AGC-agriconnecture-

AGC-agriconnecture-

食料・農業・農村の学生ネットワークAGCの事務局員が農的に更新します。

AGC-agriconnecture-のブログへようこそ!

*AGCとは
agriculture + connection = agriconnecture (つながる農業)をキーワードに
食料・農業・農村の分野で活動している若者をつなぐネットワーク団体です。
交流会やツアー企画を通じて関東と地方、そして全国をつなぎ、
フリーペーパーの発行を通じて農業のイメージを改善し、盛り上げていきます!

*AGCとつながる
AGCでは全体の運営を担う事務局員とイベントの運営に協力してくれるスタッフの2種類があり、
どちらも随時募集しています。
またAGCではイベントの告知協力も行っています!お気軽にお問い合わせください。
連絡先:agc.agriconnecture@gmail.com
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
こんにちは!
副事務局長のそのこです^^

実は先週、早川くんと私で南越谷にあるTeamLAPさんの畑に遊びに行ってきました!
なぜ行ったかというと、TeamLAPさんにはとある企画に作物提供の協力をしてもらう予定で、
そのための視察なのでした★

しかし、視察と言っても畑に行ったならばやることはひとつ。
もちろん農作業もしてきましたよ~^^
早川くんと私はさつまいもの広がったツルを地面からはがし剪定する作業と雑草取りをしました。

真夏の日差しの元での作業だったので汗だくだくになりつつも
3人で力を合わせてがんばりました!

もうすぐさつまいもの季節・・・
収穫が待ち遠しいですね♪


最後に記念撮影!
$AGC-agriconnecture-

またぜひ遊びに行きたいですね!
TeamLAPの皆さん、お邪魔しました~^^

テーマ:
こんにちは。

SOLA(日本の農業に一生を懸ける学生委員会)の早川紘平です。
東京農業大学国際食料情報学部国際農業開発学科に所属しています。現在3年生です。

AGCでは、主に地方合宿企画を担当しており、東京と地方の農業にアツい学生をマッチングしています。

大学では園芸学を専攻していますが、SOLAでは八百屋を中心とした市場流通に関連したプロジェクトを推進しており、農産物の流通についてハードとソフトの両面から学んでいます。

個人的にはアイディアマンのつもりなのですが、日々の活動ではみんなのアイディア力や企画実行力から学ぶばかりです。
AGCの活動を通じて、日本の農業を学生から盛り上げていきたいと思っています!!


ちなみに、趣味はサッカーと読書です。農業系サークルの仲間と時々フットサルをするので、農業&サッカー好きの人はぜひ声を掛けてください!

どんどん新しい事にチャレンジしていきたいのでよろしくお願いします!

テーマ:

長野ツアーの詳細についてお知らせしたいと思います。


【日程】


9/21(金)~9/23(日)


【定員】


東京の学生 15名


長野の学生 5名


※スタッフ5人含む


【参加費】


東京チームの学生 14500円


長野チームの学生 9000円


【スケジュール】


1日目 9/21(金)


9:30 新宿駅発


12:42 現地(中央道箕輪)到着


13:00~13:45 箕輪文化センターにて参加者と顔合わせ・・・流れの説明(5分)→昼食(40分)


13:45~14:00 オリエンテーション・・・3日間の流れ、AGCの思い、ツイッターの利用法(◆印を参

照)などの説明


14:00~14:10 休憩・片付け


14:10~14:30 マス埋め自己紹介


①用紙に3×3マスの線を引いたものを用意


②各マスに自己紹介の要素となるキーワードを書く。


③書いた自己紹介を使って他の人と自己紹介を行う。時間内に何人と自己紹介できるかを競う。


14:30~15:00 参加団体紹介・・・参加者が所属する学生団体の紹介としてプレゼンテーションを

行う。


15:00~17:30 ワークショップ


第一部:農業に対する不安の共有(30分)


ツイッターを使い会場のスクリーン上に一斉に参加者全員の「農業に対する不安」を出してもらう。


②ファシリテーターが各参加者に質問し、全員の問題意識を共有。


第二部:ワールドカフェ(90分)


テーマ「農業のダサい・嫌な部分を自分ならどうするか?」


三日目のアイディアコンテストを見据えて、あえて極端な問いを出す。

人物設定にこだわることで、農業に対しての悪いイメージ無くす。(例:なんでもできる神様ならどうするか?/会社の社長ならどう改善するか/JAのトップなら?)


第三部:信州大生による長野の農業の基礎知識講座(30分)


17:30~18:30 ながた自然公園へ移動・BBQ準備


18:30~20:30 学生×農業者交流会/BBQ・・・長野の農業者との交流を通じて、3日目のアイデアコンテストで使えそうな情報を仕入れると同時に参加者間の親睦を深める。


20:30~21:00 片付け、宿泊場所(ながた自然公園キャビン)


21:00~22:00 消灯準備


2日目 9/22(土)


7:00 朝食


8:00 宿舎出発


9:00~16:00 農業研修


17:00 宿舎到着(高遠青少年自然の家)


18:00 夕食


19:30~19:45 アイディアコンテストの説明


19:45~21:00 グループワーク・・・「長野からこれからの日本の農業をデザインする」

次の3つの要素


①「人」(農家、農協の人、農家の周辺の人など)


②「商品」(きのこ、伝統野菜、家畜など)


③「場(環境)」(田畑、ムラ)


のどれかにフォーカスしてアイデアを考える。


議論形式:3人1組(スタッフが指定。各組にファシリテーターとなる人を入れる)


21:00~22:00 入浴・消灯準備


22:00 消灯


3日目 9/23(日)


7:00 朝食


9:00~10:00 グループワーク


10:10~11:00 アイディアコンテスト・・・「長野からこれからの日本の農業をデザインする」


発表形式:口頭発表+A3画用紙3枚の発表資料


発表時間:各グループ5分×6組(18名)=30分

発表準備時間:各グループ1分×6組≒10分

予備時間:10分


審査基準:新規性(面白いアイデアが生まれるようにする)


※1 発表、審査、講評の時には前方のスクリーンでTwitterでの参加者の意見が常に見られるようにする。


※2 優秀なアイディアはAGCのHP上で発表する。


11:00~11:20 審査


11:20~12:20 審査結果発表/講評・・・講評には信大教授、行政、農協職員、農業者など4名の方に来て頂く予定。


12:30~12:45 クロージング/解散


13:00 昼食


13:45 宿舎退出


14:36 高速バス乗車(中央道茅野)


17:25 新宿西口BT到着予定


◆今回の合宿におけるツイッターの利用・・・参加者が常に意見を共有できるように、ハッシュタグ「#naganoagri2012(仮)」をつくり、参加者で共有する。ここでは、ワークショップなどでの意見交換、合宿への意見、参加者による各団体の告知などが共有され、言わば電子版掲示板の役割を持つ。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス