ナンパ塾

テーマ:








アカデミー、塾、道場、講習






いろんなナンパ塾がある。







放置講習、タワーマンション、マンツーマンじゃない、ルーティンだけ







など、問題のあるところもいろいろある。







自分の場合、







ローカルのとき、ネット調べ上げたあげく、







教材を買った。






数万円。







今思えば、すごくしょぼいし、ありきたりな内容だった。







それぞれの塾は、サイトやツイッターを立ち上げ、宣伝をする。









やってみて思ったけど、
宣伝って良い結果しか言わない。








失敗作については、
無かったこととして、触れない。







自ら欠点を言う訳が無い。







見てみると、
ちょっと興味があって1回だけ講習を受けてみた、という人もいるようだった。







結局、生き残りが頑張って結果出している。







そうなってくると、
如何にいろんな人が結果を出しているかが重要になってくる。







宣伝していたとしても、それが全部イケメンだったり、リア充だったり、素質ある人だったらどうだろう。








一定のレベル以外の人は、落ちこぼれて脱落していたらどうだろう。








会社でも、成績良いやつのことばかり言っても、必ず落ちこぼれって出てくる。








落ちこぼれ、素質無い奴は、首にするなんてしてたら、何の希望も無い。









どんな場所にも、絶望的な落ちこぼれっている。








そういう落ちこぼれに光を与えるのが、良いナンパ塾だと思う。








すごい人いても、リア充の片鱗あったら、全く興味無い。







ナンパ塾で言うと、絶望的なAFCを成長させるところが、真のナンパ塾だ。








ナンパ塾って、講師を見るのと同時に、まわりの仲間をしっかり見たほうがいいと思う。







そして、絶対、もともとAFCなはずの方が、生き生きとギラギラと楽しく結果出してたら、
良い環境だと思う。






なんか頑張れる、楽しめる、っていう環境。







ナンパに限らず、トップが情熱を持って正しく進んでいれば、まわりもその影響を受けて輝く。







おれの場合は、流星道場だった。







ほんとに良かったと思う。







人生変えられた。






人によって向き不向きとか、他にも良いナンパ塾あるかもしれんが。






そういうコミュニティに入ると、閾値が上がる。








今までおれ頑張ってると思ってたけど、







凄腕から見たら、ショボすぎる努力。







凄腕、カリスマというのは、自分が努力してると思ってない。







好きすぎてハマりすぎて、努力が当たり前、癖になってる。







すごい人に出会うと世界が変わる。







そして、新しい世界に進んでいくと、大きく成長するんだと思う。







だから、何事もカリスマレベルのすごい人と、積極的に会って刺激を受けた方がいい。







小さな世界にしかいないと、小さな世界だけで、人生が終わってしまう。