イチローの一口馬主レーザービーム

イチローの一口馬主レーザービーム

15年産から一口馬主を始めました。
以前のブログからタイトルも新たにしてお引っ越し。
引き続きよろしくお願いいたします。


テーマ:

こんにちは。

 

今日はノルマンディー2017年産の追加情報がくるかな~と、密かに思っていたのですがこなかったですね笑

 

 

ですが、僕はほぼこの馬に出資することを決めています。

 

 

 

チェアユーアップ2017

 

そう、岡田スタッドのマツリダゴッホ産駒ですね~。

 

マツリダゴッホ産駒に出資しないと、正式にノルマンディストとして認められないという噂があるので、今年はいくつもりですよ!

(そんなものはない←まる子のナレーター風)

 

初仔のジェイラー(父マツリダゴッホ)は2勝。3月の小倉芝1200mで未勝利勝ち、東京芝1400mで500万下をクリア。その後は3着が1回あるのみで惨敗続き…。障害へ矛先が向けられています。

 

2番仔のマリーナプリンセス(父マツリダゴッホ)は小倉芝1200mでの未勝利戦3着が最高。その後は園田、名古屋、笠松と移っていますが、笠松で1勝を挙げたあと登録抹消されているようです。

 

3番仔はノルマンディーOCで募集されたツァイトライゼ(父タイムパラドックス)。まだ未勝利ですが、9月22日の中山ダ1200mを次走に控えています。ここでどうなるかですね。

3度掲示板に載っていますし能力的に全く足りないってことはなさそうです。そしてそれ以上に、2歳7月のデビューから11走していることが、ノルマンディーの馬らしくていいですね。

 

スペシャルウィーク産駒の4番仔(牝馬)は行方不明です…。

 

 

そして、本馬は5番仔。結果が出ているマツリダゴッホ産駒へ戻ったのは間違いなくいいでしょう。

 

 

いわゆるボールドルーラー持ちのマツリダゴッホ産駒で(エアジハードの母父父父がボールドルーラー)一応、血統的にも買い要素はあります。

 

母のチェアユーアップもそうですし、産駒もそうなのですが、基本は芝、ダート問わずの短距離馬でしょう。

 

母の血統表もスピード色の強い血が多い印象ですから、平坦の芝1200~1400mがいいのかなと思います。

 

更に推し要素は丈夫そうなところ。

ジェイラーもツァイトライゼもたくさん走っているので、基本的に脚もとは強い一族なのかもしれません。

 

そして、それは一口馬主で出資する上で非常の重要な要素ですよね~口笛

 

 

あとは厩舎ですね。

 

ここでクルッと手のひらを返す可能性があります笑

 

希望は関西。でも関東でも。

 

どことは言いませんが、ちょうどいい厩舎に決まって欲しいですニヤリ

 

次の情報を待つべし!

 

ではウシシ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス