腎臓病・透析患者の幸せのために | じんラボ所長ブログ
腎臓病・透析と正しく向き合い、知って、共感して、支え合って、自立する。
基礎知識やQ&Aコミュニティ、透析管理ツールやサポート情報など、
元気に生活するためのすべてがここに。
腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析に関わるすべての人の幸せのための[じんラボ]

Amebaでブログを始めよう!
今年も、皆さんと共に考えます!

「いまこそ、患者協働の医療の実現を!2019」は2019年11月3日(日)に開催です。
今回はサブテーマを、患者と医療者の”協働できる”つきあい方として、患者と医療者の間のコミュニケーションについて考えていきます。

基調講演には、
NPO法人患者中心の医療を共に考え 共に実践する協議会(JPPaC)理事長の畑中和義さん、独立行政法人国立病院機構東京医療センター総合内科の尾藤誠司さんをお迎えします。

ぜひ一緒に「患者協働の医療」について考え、明日からの行動に繋げる気づきを得てみませんか?

本イベントはどなたでもご参加いただけます。
お気軽にご参加くださいね!

★詳細・イベント申し込みは Peatex からお願いします。

■■概要■■
開催日時:2019年11月3日(祝)10:00-16:00
会場:デジタルハリウッド大学大学院
参加費:(事前払い)2,000円・(当日払い)3,000円

午前の部(10:00~12:00)
【基調講演】
①「JPPaCでの“学び”と“内省”から「患者協働」を考える」
畑中和義
NPO法人患者中心の医療を共に考え 共に実践する協議会(JPPaC)
理事長

②「患者と医療者はなぜすれ違うのか?」
尾藤誠司
独立行政法人国立病院機構東京医療センター
総合内科

午後の部(13:00~16:00)
①ポスター発表
②シンポジウム「患者と医療者の”協働できる”つきあい方」
午前中の講演者である畑中和義氏と尾藤誠司氏に加えて、AMCOP代表の宿野部武志、副代表の鈴木信行によるパネルディスカッションを行います。
③ワークセッション
イベントの感想を、席の近い参加者の方と共有します。

★詳細・イベント申し込みは Peatex からお願いします。


イベントに関するお問い合わせ:amcop.office@gmail.com
久しぶりのブログです。
気が付いたら令和初ブログです。
引き続き気長にゆるゆるとやっていきますので、よろしくお願いしますウインク

そういえば皆さんに大事なことをお伝えしていませんでした。

これまで腎臓病・透析という領域の中で、患者サポートや医療者や企業への講演・研修等に携わらせていただいてきました。

そのような活動においては実は他の様々な疾患を抱える方々との出逢いも多くあり、それぞれの疾患特有の悩みや課題、そして疾患に関係なく共通した悩みや課題も多くあることを知りました。

そしてこの度出逢った他疾患の方々と疾患横断的に主に患者・患者会のサポートに取り組む団体、 一般社団法人ピーペック の設立となりました。

ベル フェイスブックページは こちら です。
ベル ツイッターは こちら です。


ピーペックはPPeCCと書き、PPeCCは「Power to the People with Chronic Conditions」(病気をもつ人に力を)の略です。

病気があっても大丈夫と言える社会の実現へ、病気をもつ人と患者会のより良い活動をサポートしていきます。

ぜひ多くの皆さまのご支援をお願いしたく、そしてこれから具体化していく活動をご一緒できたらとても嬉しいです。

ペイシェントフッド同様、ピーペックもどうぞよろしくお願いいたします!

↓お帰りの前にこちらをポチッと押していただけると明日への励みとなりますー音譜
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村


ベル 5/12(日)はじんサポですよー!

「じんサポ」は参加された方が抱えていることを何でも話せる場です。
透析をしている方、これから透析を導入する方、そのご家族の方、
ぜひ気軽な気持ちでご参加ください。

私たちサポーターは、参加者の相談にのったり、
悩みを直接的に解決するわけではありません。

その悩みを解決できるように後押しし、
参加者が自分自身で思いを整理し一歩前に進める。

これが、私たちの目指すピアサポートです。

開催日 : 2018年5月12日(日)13時~15時
会 場 : 新宿駅付近の会議室(お申込みの方にお知らせします) こちら
募集人数:8名
参加費 : 1,000円
詳細・申込 :こちら からお願いします。

☆参加者たちがじんサポについて語る座談会の様子を収めた 動画 です。
==========
ベル 透析ライフガイドブック
患者がつくった透析のほん シリーズをつくります!


