• 13 Oct
    • 流宮興亡記・陸

      長々と書き連ねてきましたキャスト紹介もこれが最後。 トリを勤めて頂きますのはこちらの方々。 どどん!凪役、斉藤範子さん。 福圓美里ちゃんに送りこまれたTheatre劇団子第2の刺客。 食事のシーンで琴を何度も追い詰めていました(主に笑いで)。  熱演、なんて言葉じゃ語れないほど銀の母親、凪を魅せてくれた範子さん。 激情と沈黙、老獪と純朴 、母親であり少女であり、突き詰めれば女であるということを体現したかのような凪という役は男ならずとも理解するのに相当の努力を要する人物だったのかなと思います。いや理解という言葉が当てはまるのかどうか・・・それほどに業の深い人。 そんな凪に最後まで寄り添っていた範子さん。 本当にお疲れ様でした。 色んなシーンが印象に残ってますが一番は立ち姿が綺麗。 舞台袖で出番を待ってる時のスンとした立ち姿が本当にお美しい。 それがひとたび舞台に立てばああですから。やっぱりすごい(笑) 自分は序幕で絡むのですが、範子さんの気迫、雰囲気、そいうものに色々引っ張り上げられました。 余談ですが序幕の稽古を久々にやった時、あまりの迫力に受身とり損ねて 突き指しました(笑) 僕はまだ相手を引き上げるほどの力は無いなぁと。 同い年の彼女に色々と刺激を受けたのも事実です。  ちなみに劇中で一番好きなシーンは鰤刃殺しの直前、「十数年前、都の千里眼と異名を持つ美しき巫女が・・・」という鰤刃の台詞の裏。 上手に座っている凪が欠伸してるんですよね。 ただそれだけなんですがとてもいい。  そしてそして!銀役、沖野晃司君。  この人を語る言葉がない。 もうね、無粋だと思うんです。あの舞台を観たのなら。 それほどに彼は銀だった。 およそ2時間15分という舞台の中で最初から最後まで叫び、跳び、走り、銀凪の半生を真正面から生き抜きました。 本当にありがとう、お疲れ様と言いたい。 沖野君が銀で良かった。 最後に伊佐治って呼んでくれてありがとうね~。  いよいよ最後です。スグリ役、松崎亜希子さん。琴役、福圓美里さん。 この二人もまた「銀金」の凪。 この二人がいなければ銀の物語も世に出ることもなかったわけで。 そしても自分もこの舞台に立てなかったわけで。 感謝という言葉じゃ表せないです。  一太君の言葉を借りれば 不器用だけど熱はすごい。 そんなお二人。 頑張らなくていい。 休んでもいい。 これからも二人の、二人が心から楽しいと思えるものを作り続けて下さいね。  これにておしまい。 あとはこっそり自分の事。

      18
      テーマ:
  • 12 Oct
    • 流宮興亡記・伍

      今回はこちらの皆様。 どどん!  通称・アンサンブルスターズ。 前列右から 赤沢佑太君、中山孟君、小澤雄喜君。 後列右から 山口拓巳君、山口拳生君、小玉雄大君、丸山和志君。  銀の国金の歌の世界を支えてくれたコロスの面々です。 コロスってなあに?と思った方はそのお手元にある文明の利器を使い調べてみましょう。 時に村人、時に山賊、時に官吏や兵士・・・ 何者かであって、何者でもない。 という哲学のような存在です。 登場人物の一人としてし厳然たる個を持ちながら、しかし集団としての空気、一体感を崩さずに存在しなければいけない。 冒頭での宴の楽しそうな空気と山賊として銀と戦う空気、全く同じな訳が無いしもし同じだとしたら・・・。 どんなにメインの役者が全力で芝居をしても、周囲のコロスが出鱈目ではその舞台は完全に崩壊します。 役者殺すに刃物はいらぬ コロス一人がこけりゃいい 洒落じゃないっすよ(笑) 演出の三浦さんが徹頭徹尾こだわり、注意を払い続けたのもこのコロスが生み出す空気でした。 決して流宮の歴史に名前が残ることはない、でもそこには間違いなく数多の民が存在したわけで。 そんな彼らの人生、文化、社会、風俗・・・そういったものを感じてくれていたら嬉しいですね。  更に彼らには転換要員というもう一つの役目もありました。 場面が変わる際の小道具などの移動、設置です。 死体となった僕を運んでくれたのもその転換の一つです。 如何にスムーズにかつ美しく転換を行うか、段取りを決め的確に迅速に動く。 礼賢の食事シーンで敷かれていたテーブルクロス(?)もちゃんと「こういう形で」と指示を受けていたんですよ。 稽古の時はもちろん、稽古後も小屋入りしてからも彼らだけで何度も何度も繰り返し練習を行ってました。  稽古中も本番も休まる時なんて微々たるものしかなかったと思います。 それでもひたむきに、前向きに、全力で取り組んでくれたアンサンブルスターズ。 本当にありがとう。そしてもう一人。谷やんこと谷口就平君。本来は演出部としてサポートしてくれてたんですがとある事情でコロスの一員として舞台に立つことに。稽古の時もアンダーで複数の殺陣を覚えたりと大車輪だったのですが、小屋入りしてからはコロスやって転換のチェックもやって。裏方としてインカムを身に付け、出番が来ればインカムを外し舞台に出る。比喩ではなく休む間が無い中で本当に頑張ってくれた谷やん。本当にお疲れ様でした。有り難う~!

      21
      テーマ:
  • 11 Oct
    • 流宮興亡記・肆

      どんどん行っちゃうよ~。 魚大好き村の面々です。 どん!鰤刃役、狩野和馬君。 この人の芝居と台詞回しが欲しい。くれ。 どこかぶっきらぼうで、でも温かい、そして真っ直ぐな台詞は聴いてて飽きない。 最初の本読みの時の第一声を聴いた瞬間、 「鰤刃さんやこれ!」と。 鰤刃は銀の剣の師で「鰤波流」という剣術を使う設定。殺陣を指導してくれた藤田さんがちゃんとそれ用の型を作ってくれたんです。 本番は披露する機会があったのだろうか・・・是非みんなに見て欲しかったなぁ。 その所作はかなり細かく難しいレベルで注文を受けてました。 出番の無い時は稽古場の隅でひたすら剣を振ってる姿が印象的でした。 あとね、これはお客さんには見えてないかも知れませんが鰤刃殺しの直前で銀に自分の右腕になってくれと頼み、それを銀が了承した時の芝居が最高に格好いい! もう確かめる術はないだろうがな!ふははは! お次~。千弦役、木村はるかさん。 この哀しくも美しい作品を世に送り出した人。 本当に有難うございます。 普段は割とクールビューティーな感じですがひとたび芝居が始まると凄まじい熱量を放ちます。 銀襲撃のシーンで徐々に増す千弦の速さにきっかけが変わることに。 千弦の健脚はガチだった。 琴、槌谷とともに変わりゆく流宮に翻弄されながらも懸命に生きる千弦が健気でそれだけに辛い。 「琴は変わらないね」と言う台詞。最初僕は千弦の世界が変わった事なのかと思ってましたが、もしかしたら千弦自身が自分の変化を自覚していた故なのかなぁと。 そんなことをふと考えてしまうのです。 そしてそして槌谷役、江口拓也君。 言わずと知れたあの江口君。 初舞台にしてメインどころ、長台詞、殺陣、さらに八百屋舞台とロープレならクソゲー呼ばわりされてもおかしくない過酷な条件を見事乗り越えた勇者。 アニメの主役かよ! 多忙で中々稽古に参加できず、正直不安な部分もあったと思います。 本番が始まっても一つの出番が終わるたび、次の出番のために舞台袖で黙々と台本を読み込んでた姿が忘れられません。 そういう積み重ねが回を重ねるごとにどんどん良い形で出てくるようになって。 稽古当初は舞台を歩くことも一苦労だったのがあんな鮮やかなアドリブ決めたり殺陣やったり。 「江口拓也成長録」という動画を撮っておけば良かったと後悔しております(笑)  たぶん槌谷は唐津とは違うベクトルだけど銀を一人の人間として見ていたんじゃないかな~と勝手に思ってます。 スグリを敬い、鰤波を慕っているのにその二人の心を惹きつけたのは銀。 悔しさや嫉妬だけでなく槌谷もどこかで銀に憧れていたのかな・・・。  お次~どどん!美禰役、末原拓馬君。 個人的に好きな台詞1位。 「妬けるんですけど~。」 僕はとても人見知りで、他人と距離を詰めるのが本当に苦手で、どうしても壁を作る。 そんな壁を初対面から平気でぶち抜いてきた人。 すごく救われたし、なんかこの座組で上手くやれそうな気がしたのもこの人のおかげ。 普段はマイペースで飄々として、それでいて芝居の事になるとストイックで。 ああ、役者だなぁって感じの人。 美禰の動きがどんどん女性的になってマジすげえってなったな~。 美禰みたいな役は声だけだとどうしても記号的な表現になりがちになってしまう。 でもやっぱりそれは答えとしては安直なわけで。 ああいう芝居、役が来た時に声だけで何ができるのか。 負けられんなぁと。 そして最後は~。 踊り子シスターズ(と、勝手に呼んでた)伊藤凜音さん(左)&堀川真央さん(右) 殺伐とした男だらけの稽古場に咲いた可憐な花二輪。 OPのダンスだけでなく流宮の住人として劇中にも登場してくれました。 いつも仲良く二人で楽屋前にあるお菓子を確保しにきてましたな~。 ワタシ、今気づきました。 若いは正義。カワイイは正義。 素敵なダンサーさんになって下さいね^^。 今回はここまで~。次回は・・・どうしよう。  

