上大岡でリーグなので電車の中暇なので書いてみます。

高1の時に飲食店でアルバイトしてから
飲食(ホール、キッチン)、アパレル、水商売とほぼ接客業と言われる仕事を20年近くやってるんですが、日々勉強することが多く楽しいと思えてるので、接客はとても自分に合ってると感じています。
なので、いつもあたしの気をつけてることを書いてみよう!

①とりあえず元気にハキハキ笑顔で挨拶
②当たり前のことをキチンとする
③〇〇だろう。ではなく、〇〇かな?
④最後までキチンと見届ける

当たり前のことしか書いてないじゃねーか
そーなんです。基礎中の基礎です。
でも、当たり前のことできない人多いんです。

当たり前をわかれ!て難しいんですよね。
その人が育った環境によっても違うし。
だから普通てなんなんだって疑問もできる。

でもこの4つは意識すれば
だれでもやれるんです。

①これは入ってきた瞬間のお店のイメージを変えることができます。
笑顔で迎えてもらって悪い気はしません。
ファーストインプレッションですね。
お店に入ってだれも気づいてくれない、気づいたのになにもしてくれない、帰ろうかな?
てなりませんか?
それをなくすには気づいたらすぐ笑顔で声をかける。(気づくのが最大のポイント*待たされてるお客様は5秒が1分ほどに感じるからです。あおき調べ)
すぐに近寄れない場合はとりあえず声をかける。お客様の元にいけたときは
大変お待たせいたしました。ご案内いたします。
これでいいんです。

②この当たり前はその店のスタンダードを指します。お店によって方針がありますから、まずはそこをしっかりと抑える。
私の店では椅子を引く、呼ばれる前にいく、お客様が通るときは道を譲るetc.
色々です。だれか1人がやらないとお店がおかしくなります。リズムだったり、雰囲気だったり。
決められてることはキチンとこなしましょう。

③何言ってんだ?て思う人もいるかもしれませんが、最近これが1番大事なのではと思っています。接客はやはり人対人なので何を求められてるかわからない時があります。
そんな時は〇〇だろうと勝手に決めつけず、お客様に提案をしてみると案外お客様との距離も詰めれて後々やりやすくなったりもします。
例えば、
女性2名 パスタとピザ一緒に頼まれた。
1人1人食べるんだろうと勝手に思い込みオーダー。
でも実はピザ食べてからパスタをシェアしたかったお客様。

お客様にとったらオーダーしたものが出てきたのでクレームにはなりませんが、もっとゆっくり食べたかった、ピザたべてる間にパスタ冷めちゃったわ。なんてこっそり思ってるかもしれません。

そんな時にオーダーもらった際にシェアします?ピザとパスタは一緒に持ってきますか?と一言かけるだけで、じゃあゆっくり食べたいから1つずつだしてくれる?とお客様から情報が入るんです。ゆっくり食べたいっていうワードもその時にしか聞けなかったことだったりします。
そうやってコミュニケーションをとることも接客の醍醐味だったりするので、私は今1番大事にしてます。オーダー取る時が一番お客様の情報が入りやすいです。

④最後のお見送りもそうですが、自分がとったオーダーが間違えずにお客様の元に届いたか、ちゃんとしたものが届いたかの確認をする。
オーダーとって終わりー!ではなく、お客様に届くまで見届けることが本当に大事ですね。

家に着くまでが遠足!と一緒です。笑

まぁこんなこと考えながら接客してる人もいるんだーくらいに思ってもらえれば。

また日々勉強していきます。

長々と書いてたら上大岡についたのでこのへんで照れ
また気が向いたら書きますキラキラ