ビジョン
社長、起業家の方はこちらへ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ビジョンペーパーを完全に完成させたい方へ

100日で人生変えてくれるクライアント様

 

駆け抜けた100日は本当楽しかったー!

 

学んだ!成長した!

 

でも結果はまだ・・・

 

そんな方こそまずはビジョンを描いてくださいなー

 

ありえないプレゼントをおつけして待ってます

 

ビジョンペーパースペシャルワークショップ

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/qxm7z

 

 

潜在意識より大事な本質

先日はFB Live! のご視聴ありがとうございます。

見逃した方はこちらからからご視聴くださいませ。

▼100日で人生を変えるFB Live!後半30分がオススメ

https://bit.ly/2R4mSQv


100日で人生を変えるなんて!

何年かかっても変えれなかった私には…

そう思われるかも知れません。


しかし、人って変われるんです。

100日でビジョンを描いて走った人達がしっかりと証明してくれています。

それが目標とビジョンの違いです。


目標設定はなぜか「やらなきゃ」と義務感が出てしまう。

意志や根性が続かなかったからいつも達成できなかった。

しかし、ビジョンに切り替えると私達の普段眠っている潜在意識のチカラにアクセスができます。


そして、確実に達成できる自分になるのです。

勇気がなかったからできなかった。。。

意志が弱かったから達成できなかった。。。


それはただ目標設定してたから潜在意識のチカラを使えなかっただけなんです。

巷には様々な潜在意識のセミナーや活用法があります。

もちろんそれらのメソッドは素晴らしいものばかりです。


ただそれらを学んでる方の多くが潜在意識の力さえ使いこなせたら人生が変わると勘違いしてしまっています。

潜在意識の力を使いこなすより大事なこと、それはビジョンを描くこと。

ビジョンを描かなければ、潜在意識の能力を使いこなせてもどこを目指していいか解らないからです。

しかし、ビジョンを描くと進むべき方向性が明確になり潜在意識の力を使いこなそうとしなくても働いてくれるのです。

また昨日のFB Live!でも語っているのですが私の考案したビジョンペーパーは

ビジョンペーパーを作るためにビジョンを描き、アウトプットするプロセスでビジョンが潜在意識に強烈に刷り込まれます。


そのため、ビジョンを描いた時に考えていたプロセスとは全く違うプロセスでビジョンが実現することもよくあります。

▼詳しくはFB Live 後半30分をご覧ください。

https://bit.ly/2R4mSQv


偶然の幸運が重なり、神様がプレゼントを差し出してくれたかのように・・・。

自分じゃない力が働いてる感じ。

そうなった時、本当に潜在意識の力を使いこなせています。


いまコロナで自粛モードのため、期間限定であなたにも無料でビジョンペーパーを作れる機会をご用意致しました。

ビジョンペーパーのワークショップを無料でこのメルマガの読者様にはご招待させて頂きます。

▼無料ご招待100日で人生を変えるワークショップ

https://bit.ly/2xofGYh

ビジョンペーパーは他人のを見るより自分で作ってみた時にその価値が解ります。

作った人にしか解らない感覚を味わって、本当に実現してください。

学ぶのではなく結果を出すために。

▼無料ご招待100日で人生を変えるワークショップ

https://bit.ly/2xofGYh


仕事オモロ化研究所

長谷川太一

ビジョンペーパーワークショップ
「よーし、今年こそは!」「ダイエットするぞ!」「売上を上げるぞ!」毎年新鮮な気持ちで目標を設定するも、結果達成できずに年末を迎える。意志が弱かったのか・・・。努力が足りないのか・・・そうやって自己否定のドツボにはまる。まさに私自身がそうでした。イギリスの3000人を対象とした調査では、年初に設定した目標を達成する人はわずか12%しかいませんでした。じつに88%の人々が目標を達成できないのです。そして、気付いたんです「目標設定してたからダメだったんだ!」歴史上の人物や大企業の創業者など偉大なことを成し遂げた人達は目標ではなくビジョンを描いてることに気付いたのです!目標設定して達成できないことが続くと「目標」という言葉自体が嫌になりませんか?義務感が肩にのしかかり目標設定すらしなくなってしまう…。なぜ多くの方は目標を達成できないのか?それは意志が弱いからでも、努力が足りないからでもありません。目標とビジョンの違いを知らないからです私達の脳には3%の顕在意識と97%の潜在意識があります。そして、97%の潜在意識は普段眠っています。目標を決める時、私達は3%の顕在意識を使います。あなたは自身の中にあるたった3%の力で目標を達成しようとしていたのです。残りの97%の力を眠らせたまま・・・そのあなたが眠らせている97%の力を引き出すのが今回ご紹介する『ビジョンペーパー』ですビジョンペーパーとは実現したいゴールや叶った時のシーンを脳内映像としてリアルに描き、未来新聞のような形式に落とし込んだ「A4」1枚の紙です。ビジョンは描いた時点で実現出来るかが既に決まっています。それはどこまでもリアルに既に叶っているかのように描ききることが大切です。叶った時の未来、社会に与える影響、実現プロセス、出て来るであろう障害、一緒に喜んでくれる人の笑顔やせりふなど。願いを実現するために必要な全ての要素を描ききり、まずは完璧な脳内成功を収めます。そして、その完璧な脳内成功を文章に落とし込み、写真でイメージ付けをしてアウトプットする。それが100日後に本当に現実化するビジョンペーパーです。100日後、読み返した時に「本当に叶った!」と鳥肌がたつ人もいます。まるで未来の預言書のように、ビジョンペーパーで描いたことと現実がリンクし重なるからです。しぎの歯科院長 船戸大様初月で前年比125%UP。100日で5

潜在意識より大事な本質

先日はFB Live! のご視聴ありがとうございます。

見逃した方はこちらからからご視聴くださいませ。

▼100日で人生を変えるFB Live!後半30分がオススメ

https://bit.ly/2R4mSQv


100日で人生を変えるなんて!

何年かかっても変えれなかった私には…

そう思われるかも知れません。


しかし、人って変われるんです。

100日でビジョンを描いて走った人達がしっかりと証明してくれています。

それが目標とビジョンの違いです。


目標設定はなぜか「やらなきゃ」と義務感が出てしまう。

意志や根性が続かなかったからいつも達成できなかった。

しかし、ビジョンに切り替えると私達の普段眠っている潜在意識のチカラにアクセスができます。


そして、確実に達成できる自分になるのです。

勇気がなかったからできなかった。。。

意志が弱かったから達成できなかった。。。


それはただ目標設定してたから潜在意識のチカラを使えなかっただけなんです。

巷には様々な潜在意識のセミナーや活用法があります。

もちろんそれらのメソッドは素晴らしいものばかりです。


ただそれらを学んでる方の多くが潜在意識の力さえ使いこなせたら人生が変わると勘違いしてしまっています。

潜在意識の力を使いこなすより大事なこと、それはビジョンを描くこと。

ビジョンを描かなければ、潜在意識の能力を使いこなせてもどこを目指していいか解らないからです。

しかし、ビジョンを描くと進むべき方向性が明確になり潜在意識の力を使いこなそうとしなくても働いてくれるのです。

また昨日のFB Live!でも語っているのですが私の考案したビジョンペーパーは

ビジョンペーパーを作るためにビジョンを描き、アウトプットするプロセスでビジョンが潜在意識に強烈に刷り込まれます。


そのため、ビジョンを描いた時に考えていたプロセスとは全く違うプロセスでビジョンが実現することもよくあります。

▼詳しくはFB Live 後半30分をご覧ください。

https://bit.ly/2R4mSQv


偶然の幸運が重なり、神様がプレゼントを差し出してくれたかのように・・・。

自分じゃない力が働いてる感じ。

そうなった時、本当に潜在意識の力を使いこなせています。


いまコロナで自粛モードのため、期間限定であなたにも無料でビジョンペーパーを作れる機会をご用意致しました。

ビジョンペーパーのワークショップを無料でこのメルマガの読者様にはご招待させて頂きます。

▼無料ご招待100日で人生を変えるワークショップ

https://bit.ly/2xofGYh

ビジョンペーパーは他人のを見るより自分で作ってみた時にその価値が解ります。

作った人にしか解らない感覚を味わって、本当に実現してください。

学ぶのではなく結果を出すために。

▼無料ご招待100日で人生を変えるワークショップ

https://bit.ly/2xofGYh


仕事オモロ化研究所

長谷川太一

ビジョンペーパーワークショップ
「よーし、今年こそは!」「ダイエットするぞ!」「売上を上げるぞ!」毎年新鮮な気持ちで目標を設定するも、結果達成できずに年末を迎える。意志が弱かったのか・・・。努力が足りないのか・・・そうやって自己否定のドツボにはまる。まさに私自身がそうでした。イギリスの3000人を対象とした調査では、年初に設定した目標を達成する人はわずか12%しかいませんでした。じつに88%の人々が目標を達成できないのです。そして、気付いたんです「目標設定してたからダメだったんだ!」歴史上の人物や大企業の創業者など偉大なことを成し遂げた人達は目標ではなくビジョンを描いてることに気付いたのです!目標設定して達成できないことが続くと「目標」という言葉自体が嫌になりませんか?義務感が肩にのしかかり目標設定すらしなくなってしまう…。なぜ多くの方は目標を達成できないのか?それは意志が弱いからでも、努力が足りないからでもありません。目標とビジョンの違いを知らないからです私達の脳には3%の顕在意識と97%の潜在意識があります。そして、97%の潜在意識は普段眠っています。目標を決める時、私達は3%の顕在意識を使います。あなたは自身の中にあるたった3%の力で目標を達成しようとしていたのです。残りの97%の力を眠らせたまま・・・そのあなたが眠らせている97%の力を引き出すのが今回ご紹介する『ビジョンペーパー』ですビジョンペーパーとは実現したいゴールや叶った時のシーンを脳内映像としてリアルに描き、未来新聞のような形式に落とし込んだ「A4」1枚の紙です。ビジョンは描いた時点で実現出来るかが既に決まっています。それはどこまでもリアルに既に叶っているかのように描ききることが大切です。叶った時の未来、社会に与える影響、実現プロセス、出て来るであろう障害、一緒に喜んでくれる人の笑顔やせりふなど。願いを実現するために必要な全ての要素を描ききり、まずは完璧な脳内成功を収めます。そして、その完璧な脳内成功を文章に落とし込み、写真でイメージ付けをしてアウトプットする。それが100日後に本当に現実化するビジョンペーパーです。100日後、読み返した時に「本当に叶った!」と鳥肌がたつ人もいます。まるで未来の預言書のように、ビジョンペーパーで描いたことと現実がリンクし重なるからです。しぎの歯科院長 船戸大様初月で前年比125%UP。100日で5

どん底から75日で1000万円稼いだ男のビジョン

ビジョンペーパーを作って100日を駆け抜けた有限会社マジンホームビルド 代表取締役 青木義博様と対談。

昨年の夏、ビジョンペーパーのワークショップに来てくださってからのご縁。

出会った頃は仕事、プライベートなどいろんなことがあり精神的にもあまりよくない状態だった青木さま。


しかし、ビジョンペーパーを一緒に作った頃から凄く元気になられました。

「100日で1000万円の収益を稼ぐぞ!」

でもこれは単なる数値目標。


この数値目標を達成した後に広がる世界がビジョン。

人はビジョンがないと動けないんです。

でも私達は目標だけでビジョンを描かずに走ってしまう。

だから続かないし、達成もできない。


ご褒美として誰と何をしたい?

人生がどんなステージに行ってる?

そこにはどんな景色が見えますか?

そうやっていろんなイメージを固めて脳内映像を作り青木さんの100日後のビジョンペーパーを作りました。


そうすると、青木さんは

「何か元気になってきた!」と嬉しそうに言ってくれました。

なぜビジョンを作るだけで人は元気になるのか?


