ADAM to BLOG

ADAM to BLOG

シンガーソングライター篠原宣義の日々の出逢いを綴る日記。ライブ情報、本・映画・甘味の紹介、等等。

6月になりました。

時折暑さと強雨にやられながら、

現在も変わらず感染予防につとめつつ、

狭い作業部屋で「あーでもない」「こーでもない」やっております、あはは。

 

そうそう、声をかけて頂いておりました夏祭りが中止との連絡を先日頂きました。

丁寧な文面に添えて頂いたアツいメッセージに胸打たれ、元気を頂きました。

踏ん張るぞ!

やってくぞ!

来年に目を向けてやってくぞ、うん。

CD制作も今は中断しておりますが、

状況とタイミングを見て再開したいなぁぁぁぁぁ。

 

さて、

能も引き出しもない篠原ですので、

またまた最近読んだ本の紹介です。

 

『泣くな研修医』 中山裕次郎

頑張れ、負けるな、雨野! 一人の研修医の成長を描く医療小説。著者が現役の外科医さんとのことで、すっごく読みやすい文章の中に、最上のリアリティーを感じます。Prat4で号泣。一気読みの果ての「じんわり感」が最高。自分の「その時」のためにも読んでおいてよかったかな。文庫で第二弾も出ていて、既に購入済みです、あはは。

 

『里山奇談』 coco, 日高 トモキチ他

最近、怪談や心霊にハマっている篠原が、タイトルだけで手に取った本作品。本作は怪談ではなく「奇談」。怖いというよりは、自然の中の「不可思議」。云わば、この世とあの世の境界線上にあるお話ばかり。変に盛り上がりを狙ったオチがないのがいい。在ったこと、遭ったことの淡々とした語り口がいい。文庫で第二弾も出ていて、既に購入済みです、うふふ。

 

『凛』 蛭田亜紗子

時は大正、開拓期の北海道。タコ部屋で強制労働をする羽目になった男と、乳飲み子を預けて遊郭で身を売る女。死がすぐ隣りにあった時代に、懸命に抗い生きる人間の姿を描いた強烈な作品。描写がすごい! 生々しい! 熱が、臭いが、情が、息遣いが、次々になだれ込んできます。ココロ、相当削られますが、読むの止められませんでした、あはは。
 

篠原@創作部屋にて、

増田俊郎『「蟲師」のテーマ』を聞きながら♪

アニメ蟲師サントラより。

里山奇談を読んでいる時のBGMにしていたら、

何だかすっごくハマってしまいました。

時にザワザワしながらも、

すぅ~っと精神が落ち着いてゆく感覚が好きです♪

 

 

◇篠原宣義オフィシャルウェブサイトぉ!◇

http://nobuyoshi-shinohara.com/

ぜひご覧下さい♪

極力、外出を控えた自粛生活。

歌と読書とお菓子と、

たまにジョギングで元気に過ごしております。

最近おろそかになっていた読書…

一度冷めた熱が、再燃!

心の躍動、思い出しましたぁ!

たまにはブログ更新せねばという焦りから、

100%自分の好み寄りですが、

読んだ本の一部を紹介させて下さい♪

 

どれも「生」と「死」を、

時にほんのり、

時に強烈に感じる作品です。
 

『サーカスの夜に』 小川糸

タイトルだけで手に取った作品。サーカスに魅せられた少年が、入団し、初めはトイレ掃除係から始まり、綱渡り師を目指すという、オトナのためのファンタジー。とにかく登場人物の個性が爆発してます。みんな、ステキ過ぎます。一生懸命を忘れないための作品です♪

 

『冷血』 高村薫

ネットで知り合った男性二人による一家惨殺事件。それを追う警察。こう書いてしまうとありきたりに感じる内容かもしれませんが、犯人の二人の凶行に、兎に角「恐怖」しか感じません。怖いもの見たさにページが進む進む。読後の脳内グルグル感が、何故か心地好い♪

 

『息子と狩猟に』 服部文祥

「狩猟者と犯罪者の死闘」と「雪山で極限下での倫理観」。2つの短編、どちらも凄まじいっす。著者がサバイバル登山家ということで、流石のリアリティーです。何かね、読んでると臭いや温度を感じるのです。きっと、数年後にも一度読みたくなる作品です♪

 

どれも文庫本です、あはは。

また衝動にかられたら、此処に記そうと思います。

さっ、走ってこよっと♪


篠原@創作部屋にて、

宗次郎『故郷の原風景』を聞きながら♪

人柄も素敵なオカリナ奏者さんです♪

 

◇篠原宣義オフィシャルウェブサイトぉ!◇
http://nobuyoshi-shinohara.com/

ぜひご覧下さい♪
 

新型コロナウィルス感染症...

日を追う毎に恐怖や不安が募ります。

今こそ対策を意識した行動を心掛けます。

自分に出来る最大限を考えながら、

一日一日を大切に過ごして参ります。

 

何処にいても音楽に触れることは出来る。

何処にいても言葉を紡ぐことは出来る。

チカラを溜める時...

それでいい。

何処にいても旋律を口遊むことは出来る。

 

いつかまた皆さんと、

笑顔でお会い出来る日を心待ちにしております。


焦らず参りましょう♪

 

篠原@創作部屋にて、

吉森信作品集『七つの扉』を聞きながら♪

美しい旋律に心が穏やかになります、あはは。

 

◇篠原宣義オフィシャルウェブサイトぉ!◇
http://nobuyoshi-shinohara.com/

ぜひご覧下さい♪