八ノ矢の森

八ノ矢の森

*******************************************
人から聞いたり日常であった、ささやかだけど
不思議な話を書いていこうと思います。
(TV番組やニュースや本の感想などもありです)
*******************************************

フィンドホーン旅行記 通販はこちら

私のブログに来ていただいて

  ありがとうございます(^^)ノ虹


趣味で漫画を描いて同人誌を作っていましたが、不思議なご縁があって、フィンドホーンセドナに行って漫画を描きました。

「フィンドホーン旅行記」(日本語版と英語版)を描いて本にしました。


スコットランドにあるフィンドホーンは、日本ではまだあまり知られていませんが、世界的なパワースポットの1つとして有名です。


ここにある共同体の創始者であるアイリーンさんは、ある日神様からのメッセージに従って、この共同体を家族と友人と共に作り上げます。

野菜や植物の精霊と話し指導され、オーロラが出るような寒冷地で農業を成功させ、学者すら驚かせます。


様々な奇跡は本になり、BBC等で何度も番組が作られました。


そして世界中から、今も人々が集まる場所になっています。


全く天使や妖精などを信じていなかった私が、この場所に行く事になった不思議な話もブログに書きました。

本を出した当時は、まだスピリチュアルという言葉を知る人もいなくて、ましてや天使を見たからなんて絶対に変な人だと思われそうだったので、本には書けなかったのです。

英語版の方には漫画として描いて入れましたが、日本語版の方には入れなかったエピソードです。

ある日の朝、天井から羽を持った手が降りてきたのです。

今でも、あれは夢であって夢でなかったと確信しています。


不思議な夢の話⑦(フィンドホーンに行く事になった夢の話)


それから8年後、今度は「セドナ旅行記」を漫画で描きました。

こちらは、アメリカのアリゾナ州のやはり世界的なパワースポットです。

ネイティブアメリカンの聖地として有名でしたが、数年前にアメリカで最も美しい観光地として紹介されてから、沢山の人々が訪れるようになりました(日本では、安室さんカップルが行ってから一気に知られましたが)


聖地というだけの事はあり、不思議な事が色々とありました。

漫画には描けなかった、エピソードをブログの方で書いています。


私がセドナに行ったわけ(天使からの伝言②)


フィンドホーンに行く過程で、全く信じていなかった、天使や妖精を信じるようになりました。

元々私はとても現実的なので、こういう存在も1つの現実なのではないかと考えています。

(天動説から地動説へ変わったように、いつか真実が分かる日が来るかと)


何しろ俗っぽい事が好きで(「マツコと有吉の怒り新党」が今一番お気に入り)、性格的に繊細なスピリチュアルの世界を書く事は向いていないような気もしますが、とりあえずこういう世界もあるんだと思って楽しんで読んでいただけるように頑張って書きますね(^^)


目次はプロフィールの所にもありますが、↓になります。

興味のある所をクリックしてくだされば読めます(^^)


目 次



 クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー 





大きさが違ってしまいましたが、上はフィンドホーン旅行記、下はセドナ旅行記の1枚です。


(購入希望の方は、コチラ に)


フィンドホーン旅行記再販しました。

今度は少し多めに作ったので、しばらく大丈夫かな。

(2014年7月現在)




テーマ:

 

上の青文字は、ピグや近況の話になっています。

表題の話は、下の黒文字になります。

 

上の写真は3月の庭の家の中です。

家の中に、木にぶら下がったブランコを設置してます。こういう家も楽しそう(^^)

 

アメーバのピグが、今年の12月2日で終了とのお知らせが着ました。

 

★PC版アメーバをご利用のみなさまへ

 

「Flush」が2020年に終わるという事は聞いていたし、ピグも終わるのではないかという噂もあったので、正直くるべき時がきた!という感じです。

データー関係での終わりは何度も経験していますが、ピグへの思い入れは格別なので本当に悲しいです。

 

今年になって、ピグ10周年記念という事で出来た「時間の塔」で、2009年~2018年までの階に分かれていて、ピグ全体のそれぞれの年のイベントや出来事、月ごとで上に光が出ている場所に乗ると、個人個人のスタートしたのはこの月のこの日、〇〇さんとピグ友になった日、その他ピグのカメラ撮影していた思い出の写真が見られるようになりました。

 

 