      18
      テーマ:
    • 流宮興亡記・参

      約ひと月半の間、家族より長い時間を過ごしたメンバーです。 加藤の携帯で撮ったので画質はかなり粗いです。文句は京〇ラにどうぞ^^; まずはこちら。どん! 山賊チームリーダー・唐津役、大髙雄一郎君。 福圓美里ちゃんに送られたTheatre劇団子第一の刺客。 稽古中に幾度となく繰り出されるアドリブ(?)に美里ちゃんが笑いを堪えるのに必死でした。 このあとご紹介するチリ、アクタと3人で作品の陽の部分を担ってましたが最後の最後まで少しでも面白く、明るくする手段を模索していたのが印象的です。 あと下ネタに高速で反応するアンテナの感度の良さ。  唐津ってちゃんと銀を一個の人間として見ていた数少ない一人の気がします。 打算もなく、血筋も関係ない、何かを託すわけでもない。 真正面から銀に向き合って、最後の場面でも唐津は笑うんですよね。だから銀はそれがしんどくて。 銀が山賊のリーダーとして生きる。 そんな未来もあったのかなぁ。 そして~チリ役、今西哲也君 バネバネの実を食べた全身バネ人間。 小柄な身体から繰り出されるド派手なアクション!そして何より山賊の「ハカ」を作り上げた人! 初めて稽古場で見た時は鳥肌が収まりませんでした。 演出の三浦さんも「1時間くらい見てても全然飽きない!」と。 まぁ1時間もやってたら役者全員死にますが(笑) 勝手な想いですけど、このハカが出来て今回の舞台のベクトルが一気に固まったなと。 僕らがやるべきことはこれだ!みたいな。 加藤がバイクでインキーやからした時に助けてくれた恩人でもあります。  アクタ役、中泰雅君。 いつも笑顔を絶やさない。いつも面白いことをして場を和ませてくれる座組のムードメーカー。 疲労も溜まり重くなりがちな稽古終盤の空気がそうならなかったのも泰雅君のお陰かなと思ってます。 そして仕事はきっちり。何より本当に楽しそうに演じる。まさに職人。 殺陣の場面でも常に余裕があるというかほんと楽しんでるな~と思って見てました。 なんというか、周りの動き、間を測るのが絶妙なんですよね。 あと全然関係ないけどダンスも上手い。歌も上手い。 山賊チームはとにかく最後まで、小屋入りしてもなお動きから芝居から「プラスアルファ」を引き出そうとしてました。 あの姿は見習わないとな~。  お次は。どどん!威央の都チーム。 六馬役、三原一太君。 個人的に好きな台詞2位「パオラ?」 とにかく凄い人。 演出のサポートをし、ほぼ全ての役のアンダーをこなし、初舞台の江口君をフォローし、アンサンブルスターズのチェックもしながら尚且つ皆のご飯を作るという。 間違いなくスタンド使い。 一太君の目には何が写っているんだろう、何が見えているんだろうというのが素朴な疑問。 演出って細すぎると芝居が制限されちゃうんで基本大まかな、ふわっとした言葉が多いんです。あと全体を見なければいけないので細かいところばかりに気を向けられない。 今回の舞台で重要なコロスを担ってくれたアンサンブルスターズの中には経験の浅い子も多かったんですが、そういう子達に実にわかりやすく、丁寧に噛み砕いて話してくれてましたが、ちゃっかり加藤も勉強させてもらってました。 今回の舞台で一番の収穫はこういう凄い役者がごろごろいるんだという事実。 自分、まだまだ甘いしまだまだ上を目指せるなと。  そして! 礼賢役、山口太郎さん。 またの名を現代座の妖精。 僕と2つしか違わないのですがこの貫禄!くぐってきた修羅場が違う^^; 堂々たる芝居とは裏腹にお茶目な部分でみんなを笑わせてくれる頼れる先輩。 久々の舞台で右往左往していた加藤でしたが何気ない会話の中でずいぶん助けられました。  没になってしまったのですが礼賢の芝居で好きだったのが流宮にやってきたシーン。 銀の存在を隠していたスグリを礼賢が張り倒すんですが、 ひっぱたく→笑顔で抱き起こす→グーで殴る というとんでもないサイコパス帝をやってくれまして。 あれは怖かったな~。 今回はここまで~。次回は魚大好き村。 

      18
      テーマ:
  • 10 Oct
    • 流宮興亡記・弐

      クロジ第16回公演「銀の国 金の歌」 昨日9日の上演を以て無事終了しました。 偏にお越し下さいました、そして観劇は叶わずとも応援して下さいました皆様のお力あってのことかと思います。 この作品に関わった者として厚く、心よりの御礼を申し上げます。 本当に有り難うございました。  2017年年初、たまたま読んだ星占い。 「今年は自分から積極的に新しい人たちと交わりましょう」と。 声の仕事を始めてはや16年目。 お陰さまでいい仕事、いい役を頂く機会も多くなり、同時に嬉しい評価もまた増え、自分のやって来た事に少しばかり自信というものが芽生えつつありました。 しかし安心するとハードルが海抜0mまで下がるのが自分クオリティ。 このままいくとどこかしら早くに腐っていくのではという危惧もありまして。 そんな中、クロジさんからのお声がけ。 もう二つ返事で引き受けましたね、はい。 今こうしてPCの前で書き込みながら星占いすげーな(笑)と改めて感慨にふけっております。 「銀の国 金の歌」いかがだったでしょうか?楽しんでくれましたか? 僕自身は開始10数分で退場するんですがそれでもひとりでも多くに観て欲しいと心から願える作品でした。 それだけに最終日のカーテンコールでスタンディングを頂いた時は本当に嬉しかったです。  今度の舞台で僕は駅伝の1区になろうと。 駅伝知らない人はごめんなさいですが1区ってとても重要な区間。 ここで出遅れると後続の走者が焦ってしまったりして負の連鎖が続くことが多い、いわば試合の流れを決める区間でもあるのです。 とにかく流れを作ろう、リズムを作ろう。 それだけを考えて臨みました。 極力、同じテンポ、同じリズム、同じ空気。 演技としての新鮮さは損なわないように物語序盤の空気を毎回作れるか。 特別なことはしない、流れさえ作ればあとは残りのメンバーが勝手に盛り上げてくれる。 結果を知る術はありませんが、自分の精一杯はできたのかなと思ってます。  昔から1区で失敗ばかりしてたんですが今回は上手く襷を渡せたのかな(笑)

      21
      1
      テーマ:
  • 05 Oct
    • 流宮興亡記・序

      クロジ第16回公演「銀の国 金の歌」。 ついに幕が上がりました。 観に来て下さいました皆様にひとまずの感謝を。 如何でしたでしょうか? お一人お一人の心に何らかの形で届き、あるいは残って頂ければ、作品の一欠片として参加した身にとってこれ以上にない幸せです。 本当に不安まみれの中での開演でしたが終劇後のお客様の拍手で一つの手応え、自信を貰えたのかなと。 座組一同、さらにより良いものをお届けするべく気を引き締めて臨みたいと思います。 残すは5日間8ステージ。 全力で駆け抜けます!! そして! 素敵なお花を頂戴しました! どん! どどん! 本当に、本当に自分は幸せ者です。 パワー頂きました!  

