安倍寧オフィシャルブログ「好奇心をポケットに入れて」Powered by Ameba




$安倍寧オフィシャルブログ「好奇心をポケットに入れて」Powered by Ameba




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

追悼 服部克久さん

  服部克久さんが亡くなった。長年、音楽界にあって作曲家、編曲家、指揮者の枠を超えたより大きな存在だった。80歳を過ぎても現役だったせいか、喪失感はひときわ大きい。謹んでお悔やみ申し上げる。享年83。

 

 克久さんの紡ぎ出す音楽はいつだってお洒落で垢抜けていた。親しみやすかったけれど、媚びたところはまったくなかった。その音楽的成果は見事、アルバム「音楽畑」シリーズに結晶している。

 

 東京音楽祭、日本レコード大賞などで同席する機会も多かった。大御所扱いされるのを嫌い、いつも飄々(ひょうひょう)としていた。持って生まれた性格か、育ちのよさか。

 

 その昔、父上服部良一氏といっしょにインタビューしたことがある。古いスクラップ帳からその記事を抜き出し、追悼も兼ね再録する。56年も昔の記事で、週刊朝日1964年(昭和39年)6月19日号に寄稿したものである。インタビューの場所は有楽町の旧朝日新聞ビル内のレストラン、アラスカだったと記憶する。克久さん27歳、良一先生56歳であった。合掌。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

サービス精神旺盛な作曲家

三回目の〝親子コンサート〟を開催する

服部良一・克久

 

 「こんどの演奏会の楽譜を徹夜で書きあげてきた。けさ、気がついたら、もう十時だったよ」と父親の良一氏。「ぼくもテレビの仕事で朝の五時」と息子の克久君。おたがいに仕事に追われっ放しというこの作曲家親子は、顔をあわせたとたん、こんな会話からスタートした。

 

 ところで、服部親子が「マスコミにあてがわれた仕事ばかりしていたのではダメになる」「年に一度くらい、自分のやりたいことをやろう」と話合い、ニュー・ポップスという演奏会を始めたのは三年前のこと。六月十八日、サンケイホールで開かれるコンサートで三回目になる。

 

 こんどの呼びものは、良一氏が日本フィルハーモニー交響楽団、東京混声合唱団を縦横に駆使して、ドボルジャック作曲「新世界交響曲」を指揮すること。バンジョーのソロをとり入れたり、ファンタジー風の新編曲を試みるそうだ。

 

 克久君のほうは、書きおろしのムード音楽「日本の四季」。「日本人の好きそうなムード・ミュージックのスタイルを、四つならべます」と克久君がいうのを聞いて、良一氏は「坊やもパパに似てサービス精神旺盛だね」と笑う。この親子の間には、はた目にもそれとわかる暖かい気持の交流があってこちらも、つい微笑を浮べたくなる。

 

 服部良一氏が、大阪でブラスバンドに入ったのは、大正十二年九月。まだラジオがなかった時代である。作曲家として一本立ちしたのは、日本コロムビアに入社した昭和十年から。「別れのブルース」「雨のブルース」「蘇州夜曲」「東京ブギ」「青い山脈」と戦前戦後を通じて良一氏のヒット曲は、数え切れないほどたくさんある。

 

 パリ・コンセルバトワールに学んだ克久君は、感覚的にやや高尚なきらいがないでもない。

 

 「パパの曲集を見ていると、やはり勉強になる。こんな年代に、こんな曲を作ったのか、とおどろいたりしてね」

 

 いっぽう良一氏のほうも「坊やに刺激を受けて、大いに若返らなくては……」となかなかのハッスルぶり。親子とも銀座ファンで、偶然、バーで顔をあわせ、やあ、やあ、と言いあうことも、しばしばらしい。良一氏が五十六歳。克久君が二十七歳。 (安倍 寧)

 

※週刊朝日1964年(昭和39年)6月19日号所載。

 

