こんにちは~99里ネットのかっこゆ~みんかっこですにっこりハート*

 

 

平成最後の年末が近づいています

 

お仕事やら大掃除やら忘年会やらで何だかんだと

 

忙しくされている方が多いことでしょう

 

私個人としましては、11月23日に15年間共に過ごしてきた愛犬を亡くし

 

未だに悲しみの中をさまよっています

 

そんな私が、あまりに愛犬が居なくなった家に居るのが辛くて

 

観に行った映画(ボヘミアン・ラプソディ)のご紹介をしたいと思います

 

私が紹介するまでも無く今や大ヒットしているこの映画は

 

1991年に45歳の若さでこの世を去った

 

クイーンのボーカル(フレディー・マーキュリー)の伝記映画です

 

曲の製作秘話やコンサートの再現の他に

 

フレディーの内面の葛藤も描かれているのですが

 

フレディーは、プライベートなことを人に話さない人だったので

 

この伝記映画のフレディーの内面的な描写がどこまで真実なのか…

 

ということでこの映画の評価は賛否両論あるようです

 

私としてはフレディーをクシャッと縮めた様な体系のラミ・マレックは

 

評判の様にはフレディーに似ているといは思えませんでしたが

 

ライブエイドのパフォーマンスの動きはみごとに再現していると思いました

 

そして全編に流れる歌声はフレディー本人のものですし

 

何といってもラストには本人の映像も見ることが出来ます

 

私は映画を観て以来車の中でクイーン以外は聴かなくなるくらい

 

クイーンの曲・フレディーの声が心に残ってしまいました

 

演技の面で言えば、ブライアン・メイがインタビューで

 

(ソロアルバムを出すことをメンバーに告げる時のシーンの

 

フレディーの演技はとてもリアルでとてもフレディーらしかった)と言っていたそうです

 

これから観る方はそのシーンに注目してみてはいかがでしょうか

 

 

フレディーが亡くなったのは1991年11月24日

 

偶然ですが私が映画を観に行ったその日は、フレディーの命日でしたマイク