「生理痛はないのが当たり前」です!

 

そう聞くとびっくりされる女性も多いのではないでしょうか。

 

2011年の研究によると

女性の平均初潮年齢は「12歳2ヶ月」※1

 

現代の女の子は、早い子では小学生で初潮を迎えますが、

10代では生理に対する知識も乏しく、一人で悩んでいる女の子が多いようです。

 

2016年に千葉県内で行われた中学・高校の女子生徒およそ600人を対象に行われた生理痛に対するアンケートによると、

 

全体の約70%が何らかのトラブルを抱えていることがわかりました。

 

さらに、その中の80%弱が生理痛を我慢していると回答しています。※2

 

 

生理痛をお母さんに相談しても、お母さん自身も生理痛を持っていらっしゃる場合は

「生理痛はあるのが当たり前」になってしまいます。

 

「生理は子宮のお掃除」期間

 

女性の生理は、女性の体に必要不可欠なものです。

妊娠の準備を毎月繰り返し、妊娠しなければ子宮の中をきれいにお掃除して、次の妊娠の準備に備えます。

 

うんちやおしっこをするとき、痛みを感じたら「おかしい」と思いますよね!

 

生理は子宮のお掃除ですから、

同じように生理のときに痛みを感じたら「おかしい」と思ってください。

 

横になったり、1日寝込んでしまうほど辛い時は、なるべく早めに婦人科を受診しましょう。

 

それほど辛い生理痛で無かったり、受診して問題ないと言われたが生理痛が続いたりする時は、漢方薬でも改善できますので1度ご相談ください。

 

当薬局は、女性薬剤師が対応していますので、10代の女の子でも安心してご相談いただけます。

 

 

 

※1https://kaken.nii.ac.jp/ja/file/KAKENHI-PROJECT-22330189/22330189seika.pdf

※2https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201027/k10012681701000.html