こんばんは。

金運体質生まれ変わりカウンセリングヒヨコ

松幸美築です。

 

人はいかに情報によって左右されるか 私の体験です。

 

私は長年、健康診断の結果が貧血でした。

貧血なんて病気のうちに入らない!

と勝手に思っていて

長期にわたり治療はしませんでした。

 

しかし、ある時

「輸血が必要な位のレベルです

 ここまで放置しておいたのはマズかったですよ」

 

と言われました。

 

この時、私は絶好調

精神的にも体力的にも調子良いぞー!!
という時に受け

結果を聞くまでは、もの凄く元気いっぱいでした。

 

それなのに輸血が必要になる位の貧血だと聞いたら

ものすごく自分が重症のような気がしてきました。

 

そして病院から出ようとした時

フラフラとよろけました。

あ~、立ちくらみが・・・あせる
 っていう状態になったのです。

 

ついさっきまで絶好調だったのに、

突然の急変です。

いかに人が情報に左右されるのかという事を実感しました。

 

他者に重症だと言われ、

自分がそうなのだ思ってしまうと、

本当にそんな症状が出てしまうのです。

 

最初は、これって恐ろしい事だな・・・と 思ったのですが、

逆に考えると 良い情報を入れれば、

それで自分は簡単にダマされるという事ですよね。

 

だったら、自分に良い情報をどんどん入れていこう!

と思いました。

人はとても単純なのかもしれません。

生きていると、色々な情報が飛び込んでくるけれど

どれを選択して受け入れるかで結果はぜんぜん違ってくるのです。

 

今回の件で言えば、貧血という結果を無視するのではなく、

貧血だけれども、こんなに絶好調でいる事もできる!

という現実の方を選択し、治療はしっかりとすれば良いだけです。

 

わざわざ入ってきた情報に合わせて、

自分の状態を悪くする必要はありませんね。

おもしろい体験でしたニコ