25年前に購入
親子二代で使用した
25センチサイズの
ヴィトン スピーディ
 
ファスナーの取っ手は一度修理済み
 
数年後、取っ手の付け根の皮がついに破損
 
銀座松屋にあるヴイトンのリペアサービスに持参しましたら
修理は新品購入するのと
大差ない代金でした。
 
仮に修理をしても
同じ縫い目穴に再度縫うので
新品とは強度が違うとのこと。
なるほどです。
 
数年前の紀尾井町のヴィトン展で製作工程を
見たことがあるので
想像出来ました。
 
 
そこで、前から構想していた
インテリア茶箱にする計画を遂に実行決断。
 
壊れたヴィトンを素材として再利用出来ることは
確認済み 1KSサイズに当てて見て
使用可能なこともシミレーション済み
 
ヴィンテージのヴィトントランクと
母に購入して貰った30年もののバニティバックと
並べてインテリアにしたらカッコ良いと
前から思っていたのです。
 
今回の
ACODECOインテリア茶箱展では、
トランクだけ持参して
ディスプレイとして
登場させています。
 
トランクは、本物ヴィトン
小さいものは
再生したACODECOデザイン制作
インテリア茶箱です。
 
ファスナー部分を取手支えに
デザイン。
 
内ポケットは、
外底に密かに使い、
秘密の鍵を忍ばせています。
 
中には、大事なものを収納します。
持ち歩くものではなくて、インテリアに活かす箱
 
ビスなどは、パリで購入したものがあったので
そのあたりを使ってとことん再利用
ほとんど全てをリユースしましたよ。
 
モノグラムだから出来ることだと思いますが、
糸までしっかりと使えます。
 
素材としても素晴らしく
これで本当に一生物として
再生出来たかと思います。
(張替えも可能)
 

ほか、

 

茶箱そのものや

前田工房 

茶箱工場の写真や

職人さんの写真も展示

 

 

こちらは、手刺繍された布を蓋に使用

前面は刺繍を切り取ったパーツを

飾りに仕立てて

アクセントに。

蓋裏には和紙を貼り、飾りをマグネットで付けました。

最近 和紙にも興味があり使用しています。

 

 

 

 

花アレンジ

カルトナージュ

アンカードルモン

ミニ茶箱に花アレンジしたもの

ミニ茶箱和紙貼り仕様

ミニ茶箱布貼り仕様

 

カルトナージュ専用

重量定規三点セット📏

12000円も販売中

 

オーダーやレッスンも承ります。

 

 

 

ACODECOは、

インテリア茶箱クラブ

特定認定インストラクターです。

 

こちらの女性は、

インテリア茶箱クラブ主宰

(有) インテリア茶箱クラブ 社長

 

パイザー真澄先生

 

茶箱を継承する為

 

私たちインストラクターが

素材 材料 キットとして

使用出来るように

 

前田工房を設立

 

2020年1月からは、新工場で

茶箱生産が開始

 

静岡県川根本町

お茶どころ🍵が茶箱生産地

 

今、茶箱は、

川根本町のふるさと納税の

返礼品にもなっています。

 

こうなるまで奔走された

真澄先生や

川根支社の園田さん 

スタッフの皆様

 

親方や奥様のご決断

 

色々と知れば知るほど

これらのことも広く知っていただけだらという思いが

強くなってきました。

 

茶箱を知らない方にも

知っている方にも

 

知って欲しい裏方の事情

 

どうぞ直接ご覧になって

川根の空気感などなど

感じて欲しいと思っています。

 

 

 

   

会期:2020年2月2日(日)〜28日(金)


入場時間:10時〜16時 

     火水曜定休 


会場: 土屋グループ銀座ショールーム


https://www.hometopia.jp/branch/ginza/

中央区銀座3丁目8−10 

銀座朝日ビル3階

03-5579−9981      銀座三越松屋近く