      24
      1
      テーマ:
  • 03 Oct
    • かくて舞台の幕が開く

      クロジ第16回公演「銀の国 金の歌」。 いよいよ明日初日となりました。 いや~、ここまでみんな本当によくガンバってきたなと、一息入れたくなるのですが・・ ヤバイ。 今日の場当たりでかなり動きや段取りに手直しが入りメンバーみんなてんてこまいとなっております。 そして私最大の見せ場が 動き全部変わりました。 うおーすげーぞクロジ。容赦ないぞクロジ。 実質素人同然かつ耐久年齢過ぎたおっさんにこの土壇場で与える試練! 安心したいよ~、安心できる場所にいたいよ~。 もう頭の中のジャ〇ーさんが 「You!逃げちゃいなヨ!」 と満面の笑顔を見せてくれています。やかましいわ。 取り敢えずこれからもう一度動きの練習やって寝ます。 こうなりゃとことんやってやろうじゃないのさ~。  そんなこんなでいよいよ明日19時より開演です! お越し下さる皆様、チーム全員、最大限の熱量と誠意を持ってお待ちしております。 皆様の愉しい時間になれれば幸いです。 お楽しみに~!

      27
      2
      テーマ:
  • 25 Sep
    • 45年目の衝撃

      久々・・・という言葉を使うにはあまりに空いてしまいました^^; 先日、晴れて45歳の誕生日を迎えることができました。ここまで大病を患うこともなく無事生きてこられたこととそんな身体に産んでくれた両親に感謝であります。 Twitterの方でもたくさんのお祝いの言葉を頂き、改めて自分の幸福っぷりに恐縮しきりでした。本当は一人一人にお返ししたかったのですが流石にそれをやる時間もなく。一括のコメントで済ませてしまい申し訳ありませんです。 とにかく少しでも多くの作品、役、少しでも大きい役を取ることでお返しできればなぁ、などと思っております。 そんなこんなの今日、稽古場でまさかの出来事。  サプライズでお祝いして頂きました。 人間ってパニクると本当に動けなくなるんですね(笑) ようやく実感が沸いてきたのは帰宅途中。バイクに乗りながらなんだかニヤけておりました。ホント、自分は幸せもんです、はい。 こんな最高のメンバーと芝居ができる幸せ。残りの時間はわずかだけど全力で楽しみます。 

      40
      8
      テーマ:
  • 06 Nov
    • 隠居屋イベントin四谷天窓

      隠居屋イベントにお越し下さいました皆様。 本当に有難うございました。 今回残念ながらこられなかった皆様もツイッター等で色々お言葉を頂戴しました。 ちょっと(かなり)テンパってたので中々お返事できませんでしたが感謝であります。  今年の春に「遙か祭り」という業界でも最高レベルのイベントを経験させて頂きましたが、それとは全く趣が異なるイベント。自分としても経験値はスライム→スライムベス程度にしか増えてませんからそれはもう、ええもう・・・。 そもそも隠居屋さん自体が初のイベントという事で相当なてんやわんや具合でした。至らないところは多々あったかと思います。それでも本当に手作りでみんなで何かを成し遂げたと言うのは貴重な時間であり財産なのかなと、ひとまずは良い形で終えられたことにホッとしております。 それも偏に皆様の作り出してくれた温かい空気ゆえかと思います。 舞台でもそうですが全て終わって「ああ、終わった。疲れた~。」となるのではなく「ああ、終わった。楽しかった~。」となるのはお客様の存在が大きいなと常々思います。 特にこういうイベントは舞台以上にお客様が作り出す空気と言うのが大きくて、それは終わった時にはっきりと分かるなと。 恥ずかしい話かも知れませんが皆様のお力に救われてるというのは、決して謙遜でも比喩でもありません。楽しんで貰えてるという感覚が自信になり更に「より楽しんでもらおう」という勇気に繋がることは確かにあるのです。 それが暴走したり空回ったりすることもあるんですけどね(笑) 今回のイベント、自分はとても楽しい時間を過ごさせていただきました。そんな自分の楽しさが皆様に伝わって、それで皆様がより楽しくなって頂けたのなら、それは自分にとって何よりの幸福でもあります。 またこのような機会があればいいねと打ち上げで話しました。次はいつになるか分かりませんが、その時が来ましたら、また同じような時間を過ごせるようにガンバりたいですね。  でもピーコの真似はしませんよ。

      24
      テーマ:
  • 14 Aug
    • 夏コミ2016

      久しぶりの更新です。2016年の夏コミ、御蔭様で無事終了しました。今年も沢山の良き出会いに恵まれたなぁと嬉しく、有り難く思います。連日の猛暑に漏れず今日も蒸し暑く、そしてその暑さ以上に熱気を孕んだ大勢の人々。決して快適ではない中、お越し下さいました皆様には本当に感謝感謝です。去年も書きましたがお身体に障りはありませんか?楽しく、家路に着くことが出来ましたでしょうか?今日の1日が皆様にとって良き時間として心に刻まれていればそれが一番嬉しいです。今年も去年同様、多くの方が遊びに来てくれました。遠近かかわらず来て頂いた皆様に改めて感謝の気持ちを。沢山のパウアを頂きました!お陰様で今年もガンバれました(笑)本当に本当に嬉しく楽しい1日になりました。有難うございます!そして来られなくなてもツイなどでリプを下さいました皆様。お気持ち、有り難く頂戴しております。次は11月5日。イベントです・・・(・ω・;)暑さのせいではない、色々な汗が噴き出しますが開き直ってガンバります。遊びに来てくださった皆様が一人でも多く、少しでもより楽しくなるような会になるよう全力を尽くします。既にご予約、ご購入された方々は勿論、まだの方もご都合が合うようでしたら是非検討の程を。それではこれにて失礼します。最後にもう一度、有難うございました~!

      29
      1
      テーマ:
  • 27 Mar
    • 宴の後に

      追記しました。『遙か祭り2016』3月26日の部にお越しくださいました皆様。本当に有難うございました。楽しんで頂けたでしょうか?あの時間と空間が少しでも皆様の人生に良い形で刻まれたのでしたら、これ以上ない喜びであります。今年の10大ニュース第1位を早くも確定させてしまった「遥か祭り2016」。こうしてキーボードに打ち込んでる今もまだどこか頭がぼーっとしております。右も左も分からない初参加の自分にも温かく、懐深く迎え入れてくださった神子様達にはただただ頭を下げるばかり。もう人生折り返しを過ぎてるかと思いますが、間違いなく最良の時間を過ごさせて頂きました。本当は皆様を楽しませなければいけないのに僕自身が楽しんでしまってなんだか申し訳ない限りです。終演の挨拶の時にも言いましたし、ご覧になった方には伝わってしまったかも知れませんが緊張しっぱなしのステージでした。特に昼公演。マジで逃げ出す5秒前、というよくわからないフレーズが頭を駆け巡る程度に追い詰められてました。結果としてお見苦しい所をお見せしてしまったのは猛省の限りです。でもドラマの時と夜の部は全然緊張しなかったんですよ。え?そんな事はなかった?フリートークと開演・終演の挨拶は最後までガチガチでした(汗)「グダグダになってもそれを笑いにするのも役者の努め」とは師匠の言葉ですが、そもそものスキルが違う。真っ当な形に出来ない者の「グダグダ」は果たして努めでどうにかなるものなのだろうかと。しかし15年も続いてるこの作品。その積み重ねてきた時間と関わってきた人達の思いや努力を、僕レベルの木っ端が1日足らずでどうこう出来るものではないと同時に、僕のような者でも受け入れてくれる深さと温かさに救われました。スタッフの人たち、メンバー、そして来て下さった皆様、来られずともTwitterなどで励まして下さった方々、皆さんが支え、背中を押してくれたお陰で最後まで板の上に立っている事が出来ました。座長の寺島君を始めレギュラー陣の方々、次郎さん、星野君、そして阿部君。こんな緊張しいのオッサンを色々フォローしてくれたりで、原田君と「持つべきものは良き上司と良き弟だ」などと話しておりました。今回はチナミのために死ぬ(活きる)というつもりで臨んだのですが、結果としてチナミに活かされました。不甲斐ない兄貴でスマン・・・いやマコトはそんなことはない訳で。夜公演でチナミの方から肩を組んできてくれて、何かやっと役以外でも兄貴として認めてもらえたのかな、などと。迷惑かけっぱなしでしたからねぇ。でもデュエット出来たのは本当に嬉しかったし楽しかった。有難うね。沢山お手紙を頂戴しました~!なんか人生のピークが来ちまったって感じです。一通一通、大事に読ませて頂きました。こんな素敵な物も。お花もたくさん頂いたそうで、改めて感謝あります。マネさんが教えてくれたのでこれは写真を撮りに行かねばと思ってたのですが、行けませんでした。時間が全く無かった訳ではなく、単に燃え尽きていただけなんです。本当に申し訳ありません。でもそのお気持ちはしっかり受け取らせて頂きました。めちゃめちゃ嬉しかったですよ!とにもかくにも人生最初で最後になるであろう遥かイベント。思い残す事もなく終わった事に安堵と一抹の寂しさを覚えております。あれだけあったプレッシャーも懐かしく。「遥かなる時空の中で」という偉大な作品の一端に加われた事を、自信と誇りに変えて今後に繋げていければと思っております。まだまだ作品も、そして祭りも続きます。厚かましくありますが、変わらぬご支持とお力添えをお願いして。最後に改めて感謝の言葉を。本当に有難うございました!

      43
      テーマ:
  • 16 Aug
    • 夏コミ2015!昂ぶる接客塊ィ!

      久しぶりの更新となります。まず最初に、本日お越し下さいました皆様に、心より厚く御礼申し上げます。お陰様で無事に夏コミを終える事ができました。本当に、本当に有り難く、嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。この厳しい暑さの中、誠に有難うございました。途中、雨も降ったせいか、格段に上がった湿度が暑さ以上に厄介でしたね。そんな中、自分の予想以上に多くの方が脚を運んでくださいまして。ある方は遠方から。ある方は忙しい合間を縫って。ただただ、感謝の念しかありません。体調は崩されませんでしたか?忘れ物、失くしものなどはありませんでしたか?無事にお帰りになられたでしょうか?失礼な事など無かったでしょうか?恥ずかしながら自分もかなり緊張していたようで、朝に食べた以外は差し入れで頂いた物をつまむ程度でしたがお腹が全く空かず。帰りのバスの中でようやく空腹に気づく始末。個人的には精一杯の応対をしたつもりでしたが、この様子では何か失礼な言動をしていないか、ひたすら不安です。自分はイベントなど表に出る事が殆どないので、今日のように皆様とお話できる機会が持てたのは、とても幸運でした。個人的にはもう少し自分から上手くお話を振ることが出来ればなぁと、己のトーク力のなさを今更ながら痛感している次第です。ですので(?)次回はもう少しだけ、接客スキルを磨いて臨みたく思いますので、もしまたお会いできる機会があれば、是非皆様からもお声をかけて頂けると嬉しいです。結局他力本願じゃねーかというツッコミはなしで^^。まだまだ暑さも続きます。少しでも楽に、楽しく、残りの夏を過ごせますよう願いまして。

      22
      テーマ:
  • 18 Jan
    • 書き捨て

      自分に都合のいい言葉、単語だけを抜き取り、自分に都合のいい結論に結びつけ、そのことで他者を批判・否定する人がいます。昨年、某新聞社がそれで大失態を犯し、世間から批判の嵐に晒され、多くの人がそれを知っているにも関わらず、個人レベルで同様の愚を行う人のなんと多いことか。人は自分の信じたいものを信じる生き物。ならばより客観的に冷静であれと、自分自身にもに強く言い聞かせております。最近、知人とちょっとそんな話になったので書き捨てついでに。

      26
      テーマ:
  • 16 Jan
    • 2015年新たに

      2015年もはや半月が過ぎ。ようやくの新年のご挨拶です。今年もまた一つ一つの仕事を精一杯、の気持ちでやっていければと思います。なかなかに大変な時代ですが、自分を貫ける強さを持てればと。頑張るべ~。

      15
      テーマ:
  • 26 Dec
    • ご報告

      久々の更新です。いつも声優・加藤将之を応援して下さる皆様に、ご報告させて頂きます。本日、12月26日。私、加藤将之は入籍する事となりました。当年42歳、厄年での決断ですが、最悪な時だからこそ前を向いて進めれば、と都合よく解釈しております。いまだ役者としても人間としても中途半端ではありますが、助け助けられ、成長できればと思う次第です。そして仕事の方でも、少しでもいい芝居、いい作品をお届け出来るよう、今後ともより一層の精進をして参りたいと思います。取り急ぎの乱文で恐縮ですが、改めて感謝を込めて。2014年 12月26日(金)加藤将之

      54
      22
      テーマ:
  • 28 Sep
  • 27 Sep
    • 戦え!厄年!

      今さらの更新であります^^;去る23日、晴れて42歳の誕生日を迎えることになりました。生きるも生きたり生き残ったり。この仕事を目指し始めた頃は、「厄年?なにそれどこの言語?」くらいの勢いだったのですがね~。勢いだけではどうにもならない所にまで来てしまいました(笑)役者が厄払いをすると「役」を払ってしまう、ということで厄払いはしません。もともと気にしてませんし。左足の裏が未だに痛みがひきませんが関係ないですし。すぐ余分な肉が付いてしまいますがそれは運動不足なだけですし。疲れ目ですが討鬼伝やりすぎてるだけですし。・・・。厄年というより、ヒトとして根本的に問題がある気が・・・。目指せ!真人間!

      27
      テーマ:
  • 14 Sep
  • 06 Sep
    • 懲りずに踏み込んだ先のそれ

      今日から練習再開。右足親指の付け根を痛めて1ヶ月。リハビリで歩いてたものの、微妙にかばってたせいか体のバランス崩して左足の裏まで痛める始末。8月後半の荒天のおかげで、外に出ない言い訳には苦労せずに済みましたが、いやはやストレスでしたね~(笑)ぶっちゃけた話、疲労骨折だったようです。骨折といっても程度があって、僕の場合は肉眼では微妙なくらいの小さなヒビだったようですが。何がショックかって、大した距離も走りこんでないのにそんな体たらくだった事。若くないと分かっていても、まさか抑えて走ってた中でこんな無様な・・・。ヨヨヨカルシウム採らなきゃ・・・。そんなこんなで本当におっかなびっくり、走り出しました。走ったといってもLSDの一番遅いレベル。歩いた方が速いくらいのペースでのんびり40分ほど。いつ足裏の痛みが出るんじゃないかとビクビクしながらでしたが、とりあえず痛みは感じないので一安心。でもまだペースは上げられないだろうなぁ。やっぱ走るの好きなんですかね。なんでと訊かれても返答に困るのですが。こんな頻繁に故障続きだと流石に嫌気がさす時もありますが、基本鳥頭、喉元すぎればなんとやら。当面の東京マラソン出場の夢が叶うまではしつこく走り続けるんでしょうね、多分。今年、というか来年は訳アリで応募してません。受かるかは別問題なんですが、応募しなければ受かることはないわけで。まぁいつかは受かるだろうと、諦めずにいようかなと。諦めないのはタダですからね(笑)。そして受かった時のために、今からしっかり走らんと。明日もガンバるべ~。

      18
      4
      テーマ:
  • 31 Aug
    • 意地のないやつの酒

      先ほど呟いたものの続き、みたいなモノです。少々ばっちい話なので気の進まない方はご遠慮を。早い話が帰宅途中の電車内で、思い切りぶちまけてる若造が。着てるもの、姿形、まぁ学生でしょう。夏休みも終わりに近い土曜日、そりゃはしゃいで飲みたくもなるでしょう。私は一向に構わん!(烈海王)私は、一向に構わん!(烈海王)だけれども、電車内という公共の場でリバースってのは問題外だろうよと。しかも自分で指突っ込んでるんだから確信犯ですよ。UNOやってるんじゃないんだから。歩くのもしんどいだろう、今更途中下車もイヤだろう。だから自分でリバースします。あとは野となれです。さっき飲み食いしたもの全部リバースです。キャッチ&リバース!地球にやさしいね!知ったことか。「今日びの若けぇのは・・・」などという愚痴は言いません。自分たちの時代も盛大にホウボウでやらかしてますし、今日びのおっさん共も大概です。しかし、それでも僕たちの頃は、せめてもの意地ってのがありました。・電車内など、不特定多数のいる場所ではリバースしない。・しんどくても途中下車してトイレに駆け込め。・どうしてもリバースする時は自分の鞄を生贄に捧ぐ。これくらいの事はやってましたよ、ええホントに。偉くもなんともなく、ただひたすら他人様に余計な迷惑をかけない、ただその一念で。どんなに小洒落た格好してても、全てを台無しに出来る行為であります。だいたいちょっと想像力を巡らしてみようじゃないかと。サークルの飲み会か、合コンか。お気に入りの娘の前ではしゃいで、格好つけてバカやって・・・そこまではいい。どうするんだよ、もし偶然その子が同じ車両に乗ってたら。あるいはもっと単純に、あんたの片思いの子が乗ってたら。ドラゴンボールでも使わない限り、あんたの好感度がゼロより上に行くことはないんだよ?まぁ三菱重工の御曹司とかならまだ分からんが・・・。←要は、いつどこで誰かが・・・って話なんですが、最近はその手の想像力を持ち合わせてない子が増えましたね。今更酒飲みの定義なぞを語る気は毛頭ございません、しかし白目剥きそうになっても見せる意地ってのは確かにあるんですよねぇ。それが例え妄想に依るものであったとしてもね。

      11
      3
      テーマ:

プロフィール

加ト吉

性別:
男性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
晴れ時々弱酸性です。

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。