足立ぼらせんブログ

注意ご質問などありましたら、足立区総合ボランティアセンター

TEL:03-3870-0061FAX:03-3870-5900

までご連絡ください。

また、ホームページ にて講座やボランティア情報を掲載しています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

真心の絵でつながる輪

 

みなさんこんにちは☺

梅の花が咲き始めましたね。

もう春か~チューリップと思ったら、

町のお花屋さんではすでにアジサイが取り揃えられていて季節の移り変わりの早さを感じました。

 

コロナで外出自粛が続いている中どのような毎日を送られているでしょうか。

 

今日は、当センターの登録ボランティアグループ「MOA美術館足立区児童作品展実行委員会」(以下MOA美術館)さまより、

とても心温まるエピソードをいただいたので、この場を借りて皆様にもお届けいたしますニコ

頂いたお手紙がとても素敵だったので、

全文を掲載させていただきます。

 

『…小さなご報告ですが、昨年はコロナ禍で学校とのやりとりも遠慮し、作品展も中止になりました。

が、毎年子どもたちの絵を楽しみにしている

グループホームふきのとうさんの話しをさせて頂いたアトリエポップの子どもたちが、

保護者の賛同を得て、ふきのとうさんの為に、元気になる絵を描いて送ってくれました。

コロナが少し落ち着いてきたので連絡を取り、先週ふきのとうさんへ、絵を19枚届けてきました。

「涙が出るほどうれしいです!」とのこと。

ずっと子どもたちの絵を楽しみに待っていてくださったそうです。

この喜びの声を、描いて下さった教室の先生にお伝えしたら、

「こちらこそ喜んでいただけて嬉しいです!」と返信ありました。

コロナ禍の中、とても嬉しい出来事でした。ありがとうございました。』

 

お写真はこちらショボーン

 

 

心温まりますね照れラブラブ

実は…更に後日談がございます。

この記事を作成するためにMOA美術館さまのお取り計らいにより、

アトリエポップの先生やふきのとうさんに改めてお話をお伺いいただきました。

 

今までコンクールを目標にしていた分、子どもたちはとても残念だったそうです。

しかし、ふきのとうの皆さまが笑顔になってくれるのを思い浮かべながら描いた子どもたち。

その思いが原動力となり喜びで絵を描けた、とアトリエポップの先生はおっしゃいました。

実際に喜んでいただいている声をお届けしたところ…

『絵が人に元気を与える!力になる!』

ということを今回強く実感した…とおっしゃっていたそうです。

 

ふきのとうの施設長さんも

子どもたちが真心で絵描いてくれたことへの喜びとともに…

その絵を前にして、利用者さん同士が輪になって「この子はこんな思いで絵を描いたんじゃないか?」と

話されていたのを見て、とても嬉しくなられたそうです。

 

真心の種がさっそく多くの花を咲かせていますねお願いチューリップ

MOA美術館のみなさま、並びにふきのとうのみなさま・アトリエポップのみなさま。

温かいエピソードをご提供いただきありがとうございましたラブラブ

 

みなさまの周りにも、あったかエピソードがありましたらぜひ教えてください!(い)

 

 

 

 

 

 

 


 

(講座案内)人生100年時代、誰もがゆるやかにつながる地域のつくり方

最近まで人生80年時代と言われていました。安土桃山時代の信長が「人生50年」と詠んだころには想像もしていなかったでしょう。

しかし、人生80年時代から今は「人生100年時代」へとさらに時代が進んできました。

その人生100年時代には何が何が起こるのでしょうか。家庭の事、地域の事、仕事の事。

これまで想像してこなかったことがあると思います。

 

そんな人生100年時代に向けて今回ご紹介するのは講座

人生100年時代、誰もがゆるやかにつながる地域のつくり方」(足立区のHPに飛びます)です。

 

【日時】
令和3年2月27日(土曜日) 13時から15時30分まで
※新型コロナウイルス感染症対策のため、中止になる場合があります。

【場所】
シアター1010 10階講義室

【内容】
『人生100年時代』は高齢者だけでなく、全ての世代がジブンの住むまちに、主体的に関わることが重要と言われています。誰一人として取り残されることなく、生きがいを感じることのできる地域づくりには、どんな『つながり』が必要なのかを考えます。

◆第1部 講演会「人生100年時代の多世代共生」

講師 東京大学 教授 牧野 篤 氏
◆第2部 パネルディスカッション「あだちに必要な、弱く強いつながり」

 

ぜひ皆さんも一緒に参加してこれからの地域の事、ご自身のことを考えてみませんか。

 

 

太陽生命厚生財団による助成金追加募集のお知らせ

 

こんにちは!総合ボランティアセンターです!

東京ボランティア・市民活動センターから、太陽生命厚生財団による助成金追加募集のお知らせが届きました。

 

公益財団法人 太陽生命厚生財団では、

コロナ禍で福祉事業の継続が困難となっている団体や福祉事業の継続に資する取り組みに力を尽くされている団体への助成を、昨年4月から6月に公募した助成事業に加え、新たに実施いたします。

 

詳しい情報は、

太陽生命厚生財団 (taiyolife-zaidan.or.jp)

 でご確認ください。

 

(か)

【2/25応募締切】第3回 withコロナ 草の根応援助成の公募について

こんにちは!総合ボランティアセンターです!

東京ボランティア・市民活動センターより、「第3回 withコロナ 草の根応援助成」の募集のご案内が届きました。

 

社会福祉法人 中央共同募金会ではwithコロナの社会におけるボランティア団体・NPO等による新たな地域福祉活動への移行や組織づくりを応援するために、「withコロナ 草の根応援助成」の第3回募集を実施します。

 

応募締切日は 2021 年 2 月 25 日(木)必着

となっております。

 

詳しい情報は、

【2/25応募締切】第3回 withコロナ 草の根応援助成の公募について | 赤い羽根共同募金 (akaihane.or.jp)

 でご確認ください。

 

(か)

足立区総合ボランティアセンター「LINE公式アカウント」始めました。

足立区総合ボランティアセンターです。

さて、今回は題名の通りボランティアセンターの「LINE公式アカウント」のお知らせです。

友達登録をしていただくとボランティアの募集情報や研修、イベント情報など

ボランティア活動に役立つ情報を随時お知らせいたします。

ぜひご登録下さい。

 

詳しくは足立区社会福祉協議会のHPから。

 

Facebookに始まり、ツイッター、ラインや、ZOOM、インスタグラム等

多くのコミュニケーションツールが次々と生まれています。ボランティアセンターも様々なツールを使いながら新たなボランティアの方とつながれると嬉しいです。

 

ただ、最近は変化が速すぎてついていくのがちょっと大変です…

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>