更年期というのは45歳前後から55歳前後の期間で、精神面や肉体面にさまざまな症状が起きることがあります。

 

症状の現れ方は人によってまちまちで、更年期障害と呼ばれるほどひどい症状になる人がいる一方で、あまり症状が出ずに更年期を終了する人もいます。

 

精神面に起こる症状は

更年期には精神面にいろいろな症状を起こしたりします。

 

特に、イライラしたり、抑うつ状態になったり、気力が出ない状態になったり、睡眠障害を起こしたりします。

 

精神的に落ち着かない状態が続くとこういう症状が起きたりします。

 

精神面に起こる症状はストレスが原因となっていることが多いので、ストレスを解消することをお勧めします。

 

肉体面に起こる症状は

肉体面に起こる代表的な症状と言えば、のぼせやほてりと言ったホットフラッシュ現象や原因不明の多汗などがあります。

 

その他にも手や足のしびれや肩こり、腰痛などがあったり、生理不順があったり、食欲不振やおう吐・吐き気があったりします。

 

更年期を迎えた女性で病気を迎えているのではなく、原因不明でこういう症状になっている場合は更年期障害を疑ったほうがいいでしょう。

 

精神面や肉体面それそれに症状が起こる

精神と肉体はお互いにつながっているために、精神面だけしか症状が出ないということは少なく、症状が出る時は精神面と肉体面の双方に症状が起こります。

 

最初は肉体面で症状が出て行き、そのことに悩んでしまって精神面でも症状が出てくるパターンが多いです。

 

肉体的症状が改善して来たら、精神的症状も改善していきますので、まずは症状を改善することに努めましょう。