八ノ矢の森

八ノ矢の森

人から聞いたり日常であった、ささやかだけど
不思議な話を書いています。
(TV番組やニュースや本の感想などもありです)

フィンドホーン旅行記 通販はこちら

私のブログに来ていただいて

  ありがとうございます(^^)ノ虹


趣味で漫画を描いて同人誌を作っていましたが、不思議なご縁があって、フィンドホーンセドナに行って漫画を描きました。

「フィンドホーン旅行記」(日本語版と英語版)を描いて本にしました。


スコットランドにあるフィンドホーンは、日本ではまだあまり知られていませんが、世界的なパワースポットの1つとして有名です。


ここにある共同体の創始者であるアイリーンさんは、ある日神様からのメッセージに従って、この共同体を家族と友人と共に作り上げます。

野菜や植物の精霊と話し指導され、オーロラが出るような寒冷地で農業を成功させ、学者すら驚かせます。


様々な奇跡は本になり、BBC等で何度も番組が作られました。


そして世界中から、今も人々が集まる場所になっています。


全く天使や妖精などを信じていなかった私が、この場所に行く事になった不思議な話もブログに書きました。

本を出した当時は、まだスピリチュアルという言葉を知る人もいなくて、ましてや天使を見たからなんて絶対に変な人だと思われそうだったので、本には書けなかったのです。

英語版の方には漫画として描いて入れましたが、日本語版の方には入れなかったエピソードです。

ある日の朝、天井から羽を持った手が降りてきたのです。

今でも、あれは夢であって夢でなかったと確信しています。


不思議な夢の話⑦(フィンドホーンに行く事になった夢の話)


それから8年後、今度は「セドナ旅行記」を漫画で描きました。

こちらは、アメリカのアリゾナ州のやはり世界的なパワースポットです。

ネイティブアメリカンの聖地として有名でしたが、数年前にアメリカで最も美しい観光地として紹介されてから、沢山の人々が訪れるようになりました(日本では、安室さんカップルが行ってから一気に知られましたが)


聖地というだけの事はあり、不思議な事が色々とありました。

漫画には描けなかった、エピソードをブログの方で書いています。


私がセドナに行ったわけ(天使からの伝言②)


フィンドホーンに行く過程で、全く信じていなかった、天使や妖精を信じるようになりました。

元々私はとても現実的なので、こういう存在も1つの現実なのではないかと考えています。

(天動説から地動説へ変わったように、いつか真実が分かる日が来るかと)


何しろ俗っぽい事が好きで(芸能ニュースもチェックしますし)、性格的に繊細なスピリチュアルの世界を書く事は向いていないような気もしますが、とりあえずこういう世界もあるんだと思って楽しんで読んでいただけるように頑張って書きますね(^^)


目次はプロフィールの所にもありますが、↓になります。

興味のある所をクリックしてくだされば読めます(^^)


目 次



 クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー 





大きさが違ってしまいましたが、上はフィンドホーン旅行記、下はセドナ旅行記の1枚です。


(購入希望の方は、コチラ に)







 

お久しぶりです!
更新という言葉を忘れてしまいそうなほど、何も書いていないブログになっていますねあせる
前回の川越のいもの子さんの方のクラウドファンディング記事の方には追加で書きましたが、皆さまのご協力のお蔭で目標金額を達成できて、無事に竣工式も終えたそうですニコ
ご協力を頂いた方、本当にありがとうございましたドキドキ
竣工に至りましたが、まだ目標金額には達成していないという事で、1口3千円、2万人プロジェクトも引き続き募集しています。
ゆなかいとのブログの方でも記事にしています。
そちらの方も何卒宜しくお願いいたします<(_ _)>ペコリ
今年のコロナ禍は世界中が大変な事になっていますが、スコットランドのフィンドホーンもコロナの影響でクローズしてしまい、再開の目途が立たないままの日々 が続いているそうです。
クルーニーはすでに閉鎖され、スタッフは仕事がなくなっただけではなく、住む場所も失いつつありそうです。来年の1月末までに、48万ポンド(日本円で6600万円)が必要という事で、世界中からの寄付を求めているそうです。
英文になりますが、寄付の方は下記のサイトからできます。
こちらの方もご協力の程、よろしくお願いいたしますクローバー
 

 

今年の早い時期にフィンドホーン創始者の最後のひとりであるドロシーさんが亡くなったそうです。
その後に世界中に広がったコロナ禍での、フィンドホーンの窮地を見ずに亡くなられたのは不思議なタイミングのような気がします。悲しいですが、何かがもうすでに決まっていたのかな…と思ってしまったりしました…。
でもドロシーさんは、きっと天国からアイリーンさん達と一緒にフィンドホーンや世界を見守っていて下さっていると思います。
 
