はじめちゃんのブログ

はじめちゃんのブログ

説明を入力してください。


テーマ:

もし、あなたが、

「原稿を覚えても、緊張すると全く言葉が出てこない」

「人前で話すことを想像しただけで、恐怖心が強くなる」

「檀上に立った途端、頭が真っ白になる」

「人前に立つとあがってしまい、話が支離滅裂になる」

という悩みを抱えていれば、今回その悩みを全て解決します。

人前であがらず3分以上、スラスラ話せる人と話せない人。

その決定的な違いは何なのでしょうか。

大勢の前でも落ち着いて理路整然と話せる人は、
意識的にせよ、無意識的にせよ、
ある思考法も基づいて話しているのです。

人前でうまく話せない人は、
その思考法を持っていません。

なので、いつもまでたっても
人前に立つと、頭が真っ白になったり、
話が支離滅裂になったりするのです。

では、ある思考法とはいったい何なのか。

それは、“話すことをイメージする”

ということです。

つまり、話すことを頭の中で映像化する
ということです。

こうすることで、短い3分間スピーチから
長時間のプレゼンまで、話す長さにかかわらず
スラスラ話せるようになるのです。

具体的には、『言葉をイメージで記憶する』
というシンプルな方法を行うことで、
暗記しにくい文章でも楽に思い出すことが
できるということです。

ではどうやって、記憶していくのか?

これにはとっておきの方法論があります。

この方法論を編み出したのは、話し方のベストセラー作家で、
NHKや日テレなどメディアにも多数出演している

金井英之先生です。

 

その方法論は、スピーチ瞬間記憶術というものです。

スピーチ瞬間記憶術は、22年間で1万人以上が
学んで成果を出し続けている特別なメソッドです。

ここには、聴衆の心を一瞬にしてつかむ
すごい仕組みがあります。

例えば、記憶する前に、6つのルールを守るだけで、
自然な話し方ができるようになります。

自己紹介もたった3つのポイントを抑えるだけで
聞き手に強く印象づけることができるのです。

このように、スピーチ瞬間記憶術は、
自分を売り込む最大の武器になります。

ですので、あなたが、絶対に失敗の許されない
スピーチやプレゼンで、自信満々に言いたいことを
伝えたいのであれば、今すぐ下記ページをチェック

してください。

 

(追伸)

スピーチ瞬間記憶術は、右脳の働きを活用した
科学的理論に基づく効果的なテクニックが満載です。

どうすれは、人前であがらず、
聞き手に信頼と評価を勝ち取る話しができるのか。

あなたにも、その方法論を学んでいただきたいと思います。

このメソッドはどこへ行っても学ぶことはできません。

スピーチ瞬間記憶術を学ぶことで、
1年後、2年後、3年後には、あなたに対する
周囲の評価はぐんぐん高くなっていくでしょう。

だからこそ、本気でスピーチが上手くなりたいと願う
あなたには絶対学んでいただきたいメソッドなのです。

1日20分トレーニングを行えば、14日後には目覚ましい

成果が出てきます。

 

 

 


テーマ:
14日間でスピーチの失敗を成功に変える秘策
人前であがると本当に嫌な気持ちになります。
手足は震えるし、全身がガチガチになるし、
頭の中がパニックになる方も非常に多いはずです。
しまいには、暗記した原稿もまったく出てこない。
極度にあがってしまうと、このような状態になってしまいます。
そうなると、
「もう二度と人前では話さない!」
と失敗した悔しさだけが残ってしまいます。
でも、まだあきらめないでください。
実は“スピーチの失敗を成功に変えるとっておきの秘策”があります。
 

スピーチやプレゼンなど人前に出ても、
原稿を見ずに落ち着いてスラスラ話す方法がわかれば、
失敗を成功に180度変えることができるのです。
今回のプロジェクトは、
あなたが長年解決できなかった、
本番になると覚えてきた原稿をすっかり忘れる
という不安を消し、スピーチを科学的に考え、
「言葉をイメージに変換」
することで、あなたの覚えてきた原稿を
しっかり言葉で伝える技術を身につけるプロジェクトです。
ですので、 あなたが心からあがりから解放されたい
と願っているのなら、スピーチ瞬間記憶術を身につけることが先決です。
このノウハウを身につけることで、
あがりの三文字に身動きの取れなかった1万人以上の方が、
自信を手に入れています。
あなたにもこの方達のように
ビジネスで即成果が出るスピーチスキルを学んで
周囲の信頼と評価を手に入れていただきたい。
そう心より願っています。
人前で堂々と話し、あなたの価値を
最大限に高める具体策を以下で全てお教えします。
ただし、特別割引のお申込みは先着200名様までということです。
さらに、テキスト、収録時間3時間51分のセミナー音声、
スピーチ成功のテンプレートなど、2万円相当の8代大典が
付いています。
このチャンス見逃したくない方は、今すぐ下記をご覧ください。
 
お問合せ

テーマ:

尊敬語と謙譲語の注意点      
尊敬語と謙譲語の使い分け      
尊敬語と、謙譲語は、慣れないと使い方を間違えてしまいがち。      
「○○さんが参られました」では、例え尊敬語の「られ」をつけても、
「参る」が謙譲語であるため、間違いやすいです。      
正しくは「○○さんがいらっしゃっしゃいました」です。      
      
過度な使用は失礼に      
「ご覧になられる」という表現は、「ご」と「なられる」の2つ
の尊敬語を使った二重敬語で間違い。      
この場合は「ご覧になる」で十分。      
また、長い一文の中の単語すべてに「お」や「ご」をつけるのも
やり過ぎ。      
かえって失礼な印象に。      
      
役職のついた人の呼び方      
取引先の課長を「山田課長様」と呼んでしまう人がいますが、
これは間違い。      
本来、役職そのものに敬称が含まれているので、この場合は
「山田課長」で十分      
      
時には上司にも謙譲語を使う      
目上の人に対して常に尊敬語で良いとも限りません。      
社内であれば上司のことを尊敬語で表しますが、そこに社外の
お客様が同席している場合は上司も身内と考え、謙譲語で
表現します。      
      
尊敬語と謙譲語、どちらを使うか迷った時は?      
会社の課長宛てに電話がかかってきたとき、
「○○課長はいらっしゃいますか?」と      
尊敬語で聞かれた場合、「おりません」と謙譲語で
答え乗れます。      
一方、例えば、「弊社の山崎はそちらにおりますでしょうか?」
と謙譲語で聞かれたら      
「いらっしゃいません」と尊敬後で伝える      
      
社会人として使わない「4D」って?      
つい口に出してしまう「だって」、「でも」「どうせ」
「ですが」の「4D」言葉。      
この「4D」言葉。この言いにくい話には。
その結果判断は相手に委ねる      
「~は、いかがいたしましょう?」を使うと
印象がよいでしょう。      

 

Ameba人気のブログ