1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年05月16日

春季リーグ戦 対日本大学 第2回戦

テーマ:2018リーグ戦

 

 

こんばんは。

 

本日は昨日に引き続き、

サーティーフォー相模原球場にて

行われました日本大学との第2回戦について

お伝えさせていただきます。

 

 

初回、本学は3者凡退に倒れます、、

 

代わって本日の先発は2年鈴木駿輔




1回・2回とヒットを数本打たれるも、

なんとか無失点に抑えます

 

試合の流れが変わったのは、3回の裏

 

ヒットを連続で許し、この回3点を先制され、

0-3とします。

 

どうしても点を取りたい本学

4回の表、

ヒットは出るも打線は続かず、無得点に終わります

 

4回の裏

マウンドを託されたのは、1年竹本甲輝



ヒットや四球で出塁を許すもこの回を無失点に抑えます。

 

5回から4年河端優馬がマウンドに上がります。



テンポの良いピッチングで

相手の強打線を抑えます!!!




 

本学にチャンスがやってきたのは7回の表!

3番4年長野勇斗が四球で出塁し、




 続く4番4年浅井洸耶が内野安打を放ち!!



 

5番西川尚希も四球で出塁




 

無死1・2塁のチャンスで、6番4年三浦颯大のセンター方向へのヒット




 

このヒットで長野がホームに還り、1点を取ります。




続く8番1年泉口友汰のライトへの打球は相手チームのエラーにより

1点を追加します。

 

さらに9番2年西川藍畝の代打で

3年山本皓大がピッチャーゴロで出塁!




 

2死満塁のピンチと尚もチャンスではありましたが、

後続が倒れ

本学は追加点を取ることができませんでした。

 


続く8回・9回と得点が欲しい本学でしたが、

相手のピッチャーに

抑えらえ、無得点で終わり、

 

ゲームセット

 

2-3で本学は敗戦し、勝ち点も落としてしまいました、、、

 

 

この試合をどうしても勝ちたかった本学でしたが、

大きなチャンスを活かすことができませんでした

 

この試合に敗戦したことにより、

Ⅱ部優勝の可能性はなくなってしまいました。

 

本当に悔しい気持ちでいっぱいです。

 

しかし、来週にも試合があるため選手一人ひとり

自分と向き合い調整をしていきたいと思います。

 









来週も皆様の大きな温かい応援を宜しくお願いいたします。

 

尚、次回のリーグ戦は

5月22日(火)10:00より

保土ヶ谷球場にて拓殖大学との第1回戦が予定されております。

本学は3塁側先攻でございます。

 

以上、2年マネージャーの萩原がお伝えいたしました。

 

 

2018年05月15日

春季リーグ戦 対日本大学 第1回戦

テーマ:ブログ

こんばんは!


本日サーティーフォー相模原球場にて行われました

日本大学との第1回戦について

お伝えさせて頂きます。



本日の先発は4年山田将士




山田はヒットと死球でランナーを許すと、

続く打者にタイムリーヒットを打たれ1点を先制されます。

その後三振を奪いますが、四球と2本のヒットでさらに2点を失います。

尚もランナーを三塁に背負いピンチを迎えます。


しかし、相手の打線を食い止めることができず、

山田はさらにヒットを許し、この回5点を先取されてしまいます、、、



その裏、本学の攻撃

先頭打者の4年前川直哉

レフトへのヒットで出塁







3番4年長野勇斗




右中間へのタイムリーツーベースヒット


本学は1点を返し、1-5とします。


しかし、その後打者は続かずこの回を終えます。



続く2回の表

山田は2打席連続でヒットを許し、続く打者の犠打で1死2・3塁とピンチを迎えるこの場面で…


 4年上野拓真がマウンドに立ちます。





このピンチを回避できず、相手にセンター方向へのヒットを打たれ、2点を失点し、1-7となります




2回の裏、相手の失策で出塁するものの

この回無得点に終わります。






3回の表

上野は相手を三者凡退に抑えますが、本学もこの裏三者凡退に抑えられてしまいます。




4回の表、上野は三振を奪いますが、

四球とヒットで1点を取られ、この回1-8とリードを広げられます。


4回の裏、この回に打線をつなげ差を縮めたい本学

しかし、チャンスを作ることができず、三者凡退に倒れます



6回の表、相手の打線を食い止めることができず、この回1点を失い、1-9とさらに突き放されます。


本学の逆襲のチャンスが訪れたのは6回の裏。

2番4年浅井洸耶がレフトへのヒットで出塁!





