アダルトチルドレン(AC)の改善方法

心理カウンセラー「ひなた」のブログです。アダルトチルドレンに関する事や克服する方法を紹介します。

心理カウンセラーのひなたです。
アダルトチルドレンの改善を目指している方に、少しでもヒントになればと記事を書いています。
アダルトチルドレンとは、機能不全家族で育った結果、大人になっても生き辛さを抱えている人達です。
私は、過去に絡み付かれて今を前進できないという方々を何とかできないかといつも考えています。
少しでも悩みの解消に役立てていただければ思います。

テーマ:

アダルトチルドレンの方で一番多い考え方の傾向は「否定的」という部分だと私は感じています。

これは、自分に対してもそうですが、自分以外の事や物に対してもあるように思います。

自分に対して酷評したり、存在価値を見出せないというのは、小さい時に認められることが少ないとそのような傾向が出ます。

他人が認めた自分を参考にして、自分を評価するということを小さい頃はするからです。

価値観の共有ともいえます。

それが少ないと、自分がなんなのか分からず自己否定的な思考をするようになります。

同様に、その否定的な考えは、他者に対しても起こります。

価値観が偏ってしまうため、他人の価値観を受け入れられないという状態です。

これは、自己主張とも取れますが、他人の主張を否定するというのは自己主張とはいえません。

ただの思考をすることをやめてしまったが為のわがままです。

これは自分に対してもそうです。

自分の主張を否定して自己否定をする事も同じことです。

 

共感する心が無ければ価値観のすり合わせは難しくなります。

結果的にどちらも否定するという回避的思考になってしまいます。

 

但し、否定的な考え方が全て悪いと言う訳ではありません。

自己否定から改善する思考をして成長するという事もあるからです。

否定だけをするということが悪い事で、その後に否定で終わらないということが大切です。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「その他」 の記事

テーマ:

皆さんは自分が自尊心が高いと思いますか?低いと思いますか?

ほとんどの方は低いと考えているのではないでしょうか。

自尊心は本来高いほうが良いのですが、謙虚さが自尊心を低くしている部分があります。

民族性ともいいましょうか、自尊心が高い(自意識過剰など)は良くないという感覚を持っている人が多いように思います。

ですが、本来の自尊心とは驕りやプライドとは違うものです。

 

そもそも自尊心とはなんでしょうか。

自分が他人から受け入れられ、尚且つ自分の存在を価値あるものとして肯定したいという心

だそうです。(参考:自尊心を高める方法

よく、「自分には価値が無い」と言われる方がいますが、まさに自尊心が低い状態です。

自分に価値があると見つけられれば、他人からも受け入れられるのではないでしょうか。

自尊心とは高ければ高いほど良いものなんです。

 

 

では、自尊心を高く持つためにはどうすれば良いでしょうか。

一番の近道は「現実を快く受け入れる」ということだと思います。

現実的に自分はどのような人間で、良い所も悪い所も自分なんだと認識すれば、自ずと自分がなんなのかが分かります。

自分がどうしたいのかも。

それが自分の価値につながっていきます。

自分がやりたい事、やるべきことがあれば、それは進歩になって行きます。

周りもそのような人には敬意を払うものです。

その敬意は受け入れられたということでもあります。

 

また、自尊心が低いと絶対に幸せになれません。

なぜなら、「自分が望んだ自分になることが出来ない」からです。

どんなに努力をしても、どんなに進歩しても自分を認められなければ、そこに幸福感は生まれません。

自分を受け入れるという事は満足感を持つということではないでしょうか。

 

自分に満足をしてしまう事は良くないことですが、自分を否定してしまうのも問題があると思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アダルトチルドレンの方は依存傾向を持っている場合があります。

幼少期に満足感が少なく、大人になってもその穴を埋めようと何かに依存するケースがあるからです。

特に多いのが対人依存です。

対人依存は

「認められることが少なかった」

「人と関わることが少なかった」

「褒められる事が少なかった」

などの対人関係を上手に構築できなかった場合によく起こります。

大人になって、認めてくれる人、褒めてくれる人に強く心を奪われてしまい、その人に依存して幸せを感じたいと思うようになります。

特に多いのが女性に恋愛です。

ACの女性で恋愛が上手く行かないという方は沢山いらっしゃいます。

そして、上手く行かない原因は依存心から、相手との関係性を上手く構築できないというのが多いように思います。

また、完全に対人依存に陥っていて誰かいないと精神を保てないという方で、異性にそれを求める場合も恋愛依存といえるでしょう。

誰でもいいから側にいて欲しいというのは、幼少期に満たされなかった反動の場合があります。

 

 

ACの恋愛依存で悩んでいる方は盲目になっていることが多いように感じます。

特に、ダメ男に依存している方は自分では分かっているのに止められない感情に捉われていることがあります。

これは、感情が思考を上回っている状態で、もっと広い視野で考えることが必要です。

世界の広さに比べれば今自分が見えている世界は狭いものです。

そして、見えている世界を広げる事はさほど難しいことではありません。

今持っているものにすがるのではなく、新しい発見をしていくことが対人依存を軽減する一つの方法ではないでしょうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分の存在価値を考えた事はありますか?

私はいつも考えさせられます。

何かのために一生懸命になって何も得られなかった時や、誰かに拒絶された時なんかは、自分の存在価値が無いんじゃないかと感じることがあります。

皆さんはどうでしょう。

 

私は、「自分の存在価値は自分で決めるもの」と考えています。

自分は自分で望んで生まれてくる訳ではありません。

「私は生まれたいから生まれた!」なんて人は今のところ見たことがありません。

自分の存在価値は最初は無いものだと思います。

だから、自分で決めて良いものでも有ると考えています。

もちろん、誰かに望まれて、誰かからの存在価値が生まれる事はあります。

親のために自分を活かすなどの発想は、自分の存在価値になります。

ですが、それが行き過ぎると親のための自分しかなくなってしまうので、自分の存在価値を見失ってしまう事があります。

ですので、自分の存在価値は自分で決めることが望ましいと思います。

 

存在価値というのは、誰かのためでなくてはならないという訳ではありません。

自分のために自分がいると考えるのも存在価値です。

自分の存在価値に疑問を持つ方は、自分のために自分がいると考える事がいけないことだという認知をしていることが多いように感じます。

誰かにそう教わったのか、社会的な認知なのか、原因は様々なですが無意識的に植え付いているのでしょう。

そのような場合は、自分の存在価値を探す前に、自分の認知と向き合う必要があるのではないかと思います。

そこでちょっと考えてほしいのが、自分の思い込みが正しいかというところです。

前提が、『全てOK』と考えると、自分のために自分がいることがNGの理由を立証しなければいけません。

もし、立証できなければ全てOKが正しいという事になります。

イコール自分が思っていた事はNGではなかったということになります。

自分のために自分が存在するという事はNGではないということです。

 

ですが、このような考えを持っても、自分の存在価値が否定されたように感じる場面は出てくると思います。

そんな時は、いつもOKかNGかの立証を考えてみましょう。

そのとき感じた感情が思考することによって薄めることができれば、また次の段階に向かう事が容易になります。

 

 

無意識的に持っている認知は、当たり前のようにそこにあります。

まずは、その認知をよく考えることが大切だと思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

特定の人に強い執着を持ってしまうという方は多いのではないでしょうか。

家族や友人、恋人や仕事の同僚などでも執着を持つ事はあります。

特にアダルトチルドレンの方は、人間関係に上手く向き合うことが出来ず、自分を許容してくれる人に対して執着心が強く出ます。

 

執着とは、物事に固執し捉われるということですが、人に対しての場合は相手がいることですので問題も生じやすいものです。

嫉妬や憎しみに変わる事もあります。

では、執着が湧き出る理由を少し考えてみましょう。

 

執着をする時は、自分の心がその人の何かに惹かれている場合です。

安らぎだったり喜びだったり、自分にとって何かいい心理状態にしてくれるような人に対して、その情動が強く残り再体験をしたいと思い、執着となります。

自分にとってのプラスを得たいという欲求から執着が生まれるんですね。

また、マイナスの感情を与えられないようにするための執着もあります。

恋人に振られそうになった時に食い下がろうとするようなケースです。

どちらも、心を満たそうとする欲求が執着という形で出ています。

 

執着というものは時として苦しみも生みます。

執着しているものが自分の思った通りになっている時はいいですが、自分ではどうにも出来なかったり、失いそうになると不安となってしまいます。

強い執着は反動の不安も強くなるので行き過ぎないように注意が必要です。

 

では、執着で苦しまないようにするにはどうしたら良いでしょうか。

人に対しての執着で言うと、「誰か」にではなく「みんな」に執着するようにする事で、特定の人に対する執着が薄まります。

そうすれば、反動の不安も薄まる事になります。

いつも誰かが自分に何かを与えてくれる訳ではありません。

かといって人に与えてもらうことでしか感じられない心もあります。

広い視野で自分が得られるものを探してみる事が特定の人にだけ執着するということを減らせることだと思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。