以前
ふいにテレビを付けたら
徹子の部屋が流れてました。

ゲストは
特に興味ない人だったけど
徹子の話しの引き出し方が
上手なのか

なんとなく
最後まで見て
しまいには
ゲストのコトが
良い人だなぁ〜って
思ってしまう自分がいた。


まさに
徹子の部屋マジック


ここには
徹子の部屋の法則という
ストーリーマジックが
あるのです爆笑


徹子の部屋の法則

1.未熟な主人公
2.自らは望まない何かに巻き込まれる
3.メンターに会う
4.試練をのりこえる
5.報酬を手にする



この法則にのっとって
インタビューしています。


自己紹介文を
徹子の部屋の法則で書くと
とても印象に残るものになります。



私が未来思考の
フューチャーマッピングを描く時も
徹子の部屋の法則を意識して
ストーリーを描いています。

何かやる時
何かプロジェクトに取りかかる前の
頭の中が
混沌としている時に
とっても役立ちます。



このサイト見てもよくわかりませんよね。
書籍も出てますが
あまり上手に描けないと思います。

そこで


描き方を
お伝えすることにしました!

私自身は
マスター講座・ファシリテーション講座を
学んでいますので
描き方をきちんとお伝えできます。

未来から今ココにエネルギーを流す
シンクロが起きる
という面白いチャート。

1万3000年前から伝わっている
といわれている
カタカムナの本質にも通じる
未来から今ココに!

という考え方が
フューチャーマッピングと
通じるところも
素晴らしいおねがい