毎日3枚のチケットもくれて、それで時間の塔でガチャを引くと、沢山の洋服や帽子や靴やウィッグ、着ぐるみや引換券も貰えるという大盤振る舞いで、いくら10周年でも気前が良すぎるのでは?!と思っていたら、利用されている皆さんへの最後のプレゼントだったんですね。

終了するまでの時間を、自分のピグにいっぱいおしゃれを楽しんでもらいたいという、アメーバスタッフさんの優しさでしょう。

終了半年以上も前から告知して下さって、お別れへの心の準備の時間を下さった事も、心から感謝しています(;_;)

 

時間の塔のラウンジで見られる、160人ものスタッフのお別れの言葉が心に染みたし、込み上げてくるものがありました。

こんなに沢山の方達が、このピグに関わって、それぞれに色々な思いで参加されていていたんですね(自分の作った洋服を着ているのを見かけたり、アイテムをお庭に飾っているのを見ると、やっぱりとても嬉しかったそうです。これは、私も形は違えど経験はあるので、すごく分かります!)

 

季節ごとのさまざまなイベントや広場の設置、ライフもどんどん色々と良い意味で変化してくれていて(空や囲いが増えたのや、パーティーテーブルを裏庭や別荘などに置けるようになって、しかも複数置く事が出来るようになったのも嬉しかったです)、色々なアイデアを駆使したアイテムがいっぱい出てきたので、毎回新しいイベントで何が出てくるのかを楽しみにしていました。

(今回の猫がいっぱい入ったカゴの所に行くと、毎回違う猫を抱っこ出来て庭を回ったりできるのも可愛かった~ラブラブ

 

消滅してしまうのを知っていても、新たに考えたり作ったりするのは、とても悲しいと思います。参加している私達も終わりを見ながらなので、以前のように 楽しい! 嬉しい!という気持ちだけでは出来ませんが、覚悟を決めて最後まで楽しませて頂こうと思います。

 

終わりの日まで見届けて、また(自分の思い出用に)記事で書きたいと思います虹

 

━…━…━…━…━…━…

 

今回のお話は、私の占いに来て頂いた方々のお話しです(^^)

心あたりのある方もいらっしゃるかも。

 

一昨年から占い鑑定を始めましたクローバー

うちに来られる東京近辺の人って、そんなにいないんじゃないかなあと思っていたので、このブログのアクセス数だと10人来て頂けたらすごいかも…と思っていました。

ところがいざ始めてみると、その何倍もの方が来て下さって、思いがけず沢山の方達とお会いする事が出来ました。

 

関東圏だけでなく、帰郷やお仕事の都合で東京に来る機会を利用して来られた方も何人もいらっしゃいました。

九州、大坂、北海道に中にはアメリカから来て下さった方も(ネットってすごい)

関東圏でも片道2時間以上かけて来られた方も、何人もいらっしゃいました。

遠いところからリピートして下さった方、お友達を紹介して下さった方もいて、この2年足らずで今までになく、沢山の方々とお会いする事ができました。

私のブログの読者だった方が主だったので、占う事がメインではなく私に会いに来て下さったという方も多かったです(^^;)

(私に会いに来るのが実は目的の方は、うちで最初にやって頂く、36個の組み合わせから、4色を選んでもらう占いで分かるんですよねえ。

「あの~、悩みってあんまりないですよね?」というと、明るく「はい! ji実はブログを読んで、お会いしたかったので来ました」と言われたり(^^;) この色を選んでもらう心理占いは、私が家に来た友人や子供達に昔から使っている物で、体調やその時の心境も分かるのです。それに合わせて占いの方針を変えていました)

 

結局カードだけでは持って生まれた全体的な運命までは出ないので、高校生の時からやっている西洋占星術をメインにして、相談内容によって算命術や宿曜占星術、姓名判断など等で占いました。

(出生時間が分かると、やはり西洋占星術が分かりやすいです)

 

ずっと知識だけあった星や配置の意味が、実際にお会いした方に見事に出ているのを見るのは大きな驚きでありました。

これらを発見してきた昔の占星術師たちのすごさを、心からの尊敬と畏怖する事がなんと多かったことでしょうか。

 

最初の頃は緊張して言う事を忘れてしまいそうで、言おうと思った事を全部書いておいたのを見ながら読んだりしましたが(情けないです汗)だんだん慣れてきて、星図だけでお話しも出来るようになっていきました。

 

