友人キルター
高橋千春さんに
カルトナージュオーバルトレイ用
キルトマットを教えて頂いたので
 
余り布でティーコゼーを
作ってみました。
 
前に体験で作って貰ったスキャンカッターの
ACODECO文字がまだあったので、
こちらもジグザグミシンで
縫い付けてみました。
 
ジグザグミシンの細かいのは
初めて使ったかも。
 
縁始末には
もっと大きめジグザクを使用するので
アップリケ!するのに使うとは⁈
 
アップリケ  何かレトロな響き
 
子供用お稽古バックや
聖書カバーなどを
こういう風に作れたら
可愛くて簡単に出来たのに残念。
 
最早、そういう時期は過ぎ去った。
 
秘蔵していた
赤頭巾ちゃんトリムを
裾に使いました。
 
フランスのアンティークというか
ビンテージだと思うけど
気に入っていて
中々使えなかったのですが
 
死蔵するより使用するに意識方向転換
 
なるべく気に入っているものから
使うように心がけています。
 
ティーポットやカップ型は
ウエッジウッドのポットを見ながら
自作したのですが
 
案の定 丸みがあるものは
縫いにくいので
もっと直線にした方がスムーズに縫えます。
 
予感はしたものの・・ついつい
実物に近づけようとしたのは 
いけません。
 
赤い布は表に使うチャンスが
以外に少ないので
このように使えると映えて良いわ。