それは、未来の思考の量を増やすほど人は元気になれるようにできているから。

ということは元気になれない人は、脳の中に過去の思考の量が多過ぎるんですね。

そして、ビジョンペーパーで最高の未来を描いて「よっしゃ!やったるぞ!」

とやる気満々で迎えた100日の初日。


千葉の館山の台風で屋根が吹き飛ばされ自宅が被災。

実際に1000万円の収益の計画が全てぱあになりました…。

一緒に立ち上げるパートナーも被災し、仕事ができない状態に。


そこで、いろいろ考えてまたイチからターゲットを変更。

できることを精一杯やったらなんと75日で収益1000万円達成!

売上じゃなく、収益1000万円です。


では、なぜビジョンを達成できたのか?

それは欲望をさらけ出したビジョンを描いたから。

例えば、経営者であれば経営理念や使命などを盛り込んだビジョンを描かないといけないと思いがちだと思います。

偉大な経営者の本を読むと、より一層「社会のために!」などと考えてしまいます。

しかし、そんなキレイごとだけでは人は動けませんよね。

(もちろんキレイごとが悪い訳ではありません)

ということで、欲望満載のビジョンペーパーを描いてもらいました。


なぜかと言うと出会った当初は青木さまはメンタル的に凹まれていたこともあり、刺激の強いビジョンを描いてもらった方がいいと感じたから。

だから初日に被災して全ての計画がぱあになっても復活して、75日でビジョンを達成出来たんです。


被災して大変な状況でも

「オレは絶対に100日で達成したい!101日での達成もだめなんだ!」

と言われてました。


ただ、そんな青木さんも今まで目標設定して達成してきたか?意志が強かったかというとそこまで強くなかったそうです。

そう、人は目標だけでは動けないんですよね。


未来を描く力で大事なのはイマジネーション。

そして、私達は目標設定はできてもビジョンの描き方を知らないんですね。

なぜなら、誰もビジョンの描き方を教えてないから。

アインシュタインは言ってます。

『想像力は、知識より大切だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む。』

あなたもビジョンを描いて、想像を超える人生を歩みませんか。

あっ!こっちのアインシュタインじゃなかった!


仕事オモロ化研究所 & ビジョンペーパー考案者

長谷川太一 (writing time:55min)


PS

青木さんのように100日で人生を変えたい人はビジョンペーパー体験ワークショップがあります。

コロナの今だから、無料でご招待させて頂きます。

通常20,000円 → 特別ご招待3,000円 → コロナのため無料ご招待

ビジョンペーパー体験ワークショップ ⇒ こちら

ビジョンペーパー体験ワークショップ
「よーし、今年こそは!」「ダイエットするぞ!」「売上を上げるぞ!」毎年新鮮な気持ちで目標を設定するも、結果達成できずに年末を迎える。意志が弱かったのか・・・。努力が足りないのか・・・そうやって自己否定のドツボにはまる。まさに私自身がそうでした。イギリスの3000人を対象とした調査では、年初に設定した目標を達成する人はわずか12%しかいませんでした。じつに88%の人々が目標を達成できないのです。そして、気付いたんです「目標設定してたからダメだったんだ!」歴史上の人物や大企業の創業者など偉大なことを成し遂げた人達は目標ではなくビジョンを描いてることに気付いたのです!目標設定して達成できないことが続くと「目標」という言葉自体が嫌になりませんか?義務感が肩にのしかかり目標設定すらしなくなってしまう…。なぜ多くの方は目標を達成できないのか?それは意志が弱いからでも、努力が足りないからでもありません。目標とビジョンの違いを知らないからです私達の脳には3%の顕在意識と97%の潜在意識があります。そして、97%の潜在意識は普段眠っています。目標を決める時、私達は3%の顕在意識を使います。あなたは自身の中にあるたった3%の力で目標を達成しようとしていたのです。残りの97%の力を眠らせたまま・・・そのあなたが眠らせている97%の力を引き出すのが今回ご紹介する『ビジョンペーパー』ですビジョンペーパーとは実現したいゴールや叶った時のシーンを脳内映像としてリアルに描き、未来新聞のような形式に落とし込んだ「A4」1枚の紙です。ビジョンは描いた時点で実現出来るかが既に決まっています。それはどこまでもリアルに既に叶っているかのように描ききることが大切です。叶った時の未来、社会に与える影響、実現プロセス、出て来るであろう障害、一緒に喜んでくれる人の笑顔やせりふなど。願いを実現するために必要な全ての要素を描ききり、まずは完璧な脳内成功を収めます。そして、その完璧な脳内成功を文章に落とし込み、写真でイメージ付けをしてアウトプットする。それが100日後に本当に現実化するビジョンペーパーです。100日後、読み返した時に「本当に叶った!」と鳥肌がたつ人もいます。まるで未来の預言書のように、ビジョンペーパーで描いたことと現実がリンクし重なるからです。しぎの歯科院長 船戸大様初月で前年比125%UP。100日で5