 今読むと克久さんに対する君付けが気になります。筆者がいかにもエラそうにしているみたいで訂正したいところです。しかし当時は、親愛の情を込めての呼称というニュアンスも多分にあったと思われます。誤解を招かぬよう一言申し添えます。

 

服部良一氏、克久氏のツーショットはかなり珍しいのでは!
今から56年前の服部親子です。

 

スタンダード・ナンバーに凝縮する              ジュディ・ガーランドの魅力

歴史的名盤ジュディ・ガーランドの「ジュディ・アット・カーネギー・ホール」日本盤(CD2枚組み)が初めてリリースされました。1961年、ニューヨークのカーネギー・ホールでおこなわれ、世界を変えたといわれるコンサートのライブ盤です。ライナーノーツを執筆しましたので、紹介させていただきます。

~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆ ~~~ ☆ 

 

  ひとりですっくとステージ中央に立ち満員の客席と対峙する。舞台上には本人以外バックバンドのみ。司会進行を含め、ことコンサートの全責任はその日の主役の歌手ひとりが背負う。舞台、客席にあふれる緊張感にちょっとでも気圧されたら歌手の負けということになる。

 

 そう、この張り詰めた空気こそワンマン(ワンウーマン)・ショウの醍醐味だが、緊張感だけでは聴衆は肩が凝ってしまう。贅沢をいわせてもらうとリラックスした気分も味わわせて欲しい。一流のエンターテイナーともなるとそのあたりの空気の読み、匙加減たるやそれはもう絶妙極まる。

 

 もちろん酸いも甘いも十二分に心得たジュディ・ガーランドである。曲の配列、お喋りの間合い、バックバンドとの呼吸、すべていうことなし。どこまでが計算でどこまでがアドリブなのか。彼女自身、会場がクラシックの殿堂カーネギー・ホールであることを忘れている気配さえうかがえる。

 

 『ジュディ・アット・カーネギー・ホール』は、20世紀のもっとも優れたショウ・ウーマンのひとり、ジュディ・ガーランドの卓越した歌唱力、豊かな声量、飾らぬ人柄、自在な観客への対応ぶりなどがひしひしと感じられるライヴ録音の名盤である。円熟したおとなの歌、おとなの芸とはなにかを知りたかったら、このアルバムを聴けばいい。

 

 プログラムにはスタンダード・ナンバーの王道を往くような曲目がずらりと並ぶ。ここでいうスタンダード・ナンバーとは、もとはショウ、ミュージカル、映画のために書かれた曲だが、さまざまな歌手、楽団が好んでとり上げたことにより永遠の生命を得た曲を意味する。とりわけジャズ畑の一流アーティストがどれだけ歌ったり演奏したりしてくれたかがひとつの決め手となる。

 

 すなわち多くの歌手、バンドに愛されるだけの魅力を備えた楽曲である。

 

 一例を挙げる。ガーランドが第1部(DISC ONE)で7番目に歌う「フー・ケアズ」である。

 

 この曲は、ブロードウェイ・ミュージカル創成期の1932年、『君がため我は歌う』のためにアイラ・ガーシュウィン(作詞)、ジョージ・ガーシュウィン(作曲)兄弟が書いたものだが、もとの舞台とは関係なく多くの人々がレパートリーにとり入れてきた。フレッド・アステア(ベニー・グッドマン楽団と共演)、エラ・フィッツジェラルド、サミー・デイヴィスJr.……。ジョージ・バランシン振付のバレエ作品もある。

 

 スタンダード・ナンバー化した楽曲には常に作詞家、作曲家の名前がついて回る。歌手やバンド・リーダーが舞台上で口にするし、当然、パンフレット類にも明記される。

 

 カーネギー・ホールでのガーランドの曲目表に目を遣ると、ガーシュウィン兄弟共作の曲が「いつからこんなことに」「霧深き日」などほかにもある。またアイラのみ作詞家として係わっているものでは「行ってしまった彼」、ジョージのみ作曲家として名を連ねているものでは「スワニー」がある。いかにガーランドのガーシュウィン兄弟への敬愛の念が大きく、また深かったか想像に難くない。アメリカ音楽史上最高のレジェンドたるふたりにあやかりたいという意志表示でもあるのだろう。

 

 ジュディ・ガーランドの一生はごく短い。1922年に生まれ、69年に世を去った。その短い人生でもっとも恩恵を受けた作曲家はハロルド・アーレンである。彼女にとって生涯の宝物、ふたつのオリジナル・ソング「虹の彼方に」「行ってしまった彼」を作曲した当の人物なのだから。

 

 いうまでもなく前者は、16~17歳の彼女を一気にハリウッドの人気スターに押し上げた映画『オズの魔法使』の主題歌である。彼女のもっともよく知られた持ち歌だが、サラ・ヴォーン、ドリス・デイらが歌い、完全にスタンダード・ナンバー化している。

 

 映画評論・音楽評論の大先達、野口久光氏の名著「素晴らしきかな映画」のなかに次のようなくだりがある。

 

 「じつはこの主題歌は完成試写を観たMGM幹部にウケがわるく、この歌をカットせよということになっていた。プロデューサーの助手としてこの映画に協力したアーサー・フリードはとんでもないとそのカットに反対、身を張ってお偉方を説得、公開寸前にこの主題歌のうたわれるシーンをもとに戻したという。もしこの曲が外されていたらアカデミー賞はもとより、作品も大ヒットとならなかったかもしれない。」

 

 アカデミー賞とは、主役ドロシーを演じたガーランドが受賞したアカデミー賞子役賞のことだが、主演女優賞をあたえるにはあまりにも若過ぎる彼女のために特別に設けられた賞だと聞く。

 

 同じくアーレン作曲のもうひとつのほうは映画『スタア誕生』の挿入曲として知られる。ガーランドは、一介のバンド・シンガーから一躍大スターの座に上り詰めながら、最愛の夫が自殺するという悲劇に見舞われるヒロインを演じて、鬼気迫るものがある。劇中の歌いぶりも凄みが漂う。

 

 この映画のためにアーレンに新曲を書いてもらおうというアイディアを出したのは、ガーランド自身らしい。少女の頃、「虹の彼方に」と出逢えた幸運をずっと忘れずにいたのだろう。

 

 ガーランド自身とは直接からんでいないものの、彼女が好んで歌うアーレン作品が当夜のプログラムにもう1曲あった。ブロードウェイ・ミュージカル『セント・ルイス・ウーマン』(1946)のなかで使われた「降っても晴れても」である。もとの舞台は不発に終わったが、この曲だけはビリー・ホリデイらが歌い継ぎ生き残った。

 

 映画女優としての演技、存在感はさて措き、ジュディ・ガーランドがどのようなショウ・ウーマンだったか、それを知るための手掛かりとなる映像はあまりない。そのよすがとなりそうなもののひとつは、映画『サマー・ストック』(1950)のなかの「ゲット・ハッピー」を歌い踊る場面である。

 

 黒のソフト帽、黒の紳士用ジャケットで決めたマニッシュなスタイル、網タイツのスレンダーな両足を惜し気もなく晒す。身長わずか153㎝だったそうだが、そんなおチビちゃんには見えない。映画『ザッツ・エンターテイメント』(1974,DVDあり)にも収められていて、ゲスト出演している長女のライザ・ミネリが「ダントツでしょ、これ」と太鼓判を押している。

 

 あとは『スタア誕生』のショウ場面だろうか。

 

 ジュディ・ガーランドがこの世を去って50年以上の歳月が過ぎた。もう疾に過去の人か?とんでもない。最近、晩年の彼女に焦点をしぼった映画『ジュディ虹の彼方に』が公開され、この天才的エンターテイナーへの人々の関心がふたたび高まっている。ガーランドが憑依したかのようなレネー・ゼルウィガーの演技、歌唱には茫然とするしかない(ゴールデングローブ賞主演女優賞受賞)。

 