私の「フィンドホーン旅行記」の翻訳をして下さったヨッチから、これらの連絡が来る前の週に、ちょうどフィンドホーンを思い出していたのも不思議なタイミングでした。
 
以前クリックして見てデザインが面白くていいなと思っていたペンダントトップがあったのですが、使った事がないPayPayフリマの物で買うのを躊躇していたのです。
デザインが変わりすぎていたせいか、その後もぜんぜん売れずにずっとずっと私のPC画面に出続けていました汗
 
ところがその週にまた表示された時に、初めての利用者は7割OFFとなっていたので、これはもう買うしかないな!と思って購入したんですねニコ
 
購入してから気づいたのですが、このペンダントトップに使われていたダークブルーの石が、1962年に発見されたピーターサイトという石だったのです。
発見した人がシド・ピーターズという人だったので、その名前がついたのですが、フィンドホーンの創始者のピーターと同じ名前で、フィンドホーンが創設された1962年と重なって、フィンドホーンを思い出して親しみを感じていたのです。
 
その石はナミビア産だったのですが、ペンダントトップが届いた次の日に私のPCにいきなりナミビアの写真が出てびっくりしました。
私は6月に富士通のPCを買ったのですが、PCを立ち上げると毎日世界中の写真が出るのです(WIN10仕様なのか富士通仕様なのか分からないのですが、見た事もない景色の写真が多く、とても綺麗なものもあって毎日楽しみにしています♪)
 
夜の荒野の写真で、美しい満点の星をバッグに不思議な見た事もない木が生えた場所の写真でとても幻想的でした。
私のピーターサイトは2連なのですが、黒に近い濃紺に金粉が落ちたような所もある石で、この夜の写真と重なりました。
 
早速、このPCの写真の前にペンダントトップを持って行って
「ほら、おまえの故郷だよ。懐かしい?」
と話しかけてしまいましたニコ
こんな遠い異国から、私の元に届いた石というのが、なんだかもう神秘的なご縁を感じます。
 
しばらくしてから、父とNHKの「麗しの宝石」という番組で宝石の採掘をしている人の様子を見ていた時に、このペンダントトップを買った話をして、ナミビアという国の石なんだよ~、不思議な木が生えた国なのよ~と話をしていたのですが、部屋に戻ってPCを立ち上げたら、今度は昼のナミビア写真が!
ちょうど廊下を通りがかった父に、「さっき話していたナミビアだよ!」と、ペンダントトップとPC画面の写真を見せました(笑)
 
説明の難しかった不思議な木も父に見せられましたが、何げにナミビアのシンクロ具合がすごいです。噂をすればナミビアか!ってか。
とりあえずこの半年でナミビア写真が出たのは、この2回だけですけども。
 
そして思い出したのですが、フィンドホーンに行った年に、長年可愛がっていたポストペットのピンクのクマが亡くなってしまって、次に買い始めたウサギにつけた名前が、ナミビアのナミブ砂漠からとって、「ナミブ」でした。
なんで、そんな名前をつけたのかは忘れましたが、たまたまどこかで見掛けてつけたのかな(私は昔から砂漠が好きなので)
 
フィンドホーンとナミビアという全くぜんぜん違う場所が、なぜか私とシンクロしているのが面白かったので、ちょっとメモ代わりに記事に書いてみましたニコ
(私が知らないだけで、実はこの2つに何かの繋がりがあったり?とも思ったのですが、アフリカとスコットランドじゃ想像がつかないので、残念ながらぜんぜん分かりませんねえ汗
 
ブログのTOPの写真は、ヨッチが送ってくれたフェニックスのモザイクの写真です。
ユニバーサルホール入り口に完成したこのフェニックスのように蘇ろうと、フィンドホーンの関係者の方達も頑張ろうとしているそうです。
フィンドホーンは魔法の国なので、きっとうまくいくと信じています。
(妖精や精霊達は、このコロナや世界の気候変動の影響を受けていないか気になっています。世界中に広がってしまっているたくさんの悲しみや苦しみの波動が、彼らに影響しないわけはないのではないかなと……愛や喜びが必要なのは人間だけではないのです)
 

 

私が体験した不思議話を色々と書いています。

天使と話をしたり、魂から直接過去現在未来を聞く事ができるPさんという不思議な人の話も下記に書いています。

不思議話やスピリチュアルが好きな方は、よかったらどうぞ~(^^)

 

★天使と話す不思議なPさんの話

 

★私が体験したちょっと不思議な話

 

☆よもやま話

(私が最近経験した不思議話もあり)

 

★ゆなかいとブログ(雑談、散歩の会など)

 

 

目 次