12月10日から令和元年第3定例会が開会になります。

今回も一般質問に登壇予定です。質問趣旨は以下の通りとなります。

1.予算の執行管理と文書の管理について 
●国政では季節外れの桜が、季節外れなのになぜか散らない不可思議な状況が続いている。
網走市において、特定の事業の経費が当初予算の2倍を超えるような状況になった場合、どのような対処を行うのか。見解を伺う。 

●文書の保存期間が部署ごとに異なるなどの状態は網走市にあるのか。また、文書による保存期間の違いなどのルールの定めはどうなっているのか見解をうかがう。 

●参加者を招待するなどして事業を実施した際、招待者の名簿の保存期間や保存方法などの管理はどのようなルールになっているのか見解を伺う。 

2.産業と観光について
●この度、2017 年に続いてイタリアのコンクールで優勝したジェラートが網走で生まれた。こうした特筆すべき産品を活かしたまちづくり、観光の活性化のチャンスと考えるが基本的な見解を伺う。

3.人権が尊重される社会の実現について
●網走市は昭和 39 年 9 月 30 日に人権擁護都市宣言を。また網走市議会は昭和 48 年 12 月 20 日に人権擁護都市宣言を決議しており、その中で「個人の尊厳と平等を基礎とした人の和を大切する人権擁護を 目的とした平和都市であらんことを示しています。」としています。これらを網走市としてどのように 捉え、どのように施策に活かしているのか市長の基本的な見解を伺う。

●近年、ヘイトスピーチやヘイトスクラム・ヘイトクライムと呼ばれる人種、民族、性的指向など、特定の属性を持つ個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる嫌がらせ、脅迫、暴行等犯罪行為が残念なが残念ながら散見される。網走市としてこれらのどのように定義し、どのような方針を持って対応する考えなのか見解を伺う。

●LGBTsの方々に関する網走市の取り組みは、現状では近隣自治体と比較しても先進的とはいえず、 定住自立圏を構成する大空町よりも残念ながら後れを取っている状況にある。今後、網走としてどの ようなスケジュール感を持って対応を進めていくのか具体的な見解を伺う。

 

過去の思い出を振り返り投稿しよう

みんなの回答を見る

 

さて、実はブログを巡ってトラブルが発生しておりますが

もう少し状況が定まったらそのことも書きたいと思っております。

 

それはさておき、似顔絵を描いてもらって使い始めてから3年が経ちました。早いものです。新しい似顔絵をまた導入するのも一つかなと思いつつ、当面はこれで行きたいと思いますが、皆さまのご意見はいかがでしょうか。



こんにちは。ただ今、永田町に到着。本日は、国民民主党本部にて拡大総務会に出席します。


さて、昨日は午前中に断捨離を進め、午後から新企画の「カフェDE意見交換会」の協力依頼と打ち合わせのためカフェを巡りつつ地域へ。
予定の5店舗中3店舗は以下のように。近日残り2店舗も決まります。
○12/16 12時〜13時半
FMあばしりの「LIA Cafe」

○12/19 14時〜15時半
網走駅前の「アルカディア」

○12/21 13時半〜15時 
つくしヶ丘の「リンデン」

○同日 16時〜17時半 
南9西2の「ちゃや ふぉるて」

○12/22 13時半〜15時 
南4西3の「High bridge cafe」



おおはようございます。
写真は昨日のお弁当です。

さて、本日は市議会一般質問に登壇予定です。
10時から議会ははじまりますが、私の登壇は一番最後ですので11時半以降になるか。
インターネット中継もありますのでお時間のある方は録画配信含めご覧いただければ幸いです。
質問の概略は以下の通りです。

1. 投票率の向上について
〇網走市における投票率の推移を明らかに。

〇投票率が低下する原因の分析をどのように行っているか明らかに。

〇投票率の向上のための今年度実施した取り組みとその成果をあきらかに。

〇各地で選挙時のミスが生じているが投票入場券あるいは選挙公報の不着は網走市では起こっているのか。起きた場合はの対応はどうするのかを有権者に対するものと対外的な対応を合わせて明らかに。

〇各級選挙の調査結果では選挙公報は投票選択における最も重要な手がかりとなっているが網走市の現状はどうか。

〇選挙公報には改善の余地がある。認識と今後の対応は。

〇高齢化などが原因で投票に行けな方々の対策として移動投票所を導入する自治体も増えつつある。
また、先ごろ実施された仙台市議選の際にはご当地グルメ選挙を実施し、実際の選挙戦と絡め投票率の向上を目指するなどして市民の興味を喚起する試みもある。この他にも投票率の向上を図る取り組がが進められているが今後の考え方と対策ついて明らかにされたい。
 
2.子どもの貧困改善と児童扶養手当について

〇子どもの貧困対策の放置は社会の損失であり、子どもの貧困対策の推進は未来への投資である。我が国はもちろん、網走市にとっても大切で最大の宝であると共に、未来をつくる力である子どもを育んでいくことは極めて重要であると考える。一方で、網走市の子どもの貧困にたいする基本的な考え方はどこに公式に示されているのか見えてこない。

網走市子ども・子育て支援事業計画を見ても明確に示されていないと私は理解している。この際、子どもの貧困に対する網走市の基本的な考え方を明らかにされると共に、網走市としての子どもの貧困
に対する「めざすべき姿」について公式な見解を。

〇子どもの貧困対策法が6月に成立し、市町村でも貧困改善に向けた計画作りが努力義務となった。
網走市の貧困対策法に基づく対応策は。今後どのように進める考えなのか基本的見解を明らかに。

〇子どもの生活実態の把握及び地域で課題解決に取り組む団体などの地域資源の把握はどのような形で進めているのか。

〇児童扶養手当は父または母と生計を同じくしない児童を扶養するひとり親家庭などの生活の安定と自立の促進を助け児童の福祉の増進を目的として支給される。
一方、全国的にこの支給の際に必要とされる提出書類が法で想定している範囲を超えるものとなり、プライバシーの侵害やジェンダーの視点から問題視されるものがあるとされている。
網走市の実態はどのようになっているか詳細を明らかにされたい。

〇法の想定を超える確認書類が必要な状況や、窓口対応の状況があるならば改善しなくてはならないがどのように考えているのか。

※一問一答方式ですので答弁によって質問内容は追加されたり変化したりします。ここに書いたものはあくまでも概要でこの通り話すわけではありません。












9月8日は国民民主党 両院議員・全国幹事会等合同会議/研修会に出席。
玉木雄一郎代表あいさつ、平野博文幹事長からの統一会派についての経過報告。
その後意見が交わされました。

国民に届く大義をしっかり定めること。
改革中道政党の国民民主党の考え方や立ち位置がなければ政権交代はできない。
物事を決めるプロセスは地域を含めて丁寧に説明しながらやって行く。
より多くの仲間が勝ち抜き、より現実的な選択肢として現政権に代わる新たな政権をつくる。私たちが目指す社会を目指すために新たな経済政策と社会保障をしっかり政策として磨いて行く。
結党の原点、政治家の原点に戻って力を合わせて取り組んで行きます。

続いて参院選総括。これについては政策面についての意見が出ました。

そしてこの日の後半は、親交のある中島岳志東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授を講師にお迎えし、これからの国民民主党の立ち位置や歩むべき道についてご示唆を受けました。

必ずしも1つの政党になり2大政党制を目指すのではなく、ツーセクターで政権交代を目指す、つまりは穏健な多党制が現在は必要という提言をいただく。

私もそうだが国民民主党は保守リベラルでいわゆる左翼ではない。だからこそ寛容な保守こそが実はリベラルであり、リベラルは寛容であるからこそ保守なのだという標準的なものの考え方を突き詰めていくことに答えは見えてくる。

やっぱり #大切なものはタマホームにこそある  から多様でより寛容でなくてはならない。急がば回れの精神でコツコツと活動を積み重ねます。