文京内科・循環器クリニックのブログ

文京内科・循環器クリニックのブログ

東京都文京区本駒込2-10-3 ウエストワンビル4Fにあるクリニック(https://www.bunkyo-cl.jp/)の、医師で院長のブログです。

健康診断を受診した時に、心電図の検査で「期外収縮」を指摘されることがあります。

 

「期外収縮」では、正常の心臓の拍動よりも早いタイミングで心臓の拍動が起こります。

 

早いタイミングで起こる心臓の拍動には、心房に起源のある「心房性期外収縮」と、心室に起源のある「心室性期外収縮」があります。

 

健康診断で指摘される「期外収縮」の多くは、加齢に伴って増加する傾向があります。

期外収縮は、「老化」のひとつのサインであるとも考えられます。

 

期外収縮のほとんどは良性で、積極的な治療の必要はありません。

 

期外治療が治療の適応になるのは、

1.期外収縮の背景に心臓などの治療を必要とする病気がある場合。

2.動悸や脈が飛ぶなどの自覚症状が強いとき。

 

1.の、期外収縮の背景にある病気としては、心不全、高血圧、心筋梗塞、などがあります。いずれも、胸部レントゲン検査、12誘導心電図検査、症状の問診と診察で診断がつきます。これらは、健康診断で同時に行われています。

さらに、追加の血液検査で「NT-proBNP」の濃度を測定すれ、心不全は否定が可能です。

 

もし、これらの病気がある場合には、その治療が必要です。心室性期外収縮の背景に心筋梗塞などの心臓病がある場合は、生命予後に影響を及ぼしますから、精密検査と加療が重要です。

 

2.の、の脈が飛ぶなどの胸部の症状が強いときには、薬物による治療の適応になる場合もあります。さらに症状が強い場合には、心臓カテーテルによるアブレーション(焼灼)による治療の適応になる場合もあります。

 

「期外収縮」の数は、心電図検査を行った日の体調によっても容易に変化します。過労などの心身のストレス、睡眠不足によっても、期外収縮は増加します。

 

「期外収縮」は、加齢現象のひとつと考えられますが、ほとんどの場合は良性で治療の適応にはなりません。

背景に心臓梗塞などの心臓病がある場合や、特に症状の強い場合には、治療の適応になる場合もありますが、頻度は高くはありません。

「期外収縮」の背景には、しばしば過労や心身のストレスがあります。期外収縮を指摘されたときには、日常生活におけるこれらのストレスや疲労がないかをふり返り、なるべくリラックスを心がけ心身のバランスをはかる必要があると考えられます。