初めてお会いする方との対面占いは、慣れない事ばかりで緊張していて、果たしてこの占い方法で良かったのかと、後で考え込む事も何度もありました。

でも拙い私の占いを、それでも受け止めて下さったお客様達には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

お客様との出会いやお話しで、楽しい事や新たな情報を教えて頂いたり、お勧めの漫画や本も教えて頂いて読んだりしました。

(イラストを描ける人が、お正月にリヴァイ兵長の絵を送ってくれたのも嬉しかったです(^^) うちのお客様、漫画好きな人がけっこう来てくださって、スピ系話だけでなく、漫画の話もしてたんです。そのうち漫画合宿やスピリチュアル話をするお茶会なんかを、余裕が出来たらやりたいなあ)

 

そして何人も何人もお客様を占っていくうちに、だんだんとある共通の事に気づいてきました。

それはどういうわけだか、「ご先祖さまや守護霊様」にすごく守られているという星を持つ人ばかりなのです。

 

うちに占いに来て下さった方、「あ、それ私も言われた!」と思いだして下さるんじゃないでしょうか。

本当に本当にそうなんです。

これはどんなに今、苦労をしていてもちゃんと見守って下さっているという事を伝えて欲しいのかな…と思いました。

(そして、そういう方達が私の所に来ることを止めなかったという事は、私もけっこう良い人だって認めてもらっているのかな?と、ちょっと嬉しく思ったり)

 

顔を見せて頂いて、額を見ても分かります。

守られたり、ご先祖様や神様を大事にしている人って、額がこうこうと明るいんです(私にはそう見えても、他の方にも見えるのか分からないですがあせる

あんまりキレイなんでお聞きすると 「お墓参りもちゃんと行ってますし、神社やお寺にお詣りに行くのも大好きです」 って、言われるんですね。やっぱりなあと思いました。

 

占いをしていて、本当につくづく実感しました。

神様も守護霊様もいます。本当にいます。

そして感謝の気持ちを持って、日々過ごしている方の額があんなにキレイに光ってみえるという事は、それがとても大事で良い事なんだって。

 

あと占うタイミングって、やっぱり星の配置があるんだなあと実感したのは、お誕生日がほとんど同じ人が続いたり(たとえば5月13日、14日、15日という感じで1日~2日違いの人が続けていらしたり)

同じ宿の人がやはり何人も続いて来たり(最初が婁宿、次も婁宿、そのまた次も婁宿みたいな)、悩みはそれぞれ違っていても、占いに行くタイミングがその時期なんだなって思いました。

偶然なんかじゃない、そんなことを感じる事も多かったです。

 

惑星の動き的に納得する事もありますが、それは私に会うタイミングなのかもしれませんね。占いに来られる方は、何かしら前世でご縁のあった方だと、天使と話すPさんも言っていたので。

魂同志は「お久しぶりで~すハート」なんて、お互いに話をしていたかも?
 

そんな風に思うのは、うちに来る方はやはりご縁があって来て下さったんだなあと思う事もあったからです。

以前、天使と話すPさんの記事でも書きましたが、私は前世でたくさんの子供達を育てた事があると、霊能師さん達に言われた事があるんですね。

 

★天使と話すPさん(2)前世の話

 

占いを始めるにあたり、お客様の中には私が前世でお世話をした事のある子供達が来ることがあるんじゃないかなと、実は密かに期待していたのです(^^)

そして予約をされたある人の星図を前日に作っていた時、その配置で間違いなく私が前世で会った子供の1人に間違いない!と思って、ドキドキしながらお会いしました。

 

もう最初の最初に「あの~信じて頂けるか分からないんですが、私は〇〇さんと前世でお会いした事があるんです!」と言ったら、相手の方は「はい、私は前世でモリさんにお世話になった子供の1人です。ブログで子供達を育てていた前世の記事を読んだ時に、すぐに分かりました。妹もそうです」と言われて、びっくりしました。

 

私は一生懸命、星図を作って星を観てやっと分かるのに、その方は記事を読んだだけで、私との関係が分かったんですね。

すごくないですか?

それでその方は私に会いに来て下さったそうなんですが、私よりもずっと霊感が強くて、天使も見た事があるとおっしゃってました。

う~ん、逆に私を観て頂きたかったというか…。

 

他にも不思議体験をしてる人もいて、小さい頃階段から落ちそうになったら、後からぐっと引っ張り上げられて、御礼を言おうと後を見たけれど誰もいなかったとか。

 

あと今年になって来て下さった中で、一番驚いたのは、その方のご両親と私の両親の誕生日が1年ずれて全く同じで、かつ御兄弟が私の弟と誕生日が1日違いだったり。

更には父が作った機械を納品した会社に出向されていたので、うちの父の会社の事をお父様が知っていらしたのです。

占いの後にお父様にお聞きして下さって、「あの会社は下町ロケットみたいな会社だよ」と話して下さったとか。

 

その事を父に伝えると、「下町ロケット」が好きな昭和の技術者だったので、大喜びして「俺は世界で初めてという機械を幾つも作ったんだぞ」と得意気に話してくれました。

これは私も知らなかったので、初めてそんな父の仕事の話を聞く機会も出来て私も嬉しかったです(^^)

それにしても、こういうご縁ってすごいです。

 

自宅にお客様に来てもらうのって、知らない人だし怖くない?と言われましたし、私も親が在宅とはいえ、ちょっと不安もなくもなかったのですが、始めてみれば本当に良い方ばかりで、私も素敵な時間を沢山過ごす事が出来ました。

うちのブログを読んでいらっしゃる方は、うちのブログはとりあえず(ピグ話は多いですが)スピリチュアル系なので、そういう話に興味があり、尚且つどの記事もえらい長文なのに、最後まで読んで下さる方ばかりなので、長文慣れしているというか、たぶん読書(漫画も含め)を結構されている方が多い感じがしました。

あと年代的に私と同じ世代の方が多かったです(若い方もいらっしゃいますが、やはり30代前後からという感じでしょうか)

なんとなく年齢的に同じくらいかなというのは、記事を読むと分かるみたいです(^^;)

 

占って欲しいという内容は本当に人それぞれで、どんなに星にも人にも環境にも恵まれていても、涙を流してしまう程苦しんでしまう事が起こってしまったというお話を聞く事が、何度も何度もありました。

スピ系で言われる「人生は魂の学びの場」というのは、どんな人にでも共通するんですね。

 

私の占いが、どれくらいお役に立ったかは正直分かりませんが、今生でのご縁が出来て、我が家まで足を運んで来て下さった方達が幸せになって下さって、人生を楽しむ心を取り戻してくれますようにと心からお祈りしています。

私が占い師に本当に向いているのかどうかは分かりませんが、(私の占いだけでなく)占いというものが、心や人生に寄り添ってくれるものであればいいなと思っています。

 

料金の方ですが、1時間を過ぎて長くなってしまう方もいる為、公平にした方がいいかなと思い、昨年の秋から1時間を過ぎたら30分ごとに千円頂くことにしました。

鑑定の方の料金の方も直しましたので、どうぞ宜しくお願い致します。

ふつうのおしゃべりをされたい方は、占いの後にお時間を聞いて下されば、その日の都合にもよりますが、午後の早目の時間の鑑定をご希望でしたら、だいたいはおつきあいできると思いますので、気軽にお声をお掛け下さいね(^^)

(夏場はお急ぎでない方以外は、毎年予約を秋以降にしてしまったりします。申し訳ないのですが、暑さに弱くて弱くてあせる すみません(- -;))

 

※この記事で引っ越しや洋服をおろす日の参考にして頂こうと、お客様にブログでアップするとお約束して、延び延びになってしまった「二十八宿吉凶の解」を別記事で書こうとしたのですが、どうしても文字数オーバーになってしまって保存も出来ません。

また再チャレンジをするつもりですが、気になる方は検索してみて下さいね。日々変わる宿曜の星の中で、引っ越しや衣服をおろす事、開店などに良い日悪い日があるので、それを観て決めるものです。

私はその中の良い日の中で、更に自分の宿星と相性の良い日で事を起こすようにしています(水晶玉子さんの本のデイリーと合わせて決めています)

こんな簡単な説明になって申し訳ありません。

またしばらくしたら再度書くのにチャレンジしてみます。

 

 

他にも私の体験した不思議話を色々と書いています。

天使と話をしたり、魂から直接過去現在未来を聞く事ができるPさんという不思議な人の話も下記に書いています。

不思議話やスピリチュアルが好きな方は、よかったらどうぞ~(^^)

 

★天使と話す不思議なPさんの話

 

★私が体験したちょっと不思議な話

 

目 次

 

   
人気ブログランキングへ

 

 

 

Ameba人気のブログ