八ノ矢の森

八ノ矢の森

*******************************************
人から聞いたり日常であった、ささやかだけど
不思議な話を書いていこうと思います。
(TV番組やニュースや本の感想などもありです)
*******************************************

フィンドホーン旅行記 通販はこちら

私のブログに来ていただいて

  ありがとうございます(^^)ノ虹


趣味で漫画を描いて同人誌を作っていましたが、不思議なご縁があって、フィンドホーンセドナに行って漫画を描きました。

「フィンドホーン旅行記」(日本語版と英語版)を描いて本にしました。


スコットランドにあるフィンドホーンは、日本ではまだあまり知られていませんが、世界的なパワースポットの1つとして有名です。


ここにある共同体の創始者であるアイリーンさんは、ある日神様からのメッセージに従って、この共同体を家族と友人と共に作り上げます。

野菜や植物の精霊と話し指導され、オーロラが出るような寒冷地で農業を成功させ、学者すら驚かせます。


様々な奇跡は本になり、BBC等で何度も番組が作られました。


そして世界中から、今も人々が集まる場所になっています。


全く天使や妖精などを信じていなかった私が、この場所に行く事になった不思議な話もブログに書きました。

本を出した当時は、まだスピリチュアルという言葉を知る人もいなくて、ましてや天使を見たからなんて絶対に変な人だと思われそうだったので、本には書けなかったのです。

英語版の方には漫画として描いて入れましたが、日本語版の方には入れなかったエピソードです。

ある日の朝、天井から羽を持った手が降りてきたのです。

今でも、あれは夢であって夢でなかったと確信しています。


不思議な夢の話⑦(フィンドホーンに行く事になった夢の話)


それから8年後、今度は「セドナ旅行記」を漫画で描きました。

こちらは、アメリカのアリゾナ州のやはり世界的なパワースポットです。

ネイティブアメリカンの聖地として有名でしたが、数年前にアメリカで最も美しい観光地として紹介されてから、沢山の人々が訪れるようになりました(日本では、安室さんカップルが行ってから一気に知られましたが)


聖地というだけの事はあり、不思議な事が色々とありました。

漫画には描けなかった、エピソードをブログの方で書いています。


私がセドナに行ったわけ(天使からの伝言②)


フィンドホーンに行く過程で、全く信じていなかった、天使や妖精を信じるようになりました。

元々私はとても現実的なので、こういう存在も1つの現実なのではないかと考えています。

(天動説から地動説へ変わったように、いつか真実が分かる日が来るかと)


何しろ俗っぽい事が好きで(「マツコと有吉の怒り新党」が今一番お気に入り)、性格的に繊細なスピリチュアルの世界を書く事は向いていないような気もしますが、とりあえずこういう世界もあるんだと思って楽しんで読んでいただけるように頑張って書きますね(^^)


目次はプロフィールの所にもありますが、↓になります。

興味のある所をクリックしてくだされば読めます(^^)


目 次



 クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー 





大きさが違ってしまいましたが、上はフィンドホーン旅行記、下はセドナ旅行記の1枚です。


(購入希望の方は、コチラ に)


フィンドホーン旅行記再販しました。

今度は少し多めに作ったので、しばらく大丈夫かな。

(2014年7月現在)



 

上の写真は、ゆなかいとの方で作った(母用の)ピグの庭にいる8ちゃんです。この庭も12月には消えてしまうので、ちょっとアップしてみました。

 

あっという間に7月になりました。梅雨らしい日が続いています。

時間に余裕が出来たので、片付けに励んでいたのですが、一段落したら気が抜けてしまって、本や漫画を読んでだらだらしてしまっています。

ゆなかいとの方で書きたい記事も溜まり過ぎて、かえって何もする気になれなかったのですが、東京散歩の会の話だけでもなんとかしたいです。

 

前記事でチリで地震があると、その後日本のどこかで地震が起きやすいという記事を読んだのでそれについて書きましたが、5月26日のチリでM8の地震の後、本当に6月18日に新潟村上市で震度6強の地震がありました。

日本のどこに地震が来るのか分からないのが残念ですが、心構えをしておくのはいいと思うので、これからもチリの地震は気を付けようと思っています。

 

今日は、前回書きますと予告していたNHK番組の「遺伝子」の話を書きますね(^^)

 

先だってNHKで遺伝子の番組を2回にわたって放送していたのですが、そこで知った話が天使と話すPさんに聞いた話と共通する内容だと思ったので書いてみます。

 

DNAの二重螺旋のヒトゲノムの解読が終了したという話は聞いていたのですが、それは実際のDNAの2%にすぎず、残りの98%はクズだと思われていたのを今回初めて知りました。

(人間の身体って本当に良く出来ているので、いらない物ってないと思うんで、クズ判定自体が「ええっ?」なのですが)

 

最近の研究でそのクズと思われていた部分が、実は大変に重要なものが沢山ある宝物ではないかと分かってきて、その研究が今は大ブーム?になっているというのです。

 

そのクズと言われていたものが、人間の顔のパーツの取り決め(二重、目の大きさ、たれ目、色その他)、顎や頬の形や眉等々、本当に細かく設定している事が分かってきました。

番組に出ていた鈴木亮平さんの遺伝子情報で作った写真も、本当にそっくりでびっくりしました。

実際にアメリカでは、犯罪現場に残った遺伝子を元にコンピューターで作った顔を使って犯罪捜査に役立てているそうです。

 

その他にも、「カフェインに強い弱い」「蚊に刺されやすい、刺されにくい」「耳が良い悪い」等々、え~っ!こんな事まで遺伝子で?!というような事までもが全て遺伝子で決定されている事が分かりました。

 

たとえばカフェインに強い人というのは、コーヒー等を飲んですぐにカフェインを分解するものを作るように細胞を促す、スイッチのような物質が出てくる量が多いそうです。

私は滅茶苦茶カフェインに弱いので、この物質があまり出ないんじゃないかと思います(夕方にコーヒーやお茶を飲むと、もう夜眠れないんで、基本的に昼までしか取りません(- -;))

 

コーヒーを飲むと健康に良い(動脈硬化などを予防する)、コーヒーを飲むと身体に悪い(心臓病のリスクが高まる)など、コーヒーはいったい健康に良いのか悪いのか?!と、いつもうちでも親とわ~わ~言っていましたが、これは個々の遺伝子によってコーヒーの中の成分の使われ方が違う、という事がはっきりと分かりました。

 

データーとして集まられた人の数がいくら多くても、それぞれの遺伝子のコーヒーの作用が違うのであまり意味がなかったという事でしょうか…(う~ん)

今後は遺伝子とセットでの研究でもっと色々と分かってくると、コーヒーを飲んだ方がいいのか悪いのかを、個人個人で分かるようになると思いますコーヒー

 

蚊に刺されやすいとか、耳がいいとかなど、ある事柄に「強い、普通、弱い」などの程度までもが遺伝子を調べる事で分かります。

ゲストの石原さとみさんは「耳が普通よりもいい」と言われていました。

 

他にどういう項目が分かるかどうかを知りたかったのですが、その辺りはあまり詳しく言ってなかったのが残念です。

でも私も一度、全部調べてみたいです。

自分の事でも知らない事はいっぱいありそう(^^)

小さい頃に適性がある程度分かっていれば、そちらの方面の才能を伸ばしてあげる事も出来そうなのもいいですね(音感や耳が良い子は積極的に音楽に関わらせてあげるとか)

 

そして注目したのは、いくらタバコを吸っても死ぬまで元気な人や、周りが風邪で倒れていても、その人だけいつも全く罹らない人など、免疫力が人と違う?という人達が、どうしてそうなのかという理由が分かってきた事です。

 

遺伝子には「ON」「OFF」のスイッチがあって、「免疫力」のスイッチが「ON」になっている人が細菌やウィルスに抵抗できる免疫が多くあるという事です。

 

それで思い出したのは、天使と話すPさんが言っていた「DNAには放射能や悪いものを身体から出す力があるので、意識して生きる事が大事」で、これは本当だったのではないかという事です。

 

意識するという意味がよく分からなかったのですが、それは免疫力や私が知らない病気や放射能に対応できる何かのスイッチを「ON」にする事なのではないかと思ったのです。

 

そして過剰な食欲など「ON」にならない方が良いものは、「OFF」にする事によって、人間の身体は健康で正常な状態になるのではないかと思ったのです。

PさんはDNAが悪い状態になっているものを「DNAが切れているので、繋ぎましょうね」とよく言っていたのですが、これってスイッチを入れるのと同じように、DNAを良い状態に持っていく作業だったのではないかと思ったのです。

 

それでは「ON」「OFF」にどうしたら出来るのかというと、身体の中のDNA(その中の1つ1つにある魂も)を意識して、自分の身体を良い方向へ持っていって欲しいとお願いする事だったり、簡単な方法としてはやはり言葉というものは力があるんじゃないかなと思いました。

言葉に出すと意識もそこにいきやすいですし、耳を通して脳に伝えられて全身にその影響がいくとか?

