SNSを比較的使わないようにしつつも、振り回され、ブログ無精に拍車のかかる一年でした。

一年、活動できた時間が今まで生きてきた中で一番少なかった気がしますが、貴重な一年を振り返ることはしておきたいなとしたためます。

年始から2018年に撮影し横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバルにて最優秀作品賞をいただいた塩出太志監督『この世はありきたり』という作品を新宿はKs  cinemaさんにて2週間も上映していただけるという有り難い年初めでした。

こんなに長い間人の目に触れることが初めてだったので塩出太志監督と共演者のみなさまとこれでもかと映画館に通いました。






観てはしかった方々やご縁あり映画館に脚を運んでくださった皆様の感想が聞けてなにより幸せでした。
監督はじめスタッフさん、そして観客の皆さん、映画館の皆様にはひたすらの感謝を。

シアターサンモールにて『艶漢 第四夜』

尚先生の作品に心底、魂を惹かれるように、出演させていただけるのは三作目。
製作者さんの熱意、そしてキャスト陣の作品愛、
いつも艶漢の座組が大好きなのです。
自分の道をひたすらに進み続ける鏡湖さんには人としてとても敵わないと痛感しましたが、いつもより会話劇も多く、女優陣も心優しく大好きな方々に囲まれて幸せでした。

大好きなほさかさん、圭澄、ミカシュン、たくまという強い柱が心強かった。












ここまで舞台をやらせていただけて幸せでございました。

舞台後、コロナ一色となり、色んな思いがありましたし出来なかったお仕事も残念ながらありましたが、これまでの生き方とこれを機に少し変えてみようと思い立ったときでもありました。

この期間、いろんなことがありました。

その後も私めにお仕事をくださる皆さんに頭の上がらぬ思いです。

舞台は3月以降出演できませんでしたが、映像のお仕事に恵まれた一年でした。


水野美紀さん主演
フジテレビ『実録ドラマ 3つの取調室 ~埼玉愛犬家連続殺人事件~』
に出演させていただきました。


美紀さんと同じシーンに出ることができたことはとても幸せでした。
現場もとても勉強になりひたすらありがたかったです。

11月にはTech & Device TV powered by hp presents WEBドラマに参加させていただいてました。

WEBドラマははじめてでした。
他業種の方とお話しする機会はとても少ないのですごくありがたく勉強になりました。

IT業界から転職してきた営業部長の役でした。






塩出監督に撮っていただいた写真↓



クリスマスには田村専一監督の短編『good time』の楽曲でもお世話になった佐々木彗太さんの楽曲のMVにも望月めいりちゃんとお世話になりました。

https://www.youtube.com/watch?v=fuaBW-8CX08

keitasasaki.bandcamp.com

Director : 田村専一(@tamsenchi)
DOP : 岩川雪依(instagram.com/y.iwakawa/)
Actor : 岡田あがさ(@agathaOkada)
 望月めいり(@meiry_mo)
Vocal : Haru(@haru_makers)
Music : 佐々木慧太(@keita_jet)






そして12月にはジャックアンドベティさんで横濱インディペンデント・フィルム・フェスティバル2020前夜祭にて『この世はありきたり』上映していただきました。





ありきたりにはじまりありきたりに終わる。
撮ってるときはガムシャラだったけれど作品をつくってくださってありがとう、塩出太志監督。

コロナにおいてたくさん振り回されつつ
1人向き合う時間は今までの生き方の整理がつけられるような時間で有意義でした。

一年私生活で変わったこともたくさんあり
辛いことも嬉しいことも今年も変わらずたくさんありましたが
1人では諦めていたものを周りの方に支えられて生きてこれたことを尚更実感できる年でした。

演劇をやり続けてこの年まで生きてきたけれど、ご飯を作ったり、植物を育てたり、掃除をしたり当たり前のことと向き合えた一年でした。
自分はただの人間だったと思い出すと同時に見過ごしていた人生の豊かさにたくさん触れられました。

ヨガづいていて身体も健康に向かっています。


来年も大切な人たちがたくさん笑って過ごせますように。

みなさま、良いお年を。

岡田あがさ