2017年11月1日(水) くもり



11月ともなるとすっかり寒くなりますが、雪が降るまでは乗りますよぉ〜。
{AB543968-0352-4499-B46A-545B1B9E29DD}
ということで、国道289号・甲子道路を走っています!





県道290号から那須高原へ。
{8EF3A332-22C0-41BB-A7B9-E2E768F27FEB}
紅葉のピークは過ぎた感はありますが、枯れた味わいも好きなんです。





しかしこの那須高原の県道ぶらぶらコース、素晴らしい道ですね!
{EDBB1F06-EDBE-46A5-B6C7-DDC50033D3B9}
なぜ今まで走っていなかったのか、己の不明を恥じるばかりです。





栃木県に入りました!
{D845F942-E15C-43C7-830F-4DA6BD3A678B}
時期にもよるでしょうが、交通量は少なく道幅も十分です。





コーナーはタイト過ぎず、アップダウンも含めてメリハリがあって飽きることがありません。
{7E4FB635-38A8-49FB-A32B-A66C2B63B594}
こんな道が貸し切り同然で走り放題だなんて…なんて贅沢なんでしょう。





県道266号から目的地の沼原ダムへの分岐点です。
{EC592EC9-BADE-4337-A072-018A37B3ACDD}



…えええっ!??
まだ5km以上あるのにダートなんですか!?
{4A0B5F5A-5CB6-41F1-B0E7-0C72B6388A70}
行けるところまで行くしかないのか…。



…と思ったら未舗装路はごく一部でした。
{D9DC43DC-3C45-4741-A098-4467211D17CF}
しかし落ち葉の絨毯が敷かれているので、どのみちダートみたいなものですね〜。



沼ッ原駐車場に到着〜!
{9F820B21-9CEC-4B21-B8BF-B77F42CC0C73}



この駐車場の先は沼ッ原湿原、日光国立公園の一部で貴重な動植物の宝庫です。
{5D236A54-2918-430E-8238-8BE93DFD9323}
先日の尾瀬歩きでまだ満腹なので散策はまたの機会に(笑)。



湿原の一角にある沼ッ原調整池(沼原ダム)にご対面〜!
{4EC0B6E4-937A-4DB7-949F-545953BC7559}
確かにダムというよりは池で、堤でぐるりと一周囲われています。

沼原ダム基本スペック
所在地:栃木県那須塩原市
河川:那珂川水系那珂川
形式:表面アスファルト遮水壁型フィルダム
堤高:38m
堤頂長:1597m
総貯水量:434万㎥
管理者:Jパワー
着工/完成:1969年/1974年

なんともレアなダムに来てしまいました。
堤体の表面をアスファルトで固めることで水を遮っていて、この工法はJパワー(電源開発)が開発したそうです。



近くで見るとわかりにくいですが…この池は上から見ると東京ドームのような四角っぽい丸形で、一般的なダムとはかなり違います。
{78BEAA0A-A54F-4C5A-A8C0-0E8D80195A85}
堤は池を一周していて、そのため堤頂長は1597mと長いです。
地下に掘られた水路で下流の深山湖とつながっていて、その落差を使って発電をするそうです。
この仕組みは第一回ダムツーリングで見た大内ダム&大川ダムと同じですね。
このような設計になったのも、やはり国立公園の中ということで環境への配慮というのが理由です。





で、沼原ダムには管理所は無いので、ぐる〜っと回り道をしてJパワーの沼原発電所までダムカードをもらいに行きます。
{B874F3E8-7095-4A0F-8058-D0E5DB11103E}
このルートの途中にもダムが二ヶ所あるので一緒に拾っていきます。





快適なクルージングです。
{4D18E396-11D7-4429-9C26-F6C1A052D7F4}





おおっと…!!
{3168C8E8-31DE-4F55-A7ED-00C473EBCF91}
残念、板室ダムは一般人は立入禁止でした。
ダムカードは深山ダムで頂けるようです。



公道から板室ダムに最接近…かすかにダム湖(?)の水面が見えますが堤体は確認できません。
{A6B9622A-9729-4AA5-AAFB-A149BC2F598E}
地元の人の話だと一般的なダムというよりは水門みたいな感じだそうですが…。





気を取り直して深山ダムに向かいましょう!
{6EABE3D5-90CA-4034-89C7-55E4958213D1}
激しいワインディングに激しい落ち葉です!





深山ダムにご対面〜!
{9E8F0A02-C936-449F-B98E-AB480C1F30F9}



板室ダムとはうって変わって、ゲートすれすれまで立ち入り自由な開放的なダムですね。
{22A23A65-540D-4373-9871-907B4DB589A8}



板室ダムと深山ダムのダムカード、頂きました〜!
{464980E4-C7DA-44BA-A7A0-F2934DD60CEA}
…と思ったらこの二ヶ所のダムカードは非公式でした。
パッと見はそれっぽいですが裏面の書式が違っていて、紙質も濡れるとマズい感じです(汗)。
深山ダムカードは季節ごとに4種類用意されているそうで、今回は秋バージョンです。



何はともあれ、立派で見応えのあるダムです。
{A67FA24B-299E-4774-B634-92AA8EB400B3}

深山ダム基本スペック
所在地:栃木県那須塩原市
河川:那珂川水系那珂川
形式:表面アスファルト遮水壁型ロックフィルダム
堤高:75.5m
堤頂長:333.8m
総貯水量:2580万㎥
管理者:栃木県
着工/完成:1968年/1974年



堤体の表面をアスファルトで覆って水を遮る工法は先の沼原ダムと同じですね。
{F9E287B0-C6D4-40E1-ABBF-20AC0CC61287}
農業用水の確保といった目的の他に、ダム湖は上の沼原ダムと連携して発電にも使われます。



非常用洪水吐のラジアルゲート3門、経年変化で味のある色あいになっています。
{D8A959DE-37A0-410A-9717-21577D1D0977}



ゲートの真上から下流側の風景です。
{CD7B5F20-68F8-402E-9F70-02148F76E2B0}
紅葉の名所らしくダムマニアよりも観光客で賑わっています。



それでは天端を走行して目的地の沼原発電所へ向かうとします。
{90AC1E44-2D13-45BD-AB8C-496380D2B32D}





到着〜!
{4EFF5558-CBBB-4156-8437-16E7E73E177A}
発電所本体は地下深くにあるんですね。



その隣にある「森の発電おはなし館」へ。
{D34D0C81-2A88-46FB-B3DB-BDF2AEBEBE10}



ようやく沼原ダムのダムカードをゲットしました〜。
{4359327D-3C20-41F1-94CC-5C3C4F4984D0}
静かな館内はキッズ向けの展示であふれています。



この半円は地下導水路の実際の大きさを表しています。
{B9021371-D05F-4581-BC7B-6FF607D70936}



みんな大好きジオラマで付近の位置関係がわかります。
{91DB3051-D442-4FFA-B3F1-09FF3CF40AFC}
沼原調整池が上池、深山湖が下池で地下導水路でつながっています。
深夜の余剰電力で下池から上池に水をくみ上げ、昼間は逆に上池から下池へ水を送り落差を利用して発電、その電気は首都圏へと送られます。
国立公園の中ゆえに環境に配慮して主な設備は地下にありますと。





ミッションコンプリート、国道400号経由で帰るとします。
{EFF7584B-F113-4389-92C7-1422AC600C1D}





あぁそういえば…今日は走りっぱなしでメシもまだでした。
{7E705A4E-A673-4E35-BC47-88E176229C4C}
ダムツーリングの本質とは…ダムを見たりダムカードを集めたりすることよりもダムを目指して走ることそれ自体にある…そう思えば最高すぎる一日でした!!





本日のルート、走行距離236km!
{25E87049-F823-4C9D-AD88-ED5F65C97A59}





公式ダムカード35枚目!
{FE1C2175-9113-466C-A298-A703F83F8B11}


AD