悲劇とは、
ディスポーザーに はまってしまったのでした。

私は排水口を広げられないか
食器に洗剤を付けたら つるんと抜けないかなど
色々と試してみましたが 
案の定 上手くいかず、
家人の帰宅を待ちました。

結局  「 この食器は大事なもの?」とは、
聞いてくれましたが、

結論   「 割るしかないな」の一言。

やはり、ディスポーザーを広げる 
つまりは  壊す という案は出ず。 

そうよねーと。

ディスポーザーを壊すことを まず考えた自分を
大人気ないと少し恥じました。あ〜!残念。

サヨーナラー。
でも、あと4客はある。

最初は、6客だったなぁ。


 いつも
インテリア茶箱作りで使用している
🔨でコツン 
 茶箱の道具は、本当に色々と役立ちます。

😩 

粉々にならずに 綺麗に割れるんだと実証。



陶磁器も接着可能なグルーでくっつけました。

皮、紙、アクリル板、金属となんでも
接着可能なアクリルクリア
作っている会社は、アルデコ

アコデコに似ています。

カルトナージュに使うボンドも
本当に色々と役に立ちます。

陶磁器を接着したり、凹んだ気持ちも
盛り上げ 時にくっつけてもくれます。


間違えて使わないように
如何にも クッツケマシタ感 満載にして
カルトナージュの箱にそっと仕舞いました。

ソーサーは、無傷で 6客あります。



針刺しを入れようかと思ったけれど、
カップが大きくて可愛く見えません。
糸くず入れ?
オアシス入れて花活ける💐?

将来 金継ぎを習う日のために、
割れた食器を集めているのだが、

仲間に入れる?

どれもピンと来ない。

いつか、このカップを
思い出す日のためにBlogに載せて
箱📦に入れておきます。

割れた最初の一客も取っておけば良かったかな?

このシリーズに 黒はなくて、
補充が出来ないの。
だから、余計に惜しいの。

しかし、

もしや、イギリス🇬🇧に行けば、
沢山あるのだろうか?

ここにあるのだから、イギリスにはある?

何か元気出て来た。