みんなでつくる「患者がつくった透析のほん」にしたいと考え始動したじんラボの一大プロジェクトです。
なぜガイドブックを作ろうと思ったのか、どんな内容のものを制作するのかなど、
詳細はぜひ こちら をお読みください!
※記事の後半に寄付申込フォームがあります。皆さまもぜひ制作にご参加ください!
==========
じんラボの会員(無料です)になると毎週金曜日に、私のコラム他様々な情報をメルマガ「所長通信」でお送りしています。現在会員数は2,300名を超えました!
ベル 新規会員登録は こちらから どうぞ虹
==========
ベル 就職・転職を考えられている透析者の皆さまへ

じんラボと提携をしているIHFヒューマンリソース株式会社では透析者の就労サポートを行っています。(現在は関東1都3県を対応しています。)

透析専門医の医師や、透析歴30年で社会福祉士でもあるじんラボ所長 宿野部のアドバイスも受けられますので安心です。

あなたの透析治療状況と健康状態に十二分に配慮して、あなたの希望と才能が発揮できる職場探しのお手伝いをいたします。
必ずやあなたのQOL向上に役立つ職場が見つかるはずです。
どんなことでもご遠慮なくご相談ください。(現在1都3県+大阪府・愛知県対応:ご相談・登録はすべて無料です。)

ぜひ こちらのホームページ をご覧いただき、お気軽にご連絡またはご登録してみてください。
(くどいようですが、一切無料ですのでご安心くださいねチョキ

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析に関わるすべての人の幸せのための[じんラボ]

じんラボが提供する、血液透析を行っている方向けのWebアプリケーション、透析管理マネージャー[とうせきくん]<a href=
こちらでの紹介が遅くなりましたが、3/17(日)に「じんラボゼミナール 第2回」を開催いたします。

今回も前回に引き続き政金先生にご登壇いただきお話をいただきますが、話しの内容は 前回 とはガラッと変わります。

今回は、政金先生ご自身が『パニック障害』という病気を持ち、そのことでどのようにご自身が変わってきたのかを皆さんにお伝えします。

皆さんそれぞれの病気との向き合い方に新たな気付きやヒントを得てください。

プログラムも従来の受け身な勉強会の枠を超え、患者同士の情報交換や先生との対話など、積極的に参加いただけるよう考えています。

このじんラボゼミナールが、あなたが行動を起こすきっかけになれば幸いです。
​患者歴や知識量は関係ありません。共に学びましょう!

すでに参加申込みははじまっており、席が埋まってきております。
下記詳細をご覧いただきぜひご参加くださいね。

ベル 「じんラボゼミナール 第2回」詳細とお申込み

皆さまとお会いできますこと、先生も私も楽しみにしています!

ベル 透析ライフガイドブック
患者がつくった透析のほん シリーズをつくります!


みんなでつくる「患者がつくった透析のほん」にしたいと考え始動したじんラボの一大プロジェクトです。
なぜガイドブックを作ろうと思ったのか、どんな内容のものを制作するのかなど、
詳細はぜひ こちら をお読みください!
※記事の後半に寄付申込フォームがあります。皆さまもぜひ制作にご参加ください!

↓お帰りの前にこちらをポチッと押していただけると明日への励みとなりますー音譜
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ベンチャーブログ 社会起業家へ
にほんブログ村



じんラボの会員(無料です)になると毎週金曜日に、私のコラム他様々な情報をメルマガ「所長通信」でお送りしています。
ベル新規会員登録は こちらから どうぞ虹

ベル 就職・転職を考えられている透析者の皆さまへ

じんラボと提携をしているIHFヒューマンリソース株式会社では透析者の就労サポートを行っています。(現在は関東1都3県を対応しています。)

透析専門医の医師や、透析歴30年で社会福祉士でもあるじんラボ所長 宿野部のアドバイスも受けられますので安心です。

あなたの透析治療状況と健康状態に十二分に配慮して、あなたの希望と才能が発揮できる職場探しのお手伝いをいたします。
必ずやあなたのQOL向上に役立つ職場が見つかるはずです。
どんなことでもご遠慮なくご相談ください。(現在1都3県+大阪府・愛知県対応:ご相談・登録はすべて無料です。)

ぜひ こちらのホームページ をご覧いただき、お気軽にご連絡またはご登録してみてください。
(くどいようですが、一切無料ですのでご安心くださいねチョキ

腎臓病(慢性腎臓病:CKD)・透析に関わるすべての人の幸せのための[じんラボ]

じんラボが提供する、血液透析を行っている方向けのWebアプリケーション、透析管理マネージャー[とうせきくん]<a href=