続く3番長野はライト方向へのヒットを放ち、1死1・2塁とすると、

続く5番1年井上大成がライトのタイムリーヒットを放ち、この回1点を取ります。





7回の表、マウンドを託されたのは1年竹本甲輝




これ以上の失点を避けたい!との思いで、 

この回を守ります。




7回の裏、2死のピンチで9番2年鈴木蓮夢の代打で3年山本龍河がバットを握ります。




6球目でボールを捕らえ、3ベースヒットを放ち、チャンスを作ります


、、、が、このチャンスをモノにできません


8回・9回の表、竹本は無失点でしっかり抑えますが、本学も相手に抑えられ、点につなげることができず、

本学は無得点のままゲームセット。


2-9で本学が敗戦致しました。









本日の試合は、個々にヒットを打つことができたものの、打線をつなげられず、

また、相手打線を抑えることができずヒット15本を許してしまいました。




昨年の秋まで1部で戦っていた日本大学の壁は高く、本学の流れを作ることができなかったように思います。

しかし、落ち込む暇もなく明日も第2回戦が行われます。


気持ちを新たに、選手・マネージャー共に戦い、

明日は必ず勝ちたいと思います。


次回のリーグ戦は、

5月16日(水)、12:30より

サーティーフォー相模原球場にて

日本大学との第2回戦が予定されております。


本学は3塁側先攻となっております。


応援の程、宜しくお願い致します。



以上、2年マネージャーの萩原がお伝え致しました。



2018年05月12日

春季リーグ戦 対国士舘大学 第3回戦

テーマ:2018リーグ戦

更新が遅くなり申し訳ありません。

 

 

5月4日、多摩一本杉球場にて

国士舘大学との第3回戦が行われました

その様子をお伝え致します。

 

初回本学の攻撃は

三者凡退

 

初回先制点とはなりませんでした。

 

1回裏

本学の先発は1年竹本甲輝




 

竹本は先頭打者にセンターへのホームランを許し

1失点、、、(´_`)

 

1点を追う本学は

この回先頭打者の4番4年三浦颯大5がセンターへのヒットで出塁、





続く、6番3年西川尚希10もサードへの内野安打で出塁





6番3年山本皓大29キャッチャーへのゴロでランナーが入れ替わり





1死1・2塁としチャンスを作りますが

後続が続かず、得点をあげることができませんでした泣泣

 

 

2回の表、相手の攻撃

竹本は先頭打者に死球を与え、続く打者に犠打で送られると

 

竹本に代わってマウンドには2年鈴木駿輔8があがります。




鈴木駿はすぐに四球でランナーを許しますが、

味方の守備に助けられ、この回得点を与えませんぺこ

 

本学は3回

1番4年前川直哉28のレフトへのヒット、





2番4年長野勇斗1が四球で出塁し、





チャンスを作りますが、2者連続三振におさえられ得点ならずためいきためいき

 

鈴木駿は三者凡退とキレの良いピッチングをみせますきらきら!!

 

4回

5番西川尚が本日2本目となるヒットをライトへ放ち、

4番山本皓のゴロの間に進塁し、その後2死2塁

 

ここで代打1年井上大成26

井上の打球はレフトへ、、、その間に西川尚はホームへ!!!

 

しかし、、、ホームタッチアウトウキャー!

 

4回はヒットと四球でランナーを許しますが

ここはきちんとおさえチェンジ!

 

5回本学は、チャンスをつくるも

併殺されてしまい、ここでも得点をあげることができません泣顔2

 

その裏、

鈴木駿は2ベースヒットを2本許し、

1点を失います。

 

2アウトの場面で

鈴木駿に代わって4年上野拓真21





上野は打たせて取る投球で、この回抑えます

 

6回、ついに本学が動き出します!

 

4番三浦がショートのエラー、

5番西川尚が四球、6番山本皓がセンターへのヒットで出塁し

無死満塁とすると!!!

 

7番2年西川藍畝2のレフトへのタイムリーヒットで2点!!!!




 

その後もチャンスは続きましたが、この回2点を獲得し、

勢いづく本学はここからさらに追加点を狙います。

 

しかし、、

そう思っていた矢先

先頭打者にソロホームランを打たれ、

2者連続の2ベースヒット、さらにタイムリーヒットを放たれ

3点を失い2-5と突き放されます涙

 

ここからマウンドに上がるのは

4年河端優馬18




 

河端は8・9回を三者凡退で抑える好投を見せます野球

 

しかし打線は調子が上がらず、、

最終回、1死無塁の場面で、9番1年泉口友汰6がライトへのヒット野球

 



1番前川がレフトへのヒットで出塁し、チャンスを作りますきらきら!!

 

しかし、2番長野のライトへのヒットの間に

泉口が3塁へ進塁しますが、なんとタッチアウトにaseasease

 

ランナーが入れ替わり、2死1・2塁

全て3番4年浅井洸耶7にたくされますが、、




 

浅井の打球はサードの正面に、、

 

ゲームセット(´_`)

 

2-5で本学は敗戦するとともに

勝ち点を落としてしまいました。

 

このカードの勝ち点を奪えなかったことは

本当に悔しいです。

 

本学は、この試合調子が上がらず

チャンスを活かすことができませんでした。

 

しかし落ち込んでいる暇はなく、

次のリーグ戦に向けて切り替えて練習することを考え

諦めずに挑んで参りたいと思います。

 

次回のリーグ戦は

5月15日(火) 10:00よりサーティーフォー相模原球場にて

日本大学と第1回戦の予定です。

本学は1塁側後攻でございます。

 

応援の程、宜しくお願いいたします。

 

マネージャー一同

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年05月02日

春季リーグ戦 対国士舘大学 第2回戦

テーマ:2018リーグ戦

 

こんにちは!


本日は、

多摩一本杉球場にて行われましたリーグ戦、

国士舘大学との第2回戦について

お伝えさせていただきます野球



 

本学の先発は、2年鈴木駿輔



{6E124AF2-E6DF-4F20-8214-903E2682AA5A}

 

1・2回を、鈴木(駿)は堅実なピッチングで

相手打者を三者凡退に抑えますむっぐー


 

2回、本学の攻撃炎

 

先頭打者の4番4年長野勇斗1



{E10DB0D5-7C47-47D8-98A2-6020BFDCE045}


ライトへのヒットで出塁!!

 


5番3年西川尚希10が犠打で送り、



{000E02FC-37F3-40D1-8914-147ADCA4463B}


続いて打席に立つのは・・・6番4年三浦颯大5



{91F5F1DE-46FC-43A4-A0DE-C556B7CB8C6C}

 

ここで三浦から

左中間へのタイムリー2ベースヒットが飛び出し!!!!!!



{00D54225-D9DF-4FB6-8644-4960939A3A28}


先制の1点きらきら!!きらきら!!きらきら!!きらきら!!



{A6C8F27B-C314-4DED-8D24-B2C0413F725A}


1-0とします。

 


3回、相手打者に内野安打を許すと、

暴投も絡み、2死2塁のピンチとします。

 

ここで相手打者を申告敬遠し、

2死1・2塁とするも.....


続く打者を内野ゴロに仕留め、

この回も鈴木(駿)は無失点に抑えますぐー



{1426B688-A399-4A80-AE3E-3CB3E90D0513}

 

続く4回、相手の攻撃野球


2死から相手打者に四球を与えると、

続く打者からレフトへのタイムリー2ベースヒットが飛び出し、

この回1失点とします泣き



{2A5A0626-F797-456C-B461-B3749A801E48}


 

しかし、その裏!本学も黙っていません!!!



