アグリズムの「菜園でひと休み」

アグリズムの「菜園でひと休み」

アグリズムは、約80坪の家庭菜園で、自宅で食べる分
(+わけてあげる分)の野菜を作っています。
採れたての野菜は、みずみずしくて甘くておいしいですね!
“自分で作るおいしい野菜”家庭菜園のことを中心に
色々な情報を発信していこうと思っています。

 

 

上田市が主催して、所属している点字サークルで講師を務めている

 

点訳奉仕員養成講座の修了式が有りました

 

今年は、5名の方が受講して

 

上田市から修了証書を頂きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャミしっぽフリフリの一言

 

 

アグリズムのホームページへどうぞ
我が家の家庭菜園ホームページ

 

 

今日3月20日は、二十四節気春分です

 

 

新日本カレンダーの暦生活によると

春分

春分(しゅんぶん)とは昼と夜が同じ長さになる日であり、

自然をたたえ、生物をいつくしむ日とされています。

多くの出会いや別れがあり、

新生活の始まりなど変化が多いのもこの時期です。

 

 

七十二候

二十四節気は三つに細分化されて七十二候と呼ばれます

 

初候:雀始巣(すずめはじめてすくう)3月21日~25日頃


 雀が巣を作り始める頃。

 俳句や民話、童謡にも用いられ、

日本人にとって古くから身近な存在である雀ですが、

最近では生息数が少なく、貴重な存在になっています。

 


次候:桜始開(さくらはじめてひらく)3月26日~30日頃


 全国各地から桜の開花が聞こえてくる頃。

 本格的な春の到来です。

 きれいな桜の木の下で、自然に感謝し春を祝福しましょう。

 


末候:雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)3月31日~4月4日頃

 春の訪れとともに、恵みの雨を呼ぶ雷が遠くの空で鳴りはじめる頃。

 季節の変わり目であり大気が不安定であることから、

雪や雹を降らせることもあります。

 

 

旬の物

この時期の旬のものです

 

旬の野菜は土筆つくし

 土筆(つくし)は、田畑や川の土手に群生することが多い。

 つくしの花言葉は「向上心」であり、

まっすぐ上に伸びている姿からも前向きさが伝わってきます。

 

 

旬の花はチューリップ

チューリップは赤、白、黄色、オレンジ…と他にも様々な色や形の品種があります。

日本に入ってきたのは江戸末期であり、

現在は新潟県・富山県の県花とされています。

 

 


 

 

 

 

 

チャミしっぽフリフリの一言

今日は14歳の誕生日🎂です

(14歳とは思えない食べっぷり)

 

 

アグリズムのホームページへどうぞ
我が家の家庭菜園ホームページ

 

 

すっかり遅くなってしまった作付け計画表ですがやっと出来ました

 

啓蟄も過ぎて、まごまごしていると窓太君の言うように

間に合わなくなってしまいます

 

早速発表します

 

 

今年から連作障害のの年数数字が大きくなるほど

赤の色が濃くなるようにしました

 

全部をまとめた一覧表がこれ

今年は52種類 79品種の野菜を作る計画です

 

 

シートは印刷して透明なホルダーに入れて菜園に持っていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャミしっぽフリフリの一言

 

 

アグリズムのホームページへどうぞ
我が家の家庭菜園ホームページ

 

UPホームページ更新しましたUP

(今月の菜園とガーデニングの部屋)

 

 

今日3月5日は二十四節気啓蟄です

新日本カレンダーの暦生活によると

啓蟄

啓蟄(けいちつ)とは、

土中で冬ごもりをしていた生き物たちが目覚める頃のこと。

生き物たちは久しぶりに感じるさわやかな風と、

麗らかな春の光の中で生き生きとしています。

 

七十二候

二十四節気は三つに細分化されて七十二候と呼ばれます

 

 初候 蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)3月6日~10日頃

 土中で冬眠をしていた虫たちが、

暖かい春の日差しの下に出てき始める頃。

 虫とはいいますが、

冬眠から目覚め始めるすべての生き物のことを表しています。

 

 

 次候 桃始笑(ももはじめてさく)3月11日~15日頃

 桃のつぼみが開き、花が咲き始める頃。

 昔は“咲く”という言葉を“笑う”と表現したそうです。

 ゆっくりと開いていく桃の花は、

ほほ笑んでいるようにも見えます。

 

 

末候 菜虫化蝶(なむしちょうとなる)3月16日~20日頃

 厳しい冬を越したさなぎが羽化し、

美しい蝶へと生まれ変わり、羽ばたく頃。

 菜虫とは、大根や蕪などの葉につく青虫のことをいいます。

 


旬のもの

 

旬の野菜はわらび

わらびは野山などの日当たりの良い場所に多く見られる山菜です。

山菜の中でもアクが強く、時間がたつと硬くなってしまうので

、採った日には必ずアク抜きをします。

 

旬の花はかたばみ

ハート型の3枚の葉に、小さな黄色い花が春から秋にかけて咲きます。

クローバーとよく似ていますが、全く異なる植物です。

夜になると葉をしぼませ眠りについたように見えます。

 

 

 

啓蟄になりました。

アグリズムのブログは正月からずっと冬ごもりしていましたが

啓蟄に合わせて再開ですカナヘイうさぎ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャミの一言

 

 

アグリズムのホームページへどうぞ
我が家の家庭菜園ホームページ

 

12月21日は二十四節気冬至です雪

 



新日本カレンダーの暦生活によると

冬至

冬至(とうじ)とは一年でもっとも昼が短く、夜が長いころ。
寒さを乗りきるために、栄養価の高いカボチャを食べ

柚子湯に浸かり無病息災を願います。

 

 

七十二候

二十四節気は三つに細分化されて七十二候と呼ばれます

 

乃東生(なつかれくさしょうず)12月21日~25日頃

夏になると枯れてしまう靭草(うつぼぐさ)の芽が出る頃。

靭草は芽を出す頃ですが、この草以外の草木のほとんどは枯れていきます。

 

麋角解(さわしかつのおつる)12月26日~30日頃

ヘラジカの角が生え変わる頃。

枝分かれした大きな角が抜け落ち、春にまた新しい角が生え始めます。

 

雪下出麦(ゆきくだりてむぎのびる)12月31日~1月4日頃

降り積もった雪の下で、麦が芽を出しはじめる頃。

重い雪の下で、暖かい春をじっと待っています。

 

 

 

旬のもの

この時期の旬のものです

 

旬の果物:柚子(ゆず)

「柚子湯に入ると一年間風邪をひかない」といわれるほど

柚子には血行を促進して冷え性をやわらげる効果があります。

 

旬の野菜:黒豆(くろまめ)

正月の料理になくてはならない存在である黒豆。

「まめ」は真面目や忠実という意味に通じることから

縁起物とされています。

 

 







 

チャミの一言

 

 

アグリズムのホームページへどうぞ
我が家の家庭菜園ホームページ