まちでよく見かける、生成り色をしたトートバック!

その多くは、天然素材の「コットンバッグ」です。

コットンバッグは、その名前の通り、コットン(木綿)生地から作られたバッグのこと。

コットンは、ワタという植物の種子からとれる繊維のことです。

織物の材料として、古くから人類に愛されてきました。

 

余談ですが、中世ヨーロッパでは、インドから輸入されたコットンの布しか見たことがなく、「羊の毛がなる木がある」と想像されていたそうです。

 

 

コットンには、丈夫で伸びにくく、吸湿性・吸水性が良いなどの特徴があります。

しかし一番の魅力は、「肌になじむ質感」でしょう。

肌に触れたときの、少しひんやりとした、それでいて温かみを感じさせる質感は、天然素材ならではの特徴。

合成繊維では表現できないものです。

肌着にコットンがよく使われるのも、そんな理由からです。

 

 

そんなコットン生地を使ったコットンバッグは、ひと言で言えば「丈夫で長持ち」

お出かけやショッピングなど、暮らしの中での普段使いに大活躍します。

 

吸湿性があるので、食べ物や汚れなどのにおいをバッグが吸い取ってくれるので、

いつも快適~

 

その分、汚れやすいとも言えますが、洗濯をすれば何回でも使えるので経済的です。

また、洗濯で繊維が傷む心配もありません。

 

 

近年はエコロジーの意識が高まり、アースカラーが人気です。

自然な生成り色のコットンバッグは、まさにアースカラーの代表格といえます。

自己主張しないので、どんな服装やインテリアにも溶け込みます。

色染めされたコットンバッグなら、素朴は印象はそのままに、カラフルさがおしゃれのアクセントになります。

合成繊維とは違い、最後は自然に還っていくのも、天然素材ならでは。

コットンバッグは、自然にやさしく、使い勝手のいい暮らしのマストアイテムと言えます。

 

 

ご注文はこちら↓↓↓