4番長野から


{06AA8E98-EC7F-4386-B40A-727818B10A60}



ライトへの2ベースヒットが飛び出すと!ヒットびっくりびっくり



{479D2759-1663-4750-B459-9251FCC2BF1D}


{FCBA92BE-FB86-4BF2-9CB6-10FA415048D6}


{9AE602C8-2723-4F24-A7AB-5064A6182474}


続く5番西川(尚)が四球で出塁し、

1死1・2塁とします



{6A53E945-5E3A-4E8D-86C7-549923C08E13}


このチャンスの場面で、6番三浦バット



{0DA5949C-E130-4B72-8EDC-96B25BC0C18F}


ここで三浦から、

本日2本目の適時打となる

レフトへのタイムリーヒットが飛び出し、

1点を追加しますキャッ*mクラッカー

 


2-1と本学リードで迎えた7回。

相手の攻撃・・・。

 

先頭打者に安打を浴び、続く打者に犠打で送られ、

1死2塁としますase

 

その後、相手の強打者を申告敬遠するも、

次打者に四球を与え、1死満塁のピンチとします(´_`)

 

ここまで1失点で抑えてきた鈴木(駿)に代わり、

ここで1年竹本甲輝がマウンドに上がります!



{DB5C5AFA-094C-400A-BC0B-86A523B5B792}


しかし。。。

ここで相手打者に四球を与えてしまい、、、

押し出しの1点とします泣き

 

なおも1死満塁の中、

竹本に代わり、

マウンドは4年河端優馬18に託されますぐー



{FE52826D-946B-4AF3-9833-E1C00F83F768}


しかし、相手の犠飛と

ライトへのタイムリー2ベースヒットにより

さらに3失点とします・・・涙

 

この回4失点とし、

2-5と逆転を許してしまった本学。


 

8回からは河端に代わり、

4年山田将士14がマウンドに上がりますびっくりマーク



{BEEABC9E-E6AC-4107-AC2B-047CABCE5708}


山田は先頭打者を空振り三振に仕留めるも、

続く打者2人に四球を与え、

1死1・2塁としますウキャー!


 

{3E50C2D0-075F-48EA-89C7-3F7F124168FE}


ここで山田に代わり、

マウンドに立つのは4年上野拓真21



{F5BFB514-E78A-4139-895B-8A1D040E5173}


上野は、相手のゴロでダブルプレーを取り、

このピンチを切り抜けます!!!



{7ADDA128-7DC8-49E2-90EA-F13BDE5CE7C3}

 

そして迎えた最終回。

マウンドは、上野に代わり、

2年小川隼平に託されますぐー



{9D3E288D-7D0D-418D-B3BF-E1740A9272FC}


小川はテンポの良いピッチングで

相手打線を無失点に抑え、

味方の反撃を待ちますむっむっ


 

その裏、本学の攻撃!!!!!!


何としても追加点が欲しい本学でしたが・・・、

三者凡退に倒れ、2-5で敗戦いたしました。



{BD3120F5-2517-4792-821C-3809FB6B1F9B}


{0D7433CB-7A80-4D5B-A9F1-3787A898789D}



{B9C6A292-BDD2-4BFD-9A39-ACC421987DED}


{C9CD2C8A-C2AA-4C35-BA58-D2C6E97F40DF}


{50560588-59F9-4CFB-99D6-4C6A015C9DA0}


{66B4B37A-94D9-4229-8938-B80B69BD1F0D}


{6159DB0D-A804-4A33-A083-6DF5B089AEB4}


{9353B5BF-927C-41E3-9184-7398A6248734}



{E9B911D4-6EFE-4008-BD57-95AEF4A0D979}

 


本日の試合は、主将・長野の3打席連続安打や、

副将・三浦の2打席連続タイムリーなど、

上級生が打線を引っ張っていくも

なかなか投打がかみ合わず、敗戦という結果に至りました。


リーグ戦は明日が空き日となるため、

もう一度ここで調整し、

気を引き締めて明後日の試合に挑んでまいりたいと思います。




また本日は、沢山のご声援を頂き、

誠にありがとうございました!!!



