広がるような考え方が出来るようになってほしいと思うのであります。


とりあえず、嘘は嫌いだし、大人が甘い考えをしているのを子供は見ている。

だからゆとりと言っても、本当は大人がゆとりなのです。


僕がストイックな姿を見せていけば、多少は世の中のためになるはずと思って、またひとつ頑張りたい。


大事なことの1つ。
真剣に見て真剣に考える。


トレーナーとしてずっとやり続けたいと思います。


テーマ:
10月頃に、新しいゴルフの雑誌が発売されます。


コンビニで皆さんよく目にしているゴルフ☆イジェストや、AL☆A、などの老舗雑誌ではありません。

まだ公表していいとか聞いてないので出版社は控えますが、会長がゴルフが好きという単純な理由で、特別号として発刊されると。


なななんと一冊まるまる監修させていただくことになりました。(; ̄ェ ̄)


沢山レッスンプロがいる中で、誠に僭越ながら、というやつですね。


全国のフ☆ミマ、ロ☆ソンあたりに並ぶかもということですよ~。


野球じゃないのかよ!

とツッコミが来そうですが。

てかゴルフ上手くねーだろ!

とツッコミが来そうですが。




…………


僕は人からモノを教わることがめっぽう嫌いなので、これまで運動理論とか、トレーニングや整体なども、ほぼほぼ独学でやってきました。


そして独自に研究していたものを勝手にyoutubeに上げていたところ、こんな話が舞い込んできてしまったと。。



自分から情報が発信出来るって、なんて素晴らしい時代なんでしょう。ありがたや。ありがたや。



これからも独自路線、貫いて頑張ります。


…………


スタジオコアはどっかのパクりではなく、発信源であるということを貫いていきたいです。


合ってるかどうかは偉い人やどっかの教授が判断するんじゃなくて、結果が出ればそれが正解。

(もちろん論理あっての話)


だから別に○○大学の研究結果がどうのこうのとか、○○医師推奨とか、そんなもんはどうでもいいんですわ。


マーケティングなんて大っ嫌い(^ω^)


米を洗い、技を磨き、たんたんと美酒を醸し続けるんです。
(ローカルCMネタなんで無視でお願いします)


…………


あとスタジオコアのトレーナー陣の宣伝というか自慢をしますが、
はっきり言ってみんな僕より素晴らしいトレーナーです。


何が素晴らしいって、勝手に勉強して、独自スタイルを築いてます。
そしてお客様の結果に対して真剣です。


もちろんたまにディスカッションしますが、基本的に僕はモノを教わるのが嫌いなので、教えるのも嫌いです。


スタジオコア・マニュアルは一切作っていないので、膨大な知識を身につけて、その場の状況に合わせて対応せざるを得ないという環境に追い込んでいます。


そもそも、僕の弟子という立場ならスタジオコアには不要だし、お客様にも弟子を当てがうなんて失礼な話。


僕より良いトレーナーじゃなきゃ紹介出来ないですよね。



スタジオコアのトレーナーは一人一人、言うことは違うかもしれません。

でも共通している部分、核は同じ。

「お客様が自立して、自分で自分を良くする」ということを促すというスタイルです。

(あとオカルトとかネズミっぽいこと大っ嫌い。)


うさぎが逆立ちしても、カンガルーが4足歩行しても、僕の手が6本になっても、そこだけは譲れません。



だからその辺のしょーもないダイエットとは違ってリバウンドはさせません。

そもそもただ体重を落とすというダイエット病の相手はしません。

健康美をいっしょに目指します。

受け身治療院とは違って一回良くなった不調も簡単にはぶり返させません。


…………


なんかいっぱい書きましたが、
トレーナーの皆に支えられてとりあえず生きてます!


松本駅に来たら、1分歩けば着きますから、是非是非遊びに来てください!


それでは!

テーマ:
なんで独立しようと思ったの?とか、

なんで大学まで辞めてトレーナーに?とか、

これまでの人生まだ独立(大学中退)して7年くらいですけど、1000回くらい聞かれるわけです。


単純にですけど、今のモチベーションは男としてカッコよく生きたいということもあるかもしれません。

もちろんそれだけではないのですが。




ただ、あまりに、ダサい男に腹が立つ。




良い時計つけて、渋谷だか原宿だかのショップで買った服着て、ファッションは一丁前。

でも仕事は文句ばっかり言って自分から積極的に働く訳でもなく、挙げ句の果てに「収入のある奥さんがアツイ」とかって言葉を最近耳にしたわけです。




他人のことだから別にいいじゃん。

じゃないんですよ。

誰が被害を受けるかって、子供たちですよ。



子供たちが被害を受けるって、そのダサい男とその家庭だけの問題じゃなくて、日本の問題なんですよ。

つまり自分の問題なんですよ。


だからダサい男は撲滅していかなきゃいけないし、その方法はただひとつ、自分がダサい男にならないことだし、めちゃめちゃ努力して、自分より下の世代の男達に、本当のカッコよさを見せつけて、あぁやって生きたいって思われる男にならなきゃいけない。


はっきり言いますけど、結婚して子供が出来て子供が社会人になるという生命連鎖の中で、出産と母の愛を注ぐということは、男には一生出来ないことですし、その大切な時間を子供から奪うというのは旦那である男の責任です。


子供たちがたくさんの愛を受けられる環境を作るために自分がどうあるべきかって考えたら、男なんてチャラチャラ外見や薄っぺらい優しさや言葉を見せてる場合じゃなくて、どれだけ社会貢献して経済動かすか考えなきゃいけない。


女性が参加するしないは自由ですが、男は絶対しなきゃいけないっていう責任感を持たなきゃいけないと思うんです。



綺麗事は言わない。

カッコよさを追求する。

なにも悪くないことだし、堂々とやっていきたい。



社会貢献は人に喜んでもらうこと。

どんな立場でもいっしょ。

デスクに座って時間が経つのを待つことでは絶対にない。


トレーナーという立場から、どれだけ人に、社会に喜んでもらえるか。


仕事はそれをひたすら追求するだけ。



カッコいいトレーナーと、ダサいトレーナーの、どっちの言うことを聞きたいかっていえば、答えは当然決まるわけです。


人間的にカッコいいトレーナーになって、喜んでもらって、本当の意味で社会貢献する。

男として堂々とめちゃめちゃカッコよく生きて、寿命が来たら死ぬ。



それがモチベーションだと答えていきたいです。

Ameba人気のブログ