正しいから結果が出ない

世の中にはたくさんのメソッドやノウハウがあふれかえっています。

私もビジョンペーパーやビジョンラフティング、100日プログラムとかやってるのでノウハウ提供者の1人です。

自分で言うのも何ですが、クライアントの成果はちゃんと出してます。


たくさんのノウハウを見てきて、ノウハウよりも大切なことがあるということに気付いたからです。

まず、ノウハウだけでは結果が出せない理由。

それは、義務感に陥ってしまうということ。


「ネットマーケティングで稼ぐ方法!」

とかの情報商材を買ったりしたこともありました。

そして、解ったこと。


ノウハウがぎっしり詰まったファイルを見ると

何かゲンナリしちゃうんですね。

「こんだけやらんとあかんのか・・・」


なんか義務感満載の気分に・・・

そして、心が重くなって結局ほったらかし・・・

そんなことが多かったです。


もちろんそのノウハウが悪い訳ではありません。

「正しい」のに結果が出ない。

それは逆に言うと

「正しいから結果が出ない」

ということなんです。

以前、営業ノウハウを勉強して実際にセールス現場で実践したことがありました。

実践してみると・・・。

ノウハウを実践してる自分が何かぎこちない。

ぎこちないから余計にお客さんとの間に心の壁が出来る。

もちろん結果が出ない。


結果が出ないからまた新しいノウハウを探す。

そして、また結果が出ない・・・。

ノウハウのあり地獄みたくなってしまってました。

で、その時に1冊の本に出会いました。

「ちょっとアホ理論」って書いてますが

これ実はビジネス書なんです。


この著者である経営者もノウハウ地獄にはまって

マーケティングとか正しいことをやってるのに

借金が20億に!


会社が潰れる!って時にもうどうでもよくなって

開き直ってアホになったら

年商35億から60億に超V字回復!


という意味不明の本でした。

私はこの本を読んで一度ノウハウを捨ててみよー

って思ったんです。

そしたら心が軽くなって売れだしたんですね。


そして解ったこと。

ノウハウばかりを意識してた時、自分のことばっかり考えてたなって。

どうやったらお客さんに買ってもらおうか?

それってよく考えたら、自分の利益だけ。


お客さんを人として見てなかったんですね。

カスですね笑

ノウハウをいったん捨てることで

「お客さんにどう役に立とうかな」

って気持ちが芽生えました。


そうしたら、ノウハウ使わなくても結果が出てしまいました。

だからと言ってノウハウが全くいらない!

というつもりもありません。

ノウハウを使う心の状態が大事なんです。

昨日もお話しした謎のコンサルタントM氏が言ってました

「理論を振りまく人間は一見かしこいけど、物事の本質を見抜けてない」と


なぜなら、理論を扱う前に人間の心を扱えないと理論は機能しないから。

理論は大切ですが、人間の心のメカニズムをベースにしたノウハウじゃないと人って動けないんです。

それは目に見える世界と見えない世界のである、理論と心は180度違う性質を持っているから。


この理論と心という対極のものを統合させられた時にクライアントの成果が出ます。

ちょっと理屈っぽくなっちゃいましたが、今までノウハウを大切にしてきたけど何かしっくりこない

って方は、一度ノウハウを捨ててみてください。


以前、ある方が言ってました。

「挨拶とか小学校の時に教えられた当たり前のことをやるだけで成功する」って

まあいったん難しく考えることをやめてみるといいですね。


仕事オモロ化研究所 & ビジョンペーパー開発者

長谷川太一   (wiring time:55min)


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>