自毛のヘアカラー

抜ける前より白髪が増えた気がします。

生えてきた毛は最初ほとんど白髪で、
だんだん黒く戻ってきたけど、
全部は戻りきらなかった感じ。
これが2年ぶんの加齢なのかガーン

すあたまデビューにあたり、ヘアカラーをどうするか、かなり調べました。

1、ジアミンは避けたい

ジアミンとは、ヘアカラーがしっかり染まるために欠かせない化学成分。なんともない人もいれば、ヒリヒリする人、アレルギーでかぶれる人もいる。

わたしはジアミンアレルギーはなかったけど、思えばヘアカラーのたび、いつも決まって同じ場所(左後頭部)が沁みて痛かった。そして、脱毛が始まったのはまさにその場所からだった。

(ただ脱毛はジアミンが直接の原因ではなく、単に頭皮の弱い場所が最初にやられたのだと思う)

でもいまの不安定な頭皮に、ジアミンばりばりのカラーはやめておこう。

2、でも、すぐ色落ちするのは困る

ので、ヘナも難しいかなぁと思い、見つけたのがノンジアミンカラー(ジアミン不使用のカラー剤)

ノンジアミンカラーをやっているという近所の美容院へ行ってみました。

そこで言われたのは、

ノンジアミンカラーは、刺激は抑えられてるけど、ジアミン系に比べると、色のバリエーションは少なく、染まりもそこそこ、色落ちも早い、とのこと。

で、すすめられたのが漢方カラーというもの。

それは、染まり具合や色持ちも維持しつつ、ジアミンの量を極力減らしたものだそうで、試してみることにしました。

「これでしばらく様子を見て、問題なければウィッグをはずそう。もし再発したらそのときはそのとき」という覚悟で。


で、無事ウィッグをはずすことができたのですが、問題は2回めのリタッチのとき。。

薬をつけると、頭が燃えるように熱い!

熱さと、どうしよう、やばいやばいという焦りで、待ち時間は心臓がドキドキ滝汗

すすぐときなんか、いくら水温を下げても熱く感じて、もっとぬるくして、もっとぬるくして、と言い続けて、結局冷水になってたそうです
(洗ってくれた子が驚きながら教えてくれた)

そのあとは一週間以上痒みが止まらなくて、フケもすごかった‥‥‥えーん

そしてたぶん、左右のおでこの生え際はすこし抜けて薄くなった。

それ以上たくさん抜けることはなかったのだけど、本当に怖かった。。

うーん、わたしの頭皮は2年のブランクで相当ピュア笑い泣きになっているんだな。やっぱり無茶は禁物だ。

そして3回めは、素直にノンジアミンカラーに変更。

さいわい刺激全くなし、色落ちの早さも許せる範囲か。

ということで、しばらくはノンジアミンカラーを続けようと思ってます。


問題はコスト。
漢方カラーでもノンジアミンカラーでも、月イチで約1万円。ウィッグより高くつくかも。

もっと安くジアミンカラーやってるお店も見つけたけど遠くて通いづらい。

頑張ってくれてる頭皮と髪のためにも、なんとか落とし所を見つけて付き合っていかなくちゃいけないですね。


桑名の六華苑にて。遠すぎてわかりづらいですが、1つ結びしています