ストレスがどれほど身体に悪いかというのはよく聞きますが、ストレスは免疫力などを「OFF」にしやすい特性のある化学物質だったりするんじゃないかなと思いました(生物学も化学も知らない私なので、実際には分かりませんが)

 

どんどん進んでいく遺伝子の研究ですが、最近では病気を発生させたりする遺伝子を探すという事ではなく、病気になりにくくするような良い遺伝子を探して、それを利用するという方向へいっているそうです。

 

どんなに糖分を取っても血糖値が全く上がらないという遺伝子を持った外国の女性が番組で紹介されて、その遺伝子を利用して作った薬がd出来ているそうです。

そして遠い日本で、既存の薬では血糖値が下がらなかった女性がその薬を飲む事によって、長い間彼女を苦しめていた血糖値が標準まで下がって喜んでいる様子が放送されました。

 

これらの応用で、これからは「老化しないスイッチ(若返るスイッチ)」「記憶力を良くするスイッチ」「シミができにくくなるスイッチ」「肥満にならないスイッチ」「持久力がつくスイッチ」を「ON」にする物質が次々に出てきたり、出なくなったりするのではないかという未来を垣間見ました。

 

遺伝子のデザイナーベビーのようなのも、遠くない未来に出てきそうな気がします(今はどういう状況かは分かりませんが、日本ではまだあまりされていないんじゃないかな)

顔かたちや運動能力、知能指数などを操作するのは抵抗がありますが、癌になりにくい、肥満になりにくい、糖尿病になりにくいなどは、一般的に抵抗が少なく操作を受け容れそうですよね。

事故以外の寿命も自由になりそうです。

これは悪用がいくらも思いつきそうなので、ちょっと怖いですけれども。

 

幼少の頃に受けた虐待が遺伝子を変えてしまい、その情報が子孫に伝わるという事が最近分かってきましたが、その負の遺伝子も自分で変えていく事ができるのではないかと思いました。

(Pさんが言っていたように、言葉や意識することで)

 

遺伝子は私達が思っているよりも、柔軟で変化をするものであって人生を変えていくものなのではないでしょうか。

 

まだまだ解明されていない遺伝子ですが、いつかPさんがDNAにあると言っていた、全ての過去や未来の情報までも、そこに見つける日が来るかもしれません。

前世での傷もはっきり分かって、それをピンポイントで癒していく事も出来るようになるかもしれません(遺伝子的な前世療法でしょうか)

そしていつか神様や守護霊様と繋がるボタンを自由に「ON」出来る日がくるかも?

 

こんな風に色々なものが遺伝子の研究によって自由になってくると、今までの星の配置や占いが、当たらなくなってくるようになるかもしれませんね。

もしくは社会の変化で、星が表わすものが、移動手段が馬から自動車や飛行機になったり、手紙がメールになったりなど現代に合ったものとして判断されるようになるのは、もっと複雑になってくるかしれません。

 

何やら今回も壮大なSFの物語を読んでいるような気持ちになって、クラクラしてしまいました。

私が生きているうちに、どれほどの事が明らかになるか楽しみです音譜

 

私の説明だと分かりにくそうだしウロ憶えの所もあるので、番組のまとめリンクも貼っておきますね。詳しく知りたい方はどうぞ~(^^)

(鈴木さんの遺伝子写真も出ています)

 

★シリーズ人体Ⅱ第1集「あなたの中の宝物トレジャーDNA」

 

★シリーズ人体Ⅱ第2集「DNAスイッチが運命を変える」

 

さて来週も記事の更新をしますが、今回の話に繋がるような話です。

(PさんがDNAの中にあると言っていた)魂に話しかける大切さというか。

私が最近久しぶりに魂が(身体の中で)動いて、びっくりした話を次回に書きますね。魂が動いたのは、Pさんの話で書いて以来なので、10年ぶり位になるのかな? 魂ががんばってくれた話です(^^)

 

私の体験した不思議話を色々と書いています。

天使と話をしたり、魂から直接過去現在未来を聞く事ができるPさんという不思議な人の話も下記に書いています。

不思議話やスピリチュアルが好きな方は、よかったらどうぞ~(^^)

 

★天使と話す不思議なPさんの話

 

★私が体験したちょっと不思議な話

 

★ゆなかいとブログ(雑談、散歩の会など)

 

 

目 次

 

   
人気ブログランキングへ

 

メモ代わりに全体写真も貼っておきます