 とりわけロンドンのナイトクラブ、トーク・オブ・ザ・タウンでのステージは、生のガーランドはきっとこうだったのだろうなと思わせるリアリティにあふれている。一挙手一投足、すべてがガーランドの化身である(ライヴでガーランドを見たことないくせに、こんなことを図々しく書くのはなんだけれど)。ジュディ・ガーランドのような本物は誰か後輩に乗り移って永遠に生き続けるのだろう。

 

 アルバムのなかのニューヨークのカーネギー・ホールと映画のなかのロンドンのトーク・オブ・ザ・タウンは、一直線に結びついている――こんな思いは私のひとりよがりだろうか?いや決してそんなはずはない。

 

 

全26曲、もちろん「虹の彼方に」も聴くことが出来ますよ。

(ユニバーサルミュージック合同会社、2020年3月4日発売)

ALL ABOUT市村正親  軽妙さと風格/エンターテイナー精神

  4月15付け讀賣新聞夕刊の見開き特集「ALL ABOUT市村正親」に寄稿しました。彼の主役作品ベスト5を選び、寸評を加えた内容です。今や「日本ミュージカル界の座長」と呼ぶにふさわしい実績と貫禄を備えた彼に更なる飛躍を期待したいと思います。

 

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 

 

 足掛け48年、ほぼ半世紀に及ぶ出演リストを前にして、その数の多さ、作品の多彩さに茫然となる。主演作が多い。ミュージカルだけに絞ったとしてもベスト5を選ぶのは至難の業である。試しに順不同で選び出してみた。


 まず「オペラ座の怪人」の怪人、オリジナル演出家、巨匠ハロルド・プリンスの眼力が、市村本人も気づいていなかったであろう隠れた可能性を見抜き、大抜擢となった。市村もアンドリュー・ロイド=ウェバーの難曲をわがものとし、愛敬あふれる独特のファントム像を造形してみせた。この一生に一度あるかないかのチャンスを見事生かし得たからこそ、今日の彼がある。


 劇団四季時代に演じたあまたの役からもうひとつ、「コーラスライン」のポールをとる。同性愛者を自覚する若者の苦悩が魂の叫びとなって私の胸に響いた。ポールの場面はドラマが終局に向って急速に動き出す要所(かなめどころ)だが、市村はそのことをしっかり自覚し重責を全うしていた。この作品でも彼はオリジナル振付・演出のマイケル・ベネットから直接駄目出しを受けている。なんという好運!
 

 好運といえば、フリーになったとたん「ミス・サイゴン」のエンジニアという大役に巡り逢えたのも好運、いや強運にちがいない。ただしこの役は大役以上に難役でもある。一種の司会・進行役と見えながらヒロインを上回る存在感が求められるからだ。市村エンジニアは、軽妙さと風格とそのふたつのバランスが実にいい塩梅で、いつ見ても惚れ惚れとなる。


 時折、私はこのミュージカル俳優に思い掛けず芸人根性をかいま見ることがある。その種のしたたかさを存分に発揮した好例が、「ラ・カージュ・オ・フォール」のナイトクラブ芸人アルバン(ザザ)だろう。徹底した女装と巧妙な歌いぶりから、観客を楽しませようとするエンターテイナー精神がほとばしり出る。鹿賀丈史(クラブの経営者ジョルジュ)との呼吸の絶妙なこと。


 大方の予想では「生きる」はミュージカルには不向きな素材で100%失敗作になると思われていた。創作スタッフの渾身の努力で国産ミュージカルの秀作が誕生したのはめでたい。気弱そうな善人、渡辺勘治のイメージに市村の飄逸さがぴたりはまったせいもある。市村にはジェイソン・ハラウンド作曲の楽曲をより深めることを望みたい。
 

 番外に日本の演出家による、市村主演のストレート・プレイを2本挙げる。ミュージカルを含め演技者市村正親の骨格を作り上げたのはこの2人だから。浅利慶太演出「エクウス」、蜷川幸雄演出「NINAGAWA・マクベス」。

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>