Arcoiris~虹のかけ橋 ヒプノセラピーサロン

Arcoiris~虹のかけ橋 ヒプノセラピーサロン

田園都市線「たまプラーザ」から徒歩5分の閑静な住宅街にあるプライベートサロンです。
あなたの「自分探しの旅」に、そっと寄り添います。
「心」「身体」「魂」の三位一体の調和をはかり、
より良い人生の歩みのお手伝いをさせていただきます。

       田園都市線の閑静な住宅街にある隠れ家的サロンです。
       あなたの「自分探しの旅」に、そっと寄り添います。
       「心」「身体」「魂」の三位一体の調和をはかり、
       より良い人生の歩みのお手伝いをさせていただきます。

こんにちは。

 

今日もヒプノセラピストYokoのブログに

ご訪問をありがとうございます

 

数あるブログの中から選んできて下さり

心から感謝していますドキドキ

 

image

 

たくさんのクライアント様が

毎年、定期的にヒプノセラピー個人セッションに

いらしてくださいますが、Aさんもそのお一人です。

 

今回ご自分のお誕生日に合わせて

自分へのご褒美にいらっしゃいました。

 

事前面談では、

「サロンに来て、この1年の様子をお話するだけで、

すごく癒されてるので、ヒプノのセッションはいらないかも?」と

笑って離されていました。

そして、話が彼女が秋に行くエジプト旅行になった時、

エジプトはこれまで行きたいと思わなかったけれど

偶然が重なり行くことになりました。

楽しみだけれど、ハードル高いかも…。」

 

なぜなら、ピラミッドへ入って瞑想したりするとのこと。

 

そして、以前私がエジプト旅行をしたときの様子を

お伝えしました。

「ピラミッドでの瞑想は、

とても素晴らしいもので、行ってよかった!」と

 

ただ、中にはピラミッドが苦手な方も

いらして、

途中苦しくなったり、

頭痛がしたり、と

体調を崩されたりする場合も

あるみたいですよ。」

 

すると、突然、Aさんが、

「実は、昔から閉所恐怖症で

狭いところにいると、突然息苦しくなって

倒れてしまうのです…。

でも、いまだにその原因がわからなんです。

今回のピラミッドも息苦しくなって入れないかも・・・。」

とおっしゃったので、

「では、今回はその原因を探るために

いらっしゃったのかもしれないので、

そこをじっくり見ていきましょう。」

ということになりました。

 

リラクゼーションから催眠に入り、

その「息苦しさの原因を探るべく」入って行ったら、

ある前世に行きました。

 

時代は中世ヨーロッパ、

石造りの家に住んでいる30代の女性

父親の言う通りに結婚し

結婚後は夫に逆らわず

自分の意見も言わず、

けなげに家を守り生活をしている。

自分で何をしたいのかなどは感じないで、

ただ、平凡な毎日を過ごし

家族の世話をしていました。

生きていても何も楽しくないなぁ、

と感じながら・・・。

 

月日は経ち、

60代になった時に病に侵されました。

しかし、薬を買うお金がないので、

家族に迷惑をかけたくないという想いで

自らの意思で

生きたままお墓に入ることを望みました。

 

生まれて初めて

彼女が自分の意見を言ったのは

自分の死を望むことだったのです。

 

家族も同意し、

彼女は石でできた

狭い棺に自ら入り

そして、埋められました。

 

しかし、棺に入り、

もうそこから出られない状況になって

初めて、

彼女は「もっと生きたい!」と思ったのでした。

「もっと家族の顔をしっかり見て

たくさん話せば良かった…。」

「いろんなことに興味を持って

勇気を出して、それをすれば良かった・・・。」

 

そんなことを思いながら、

彼女は死んでいきました。

 

その時の彼女の思いが

今世、Aさんの「閉所恐怖症」の原因と

なっていたのでした。

 

「前世療法」では、

そのセッションの中で

しっかりと前世を癒し

今世に何一つカルマ的なものを

持ち越さないで

セッションを終えるようにします。

 

このセッションを通じて

Aさんが気づいたことは

計り知れません。

 

前世の自分は

全ての事に諦めてしまって

自分がやりたいことも見失っていました。

死の直前になって、

初めてその気持ちに気が付いたのです。

 

前世の自分からのメッセージとは、

「何事にも諦めないで

やりたいことをやってください。

そして、楽しいことをいっぱいしてほしい」

でした。

 

 

image

 

 

その後、

無事にエジプト旅行から戻って来られた

Aさんより、メールをいただきましたので

ご本人の承諾を得て、

掲載させていただきます。

 

旅行直前に、ヒプノセラピーで

閉所恐怖のことを見たのは、

ものすごく意味がありました。

 

エジプト旅行中は、

パニックにもならず、

ピラミッドも奥まで行けました。

ツアーで貸切ったピラミッドの中で、

祈りの時間の間も、

ずっとその場に

共にいることができました。

 

私がヒプノセラピーセッションで見た

自ら命を絶つ決心をしたお墓も、

石で出来ていて四角くて、

そこに入っていった時の事…。

 

その場にいて、

よくわからないけれど、

その前世の体験をした自分にも

感謝の気持ちが出てきて、

その石棺の前では、

頭を下げて、

「ありがとう。」と

と伝えて帰ってきました。

 

旅行中、Yokoさんのことも

何度も思い出していました。

 

ほんとに、ほんとにありがとう。

いろんなこと、

みんな、全てが繋がっている…。

それを深く感じました。

 

私たちが理由もなく

何かを恐れてたり、

苦手だったり、

同じ様な行動パターンを

取ってしまったり、と

理屈ではどうしてなのかわからない時、

前世に起因していることがよくあります。

 

関係性のある前世を見て癒すことで

そのことが解消されることも多いです。

 

全ての答えは

ご自身の潜在意識にあるのです。

 

 

今日も最後までブログを読んでくださって

ありがとうございました 


セッションのお問い合わせは~


           ヒプノセラピーサロン 
             Arcoiris~虹のかけ橋

                                 

 

          

            オレンジ色の申込みボタン<幅200px>