『How to 前刺し』の巻

テーマ:

 

 

お久しぶりの更新です。

生きています乗っています、アフロ二輪42歳厄年。

 

今日はハウツーもので、前刺しについて語ります。

 

見た目がカッコイイので皆やりたがる技なのですが、練習方法がいまいちわからない。

そんな複雑な要素満載の前刺しですが、出来るようになるまでの簡単な練習手順です。

 

まず前刺しというのはどんな技なのか?

それは何でもいいのでジャンプして前輪だけで着地して、そのあとそこに後輪を乗せる技です。

飛ぶスキル(パラレル・ダニパラ・ダニ飛び)と送り出すスキル(フェデリック・スイッチ)は必須です。

 

まずはダニパラを出来るようにしましょう、出来れば利き足側に跳べると後が楽です。

そしてダニパラですが、限られたスペースでセットして跳べるようにしましょう。

今回はブロックの上から飛んでますが、狭いとこで静止して狙ったとこに崩して飛ぶスキル。

これが出来てないとまず無理なので、練習して習得しましょう。

 

そして練習場所ですが、50~60cmぐらいの段差で上が水平で広いとこ。
ブロックから飛ぶならプラス10cm高いとこ、あまり低い段差だと逆にやりづらいので。

それと飛ぶとこも段の上も水平で、何かを覚える時には登りでも下りでもなく水平の基準を身に付ける。

 

あとは動画で説明します。

 

 

補足として、今回は角飛びではなく面からダニパラしてヒネってるだけです。

ダニパラで、ヒネれば前輪が段差の上に乗る距離感で練習しましょう。

なんとなく段差との隙間ができてくると怖いですが、頑張って下さい。

 

あと低い前刺しにもふれてますが、あれは難しいです。

適度な段差で出来るようになってから挑戦すると良いでしょう。

 

トライアルのスキル全般に言えますが、怖いのでハートが必要です。

ビビって中途半端にやってると習得出来ないので、思い切って飛んじゃって下さい。

 

では、またいつか更新します。