これは、地球の歴史にかかわる重大な社会的現象なので、記録して後世に残さねば人類の明日はないと杞憂する。

 

 それは近頃、潰れた漬物屋の後に改装した店の前であるが、いきなり大勢の若い女性の行列ができて押すな押すなの大盛況である。

 あとの会合でそのことが話題になり、聴くところによると、それはタピオカ屋だそうである。

 

足袋丘?いやタピオカらしい。 

 

なんだそれ?

 

百聞は一見に、いや味見に如かず。で空いているほかのタピオカ店で、注文してみた。500~550円だと言う。

 

え”っ、そんなに高いのか? 缶ジュースは120円が相場なのに、中は何だ?

 

何の事はない、ミルクティーに黒い寒天のようなのが沈んでるだけだ。

 

4択のうち、どれが一番売れてるか、訊いたら「Taro Milk Tea」だと言う。

何それ? と問うと、

子曰く 「タロイモ」という。

芋なのか?

よし、じゃ、それいってみよう。

 

中でアジア人の女性が慣れない手つきでシェーカーを振り始めた。勘定を間違えたので正してあげた。ベトナムから来たと言ってた。

おおかた、台湾で造ったタピオカを、台湾人のオーナーに委託されて、ここで活路を見出しているのだろう。

 

 

 

 さて、ここから愈々タピオカ初体験。

ふっといストローだな。

これで中にある猫のキンタ○のような丸っこいのを吸い上げるのか……。

 

おお、この食感、たまらんなー。

そして、口に含んだこの猫のキンタ○のような丸っこいのを、ムシッと潰し、中から甘い汁が出てくるのが何とも言えん。 あの女どもはこの甘い汁を吸いたいがために、危険を冒してまで道路に並んでいたのか。

 

まあ、分からんこともないが……。

多分それだけでは無い筈だ。何か秘密がありそうだ。

で、調べてみた。 

 

肌が美しくなる。

 

ほんとか? どんな根拠に基づいてそうなるのか?

 

確かに、人間は60兆個もの細胞でなりたち、それが細胞分裂で新陳代謝し、肌を瑞々しく保ってはいるが、その際にできた、活性酸素などの老廃物はどうするんだ?

酸化鉄に見られる錆びた屑鉄同様、細胞や活性酸素をどうやって体外へ排出するんだ?

 

それは、リコピンの含まれるトマトなどビタミン類が活性酸素をうまく丸めておしっこにして出してしまうことが、これまでの研究で解っているが、このタピオカについては、今のところ臨床実験などのデータは把握してないぞ。

 

ただ、タロイモ の芋にはビタミンCが含まれている筈だ。

すると、リコピンには及ばないが多少とも老廃物を排出するビタミンには違いない。

               

 

美しくなるかなぁ……。

 

しかし、毎日タピオカを食うほど研究費も捻出できないから、効能実験は今回は見合わせる。

 

                        (吟)