afrinote -フランスから 遠くアフリカへ-

コートジボワール フェアトレード・チョコレート プロジェクト     
“afrinote” (アフリノート)にアフリカへの想いを込めて。
  
2002年 渡仏
2011年2月 娘カロンが誕生、
2014年9月 次女ミロンが加わり、
子育てとプロジェクト ― の日々です。

コートジボワールのカカオを使って、フェアトレードのチョコレートを作ること
に向けての毎日。


2009年 10月、11月と50日間 コートジボワールに滞在し、カカオ農園に行ってきました。
  カカオ農園の様子 はこちら。

$afrinote -フランスから 遠くアフリカへ-

On s'appelle -フランスから 遠くアフリカへ-
 
カカオの実
$afrinote -フランスから 遠くアフリカへ-








On s'appelle -フランスから 遠くアフリカへ-
カカオの木


2009年7月末で会社を辞め、同年10月、11月とコージボワールに滞在。
その後、トラブルがありながらもやっとカカオを入手。
っと思ったらフランスのお役所の壁やら出産で
思うように進まず、な私のプロジェクト。
でも、地道にやって行きたいです!

フェアトレード•チョコレートではまだあまりない
ギフトになるような、高級感のあるチョコレートをフェアトレードで作りたい!

          

                                                 
On s’appelle -フランスから 遠くアフリカへ- 35ではじめること   最近、できていませんが、フェアトレードショップ
   ARTISANS DU MONDE でボランティアしてます(ました)。

 近くなので、お買い物に行ったり、
 よく顔を出します。
 ボランティア仲間の人たちとご近所付き合いしてる感覚?


 
 
20, Rue Rochechouart 75009 Paris
   Métro: 7番線 Cadet
  日曜休み 
 


テーマ:

 

 

今年の夏は、Sèteに行ってきました。

 

ホテルの部屋からの眺め

 

 

8泊9日、フランスのヴァカンス的に長めの滞在。

 

TGVで直で行けて、駅から海が近い。

 

それがセットを選んだ理由。

 

 

海に近いコルニッシュ(La Corniche)と、港町の市街地、両方滞在して楽しみました。

 

 

朝、みんなが寝ているうちに一人で散歩するのが私のヴァカンスの極意。

 

 

 

 

いろんな海の景色を見ているうちに、

だんだんと好みがはっきりしてきました。

 

朝日がきれいに見える港。

小さな船がポツポツ浮かんでいて、向こう岸が見える。

 

これが今までで最高の眺めでした。

ディナール、ブルターニュ(Dinard, Bretagne)。

 

 

 

さてセットは。淡路島は?

 

 

 

 

肝心な食。

セットは庶民的なお店も多く、

ただ焼いただけの魚を食べたい私たちには最適でした。

 

 

 

Le Grilladin Cettois

12-Francia, 13 Quai Maximin Licciardi

34200

Sète

 

このレストラン(↑の写真は別のところ)、

一見ケバブ屋さん?と思いきや。

時間になるとお客さんがギッシリの人気店。

塩加減も良く、解放的な食事を満喫できました。

 

この通りは、観光客向けのレストランが並ぶ通りに近いものの
庶民的な雰囲気になり、かと思いきや高級レストランもあったりと

なかなか面白い場所でした。

夏のセット、

満喫しました!

 

写真のアップロードの調子が悪いです。

InstaにもUPしてます。
instagram.com/yokokondoparis

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 久々の更新になってしまいました。

パリ、マレ地区のお店で、絵本の読み聞かせイベントを開催します!

カカオからチョコレートができるまでを描いた絵本

 

はんだのどかさん著「チョコレートがおいしいわけ」。

 

着物や着物リメイクアイテムを扱うお店「Waf+」さんでの開催です。

 

読み聞かせにうっとり素敵な演奏を添えて下さるのは

ハープ奏者の東海林悦子さん。

 

 

 

ミルクチョコレートのみの販売になります。

スシェット(棒付きチョコレート)、板チョコ、カカオ豆などをご用意いたします。

 

 

 

www.afrinote.fr

www.facebook.com/afrinote

www.instagram.com/afrinote/

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

今回、やっと出店することができました。

 

 

 

去年は出店ブースのサポートだったのですが、今回は自分のブースで出られました。

やっぱり自分がプレーヤーとして出るのって格別楽しい!!

 

 

学生の時、陸上部のマネージャーをやろうかな、と思って

部の門を開いたけど、「やっぱり選手として加わりたい」と気持ちが変わり、自分で走ることに決めたのを思い出しました。
 

2010年に、パリ14区のチョコレート・セレクトショップ ChocolATITUDESのローレンスさんに紹介してもらったのがきっかけで出会った

アモナとブースをシェアしました(Chocolats Yere)。

コートジボワールへの想いを最も共有できる彼女とだからこそ、のブースが実現!

彼女たちは、コートジボワールで、伝統的な方法・シンプルな道具で原料となるチョコレートにまで加工しています。

 

 

 

 

 

 

いもうと 由香里ちゃんの陶芸作品も活躍したよー(同時に発売中ー)

 

 

 

 

私が朝、通用口から入場するときには既に長蛇の列

 

 

みなさんのおかげで、なんとか乗り切ることができました。
サロン・デュ・ショコラを見に来たのに、「手伝うよー」と言ってくれて

急遽翌日も来てくれたともだち。

フェアトレードつながりで、国際関係を学ぶ学生のともだち。

販売はもちろん、カロンミロンのお世話、何でも分身のようにこなしてくれて

とーっても助かりました!

チョコレート本の読み聞かせに、今シーズンから素敵なハープの生演奏をでグレードアップさせてくれた東海林悦子さん。こんな素晴らしい方とご一緒できるなんて!!

日本からサロンのためにパリに来たのに、お手伝いいただい方など、たくさんの方の

ご協力で実現できました。

 

サロン・デュ・ショコラ初参加と同時に、読み聞かせイベントも開催できたことで
充実度も倍増でした。

 

 

土曜日なので、娘二人連れての開催

 

この瞬間、どうしても両手がふさがりミロンを床においてしまう の図

 

 

 


読んだ絵本はこちらです。
「チョコレートがおいしいわけ」はんだのどか著

 

 


(会場ではフランス語版を読みました。フランス語正式版は、発行元を模索中です。)
のどかさんは、現在カナダ モントリオール在住で、赤ちゃんが生まれたばかり!
 

京都で新店舗をオープンさせ、ますます飛躍するインドネシア産カカオを直輸入、豆から加工するDari・K(ダリケー)

吉野さんと やっとお会いできたこともうれしかったなぁ。
吉野さんがおっしゃるように、通常コートジボワールもインドネシアも重宝がられることがほとんどないカカオ産地だけど、丁寧に作れば「おいしいチョコレートができる!」ということを証明したい。(私は「伝えたい」くらいに言ってたけど、この日の吉野さんの「証明したい」が力強くて印象的だったので、そう言うことにしよう。)

 

そして、そして、コートジボワールの方が、afrinoteのチョコレートを見つけて
お土産に買って行こうと、まとめ買いして下さいました。

現地の人にも自信を持ってもらえるような、おいしいチョコレートを作って

コートジボワールの人にも、もっと味わってもらいたいな、と思います。

 

 

ほんとに チョコレートを通してこんなに楽しい想いができてるなんて。

ハードルは高いけど、来年も出たいな。

 

精一杯やるのみ、です。

 

 

www.afrinote.fr

www.facebook.com/afrinote

www.instagram.com/afrinote/

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。