キッチン北窓際に、枯れた葉っぱの水挿し。
これ、パイナップルの頭(と言うのか?)です。



先日、芯まで食べられるというこちらのパイナップルをお友達にいただきました。
パイナップルをカットしたことがないと戸惑う私に、そのお友達は囁きました。
「頭部分を水につけておけば、根っこが出るよ」と。
水挿し出来るの?!←俄然張り切る
アボカドの種を育てようと思って取っておいたフラペチーノの上蓋にはめて、マグカップへ。
その5日後、ついに発根!!!
さらに5日後、根っこは伸びてふえました。
中央の新しい葉っぱらしきものも、1つから2つにふえました。

ただ、全体的に茶色く枯れてきている(傷んできている)のが、心配です。
そもそも、私がネットで見たパイナップルの水挿しは、葉っぱが生き生きとした黄緑色で、葉先は枯れていませんでした。
最初から枯れているこのパイナップル、大丈夫なのか?←葉先をカットした方がいいのか?
しばらく観察していきたいと思います。
観葉植物として生まれ変わらせることができるといいな。
発根してから根っこが見やすいこの縦じまビンにチェンジしましたが、葉っぱ部分とビン部分を合わせてパイナップルに見え…なくもない?