東北、北海道周遊!その5

テーマ:

太平洋フェリーはとても豪華にできていて、食事も安くておいしかったです(ビュッフェで2,000円です)。

ディズニーの車もいました。

今回は特等室(和室)が取れたので、子供も遊び放題です。

お風呂もついています。

船内もいろいろな施設があって、次回はゆっくり回ってみたいです。

 

夜7時に出向して朝の10時に仙台港へ到着します。

台風が熱帯低気圧に変わったため、船は揺れましたが幸い船酔いはありませんでした。

仙台から2時間ほどで、福島の磐梯山温泉ホテルへ到着です。

天気が悪かったので磐梯山は雲に隠れています。

おおきな赤べこポスト、大人も乗ってOKです。

部屋はメゾネットタイプなので1Fはソファーをつなげて子供用の囲いにできます。

2Fは寝るだけですね。

ここもビュッフェですが、種類が豊富で、わっぱめし、さくら鍋、喜多方ラーメン、十割そば、ステーキ、和食、洋食、中華と星野リゾートの中でも満足度が高いです。

翌朝は、赤べこ、おきあがりこぼし等の製作体験をしました。

帰る前に、おいしいという蕎麦屋に立ち寄り

みんなは天ざる(私は割りこそば)を食べて15時には帰宅できました。

今回の異動は、AUDI S6だったので悪路も安心して走れました(東北道など雪の多く降る所はアスファルトが荒れていることが多いので4駆がおすすめです)。

 

 

 

東北、北海道周遊!その4

テーマ:

津軽海峡フェリーに車を乗せて函館へ移動です。

3時間40分で函館につくので船酔いの心配もないです。

函館から札幌まで車で3時間ほどですすきのにあるホテルへ到着しました。

夕食はいつも行く、だるま本店ではなく、だるま4.4 二階亭へ行きました(ここは子供もOKです)。

翌日は富良野へ移動して、ふらの硝子工房で買い物、とみ川でラーメン、と定番の目的をクリアして、新富良野プリンスホテルへ移動しました。

ホテルから富良野岳がきれいに見えます。

ホテル周辺は遊ぶところも豊富で、

セグウェイ

アスレチックで遊んだ後、森の時計でカフェしました。

見た目よりも高い位置にあります。

19種類の障害があります。

ニングルテラスで少し買い物をして、ホテル内で夕食をとります。

毎日食べ過ぎているので、この日は軽めに

 

 

 

 

明日は苫小牧からフェリーで仙台に移動です。

 

 

 

東北、北海道周遊!その3

テーマ:

3日目も青森です。

まずは弘前のねぷた村へ移動です。

到着後、レオンママさんと合流して中を回ってみました。

迫力がありますね(-^□^-)

大好きな金魚のねぷたもあります。

源平合戦です。

かわいいミニチュアもあります照れ

体験もできるということで、みんなでいろいろ作りました。

お昼はみんなでリンゴを使ったフレンチでランチしました。

 

みんなで記念撮影爆  笑

食事のあとは、藤田記念庭園へ

 

鯉の餌やり等もあります。

かわいいカモの親子もいました照れ

レオンママさん、アテンドありがとうございました!!

 

4日目は、北海道へ移動です

 

東北、北海道周遊!その2

テーマ:

2日目は山形~青森へ移動です。

最初の目的地は、鶴の舞橋です。

木造で最長の橋だそうです。

とてもきれいです。

途中で立ち寄ったサービスエリアではツバメがたくさんいました。

みんなで保護しているようです。

縁起がいいですね!爆  笑

夕方、予程通り、青森屋に到着しました。

 

3日目へ続く

東北、北海道周遊!

テーマ:

6日~13日まで、久しぶりの旅行に行ってきました。

初日は山形の銀山温泉、神奈川から車で5時間ほどで着きました。

この雰囲気がいいですね。

今回泊ったのは、藤屋、全8室に対して貸し切り風呂が5つあるので、空いているところは24時間自由には入れます。

旅館内の雰囲気も落ち着きます。

中は忍者屋敷のように扉が分からないつくりです(靴が置いているところが扉になっています)。

室内にもお風呂はありましたが、結局入っていません。

今回入ったのは、榧木のお風呂です(将棋盤で使われる素材ですね)。

ここでの目玉は何といっても夜景です。

食事もとてもおいしい精進料理でした。

鱒の塩焼き、とても柔らかくて食べやすかったです。

品数も豊富です。

米沢牛の陶板焼きです。

 

2日目は青森です。ウインク

 

 

にゃんずの様子!

テーマ:

我が家のにゃんずは、みんな元気です。

日薇は膀胱に大きな石があるため時々血尿が出ますが、療養食で安定しています。

みかんは病気一つせず健康です。ジュピターは口内炎がありますが、元気で食欲も旺盛です。

健康が一番ですね!