髪の知恵袋

髪の知恵袋

足立が20年という美容師経験で厳選した情報だけをお伝えします
('ω')ノ

{4CE4900F-E052-45A2-8687-E08948FC8EBC:01}


{91AB97B1-6325-4E4B-8327-92BA09D8823B:01}

テーマ:
最近自転車でかなり遠出もできる様になって来た息子に頼もしさと共に寂しさを感じる40歳の足立です笑









さて最近ザワザワされている「キャピキシル」というキーワードをご存知だろうか?







この「キャピキシル」とは育毛成分で
なんとミノキシジルの3倍の効果があるとされているのです



まだ知名度が高くないので知らない方のためにしっかりと勝手に説明してみようと思います笑








キャピキシルの成分

キャピキシルとは「アセチルテトラペプチド–3」と「アカツメクサ花エキス」の2つの成分を混合した育毛成分の事です





・アセチルテトラペプチド–3
この成分には極めて強い細胞修復作用があって最前線の医療現場でも活躍している細胞であり、これが衰退した毛母細胞の復元を促し画期的な発毛作用につながってくるんです



・アカツメクサ花エキス
このエキスは「ビオカニンA」という成分を含んでいてこの「ビオカニンA」はなんとプロペシア(飲む育毛剤の強力な薬)の主成分のフィナステリドと同様の効果が得られると言われているんです!!

このビオカニンAはイソフラボンの一種で女性ホルモンに似た構造をしていて簡単に言えば脱毛の原因を断つのに効果的な成分です











キャピキシルの効果
・アセチルテトラペプチド–3で毛を作る部分を修復し
・アカツメクサ花エキスで脱毛を防ぐ
この1粒で2度美味しい効果があるのです笑











臨床実験結果
このキャピキシルを開発したカナダの化粧品メーカーさんはご丁寧に臨床実験結果も教えてくれました
その結果によると4ヶ月間使用した結果
・成長期の髪が10%以上増加
・休止期にある髪が30%近く減少
となっています



今までの毛根部分への血行促進効果を中心にした育毛成分とは一線を画す育毛成分になっているのがわかると思います











キャピキシル配合製品

現段階でGratiiで取り扱いのあるキャピキシル配合製品は2つ


・グロウシス スコラシャンプー


300ml 5600円(税抜き)
このシャンプーにはキャピキシルがシャンプー業界最高濃度である2%配合されています

シャンプーに配合されてていいことは頭皮全体に行き渡らせることかな
シャンプー後泡を流さないで3分時間を置くことで浸透させていく仕組みになっています


その他にも
・フラーレン
抗酸化作用の高いフラーレンを配合する事によって過酸化脂質をできにくくし、髪の育毛に必要なコラーゲンの生成にも一役買ってくれるそうです


・ジメチルシラノール(ケイ素誘導体)
加齢と共に減少していき髪や肌を老化させてしまうケイ素を補う働きをします
しっかりとした毛髪の成長を促し白髪の抑制にも効果があるとされています

など髪や頭皮に大事な成分のぎっしり詰まっているグロウシススコラシャンプーオススメですよ






・FUCES AR Essence Uprise

140ml 10000円(税抜き)
このエッセンスには有効配合成分量MAXの5%配合されています

エッセンスのいいところは効かせたいポイントへダイレクトに高濃度のキャピキシルなどを届けられるのがポイントです
基本的には乾かすまえにつけて終わりですが、時間があれば付けた後に蒸しタオルなどするとより浸透しやすくなりますよ






とこんな感じで注目もキャピキシルと言う成分について書いて見ましたが皆さんに伝わったでしょうか?

最後に
育毛は美髪の為にするもんだと言うことをお忘れなく笑

ほなっ@(・●・)@

テーマ:
どんな時でも大体半袖の足立です笑
店内では冬でも半袖です笑





さて今日は店のブログで書いた記事の紹介です
Gratiiでのストレートパーマがオススメな訳



あまり関係ないかもと思った方でも年齢によって変わっていく髪質を感じた事があるなら必要な施術かもしれません

うねりやチリツキ、広がりなどを感じたならすぐにでも担当に相談するのがオススメです

でもまぁその前にこの記事読んで笑

ほなっ@(・●・)@

テーマ:
最近娘が歩くようになってきたので色々と目が離せなくなってきた足立です笑




さて皆さんシャンプーってどんなものか知ってますか?



まぁ簡単に言えば髪を洗うものなんですけど笑



ちょっと詳しく説明してみますね

頭皮の皮脂を水(お湯)に溶かして流していくのが主な仕事です




んでこの仕事ができるのが配合成分にある洗浄成分になります


1番多いのは水ですが
その他に髪をしっとりさせるものや補修効果のあるもの、防腐剤などの配合成分も入っています



この洗浄成分配合成分の関係性を説明するので
まずカレーやシチューを想像してみてください笑


そのルーにあたる部分が洗浄成分
具にあたる部分が配合成分

になります
正確には大体こんな感じかな

なので割合の高いルー(洗浄成分)の値段の高さがシャンプーの高いとか安いとかの違いに反映されてくるんです




そして安い洗浄成分というのは比較的泡立ちが良くしっかりと汚れを落とします

高い洗浄成分と言うのは比較的泡立ちが乏しく優しい洗い上がりになります(あえて皮脂を残して洗う)



これどっちが良さそうですか?笑



実はどっちも良くないです
どっちかだけじゃダメってことです




強い洗浄成分で毎日洗うと乾燥しやすく
皮脂を残しながら毎日洗っても毛穴の奥のよごれが取れない

なのでどっちも必要なんです
あとは季節や用事などによって使い分けをしていくのがベストです

乾燥しやすい冬は優しさ重視
スポーツをされる方なら強さ重視など
2つの洗浄成分を理解して使い分けるのが1番のおススメです


もちろん一人一人肌の状態やアレルギーの有無などで変わってきますが基本的にはこのやり方が1番頭皮にも髪にも優しいシャンプーの選び方だと足立は思います


まだまだ乾燥の季節ですので乾燥肌の方などは特に気をつけてくださいまし


よくわからない方は担当にしっかりと相談してみましょうね


ほなっニヒヒ


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス