イチローの一口馬主レーザービーム

イチローの一口馬主レーザービーム

15年産から一口馬主を始めました。
以前のブログからタイトルも新たにしてお引っ越し。
引き続きよろしくお願いいたします。

こんにちは。

 

 

とりあえずノルマンディー20年産1次は1頭のみ。

金欠なんですよね~笑い泣き

 

 

ウィズアットレース20です。

 

 

ラインナップが発表される前から狙っていた馬で、いよいよ初ゴッホが見えてきました。

 

ギリギリ口数調整でいけるかなと。

 

抽選になったとしても軽い抽選でしょう、まあ取れなかったらしゃあないです。

 

 

まずは血統から。

 

ベタにネヴァーベンド持ちのマツリダゴッホ。

 

最近流行の母父キングヘイロー…ではないんですけど、母父ローレルゲレイロでその父がキングヘイローなので、まあ似たようなもんです笑

 

母の競争実績を見てもややスタミナ不足かなと思ったのですが、ローレルゲレイロはモガミヒメの血統、つまりディープボンドと同系なので、むしろスタミナや底力たっぷりです。マツリダゴッホ牝馬がある程度上級で活躍するには、ネヴァーベンドやボールドルーラー持ちだけではなく、しっかりと底力を補充してあげる必要があります。

 

更に、母母のシルキーウィズはローレルゲレイロやシルクフェイマスといった(言い方は悪いですが)地味な種牡馬とのカップリングで中央複数勝ちの馬を輩出しており、渋い牝系ながら能力の高さを感じます。

 

母は32戦2勝。小柄ながらスピードはあったようですね。やや気性面に難があったようなので、そこは伝わり過ぎず、競走馬向きの前向きさだけしっかり伝わってくれたら…ですね。

 

 

馬体はあまり分かりませんが、コンパクトにまとまっていて、動画を見てもある程度クッションの効いた歩き方ですし、小柄な面も含めて怪我の心配は少ないと判断しました。

 

正直言ってもう少しサイズは欲しかったですけど、お母さんも410~420キロ台で走っていましたし、まあそんなもんかなという気もします。

 

おそらく主戦場は母と同じく芝短距離でしょう。早めに仕上がりそうなので、来年の夏、北海道シリーズでデビューしたいですね~。

 

 

まだ確定はしていませんがご縁があればよろしくお願いします。

 

 

 

確実に1頭欲しかったのでいきませんでしたが、ピッツネイルは普通にいっても良かったかなと。

 

あとはヴンダーゾンネ、シルヴァーコード、ルミナスレッドなどは迷いました。ヴンダーゾンネはどうも左後の歩様が気になった、シルヴァーコードは短距離ダートっぽいので回避、ルミナスレッドは静内育成ならいってました…。

 

 

とにもかくにも、皆さんにいい出会いがありますように!

 

ではパンダ