ABC友の会のブログ

ABC友の会のブログ

ロックバンド「ABC友の会」公式ブログ
ライヴ情報,楽曲,動画はこちら→
http://abc-tomonokai.com/

ストレートなロック・サウンドとポップなメロディー,そして独特の詞の世界。

ロック・バンド「ABC友の会」

メンバーのトシミツ(Vo・Gt),尾崎裕輔(Gt),日比野克哉(Dr)による公式ブログ

東京オリンピック、

本当に始まりましたね。

 

今回はイーグルスのメンバー関連作です!

 

DON HENLEY(ドン・ヘンリー)

以前にも書きましたが、私の趣向として
ソロ・アーティストよりもバンドの方が興味があり、
ソロ名義のアルバムというのはかなり少ないです。
しかし、この曲が聴きたい!という事で
買ったものもいくつかあります。

ドン・ヘンリーのソロ2枚も、そんな理由で買いました。

・Building the Perfect Beast(1984/2nd/国内CD)

好き度★★★☆☆
ソロ2作目。
『ヴォイス・オブ・ホテル・カリフォルニア』として
あまりにも有名な、哀愁を帯びたハスキー・ヴォイスが
堪能出来ます。

シングルとして大ヒットした①「The Boys of Summer」の、
去りゆく夏を惜しむかのような曲調はまさに真骨頂!

一方でドラムはあまり叩いておらず、
シンガーソングライターとしての側面をより
強調したとも言えます。

・The End of the Innocence(1989/3rd/国内CD)

好き度★★★★
前作からさらに楽曲のクオリティが上がり、
とくにバラード曲の美しさは絶品!

①「The End of the Innocence」ではゲスト参加の
ブルース・ホーンズビーが一発でそれとわかる
ピアノで好演。

⑤「New York Minute」⑩「The Heart of the Matter」
などの出来も素晴らしいですが
レゲエを取り入れた⑦「Little Tin God」でも
センスの良さを見せてくれます。

ただ前作にも増してドラムを叩いていない・・・
というか、打ち込みが多いんですよね。
ベースも含めたリズム隊の音がもう少し
温かみのある音だったら・・・とも思いますが、
これがその時代の音だったということでしょう。

JOE WALSH(ジョー・ウォルシュ)

・The Smoker You Drink, The Player You Get
(1973/2nd/国内CD)

好き度★★★★
邦題は『ジョー・ウォルシュ・セカンド』。

アメリカン・ハードロックの名バンド、
ジェイムス・ギャング脱退後、バーンストームを結成。
同名アルバムを経ての2作目。
名義はバーンストームではなくソロ名義のようです。

この人のソロ・アルバムは4枚持っています。
今回あらためて聴きなおしてみて、
ジェイムス・ギャングやイーグルスでの
ギタリストとしてのイメージが強いですが、
この人の本質はシンガーソングライターなのかもなあ、
と思いました。

お得意のハードにドライブしたギターはもちろん、
歌のメロディが素晴らしいのです。
ヴォーカルも、上手いのかどうかはわかりませんが、
実に味がある。

全体的にリラックスした雰囲気が漂う一方で
ジェイムス・ギャング時代にものぞかせていた
プログレッシブな感性も見せる。

そんな中、⑤「Happy Ways」のような可愛らしい
曲も取り入れるあたり、この人の懐の深さ、
幅の広さを感じます。

・So What(1974/3rd/国内CD)

好き度★★★★
私が持っている、この人の4枚のアルバムは
どれを聴いても基本的にあまり大きくは
違わないと思いました(いい意味で)。

本作も前作の延長線上にあると言ってもいいでしょう。
ハードな曲、リラックスした曲、
アコースティック・サウンド、どれも
割合がちょうどいい!

結構バラエティーに富んでるのに、
あまりそう感じさせないのはやはり
歌のメロディと声なのかな。

イーグルスのメンバーがゲスト参加していて、
この頃から交流があったのがわかります。

・But Seriously, Folks...(1978/5th/輸入LP)

好き度★★★★
これはイーグルス加入後の作品。
やはりイーグルスの面々がゲスト参加しています。

イーグルスのライヴ・アルバムでも取り上げられていた
⑧「Life's Been Good」を収録。

・Ordinary Average Guy(1991/10th/国内CD)

好き度★★★☆☆
時代は下って、'90年代に入っての通算10作目。
やっぱり大きくは違わない(^^)

コメントが短いからといってつまらない訳じゃないですよ。
どれを聴いても極上のギター・サウンド、
歌心溢れるメロディが楽しめます。

ところで、2011年のイーグルス来日公演を見ました。
素晴らしいライヴでしたが、
なかでも一番動き回り、サービス精神旺盛な
エンターテイナーだったのがジョー・ウォルシュでした。

もうイーグルの方々も70歳越えか・・・
亡くなった方もいらっしゃるけど、また見たいなぁ。

ではでは、
お付き合いいただきありがとうございました!

ABC友の会公式HP
http://abc-tomonokai.com/
 
ABC友の会公式Twitter
https://twitter.com/abc_tomonokai