a crowd of rebellion officialBLOG

a crowd of rebellion officialBLOG

a crowd of rebellionのメンバーが送るグダグダBLOGです。期待して見るのやめてね(ハート)
コメントをガンガン頂戴ね!

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
新垣あやせ。
身長166cm、体重44kg、スリーサイズB80/W56/H83。
桐乃の同級生で親友。桐乃と同じくティーンズ誌のモデルをしている。桐乃にはモデルの仕事に不慣れだった頃に助けてもらったり、また勉強を教わったりと公私共に世話になっており、憧憬に近い感情を抱いている。明るく人当たりの良い性格だが、やや考えすぎる傾向があり思い込みが激しい。黒髪を長く伸ばしており、桐乃とは左右を逆にした揃いの髪型にしている。
当初は高坂家に遊びに来た時に京介と知り合い、京介と桐乃の関係を良好なものと思っていい感情を持っていた。その一方で父が議員、母がPTA会長といった家庭環境や、やや潔癖な性格もあってゲームが犯罪を引き起こすという言説に感銘を受けており、オタクに対しては「犯罪者予備軍」「穢らわしくておぞましい趣味」といった強固な偏見や生理的嫌悪感を抱いている。そのため桐乃の趣味を知ったときはひどくショックを受け、親友を思う気持ちから悪習から足を洗うよう厳しく迫り、一時は絶交状態にまで陥ってしまう。(wikipediaより引用)
つまりあやせメンヘラかわいい。アドレス聞かれたい。



さあ久しぶりに書きましたブログですがネタが無過ぎてTwitterで募ったのですが「あやせの可愛さ書いてくれ」しか貰えませんでした。約束は守ります。ネタください。ギターボーカルの小林です。


さあ来月よりZygomycotaのリリースツアーが始まります!

本当に最初のツアーでお邪魔したっきりお邪魔してない県もあって楽しみです!!
特に秋田とかね!マジで俺が初めてバンド入って経験したツアー一本目の場所なんす!感慨深い!

もうなんかいいや。
俺の加入の経緯を話そう。


俺がまだ高校生バンドでギャーギャー言いながらコピーしかしてないくせにいきってた頃。

凄いギターで難しいことしながら叫んだり歌ったりしてるおじさんと農家っぽいベース弾いてるおじさんと金髪で無言の凄い上手いお兄さんがいるバンドがいたんです。
それがa crowd of rebellionでした。

当時の小林少年にはとてもとても斬新でとんでもなく衝撃的なバンドでした。

毎回のライブには常に遊びに行ってました。当時メンバーは「へへ、このガキいいカモだぜ。」と思っていたらしい(メンバー談)。


そんなこんなでライブ見ながら俺も高校生バンドでぶいぶいぱこぱこ言わせてたらある日acorと対バンの機会が。


小林少年「これは絶好のチャンス!お近づきになりたい!」


当時からキッズ精神爆発。
安易でした。

ただ怖くて話せない!何故ならば一度当時リベリオンのメンバーの会話をコッソリ聞いていた時「ムショ出の奴がよ~」みたいな話をしてるの聞いてしまったことがあったのです。これはマズイ!殺される!


でも実際そんなことはなく俺らがコピーしてたアンダーオースをうおーいいねーつって聞いてくれる優しい人達でした。あの日のライブはまだ記憶に残ってるなー。


そんなこんなでメアド教えてくれとぶっこんだら快く教えてくれて、そっからちょいちょい付き合いが始まりました。

高崎フリーズに当時ローディーでついて行ったり。(お客さん一人もいなくて俺がぽつーんと一人でスタッフそっちのけで最前で手上げてた笑)

そんなこんなしてもらって俺も進路とか諸々考え出したり高校二年の体育の単位に追われていてちょっとリベリオンと疎遠になったある冬のこと。

ちょっと組んでたバンドの居心地が悪いなあって思い始めて当時あったライブハウスのメンバー募集をなんとなく眺めてた時「acorギター募集!」っていう書き込みが!

これは!ばくさん抜けちゃうのか!そんなんいやだ!!と大焦りだった小林少年は速攻で宮田氏にメール。

「ばくさんやめちゃうんすか?!」と送ったところ「違うよ!増やしたいんだよねギター。弾きたくないんだよねギター。お前やる?笑」とのこと。

いや!!そんなつもりではなかったんです!!そんなおこがましい!!!とお断りしました。


翌日ばくさんからmixiでメッセージ。
「You.やっちゃいなよ!」との一言。


俺はこの時少し思いました。
「この人全然しゃべったことないし遠征の時も寝てるだけだし頭おかしいのかな」と。

ただその時も小林少年断る。

それから一週間くらい経って体育の先生から「マイケルのビートイットちゃんと踊らないと成績あげない!!」を頂いて真冬に汗だくになりながら練習していた時のこと。


宮田氏からの着信。一言。
「お前、第一候補だから。」



え~!っすよ!俺うんて言ってないよ!つって!

で、結局その後急にガストに呼ばれて「お前やれんの?」と大人四人に言われて「は、はひぃ!!!!!」と言ってしまい今に至るわけです笑


最後ざっくりしちゃいましたけどざっとこんな感じです。
メンバーのみなさんありがとう今も当時も最高に楽しいです笑

あんときはギターまともに弾けなかったし色んなことが初めてだったし歌ってもいなかったけど凄くあらゆることが色付いて見えて新鮮だったなー。


今も変わらず色んなこと新鮮ですよ!
これだからやめらんないよねバンドって!


迷ってる人あれよ!じゃあいつやるか!今でしょ!つって!


わかんないことに飛び込んで見るのも悪くないですよ!俺みたいに超不器用な人間でも楽しいよ!


長々とお付き合いありがとうございました!無理矢理まとめてごめんなさい!読みにくくてごめんね!


次はたけしにバトンタッチ!無茶振り!


おやすみ!良い連休を!


iPhoneからの投稿

テーマ:
お久しぶりになりました!
a crowd of rebellionのベースの高井ですー。
久しぶりになってしまったのはちゃんと理由が!あるん!だな!

HPとかTwitterとかでは散々告知してますが!
この度a crowd of rebellionは2013/6/5に2nd minialbum【Zygomycota】をリリースする事になりました!



メンバー一丸となって頑張って作りましたよ!
本当に自信しか無いです。
買ってください。そして聴いてください。
よろしくお願いします!



さて、
自分達a crowd of rebellionというバンドやってる訳なんですがそんなに若いバンドでもありません。この4月でバンド自体は7年目に突入しとります!
初期からいるのはだい(vo宮田)と俺なんですがこのバンドやりながら6つも年取りました笑
21だった俺も4/12で27になります。あっという間ですなハハハハ!

ですが昔からの俺達を知っている人というのはそんなに多くないと思います。
全国デビュー出来たのも去年の話ですし。
まぁそれまでは俺達も長い下積み時代があった訳ですよ。それはそれは過酷なね笑


とりあえずこのa crowd of rebellion。実はスタートは4人編成でした!!
今は赤シャツに蝶ネクタイで有名な宮田が何とギターヴォーカルの時代がありました!
今思い返すと不思議だよねー。絶対ギターヴォーカルがやる音楽性じゃなかったのに笑

そこからメンバーチェンジでばくが入ってきて、
そのまま活動してきたんですが4人編成に限界を感じて来て、困ったなー…誰かメンバーに入れる?みたいになってた時に
「そうだ!うちらのライヴでいつも最前で頭振って暴れてるあのロン毛入れよう!」
となった訳です。
そう。りょうすけは元々a crowd of rebellionのお客さんだったのです笑

そこからが激動でした。
りょうすけが加入してから3ヵ月後にはEPのacross the discord EPのレコーディングが迫ってました。あいつ入ったばかりで全くギター弾けないのに頑張ってたなー笑
それから初めてツアーというものをしたんですよ!
16本ぐらいかな?今でも鮮明に各地の記憶を思い出せるんですなこれが。

初めて行ったのは秋田。全員とち狂った行動ばっかしてたな笑
何も知らないバンドマンはやはり「ツアー」というものに強い憧れと先入観があるんです笑
例えば「炊飯器で自炊、風呂入れない、車中泊…」みたいな。
だから俺達もする訳ですよ!何も分かんないくせに!笑
ばくなんて訳も分からずにランタン持ってきたからね!何に使うんだよそれ!みたいな笑

色々変な事したなー。
夜中に公園の水で体洗ったなー。
道端に寝袋敷いて寝たなー。
漫喫で財布盗まれた奴いたなー笑

まぁ色んな紆余曲折がありました!
もちろんお客さんなんて毎日いませんでした。
500円のCDが3枚売れればいい方な日々が続きました。
それでも続けれてたのは昔あこがれてた事を自分が出来てる事だったのかもしれません。

こんな文字ぐらいじゃ全て伝わる訳じゃないけど今日はここまで。

「ツアーなんてする意味無い。」なんて言ってたバンドいたけど俺はそう思わないけどなー。
苦しかったけどその先にいるので今の俺達だからやってよかったと今でも思ってるよ!

それでは!

高井

テーマ:

どうも高井です。

まず先にお詫びを…


先日の

12/6@渋谷MilkywayでのFakeFace企画

12/8@京都GROWLYでのArbus企画

の2本のライヴにメンバーのインフルエンザ感染による伴う出演キャンセルとしてしまい、多数の関係者の方々に迷惑をかけてしまい申し訳ございませんでした。

以後この様な事が無い様に体調管理をしていきますので今後ともa crowd of rebellionをよろしくお願いします。



ここからはいつものBLOGで…


2012年も後20日ですね!


で、


皆さん年の頭に設けただろう「今年の目標」って覚えてますか!?


大体皆元旦に目標設けるじゃないですか!

それで大体

1月17日くらいには忘れてどうでもよくなってるじゃないですか!


そんな事無い?そういうお前はどうなんだって?

僕はちゃんと覚えてますよ!やらなきゃな~と思って

今日に至り

ますけどね。生きるって難しいね。



バンド的には2012年は大きく動いた年でしたね。

2月には「Hydrangea」が全国流通する事になって、

自分達の予想上回る売れ行きになって色んな場所の人達が自分達を知ってくれるききっかけになりました。

その勢いのまま色んな場所のイベントに呼ばれて、ライヴをして…の1年でした。

関わってくださった人達に感謝です。

来年は今年以上の飛躍が出来るように頑張ります!


後一つ真面目な話を。


最近Twitterとかでもよく見る「ライヴハウスでの窃盗事件」をよく目にします。

悲しい事です。無くなって欲しいです。

ただ1つ。俺がいつも?と思う事がある。


それは「ライヴハウスに何しに来てんだよ!返せよ!」みたいな盗んだ犯人に向けたメッセージを見るんだけど、俺はそのメッセージが犯人に届く事は無いと思っている。


何故なら、俺の思うライヴハウスでの窃盗事件の犯人は


「ライヴハウスの客にしてしまった窃盗」ではなく

「最初からライヴハウスの客を狙った窃盗」だと思っている。


正直言ってライヴハウスの私物の管理があまりにも酷い日が結構目に付く。

言いたくは無いが客の年齢層が低い日は特に管理が悪い。

通路に放置したバッグの山をみる度に悲しくなる。


そういう情報を知ってる泥棒が最初からライヴハウスを狙ってるんじゃないだろうかと俺は思うんですね。

狙ってくるのは「ライヴハウスの客」では無く「泥棒」なんです。

だからもっと皆の危機管理が必要なんです。


俺の知ってるお客さんで管理ができてる人達は必ずロッカーに荷物入れてます。

そういう人観る度に心の中で俺は感動しているし感謝している。

そういう人が増えれば泥棒もライヴハウスに近づきにくくなって行くんじゃないでしょうか?


皆で変えませんか?

「簡単に盗みが出来る場所」と思われるの嫌じゃないですか?

ライヴハウス。皆でいい場所にしましょう。


高井

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス