こんにちは!

 

あかぬま鍼灸治療院です(^^♪

 

http://www.akanuma-pain.jp/

 

 

 

 

 

 

 

今日の話はこちらです↓↓↓

 

 

【グロインぺイン症候群】   股関節以外でチェックする箇所はどこ⁉

 

 

 

 

先日の患者さまで

 

中学3年生。

 

 

 

 

ポジションはフォワードで

 

 

 

 

ここ半年ほど

 

 

 

股関節の痛みで

 

 

 

 

思うようにシュートができない様子。

 

 

 

 

 

鼠径部周辺が痛み

 

 

 

 

 

 

スポーツ整形外科で

 

 

 

 

グロインぺイン症候群と診断。

 

 

 

 

 

診断後、近所の整骨院で

 

 

 

 

インナーマッスルを緩める施術や

 

 

 

 

股関節の可動性を高める調整をしてもらって

 

 

 

 

5割程度改善したが、

 

 

 

 

 

シュート時の痛みが軽減せず・・・・

 

 

 

 

当院のグロインぺイン症候群

 

 

 

 

 

のブログを拝見して

 

 

 

 

来院してくださいました。(^^♪

 

 

 

 

 

グロインぺイン症候群・・・・( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

ホント、厄介な症例です‼‼‼‼(笑)

 

 

 

 

 

 

 

股関節はダイナミックな動きをする

 

 

 

運動連鎖の軸となる

 

 

 

 

関節ですが、

 

 

 

 

 

 

 

一旦、悪くなると進行も早い・・・・(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

ですので、選手生命を脅かすほど

 

 

 

 

の疾患になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、

 

 

 

 

 

 

グロインぺイン症候群を改善するために

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どのような評価が必要か・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し解説しますね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

◆グロインぺイン症候群の評価項目◆

 

 

 

 

 

 

①足関節のアライメントの評価

 

 

 

 

②腹圧の緊張度合い

 

 

 

③仙腸関節からの骨盤前傾、後傾の動き

 

 

 

 

④胸郭、体幹の回旋運動ができているか

 

 

 

 

⑤頸椎のバランスの評価

 

 

⑥重心バランス調整のチェック

 

 

 

 

 

 

結構、検査項目がありますよね・・・・(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

 

 

 

グロインぺイン症候群では、

 

 

 

 

 

 

 

全身の評価をしないと

 

 

 

 

 

改善できないと断言します。

 

 

 

 

 

 

 

巷では、

 

 

 

 

 

インナーマッスルを処置したり、

 

 

 

 

 

 

抗重力筋(こうじゅうりょくきん)と呼ばれる

 

 

 

 

 

背骨を支える筋群を

 

 

 

 

鍛えるメニューを選手たちに行っていますが、

 

 

 

 

 

本当に解決していますか・・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、いい結果が出ていないと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

この選手の

 

 

 

 

5割の痛みは

 

 

 

腹圧の調整で消失することができました(^^♪

 

 

 

 

 

 

腹圧と云うと

 

 

 

 

 

体幹を鍛えたのか・・・

 

 

 

 

とイメージしがちになりますが、

 

 

 

 

ある部位の筋膜が交差する

 

 

 

 

 

筋連結部位を緩める調整をすることで

 

 

 

瞬時に下腹から股関節にかけての

 

 

 

 

腹圧の調整がうまくできるようになります♪

 

 

 

 

 

 

 

お母さん曰く、

 

 

 

「こんな箇所が股関節と関連しているなんて

 

 

人体って不思議ですねー。」

 

 

 

 

 

 

 

グロインぺイン症候群は

 

 

 

 

 

全身からのチェックです‼‼

 

 

 

 

覚えておくといいですよ(^^♪

 

 

 

 

 

あかぬま鍼灸治療院

 

http://www.akanuma-pain.jp/