千葉 船橋の老舗サロン・スクール★アケイシャー★JAA認定AFR/AHR・オーラソーマ L1-L3

千葉 船橋の老舗サロン・スクール★アケイシャー★JAA認定AFR/AHR・オーラソーマ L1-L3

2003年以来1000名以上のアロマコーディネーターを輩出中。JAA認定3大講座は実技試験まで対応(県内ではアケイシャー1校)開業される卒業生が多いのも特徴。アロマ・オーラソーマセッション
卒業生サロンのご紹介➡http://www.aromaacacia.com/?p=2557

アケイシャーのアンザイですうさぎ

 

毎年続けている初回の授業で質問するのが、

「今までで一番記憶に残っているor忘れられない香りは何ですか?」

 

 

分からない人は、

「好きな匂いでもOKです」

 

 

 

比較的多く言われるのが、

 

 

 

家で使っている柔軟剤の匂い、

お布団を干した匂い、

お風呂の匂い、

家の犬や猫ちゃんの匂い、

季節の匂い(春、夏、冬)

ハンドクリームの匂い、

 

 

たまに聞くのが、

本屋さん(新しい本)の匂い、

ガソリンの匂い、

夕方、帰り道でどこかの家で晩御飯を作っている匂い、

新築の匂い、

 

 

女子ですからね、

お化粧品の匂いというのもあります。

 

 

【香水】という人も必ずいます。

 

 

数年前にMiss Diorのヘアミスト!と

結構な確率で言っていまして、

 

私もその後、買ってみましたw

確かに良い香りです。【時々使用】

 

 

 

軽やかな中にも重みがあり、

自分の意思をしっかり持ちつつ、周りの人にも気配りができるような。

年齢で想像すると、

20歳前後が好む感じ。

 

でも30代40代でも似合う香り。

任された仕事を持ちつつ、おしゃれにも敏感な女性。

そんな印象を受けます。

 

 

 

先日、みつろうクリームの作成時に、とある学生がMiss Diorの香りを調べたら、「パチュリー・ジャスミン・ベルガモットで出来る!」と検索して、何人もがそのブレンドをすることになり・・・(;'∀')

 

 

 

なんとなくMiss Diorに近いものが~

 

 

 

もちろん、それ以外のものも含まれているのですが、

3種類のアロマの小瓶を鼻の前で揺らしてみると...

なるほど!でしたw

 

 

男子も女子もクラフト作成は楽しそうに照れ

数種類をブレンドしてお気に入りが出来上がり。

 

アケイシャーHP

アケイシャーのアンザイですうさぎ

 

 

今年の夏はいつ始まるのでしょう?

 

 

せっかくの夏ですが外出もままならず、 マスクでお顔も蒸れ蒸れで衛生的にも微妙です( ノД`) 連休のGO TOキャンペーンも関東圏の人にはあまり関係なさそうですね。

 

 

新型コロナ感染のニュースは相変わらず連日報道され、夏には収束するものかと思っていたのに・・・ まだまだ油断ができません。

 

逆に春よりも深刻化しているようで。

 

 

アケイシャーで春に行っていた期間限定メニュー。

またご予約開始致します。是非、気分転換にでもご利用下さいヒマワリ

 

 

ボディトリートメントは、★ラヴェンツァラ★ロースマリーシネオール★ティーツリーもおすすめです。ネロリ・ローズでフェイシャルアロマエステもご利用下さい。

 

 

 

 

 

※ご予約の数日前から、発熱されている方、咳の出る方は当日でもキャンセルをお願い致します。

 

 

期間は8月末迄の予定ですが、今後の状況を確認しつつ更に延長したり、また予告なく終了する場合がございますことをご了承下さい。

 

 

 

感染予防・・・

◆利用前後の消毒を徹底。(美容機器類、備品、リネン類、セラピストが触った化粧品全ての物)◆カサカサ音が多少気になるのですが、ペーパーシーツ使用。◆ノブ・トイレ便座まで徹底的にクリーンにしています。◆交通機関でお越しになる方へは、到着後手洗いうがいをお願いしています。◆消毒スプレーをさせて頂くこともご了承下さいませ。

 

 

【トータル90分程、お時間に余裕をもってご予約下さい】

宝石ブルーアロマエステフェイシャル 

+ モデリングパック付  

デコルテ・ネック・フェイス・ヘッド   

通常4,200円➡期間限定2,500円

 

 

 

宝石赤アロマボディトリートメント 

背中・腕・下肢裏・デコルテ・ヘッド

通常4,500円➡期間限定3,000円 (冷えを感じる方にはサービスでホットストーンを使用します)

 

宝石紫ボディ&フェイシャル同時も承ります。

 

 

最新スケジュール

https://www.aromaacacia.com/category/news


 

その他のトリートメントコースについては現在中止。

 

 

 

レッスンについてはzoom(オンライン) or マンツーマンにて開講しています。


お問い合わせ先

https://www.aromaacacia.com/inquiry

 

(リピーター様、LINEからのご予約もOKです)

 

玄関にて体温チェックのご協力をお願いします。

37.0以上の方に関しては、大変申し訳ありませんがご遠慮頂きます様ご協力をお願い致します。

アケイシャーのアンザイですうさぎ

 

この連休も引きこもりに決めて、

教案作成とか、掃除とか、趣味の時間にあててます。

 

ニュースを見ていたら、

東京都だけではなく、

千葉県からの旅行もご遠慮くださいという旅館も多い・・・らしい。

 

 

羽田空港行きの飛行機はこんな感じなのでしょうか。

ガラガラな空席・・・

 

 

 

10年くらい前、現役CAの受講生がアケイシャーに通っていらして、

世界中を旅するのがお好きとの事でご自身の仕事を充実されていました。

 

 

 

 

 

 

空港にはその国の独特な匂いがあるよね。と話も弾み。

 

 

 

私の精油の箱に顔を近づけて、

 

「これが家にあったら、

 

いろんな国に出かけている気分になれて

 

一日中幸せでいられる。」

 

 

 

 

 

この香りはスワンナプーム空港ね。とか、

 

まさにチャンギ空港!

 

イランの〇〇通りの匂い!など。。。

(〇〇の名称は忘れてしまいましたが)

イブンシーナのお墓参りにも行ってきたそうですw

 

 

なぜか、東南アジア系の香りがお好みで。

 

 

レモングラスシダーウッドカルダモン推し。

ほとんどのアロマクラフトはこのどれかを必ず使用。

 

余談ですが、↑この系統がお好きな人

どうも【パクチー】好きが多いようです(^^)/

 

 

彼女は「他の香りは混ぜたくないの」と言って、

レモングラスシダーウッドだけで香水も作られていたはず。

うっとりした表情が今も目に浮かびます。

 

きっとステキな思い出があるのでしょうねラブラブ

 

 

 

匂いは瞬時に記憶を呼び覚ます。

そのCAの彼女は旅をしてきた多くの思い出を毎回私にお話して下さいました照れ

 

皆さんの懐かしい風景の香りはありますか?

 

 Bland Aroma Story vol.2

 

アケイシャーHP

アケイシャーのアンザイですうさぎ

 

朝カーテンを開ければ眩しい太陽に会える。そんな夏空はもう少しお預けでしょうか。

 

当たり前だった毎日は、今や変化の最中。

でも私たちから決して光は奪われません。

昼間と夜の区別はちゃんとつきます。

 

 

「パチュリ」というアロマ。

よく【土ぽい】印象と表現される香り。

学生時代のお習字の時間を思い出させる墨汁の匂い。

私の中では墨絵に描かれているような深い渓谷の印象でもあります。

 

 

少々重たい内容のため、気分を害されると思われる人はお控え下さい。

 

 

・・・

数か月前、

糸数壕アブチラガマという自然洞窟を訪れました。

アブ=深い縦の洞窟

チラ=崖

ガマ=沖縄の方言で洞穴や窪みのこと

 

ここは撮影禁止の為、ガマ内部の画像はありません。

入るときにヘルメットを貸出されます。

 

 

場所は南城市玉城字糸数

地理的には観光で有名になった斎場御嶽から15分くらい。

 

受付後、手続きをして案内人の知念さんの後に続きます。

無造作で段差も大きな急な階段を20代男子より軽やかに降りていきます。

 

 

失礼と思いつつ思わず年齢を聞いてみました。68歳

(ご本人は18歳と言っていましたw)

 

 

ひめゆり部隊から数十名、こちらのガマに派遣されて兵士たちの看病や日常の生活補助のお話をたくさん伺いました。

 

 

今でこそ懐中電灯を持って入れるけれど、当時は使えても<ロウソク>のみ。 わずかな灯が漏れるだけで敵に居場所がバレるため、暗闇生活。

 

 

時折、懐中電灯を消すようにと知念さんに言われ・・・

そうすると...よくぞ長期間にわたってここで生活していたか。

全く何も見えない、

視力を完全に奪われた状態。

目で見ることを諦めると、嗅覚や聴覚がそれを補うようになる。

 

 

岩の隙間から入る光の線。

人はこんなわずかな光でも安心できるとか、木漏れ日の香りや虫の声などで癒されていたのかと。

そんな貴重な体験をしました。

 

 

その一筋の太陽光が差し込む、一番地上に近い場所は(囲いもない)手術室として使用されていたとのこと。

 

 

戦争で精神がおかしくなってしまった人

脳に菌が入って脳症になってしまった人

破傷風となってしまった人

半死半生。

 

 

正常な人でさえ、何週間もここにいたら絶対病む暗闇。

というより、1日もいられないはず。

戦争という背景が人が生きる全ての自由を奪う。

 

 

約600人の負傷兵は、この中でひめゆり学徒に看病され、腕・脚も切断されてしまった人は、

わずかな光もないガマの暗闇へ治療もお世話もされずに、ただ死を待つ場所へ移動された。誰もその死だけを待つエリアには行きたくない。

 

 

だからこそまだまだ自分は戦える!そう満身創痍でアピールをしたそうです。

 

 

ひめゆり学徒、

彼女たちの壮絶な仕事内容を聞き想像を絶し。。。

 

 

この令和の時代に不自由なく生きて、

フレッシュな太陽の光を浴びて、

蛇口から水が出る。お湯さえ出る。

 

 

私たちが当たり前にできてることは、当時ここに暮らす人たちにとっては魔法か夢としか思えなかったことでしょう。

 

土と消毒の匂い、そして一筋の光

パチュリ&レモン

Bland Aroma Story vol.1

 

アケイシャーHP https://www.aromaacacia.com/

アケイシャーのアンザイですうさぎ

1週間があっという間に過ぎていきます。。。

ブログ更新も久々ですw

なんと、気付けば1年の半分も経っていて。

 

 

先週、1年生の授業では曼荼羅塗り絵をしました。

約40分間、自分の世界に入り浸ってもらいます。

いつもお喋りな女子たちも精神統一ができている様子。

集中力を養う良い時間です。

 

 

全体をまとまりやすくするために、最初に30色くらいの色鉛筆やクレパスから4~5色選びます。

 

 

どの絵も個性が際立ちますね。

どこから塗り始めるのか、

何色を多く使っているか、

 

などなど・・・こっそり見させてもらいましたウインク

 

 

40名程のクラスx2 

1つとして全く同じものはありません。

 

目の前で塗っていた時と、ホワイトボードに貼り遠目で見てみると雰囲気もガラッと変わります。

 

「わー○○ちゃんぽい!」など、感想も多々。

 

このワークには、

「私下手だから・・・」と卑下(マイナス評価)する人はいません。

そうそう、個性感性を磨く時間。

 

 

出来上がった自分の絵を見て、アロマの精油もイメージしてもらいました。きっと香りも好みのものなんだと思います。