{3814E472-62F9-4E75-8B2C-681ECD96AD7E}



{DA157F8A-9EA8-4801-9E6B-593A901BAA0D}


結果で応えることは出来ませんでしたが、

力強い声援の全てが、

確実に選手の力になっております!!!!


引き続き、

青山学院大学硬式野球部への熱い応援のほど、

何卒よろしくお願い申し上げます!!!




次回のリーグ戦は

明後日5月4日(金)12:30より、

多摩一本杉球場にて国士舘大学との第3回戦を予定しております。

 


こちらの試合を勝利しないことには、

自力での一部昇格は絶望的となります。


『戦国東都』と呼ばれるこの東都大学野球リーグで勝ち抜いていくことの難しさを肌で感じながらも、

これまで先輩方と3年間追い続けてきた悲願の“一部昇格”を実現するために。

 

何としても明後日の試合を勝利で飾り、

神宮球場の舞台を貪欲に目指してまいります!!!


 

以上、4年マネージャー岡がお伝えいたしました。

 

 

 

2018年05月01日

春季リーグ戦 対国士舘大学 第1回戦

テーマ:2018リーグ戦

こんばんは

 
本日、長嶋茂雄記念岩名球場にて
国士舘大学との第1回戦が行われました
 
1回の表、本学の攻撃は
1番4年德本健太朗から始まります
1ボール2ストライクと追い込まれるものの、持ち前の選球眼で四球を選び出塁します
 
{CEBAEC51-F76F-4E93-9A29-D72D2568632A}

続く2番4年前川直哉が犠打、
{6A6ECD44-F7E5-4747-8FA9-D87DD0EF1EFB}

3番4年浅井洸耶も四球で出塁し、
1死1・2塁のチャンス
{A571AFDE-2F51-4836-8464-D2D120443E57}

しかし続く2者をファールフライに打ち取られ、点を奪えません
 
代わって本日の先発は4年河端優馬
{34525846-D259-49CE-A817-9C286CA9F1AB}
 
先頭打者にヒットを許し、
続く打者に犠打、ヒットと1死1・2塁のピンチ
強打者相手にストライク先行で追い込んだものの、ライト方向に持って行かれ、失点
2点を先制されこの回0-2とリードを許します
 
その後両校共に好投を見せ、
試合が動いたのは4回表、本学の攻撃
 
5番3年西川尚希がライト線への2ベースヒットで一気にチャンスを作ります
{0E03D736-81B5-4158-888F-01F82E4753E7}

続く6番4年三浦颯大も応えるように2ベースヒットを放ち
{8420F94F-7E94-4104-A26A-B9CF1283853A}

{AB18739A-2C2F-41C2-9F90-3A42333403E0}

西川(尚)がホームに帰り、1点を返します

{CB4065F9-19C5-4819-93EB-A1A36403E941}

7番には代打3年野口智優

{930D39DD-8BCE-4758-B716-375ABDB194B3}

見事な犠打でランナーを進め、自身も野手選択で出塁し、ここで代走山本皓大

{D9AB8D41-AA80-4C29-9398-0B85A9E8381C}

引き続き無死1・3塁のチャンス

続く打者を三振に打ち取られるも、
ここで止まるわけにはいかない本学打線
9番2年西川藍畝のレフトへのタイムリーヒットで三浦が帰り同点とし、

{5A33F021-E8D1-4E4C-85C0-005619CD849D}

{59A17DB7-BE40-4427-930B-87483075F0DC}

更にホームへの送球中に西川(藍)が進塁し、
なおも1死2・3塁の得点のチャンス
 
ここで打順は回って1番德本

{6A999C43-7276-44AD-8F00-87067C66E6E0}

センター前に上手く落とし、この間に山本(皓)がホームイン

{8759007C-F43D-4BA2-8502-9E2BA4D0D8E1}

この回3点を入れ、3-2と逆転に成功します
 
その裏、河端はヒットと四球で出塁を許すも、力強いピッチングで2つの三振を奪います
更に5回には三者凡退に抑え、1点差のリードを守りきる河端

{1CD536C2-82A9-4DFF-87DE-5C7D387A90C0}


追加点が欲しい本学は6回表、
2アウトランナー無しの打席に立った9番西川(藍)の打ったボールは、、
 
{0BCF378F-DFEA-4A5D-9EAA-12C07AA501FF}

伸びて伸びて、、、
 
ホームラン‼️‼️
 
このソロホームランで4-2とリードを広げます
 
6回裏も三者凡退に抑えた河端の好投に答えるが如く
7回表先頭打者前川がセンターへのヒットで出塁すると、
{073D5933-D9A6-4192-A2C0-4904C763EE2C}
 
浅井の犠打、
{5AEFB166-908C-4394-8803-EE8187BFD3C4}

長野西川(尚)が四球を選び、1死満塁とすると
三浦のライトへの犠飛で前川がタッチアップ
俊足を生かし、余裕を持ってホームイン
この回5-2と相手を突き放します
 
再び試合が動いたのは8回裏相手の攻撃
2アウトから四球でランナーを出すと、
味方のエラーで2死2・3塁、
次の打者の内野ゴロを悪送球し、
2点を失います

続く打者にはタイムリーヒットを放たれ更に1点を奪われ、この回5-5の同点に追いつかれます

ここでマウンドを託されたのは2年武田大慶

{27FDA60C-C5F1-408A-9886-C7561BF0B0B1}

ショートフライに打ち取り、この回を終えます

何としてでも勝ち越したい本学
9回表、
4番キャプテン長野の気迫の一打はショートのエラーを誘い、更に送球が逸れ一気に2塁へ

{E92AD934-EAFA-48AB-A9DF-20139CC2B6B5}

{B3B8B7F6-477E-4AD5-905B-17A50EA1738B}

1死2塁のチャンスを作ります!!

続く打者はショートゴロに倒れ、ここで打席に立ったのは三浦

{7F8B3E7E-FB4A-4CE5-95D1-2BEF447E419F}

{A83B2AD4-7BDC-48AA-B7D6-63E3956798E0}

本日3本目となるライト方向へのヒットで長野が帰り、勝ち越しの1点
6-5で攻撃を終えます

9回裏、
引き続き武田がマウンドに上がり、
先頭打者をゴロに打ち取るものの、続く2者に四球を与え、マウンドを2年鈴木駿輔に譲ります

{DB84EB0E-3F23-47BF-94D9-80EFB4BB45AC}

テンポのいいピッチングで無失点に抑え、ゲームセット。

本学は6-5で勝利致しました。

今期のリーグ戦ではなかなか打線が繋がらずチャンスを活かすことが出来ない場面がありましたが、
本日の試合では先頭打者の出塁率が高く、本学が強みとする好打線が見られました。
投手の好投を援護する繋がる打線を意識して残りのリーグ戦も勝ちにこだわっていきます

次回のリーグ戦は、
5月2日(水)10:00より
多摩一本杉球場にて国士舘大学との第2回戦が予定されております。

応援のほど、宜しくお願い致します!

{158AB692-FD60-4C11-A5E6-4ABD82A7B8AE}

{4563AA7E-78B9-4F2E-A9F8-0BD8B4C72445}

{16945435-B8D2-41A1-ABBA-537E2F026E03}

{44EBA35E-2E5E-430A-8BBB-51B9038D356D}

{D7279C30-E080-48C6-A06A-1AC7B8AC5B36}

{9C77D664-9E3D-4E0B-B657-8C1B6B262097}

{6308CD04-E631-464D-8E9E-FDD8B1B5C8EC}

{CE65C4C2-250B-42D2-AE99-D8A36CB18B85}

{BEF4FAF1-79BE-40A3-ADDF-72180B288260}

{A06A81A0-D156-4EF3-9C1A-AC82AC5AF48A}


本日のヒーローは、
共に本日3安打と勝利に貢献した
4年三浦颯大&2年西川藍畝

{C9A5FF9B-7994-495E-873B-87237308D095}

{FE52B98E-55A8-4EEB-AB84-9C3ACCF09284}

以上、2年マネージャー泉がお伝え致しました。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。