ベジライフ酵素液で怖いリバウンドを防止して、即効ダイエットに成功した方法

ベジライフ酵素液で怖いリバウンドを防止して、即効ダイエットに成功した方法

■サイトタイトル
ベジライフ酵素液で怖いリバウンドを防止して、即効ダイエットに成功した方法
とサプリメント通販サイト
(注文はこちら)

健康食品やサプリメントを通販しているサイトです


テーマ:
カーデイフ生命の評判


2018/10/11(木) 午後 6:33
【BNPパリバ・カーディフの暗闇 】



 2011年7月に、暴力団を重要な国際犯罪組織の一つとして名指しし、取引停止・資産凍結などを義務付ける「暴排大統領令」が米国で発令されました。その結果、日本の企業・金融機関には、米国財務省OFAC(海外資産管理局)による経済制裁規制のコンプライアンスとの関係でも、国内外の反社会的勢力との関係を遮断する必要性が高まっています。また、2014年6月末には、仏系金融機関BNPパリバ銀行が米国OFAC規制に基づく制裁対象国と取引を行ったとして摘発され、約9100億円という史上最高額の制裁金の支払いに応じざるを得なくなりました。
その後も、米国OFACは米国以外の企業に対し積極的に規制を域外適用しており、日本の企業・金融機関が摘発・制裁を受けるリスクも高まっています。に

さらに、緊迫する世界情勢の下、各国に対する経済制裁の内容も急展開しています。
<a href="http://blog.livedoor.jp/hyades27ts-ana/archives/1072758920.htlm">パリバ  ショック    カーデイフ生命  不正</a>
 このような経済制裁規制対応・海外反社対応に対するコンプライアンス実務に関して、国内外の専門家と共同して実務研究を行うと共に、企業・金融機関の皆様に対する業務を通じて実践しています。経済制裁規制・海外反社対応のために有用な「グローバル暴力団排除条項」の導入も提唱しています。


【カーデイフ生命の個人情報漏洩の新たな巧妙な手口。】
 漏えいした個人情報が、なりすまし犯罪やそのほかの違法活動の利用を目的として詐欺師らに売却されたことがこれまでにもあります。
これは、実際の体験談です。
さすが、カーデイフ生命は凶悪な国際犯罪組織だけあって仕掛けが巧妙です。
まず団信の調査を装って被害者に近づきます。
被害者が利用したのは、別の金融機関です。
その為、カモにされた被害者は普通は自分が当事者だとは知らないケースが多いのです。被害者は利用した金融機関とカーデイフ生命の間の契約と誤解します。
被害者に近づいて、「医療費の給付金支払いに必要だが、審査が厳しいので、詳しい個人情報が必要だ。」と持ち掛けます。その場合も、カーデイフ生命の名前を使わず、カーデイフ生命から委託を受けた調査会社(OXインシュアランス・リサーチ社など)の社員を名乗ります。そして調査員が、通常では考えられない何年も前の医療情報等の個人情報を全て出すように要求してきます。給付金の審査に必要だと言われ被害者は大変な労力を使って、何年も前に辞めた勤め先に連絡して個人情報を集めさせられます。そして個人情報の分厚い書類の束を持ったまま調査員は消えてしまいますが、待てど暮らせど給付金は下りません。半年位経った頃に給付金審査は不合格だと言うお知らせが届いてはじめて変だと感じて、個人情報を騙し取られた事に気づくのです。
2014年には1兆円の制裁金を課され、2017年にも市場の不正操作で300億円の罰金を課された犯罪企業です。大量虐殺にも関わって、2017年に刑事告発されているプロの犯罪者達の関わっている詐欺犯罪専門会社です。

くれぐれも気をつけて下さい。






<a href="http://blog.livedoor.jp/hyades27ts-ana/archives/1072758920.htlm">パリバ  ショック    カーデイフ生命  不正</a>


【フランスの銀行BNPパリバは、ルワンダの大虐殺で共謀の訴え】

フツ族によるツチ族の「ルワンダ大虐殺」とは?悲劇の内戦の原因や被害まとめ
木曜日の3つのNGOは、彼らがルワンダの虐殺1994年の間に「大量虐殺、戦争犯罪と人道に対する罪で共謀」を主張BNPパリバに対して法的措置を提出した後にフランス最大の銀行は、深刻な非難に直面しています。
スーツは、銀行はBNPパリバになるために2000年にパ リバとの合併前に知られていたとして、BANQUE国立・ド・パリ(BNP)を主張している、という事実にもかかわらず、「大虐殺を犯すために役立った武 器の80トンの購入の資金調達に参加しました」それは資金の「銀行は、それが転送を許可いる国の当局の大量虐殺の意図を疑っていなかったこと」、と主張し ます。グループは、国連武器禁輸措置が一度に有効であったことに注意してください。
小さな中央アフリカの国での大量虐殺は4月と1994年7月の間、主にルワンダの民族ツチ族の少数から80万人の命を主張しました。
電荷をリードする3つのNGOはシェルパ、経済犯罪の犠牲者を擁護腐敗防止グループ、井深フランス、大虐殺の生存者を擁護団体、およびルワンダのための民事当事者の集団(CPCR)、フランスに拠点を置くグループですそれは大量虐殺の容疑者に対する請求を追求しています。それはシリアでイスラム国家グループ資金調達会社を主張スイス・フランスのセメント大手LafargeHolcimに対して訴訟を提起したときシェルパは、最近の見出しを獲得しました。
1994年6月、「100日間で100万人が虐殺された」壊滅的内戦を経てルワンダは独立後初の少数ツチ族支配政権が確立されたが、政府は大統領にフツ族のビジムング、副大統領にツチ族のカガメを選出する一方、出身部族名を記したIDカードを廃止して新生ルワンダ人による国家再建を目指してきた。

なお、2000年3月大統領はカガメ副大統領を選出、03年8月の大統領選ではカガメ氏が圧勝、同年9月の総選挙でもツチ族のRPFが圧勝(*多数派のフツ族は誰も立候補しなかったのかな?〉している。<a href="http://blog.livedoor.jp/hyades27ts-ana/archives/1072758920.htlm">パリバ  ショック    カーデイフ生命  不正</a>


【FRB、BNPパリバに罰金280億円】
2017年7月18日 
【ニューヨーク】米連邦準備理事会(FRB)は17日、フランス大手銀行BNPパリバと米国子会社に対し、計2億4600万ドル(280億円弱)の制裁金を科すと発表した。外国為替取引に絡む「危険で不健全な慣行」が理由。社員が同業他社と取引情報を不正に共有していたのを発見できず、監督や内部統治の体制に欠陥があったと断定した。

FRBによると、同社の元トレーダーは2007~13年に同業他社と連絡を取り合って不正に持ち高や顧客などの情報を共有し、相場操作に参画していた。元トレーダーは今年1月、反トラスト法の違反行為を認めた。FRBは同社に対し、外為取引に関する監督や統制の強化も求めた。

BNPパリバは17日、「過去の不正行為を深く後悔している」とする声明を出した。<a href="http://blog.livedoor.jp/hyades27ts-ana/archives/1072758920.htlm">パリバ  ショック    カーデイフ生命  不正</a>

金と声明で済めば、刑務所はいらない󾬆️



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス